最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【130話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は130話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...

 




 

130話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【129話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は129話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side クレア・ブレードハート

必死にカーティスを抑える。

涙が溢れて、目の前の視界がぼやける。

私にはそれしか出来ない。

無力・・・、私は無力だった。

懲戒委員会のメンバーは、キシラス・アカデミー内の安全と秩序の維持を担当している。

メンバーの選任は、アーサーを除いて、私自身が選んだ。

私がスパイを選んでしまった。

その結果が目の前に。

セオドアは仮に生きていたとしても、二度と自分の足で歩くことはできないでしょう。

フェイリスが捕らえられているのは、私の責任。

ドラドレア・オレガードの死も、私の責任。

無意識のうちに、チームメンバーは忠実であると信じていた。

そんな愚かな考えのために、私たちは攻撃されたのだ。

それは昨夜、夜明けの柔らかく薄暗い光が地平線から覗いたときに起きた。

本格的な戦いの準備。

戦えない学生のために、緊急避難計画を考える。

そんな中でカイがある提案をする。

誰もが練習できるように、トレーニングバリアの領域を拡⼤することを。

これまでトレーニングバリアを拡⼤したことはなかったが、彼の提案に何の問題もなかったので、残りのメンバーがバリア内でトレーニングしている間、カイにバリアを監督してもらうことに。

バリアが形成されると、通常は現れない⾚みがかった光沢が。

それが現在、アカデミー全体を囲んでいる檻に変化したのだ。

そして私たちは襲撃される、カイが引き連れた敵たちによって。

カイは裏切り者だった。

彼は私たちに謝った情報を提供しながら、私たちのすべての計画を過激派グループに与えた人物。

私たちは戦いに勝利する寸前だった。

過激派グループは強かったが、私のチームメンバーは更に強かった。

しかし、一人の人物の介入で戦況は変化した。

彼が現れると思っていなかった。

いいえ、それは嘘です。

彼が過激派グループに参加することは当然の結果でしょう。

信じられなかったのは、彼の実力。

彼は⼀⼈で流れを変えた。

才能のある魔道⼠。

自惚れた性格でなければ、私は彼に懲戒委員会に参加してほしかったでしょう。

確かに彼が強いことは知っている。

しかし、今の彼は別次元の力を持っていた。

教授と同等・・・、いいえ、彼らの実力を超えている。

違和感が拭えない。

彼を取り巻く豊富なマナ粒⼦は不安定で、混沌としていた。

それが原因かどうかはわからないが、肌や髪の⾊さえも違った⾊合いに。

彼の存在感はアーサーを思い出させる。

今の彼はアーサーよりも強い。

私の直感がそう告げている。

(どうして彼はこれほど強くなったのだろうか?)

ルーカス・ワイクス。

 



 

  • 信じられない状況

「あなたは自分が何をしているのか分かっているのですか?」

私はルーカスに向けて、侮蔑の言葉を吐き出す。

嘲笑の笑みを浮かべたルーカスが攻撃を仕掛ける前に、カイが介入する。

「ルーカス、彼は迅速に⾏われることを望んでいます。あなたの使命を忘れないでください」

彼らを倒して抜け出すことは不可能でしょう。

私たちの⽬標は、バリアに開⼝部を作ること。

しかし、その障壁は私たちが予想していたよりもはるかに強⼒だった。

3⼈を倒した後、他の過激派グループのメンバーに最初に捕らえられて引き離されたのはフェイリスでしたが、それまでにバリアの表⾯に⻲裂を⼊れることができた。

しかし、全員で逃げ切るのは難しいでしょう。

⻭を⾷いしばって、私たちはドラドレアとフェイリスを置き去りにしなければなりませんでした。

逃げれた気はしなかった、いいえ、無視されたようにも思える脱出。

ルーカスのニヤニヤ笑いが、今でも頭から離れない。

状況は既に手遅れだった。

アカデミーはすでに檻の中に閉じ込められており、過激派グループとマナビーストの両⽅から攻撃を受けていた。

シンシア学長は戻ってない状況。

クライブは、⽣徒会⻑がまだ戻ってこなかったことにホッとしているように見えた。

⽣徒会の書記であるリリアは、アーサーが⼤丈夫かどうか⼼配して私に尋ね、彼がアカデミーの中にいないことを知って安⼼した。

⽣徒の何⼈かは、敵に屈服して寝返った。

しかし、彼らを責めることはできない。

彼らを守る仕事に失敗したのは私たちだから

「お願い、カーティス・・・。お願いします」

「離してくれ」

カーティスの怒りが伝わるが、彼を行かせることはできない。

「俺が奴を殺す・・・」

「カーティス、お願いします・・・。今は耐えてください。私たちはあなたを失うことはできません」

「耐える?セオドアとフェイリスを殺される間、黙って耐えていろと?」

突然、鋭い音が聞こえる。

カーティスは左の頬を触り、唖然とした。

キャサリンの⽬は⾚く腫れていた。

彼⼥の表情は、悲しみと欲求不満で埋め尽くされている。

こんな彼女の表情を見たことがなかった。

それほど強くないビンタだが、カーティスの表情から、妹からの軽いビンタがどの棍棒よりも深く、強く打たれたことが理解できる。

「兄さん。彼らを救える方法を考えましょう。ここにいるすべての⼈を守るための計画を⽴てる必要があります。あなたが死んだら、計画を⾏うことはできません」

彼⼥の言葉は正しかった。

私たちは⾏動を⼀緒にする必要がある。

その時、彼らが捕虜を連れ出した。

私はフェイリスが引きずり出され、殴打され、意識不明になっているのを目撃する。

それぞれの囚⼈を連れているローブを着た⼈物の列が静かに⾝をかがめている間、誰もが静かに⾒つめていました。

この距離から数秒で、そのうちの1⼈が⽣徒会⻑であることに気付く。

 



 

  • 謎の覚醒

目の前の光景がスローモーションのように流れる。

何度瞬きをしても変わらない。

傷や血で汚れているが、彼女の綺麗な銀髪を見間違えるわけがない。

それでも信じられない。

どうして彼女がここに?

彼女はいないはず。

彼女はアーサーと一緒のはずなのだから。

囚⼈の⼀⼈が⽣徒会⻑ともう⼀⼈が懲戒委員会のメンバーであることに学⽣と教員が気付くと、ざわめきが起きる。

「シーッ」

ドラニーブは静かにするようにジェスチャーする。

「皆さんは何が起きているか知りたいと思いますが、その説明をする前に自己紹介をさせていただきます」

彼は少し前に進み、指で髪を梳かす。

「私はドラニーブと申します。現時点では、皆さんは私を悪者と⾒なす可能性があることを知っています。ですが、私はあなた方の味⽅です」

その馬鹿げた発⾔に、再びざわめきが起きる。

「静まれ」

彼の声は決して大きなかったが、有無を言わせぬプレッシャーが発生する。

「私は遠くの⼟地から来ました。この遠く離れた⼟地は、弱者にとって残酷な場所です。ここに集まった⼈々は「エリート」と⾒なされているでしょう。しかし、私から言わせれば単なるゴミに過ぎません」

ドラニーブは嘲るような口調で吐き出す。

「そうは⾔っても、我が王がこの⼤陸の新しい⽀配者になったときに、あなたたちが捨てられないように、価値ある存在となって欲しいと願っています」

全員が信じられないような表情を浮かべる。

まるで目の前の光景が夢であると願うかのように。

「今⽇あなた方に、選ばれた存在を見せてあげたいと思っています。ルキヤ、⼀歩踏み出して、あなたが授けられた⼒を垣間⾒せてください」

ルキヤ?

いいえ・・・、そんなはずがない・・・。

テシアの髪の毛を掴んでいた人物が、彼女を引きずりながら前に出る。

ローブの下に隠された人物。

それはルーカス・ワイクスだった。

私の視線と合わさると、彼は笑っているように見えた。

テシアの髪の毛を引っ張り、彼女の首が自分の顔の横にくるように引き上げる。

舌を出して、ゆっくりと頬から耳まで舐め上げた後、彼は私にウィンクした。

その瞬間、あらゆる種類の感情を制御できなくなる。

目の前が真っ赤に染まる。

自分の体が、自分のものではないかのような感覚。

⼼臓の⿎動以外は何も聞こえない。

⿊い槍が私の周りから現れ、⽣徒の何⼈かを傷つけてしまう。

謝罪すべきと分かっていたが、私の体はルーカスに執着していた。

そのまま歩き出してバリアに近づく。

ある種の⿊いプラズマが突然私の⼿を飲み込み、バリアは簡単に破れた。

ルーカスの驚きの表情は納得できるが、ドラニーブの表情は予想外だった。

彼の表情が青ざめて、恐怖に染まったから。

その瞬間、何⼗匹ものマナビーストが⾶び出して私を攻撃するが、それは無駄な行為だった。

⼿⾸を振ると、⿊い槍が地⾯から発射され、マナビーストを全滅させる。

これは私なのだろうか?

こんな魔法を見たことがない。

まるで殺害と破壊のためだけに意図された⼒。

私の体は死んだマナビーストを無視し、ルーカスにゆっくりと近づく。

他のローブを着た人物が立ちはだかろうとするが、何らかの理由で、ドラニーブが彼らを止めた。

彼の⾔っていることが聞こえなかったが、ドラニーブは私を落ち着かせるために懇願しているように見える。

突然、燃える刃のように鋭い痛みが私を襲い、体が硬直した。

体が限界に近づいているようだ。

いいえ、まだ倒れる訳にはいかない。

ルーカスを殺すまでは。

何とか自分の体をコントロールして、黒い槍をルーカスに向けて発射する。

しかし、心臓に当てることは出来ず、彼の右肩を貫通した。

もう一度・・・。

視界はぼやけて、体が動かない。

意識を失いそうになる。

混乱しているドラニーブに目を移し、意識が完全に途絶える直前。

どうしてか、私は彼を見たと思った。

幻覚を見ているかもしれない・・・、それでも・・・。

親友のアーサーに出会ったかのような気持ちになる。

 



 

カイが裏切り者だとは思いもしませんでした・・・。

そしてルーカスの挑発は許せないですね!

しかし、ここで覚醒したイライジャ。

今の彼はアーサーよりも強いのではないでしょうか?

ドラニーブはイライジャを知っているようですが、彼の正体は?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【131話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は131話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...