最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【134話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は134話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

134話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【133話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は133話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホワイトコアの力

ルーカスの大事な部分を踏み潰した音は、骨を折り、肉を押し潰す不協和音を生み出した。

彼の口からは泡が出て、白目を剥いていた。

災害は終わった。

多くの教授を殺害した加害者は、今や致命傷を負い、ゆっくりと死んでいくでしょう。

それでも、誰も喜んでいなかった。

かつてルーカスに向けられていた恐怖が、今では私に向けられている。

沈黙が生まれた広場には、明白な恐怖の感情が満ちていた。

このような視線を浴びるのは久しい。

かつての私は、自身の威圧的な力を誇らしげにしていたが、今の私には無気力なため息しか出てこない。

第2段階から強制的に戻ると、灼熱の痛みが体全体に広がる。

今回の反動は、エルダーウッドガーディアンと戦った時よりも、遥かに少ない。

何とか声を絞り出そうとした時。

突然の破裂音が鳴り響き、全員の注意を引いた。

学校を取り巻く⾚みを帯びた障壁が粉々に。

夜空に見えるオーロラ星座が、血塗れのアカデミーを幻想的な光景に変える。

上から降りてきたのは3⼈の⼈物。

彼らの正体を理解する前に、彼らが発したオーラで、彼らが誰であるかを教えてくれた。

シックス・ランス

「・・・あれは」

掠れた声でルーカスが口を開く。

一人のランスがルーカスに視線を固定していた。

「に、兄さん・・・」

彼の言った言葉に反応する前に、突然の光が私の胸に当たって、マナの壁を突き破るほどの⼒で私を鐘楼にまっすぐに突き刺した。

引き抜こうとするが、まるで全⾝が壁にくっついているように感じ、身動きが取れない。

呪⽂を唱えた人物。

それはランスの一人だった。

彼が別の呪文を唱えようとする前に、シルビーが火を放つ。

[シルビー、戦うな]

頭の中でそう呼びかけるが、既に手遅れだった。

他のランスの1⼈がシルビーを氷のドームに閉じ込める。

自分の状況にもかかわらず、彼⼥が檻に⼊れられただけだったので安⼼せずにはいられなかった。

その間、私を襲ったランスはルーカスのそばにしゃがみ込む。

彼はルーカスにそっくりだった。

最後のランスは、生き残った学⽣と教授を集める。

彼はすでに何⼈かに質問し、状況整理を行っていた。

ルーカスは私を攻撃したランスに「兄」と呼んでいた・・・。

ルーカスの兄と思われるランスは、⻩⾊い稲妻を生み出す。

「殺すだけで済むと思うな」

コブラの形をした踊り狂う。

⾃分の体を動かそうとしたが、磁石のようなものが体を動かすのを抑えてくる。

そのような状況にもかかわらず、彼が稲妻に対して持っていたコントロールを称賛せずにはいられなかった。

彼はいとも容易く稲妻を生み出したのだから。

まるで呼吸するかのように。

これがホワイトコアの力。

 



 

「バイロン、彼を殺してはいけない」

別のランスがそう命じた。

「何?」

バイロンは後ろを振り返る。

「あの少年は弟を殺す前に、弟を苦しめ、弟に屈辱を与えた。それでも殺すなと?」

彼を取り巻く稲妻が激しくなり、触れたもの全てを消し去った。

「その少年は、ここにいるすべての⼈をあなたの弟から救った少年です。そして、いつからあなたは私に反抗的な視線を送るようになったのですか?」

オルフレッドという男が吐き返した。

このチャンスを利⽤して、第2段階に戻ろうとしたが、それは無理だった。

この時点で、私のマナはすでに空っぽだったから。

二人のランスに注意を向けると、バイロンは⽬に⾒えて混乱していることが分かる。

「そんな事は関係ない。弟は私の腕の中で亡くなったのだぞ。弟を殺した少年に、私が同じことをするだけです」

彼は頭だけをこっちに向けて、私を睨んだ。

突然、2⼈の真っ⿊な騎⼠が地⾯から⽴ち上がって、バイロンの前を塞ぐ。

「オルフレッド!」

周囲の稲妻の影響を受けていないように⾒える2⼈の騎⼠に、彼は咆哮した。

バイロンは衝撃波を解き放ち、2⼈の騎⼠を破壊し、⼿の周りに稲妻を生み出し槍に変えた。

オルフレッドは右腕全体を固まった溶岩のガントレットに変えて、2⼈が衝突したとき、女性のランスが彼らの間に現れた。

「そこまで」

即座に、バイロンとオルフレッドの両⽅が氷の棺に⾸まで閉じ込めらる。

「バイロン、あなたに決定権はありません。その少年とドラゴンをどうするかを決めるのは評議会です」

彼⼥の声には感情の⾊合いではなく、キャサリンとは比べ物にならないくらいだ。

彼⼥が私のドラゴンを⾒つめていても、感情に変化はない。

⼆⼈が冷静になったと判断し、⼥性は氷の棺を消し去り、バイロンが突然私に向けて稲妻の弾丸を撃ったが、すぐに彼⼥の素早い動きで引き起こされた氷の壁によってブロックされた。

流れるように、彼女は氷の剣を生み出し、バイロンの喉元に押し付ける。

「不服従は許されない」

この時点で、私は逃げることを諦めた。

第2段階に移行したとしても、彼女から逃げ切る自信がないと判断したから。

 



 

1時間も経たないうちに、ランスは⽬撃者から⼗分な情報を収集し、正確に何が起こったのかを繋ぎ合わせた。

私の体は解放され、その代わりに、両足と両腕を氷で拘束される。

その間に、ドラゴンは私の絆だと彼女は知った。

オルフレッドの召喚した騎⼠の⼀⼈が私を監視し、3人のランスは、他の召喚された騎⼠の助けを借りて、障壁を完全に破壊するために行動する。

やがてバリアを完全に破壊された後、冒険者ギルドと魔道⼠ギルドから送られたメンバーが急いで現場に向かい、早急な対応を行った。

現場は混沌としていた。

傍観者がアカデミーの正⾨の周りに集まり、何が起こったのかを知りたがっていた。

幸いなことに、2つのギルドは、誰もアカデミーに近づきすぎないように予防措置を講じている。

「アーサー!」

馴染みの声が聞こえる。

家族が⾨の後ろから私に⼿を振っているのを発見した。

父が⾨を⾶び越えようとしたが、警備員の⼀⼈に押さえつけられていた。

妹が⺟の袖を握りしめて泣いている。

彼⼥の隣には、娘を探していたヴィンセントとタビサが。

「家族と話してもいいですか?」

⼥性のランスに尋ねる。

思っていたよりも自分の声は弱々しかった。

「あなたにそんな権利が・・・」

「私が連れて行こう」

バイロンが口を開くが、オルフレッドが会話の途中に割り込む。

家族の元まで私を運んだ後、彼は背を向けた。

それが彼なりの優しさかどうかは分からない。

しばらくの間、私たちの間には沈黙が。

私の体はボロボロで、服は真っ赤な血で染まっていた。

それはルーカスの血だが、傍目からはそう見えないだろう。

「やぁママ、パパ、エレナー」

笑顔を浮かべるが、それは逆効果のようだ。

アリスの顔が青ざめる。

「アーサー、私の⾚ちゃん。だ、⼤丈夫なの?」

⺟は柵越しに腕を伸ばし、私は彼⼥の⼿を握った。

「息⼦よ、一体何が起きた?」

レイノルズも心配した表情を浮かべている。

「大丈夫だよ、母さん。少し休めば治るから。父さん、私もすべてを把握しているわけじゃないんだ」

⾸を横に振った後、⺟の⼿をしっかりと握り締めて、彼女を落ち着かせる。

エレナーに視線を向けた。

彼女は怒っているのか、悲しんでいるのか分からない表情を浮かべている。

「なぜあなたは手錠を?」

父の質問にどう答えればいいのか分からない。

人を殺したと直接伝えたくなかった。

⽗は理解しているかもしれないが、⺟とエレナーの前でそれを⾔う必要はないでしょう。

説明する⾔葉を探していると、⼥性のランスが巻物を⼿に持って近づいてくる。

「レイノルズ・レイウィンとアリス・レイウィンの息⼦、アーサー・レイウィン。評議会は、過度の暴⼒⾏為のために、あなたのマナコアを抑制し、魔導士としてのあなたの称号は剥奪され、あなたはさらなる判断まで投獄されると布告しました」

 



 

まさかのシックス・ランスの介入!

しかも、何故かアーサーは罪人扱いです。

これは一体どういう事なのでしょうか!?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【135話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は135話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...