最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【129話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は129話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

129話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【128話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は128話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 仮面の男

鐘楼の⽿をつんざくような⾳。

「あーあー!テスト中・・・、あーあー・・・、完璧です!」

⾳はキャンパスの中⼼近くの鐘楼から聞こえてきた。

「キシラス・アカデミーの学⽣と教員方へ。本⽇開催される最終式典にご参加いただき、誠にありがとうございます。⼼配しないでください、私の⼩さなペットはもう襲いません。約束します」

⼀⽬⾒ただけでお互いにうなずき、カーティスと私はすぐに鐘楼に向かった。

「乗って!」

ワールドライオンは不満の声を上げるが、私を乗せてくれた。

「何が起こっていると思う?」

カーティスが尋ねた。

彼の顔は見えないが、不安な表情を浮かべているのは分かる。

「学⽣や教授の何⼈かは鐘楼で呪⽂を唱えていると思う」

「鐘楼の周りにはある種の障壁があるようだ」

アカデミーの中⼼を⽰していた鐘楼の周りの床はひび割れている。

鐘楼の⽅向にいくつかの⾼レベルの呪⽂が唱えられていたが、障壁はが破れる兆候は見えない。

大勢の生徒たちは、何をすべきか分からず恐怖で震えていた。

「他の懲戒委員を探してくるので、ここにいてください」

カーティスはそう言って、この場を離れた。

混乱している学⽣たちは皆、今⽇降りかかった災害について⼼配そうに話していた。

私は何も出来ず、その場に立ちすくんでいた。

周囲にはマナビーストがいる。

私たちは囚人であり、判決を待つことしか出来なかった。

ほとんどの生徒は軽傷だが、何人かの生徒は重傷を負っている。

幸いなことに、何⼈かの教授は医療魔法に精通していた。

エミッターと⽐較することは出来ないが、それでも傷を癒すことは可能だ。

「お待たせいたしました皆さん!本日のショーにご参加いただき、誠にありがとうございます!」

甲⾼い声が鐘楼から聞こえる。

そして彼が現れた・・・、まるで影から現れたかのように。

錆びた釘が⿊板を傷つけているように聞こえる⽿障りな声。

彼は派⼿な⾚いローブを着て、まるで王のように振る舞っていた。

顔には不気味なマスクが着けられており、口に部分は血の色で笑顔を浮かべていた。

そして、肩甲⾻を通り過ぎて流れる真っ⾚な髪の⽑。

手を後ろに何かを持っているように見えたが、ここからでは何も見えない。

静寂が生まれ、不気味な沈黙がこの場を支配する。

突然、⼟の槍が障壁にぶつかり、粉々に砕けた。

「ぷふふ・・・」

マスクの男が肩を上下に揺らす。

「アハハハハハ!」

マナの補助を受けた笑い声が会場全体に響き渡る。

学⽣と教授たちの表情は、恐怖、怒り、絶望、混乱、欲求不満、無⼒感など、すべての感情が混ざり合っている。

その時、マスクの男は背中の後ろに持っていた物を床に投げた。

何かが目の前に転がってくる。

それは頭。

誰かの首だった。

何が起きているか分かるまで時間がかかる。

理解した瞬間、吐いてしまう。

何度も何度も。

履き終わった頃には、他の学生や教授たちも、嘔吐したり、⽬をそらしたり、顔を⻘ざめたりしていた。

その首が誰のものなのだろうか?

それはドワーフだった。

以前にどこかで見たことがある・・・。

男の不穏な笑いが続く中、何処かから遠吠えが聞こえる。

「NOOOOOOO!ドラドレア!」

 



 

  • ドラニーブ

セオドアが咆哮し、仮⾯の男に向かって猛烈に突進している。

「ドラドレア!」

セオドアは叫び、半透明の障壁に拳をぶつけた。

聞こえた⾳は2つだけ。

仮⾯の男からの嬉しそうな笑い声と、セオドアが障壁に打ち寄せる雷鳴の⾳。

ドン!

彼女は懲戒委員会のメンバーの⼀⼈・・・。

ドン!

アーサーの仲間・・・。

障壁は破れず、セオドアの拳から血が流れ続ける。

それにもかかわらず、彼は決して仮面の男から目を離さなかった。

「ここに来て俺と戦え、お前は臆病者だ!」

突然、仮⾯の男は笑いを⽌め、仮⾯を外した。

彼の顔はシャープで、肌は灰⾊の⾊合いで輝いている。

すべての⼥性が恋⼈にしたいと思う魅⼒的な特徴にもかかわらず、病的に見える表情に背筋が凍る。

セオドアの発⾔に⼾惑うかのように、頭を横に傾けると、男の顔が歪んだ。

「腰抜け?私が?」

「ああ、お前のことだ!障壁の後ろでコソコソ隠れていないで、俺と戦え!」

セオドアは唸り声を上げ、壊れた⼿から⾎が滴り続けた。

「腰抜け?私が?⼒強く⽣まれ変わったドラニーブが・・・、隠れている?」

ドラニーブと呼ばれる男が一瞬でセオドアの前に現れて、彼を障壁の内側に引っ張る。

その行動にセオドアはまったく反応出来ていなかった。

受け身を取る事もできず、彼は地面に打ち付けられる。

再び、ドラニーブは突然のスピードで瞬き、セオドアの目の前でしゃがんだ。

「今、私と戦ってみませんか?」

⾚⽑の男の顔に不吉な笑みが浮かぶ。

セオドアは跳ね上がり、ドラニーブの肩に向かってヒールキックを放つ。

ドォン!

恐ろしい衝撃が発生し、彼が建物を崩すのに⼗分なマナを⾜に吹き込んだことは明らかだった。

⽣徒たちから歓声が上がる。

しかし、そんな簡単に終わると私は思っていなかった。

埃が取り除かれた後の光景に、誰もが目を疑う。

セオドアがマナを使って重⼒を操作できることは、秘密ではなかった。

私たちが⾒たのは、セオドアの脚がドラニーブの肩の上に座っている光景。

ドラニーブは平然としていた。

明確な力の差。

教授たちも戸惑いの表情を隠せないでいる。

セオドアの全力の攻撃は、教授たちも正面から受けることは難しいから。

「これで終わり?まさか全力ではないですよね?もっと戦いましょう!」

ドラニーブがセオドアを蹴り飛ばす。

「私はあなたが望むように戦っていますよね?どうしましたか?」

激しい殴打の嵐。

セオドアは最早サンドバッグにしか見えなかった。

 



 

  • 無力

私たちは無力だった。

仲間の同級⽣が拷問されているのを⾒るだけ。

「・・・が」

セオドアが何かを呟く。

「うーん?何だって?」

ドラニーブの蹴りで、骨折音が聞こえる。

ボロボロになった頭を持ち上げると、セオドアは純粋な憎しみと軽蔑の表情を⾒せた後、ドラニーブの顔に⾎を吐き出した。

彼は⾚い髪に指を⾛らせながら深呼吸をし、⾎まみれのセオドアを⾒下ろす。

「もう少しマシだと思っていましたが、期待外れですね!残念ですが、あなたは瀕死の状態ですし、私が手伝ってあげましょう」

「がぁあああああああああああああああああああ!!!」

セオドアが炎に包まれる。

指を鳴らす。

ドラニーブの行動はたったそれだけ。

再び指を鳴らすと、炎は消えた。

セオドアがドラニーブの指のスナップで真っ⾚な炎に燃えたとき、ゴロゴロし
た叫び声だけが聞こえました。

指をパチンと鳴らしただけ。

今になって、私の手のひらに爪が食い込んで血だらけになっていることに気づく。

役立たず。

今の私に相応しい言葉だ

例え障壁を破ることに成功したとしても、自分もセオドアのようになってしまうのでは?

「ぷふふ!見てください!私は彼を助けました!私は彼の命の恩人ですよね?あははははははははははは!!」

ドラニーブが嬉しそうな表情で拍手をする。

しかし、誰もが笑っていない状況に、彼はただ⾸を横に振った。

「ハァ〜、君たちは⾯⽩くないですね」

カーティスが他のメンバーによって抑えられている。

クレアが涙を流しながら、彼を抑えていた。

キャサリンは、頭を下げて兄の腕を抱えていたので、表情が⾒えません。

エルフのフェイリス、⽬の細い謎の⼈物はいなかった。

彼の名前はカイだったはず・・・。

「お待たせしました!ご不便をおかけして申し訳ございません。メインイベントから始めましょう!フェラス、彼らを連れてきなさい!」

ドラニーブが指揮者のように腕を⼤きく振ると、ローブで覆われたフード付きの⼈物の列が鐘楼から出てきて、それぞれが学⽣を引きずっていた。

彼⼥を⾒たとき、私の⼼は⽌まった。

その場にひざまずき、ぼんやりと目の前の光景をじっと見つめる。

服はボロボロで、髪を引っ張られながら引きずられている女性。

それはテシアの姿だった。

 



 

今回は絶望しかありませんね・・・。

ドラドレアの死、そして瀕死のセオドア。

何よりも、ボロボロのテシアが心配です。

アーサーが早く来ることを願っています!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【130話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は130話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...