最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【125話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は125話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

125話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【124話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は124話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • お義父さん?

春の朝はとても快適だった。

この旅に感謝せずにはいられないくらいに。

夜明けすぎなので、朝の空気は涼して爽やかだ。

全員が乗った⾺⾞は、ほとんど揺れずに進む。

シルビーが蝶や鳥を捕まえにいこうとするので、私は何度か彼女の尻尾を掴んだ。

「アーサー、君の絆はとても好奇心旺盛なのだな。興味深いよ」

アルドゥイン・エラリスは、私たちのやり取りを面白がっていた。

「小僧とペットは放っておきなさい。広⼤で神秘的な⼟地で、このようなことにそれほど驚くことではない」

ヴィリオンは指を振って息⼦を叱る。

「通常なら私も同意しますが、アーサーの絆は私が⾒た他のすべてのマナビーストと⽐べてユニークです。幼児ですが、その視線は知性に溢れているわ」

メリアルは、撃墜した⿃を噛んでいるシルビーの近くに寄りかかる。

「シルビーはとても可愛いことを忘れないで!」

テスは彼⼥を迎えに⾏き、抱きしめた。

「ハハハ!孫娘がいつの⽇か、強さではなく、⾒た⽬で⼤切な絆を選ぶのではないかと⼼配せずにはいられません!」

ヴィリオンは笑い声を上げ、王⼥以外の全員を同意させた。

旅⾏はかなり⻑く、メリアルとテスは眠りに落ちた。

「アーサー、私は息⼦にすでに話しましたが、私たちが向かっているところは、普通のコテージではありません。リニアは、何らかの理由で、遠く離れて⾃分⾃⾝を隔離することを選択しました。前回、私が予告なしに訪問することを選んだとき、彼⼥が仕掛けた罠で死にかけた」

ヴィリオンは静かな声でそう説明する。

彼の真⾯⽬な⼝調でに眉をひそめた。

「今回は大丈夫なの?」

「今回は安全だと⾔ったのですが、気をつけてほしいです。彼⼥が予防措置を講じる必要があったという事実は、警戒すべき⼈々がいることを意味するのだから」

「はい」

厳粛にうなずいた。

会話の直後、ヴィリオンも腕を組んで眠りに落ち、シルビー、運転⼿、テスの⽗と私だけが起きていた。

アルドゥインは外の光景をぼんやりと⾒つめながら、リラックスした表情を浮かべている。

「きちんとお礼を⾔う機会がなかったような気がするね」

彼の⽬はまだ⾺⾞の外に集中していた。

「何がでしょうか?」

「娘の世話をしてくれて。テシアはあなたのおかげでいくつかの危険な状況からそれを成し遂げました」

アルドゥインは頭を振り返り、疲れた笑顔を⾒せた。

「そんな事はありません。テシアには私も何度も救われたのですから」

「へぇ?そうなのかい?」

「彼女といると、年相応に過ごせますから」

「私はどういうわけか、あなたが私の娘を保護することができると完全に確信しています」

何も⾔えないうちに、アルドゥインはただ笑って⼿を振った。

「過保護な⽗親の考えが暴⾛しているだけです。アーサー、気にしないでください・・・。でも、いつかテスと結婚することを考えたことはありますか?」

「結婚?」

会話の過程での突然の変化に驚く。

「確かに、娘は少しワガママで、メリアルと私は彼⼥を少し⽢やかしたかもしれませんが、彼⼥は良いギャルです!数年後にはかなりの美人になっているでしょう!」

「伝統的に、エルフはずっと後に付き合って結婚したと思っていました・・・」

「伝統?そんなのは関係ありません」

アルドゥインは嘲笑した。

「アーサー、私の娘を好きですか?」

彼は前屈みになり、両腕を膝に寄りかかった。

「・・・はい」

最初は躊躇したが、⾃信を持って答える。

エルフの王⼥に対する私の気持ちが何であったかを否定することはできません。

⼦供と恋に落ちるのを止める理性は、その声を失い始めていた。

もちろん、⼤胆に私の愛を公⾔し、彼⼥への気持ちを完成させるという意味ではありません。

しかし、精神年齢を⾔い訳にするつもりはありませんでした。

「なら良かった!」

アルドゥインは笑顔でうなずいた。

私はテスをのぞき⾒して、彼⼥がまだ眠っていることを確認した。

 



 

  • side テシア

彼が認めた!

私は興奮して⼤声で叫びかけた。

アーサーはついに⾔った!

彼は私が好きだと⾔った。

「はい」と言っただけですが、それで⼗分です!

お父さん、ナイス!

ああ、いや、⽬を閉じて、テス・・・、⽬を閉じて。

呼吸を遅くしましょう。

彼は私の⼼臓がどれだけ速く⿎動しているのか聞くことができるのだろうか?

彼の聴⼒はそれほど良くはありませんよね?

まさかこんな事になるなんて。

寝ているふりをするつもりはなかったのですが、⽗が私のことを話しているのを聞いて怖くなりました。

彼はとても酷い・・・。

どうして私がワガママだと言うのでしょうか・・・。

・・・そして私が⽢やかされている?

私は⽢やかされていません!

だから恥ずかしいので⽬を閉じていたのですが、⽗がアーサーに私が好きかどうか尋ねられると誰が思ったでしょうか・・・?

そして、アーサーはついに認めました!

ふふ・・・。

ああ、いや、笑わないで、テス。

「到着したようだね、テス。さあ、起きなさい」

父が優しく揺さぶってくれる。

「うーん・・・、もう着いたの?」

今起きたように振る舞う。

母も目を覚ましていました。

アーサーが私に視線を向けたとき、彼を直視出来なかったので、すぐに馬車から飛び降りた。

「ああ!良い昼寝でした!」

必要以上に⼤声で。

周りを⾒回しましたが、コテージや⼈が住んでいる兆候が⾒当たらない。

⾒たのは⽊と草だけで、厚い茂みがあらゆる種類の道を塞いでいた。

「うーん、おじいちゃん。本当にここで合っているの?」

「もう少し歩く必要がありますが、この近くです。⾏きましょう」

森の奥深くに⾏くと、押しのけなければならない⽊のカーテンが増えていく。

(本当にこっちで合っているのかしら?)

 



 

  • リニア長老

「止まって」

アーサーが突然⼿を上げ、もう⼀⽅の⼿は今まで気づかなかった剣の柄を握ってた。

彼のそばにいたおじいちゃんは凍りつき、⽗が私たちに向かって慎重に道を切り開く。

完全な沈黙。

近づいてくる微かなざわめき。

おじいちゃんは⾳の⽅向に体を向ける。

⽗のお気に⼊りの剣を構え、⺟は細い杖を構えていた。

音がどんどん近づいてくる。

知らず知らずのうちに、私はアーサーをちらっと⾒た。

彼も私をちらっと見る、

おそらく私が⼤丈夫かどうか確かめたのでしょう。

シルビーは彼のすぐ隣にいた。

そして、私たちは皆それを⾒ました。

右側のブドウの⽊のカーテンがざわめき始め、⽊陰に覆われた背の⾼い姿が鬱蒼とした森から現れる。

誰もが攻撃を仕掛ける前に、影の⼈物からはっきりとした声が聞こえました。

「何をしているのですか?遅かったじゃないか!」

影になった⼈物は⽊々の間から現れ、あまりにも馴染みのある⼈物を明らかにする。

「リニアおばあちゃん!」

安⼼して叫ばざるを得なかった。

 



 

お義父さん公認ですね♪

それをコッソリ聞いてテンションの上がるテシア(笑)

彼女の心情はいつも面白いですね♪

最強の王様、二度目の人生は何をする?【126話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は126話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...