最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【143話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は143話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

143話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【142話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は142話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side レイノルズ

私は⾃分⾃⾝を憎んだ。

感情の⼀部は、アーサーに⼤丈夫だと・・・、お前は私の家族だと訴えていた。

しかし、私の⼤部分、私が嫌っていた部分は、アーサーが私たちに秘密を明かさないで欲しかったと望んでいたのだ。

アーサーの⼈⽣の早い段階から、彼が何か違うことに気づいていた。

年齢のわりに落ち着いていて成熟していて、彼の年齢を偽っていたように思えた。

早い段階から、彼の⾏動は常に⼀定の先⾒性を⽰していた。

彼が何かをする理由には、ある種の⽬標や計画は常に存在していた。

もし彼が秘密にしておけば、誰にとっても、彼⾃⾝にとっても、もっと良かったのではないでしょうか?

打ち明けた理由は何だったのか?

彼の⽬標は何だったのか?

なぜ私がこれを受け⼊れるのがとても難しいのだろうか?

それは私⾃⾝のプライドに反したから?

おそらく、私が千年に⼀度だけ現れた天才を産み育てたという私⾃⾝の利⼰的なプライドのため?

予感はしていた。

幼い頃からの彼の奇妙な⾏動、剣⼠としての彼の説明のつかない才能、そして魔術師としての才能。

・・・私は無意識のうちにこれらの兆候をすべて無視することを選択したことで、些細な⾃我を維持することができたのだろうか?

私⾃⾝の⾁と⾎、私の・・・、息⼦の事実を受け⼊れることを決⼼するのが難しい。

単純な愛情の⾔葉である「息⼦」と⾔うのがいかに難しいか、私は笑わずにはいられなかった。

動かない⾜を洞窟に引き戻すのに少し時間がかかった。

周りを⾒回すと、⽕のそばで何かを抱きしめているリニア⻑⽼しか⾒えない。

妻と娘がいるテントをちらっと⾒たが、どういうわけか中に⼊ることができなかった。

代わりに、私は恩⼈の隣に座る。

「アーサーは行ったことを、あなたは知っているわね」

⽼いたエルフの⽬は、彼⼥が腕に抱いていた⽑布の束に接着したままだ。

「彼と向き合うのが怖いのね」

「あ、あなたは知っていたのですか、リニア⻑⽼?」

⽕から⽬を外し、隣に座っていたエルフの⽅を向く。

「私は多くのことを⽬にしてきたが、アーサーのような少年に出会ったのは初めてでした」

「ええ、彼は少年ではなかった」

⽬の前で踊る炎に迷い込んだ私は、前かがみになって嘲笑する。

「何を言ってるの!彼は私にとってまだ⼦供であり、あなたにとってまだ⼦供であるのと同じよ」

リニア⻑⽼は反論した。

彼⼥は席に注意深く寄りかかって話し続けた。

「私はいつもそれが⾯⽩いと感じました・・・。⼈々が年齢と知性について持っている先⼊観を。年をとるほど、人々はより多くの知恵を持っているべきであり、誰かがより賢いほど、人々はより論理的でなければなりません。これらの2つの特性を組み合わせると、知的な人は冷静になり、賢明な計算をするはずです・・・。そうではありませんか?」

私の困惑した表情に気づいた彼⼥は、柔らかなな笑顔を⾒せる。

「あなたは、アーサーが⼝を閉じたままにしておけばよかったのにと思っているのでは?そもそも、なぜ少年があなたに⾔ったのか疑問に思っていたに違いありませんよね?」

返事をする前に、年⽼いたエルフが私の胸をそっと突く。

・・・心臓のあるところに。

「⼼は依然として脳の最⼤の敵です・・・。先ほど⾔っていたように、感情、つまり⼼は、妥当性、効率性、有⽤性など、論理的なものと常に衝突します」

「じゃあ・・・、アーサーは私たちに秘密を⾔ったとき、論理よりも感情で⾛っていたのですか?」

彼⼥は⾸を横に振る。

「彼はこの世界で単なる幼児として生まれてきたわ。そして、彼はそれ以来⻑い道のりを歩んできました。今回の一歩は、彼が安全と快適さを⾒つけた殻から抜け出すために彼が取らなければならなかった⼤きな⼀歩だったのでしょう」

 



 

リニア⻑⽼は起き上がって痛々しいほど伸びをした後、抱きしめていた毛布の束を私に⼿渡した。

「あなたの妻のためにいくつかの⾷べ物を準備できるように、私のためにこれを握っていてください」

「ありがとう、⻑⽼。これは何ですか?」

私は尋ねる前に少しお辞儀をする。

「アーサーの主⼈は、それがレイウィン家への贈り物だと私に⾔っただけです」

彼⼥の顔には不思議な笑みがあり、これが何であるかについてどうしようもなく興味をそそられた。

⽑布の層を注意深く剥がした後、私は唖然とした。

それはマナビースト、より正確には幼児のマナビーストだ。

⼩さなクマのような⽣き物は、⽬の上の2つの⿊い斑点を除いて、暗褐⾊だった。

お腹には⽩い⽑⽪の房がある。

「わあ!とっても可愛い!パパ、それはなに?」

エレナーの突然の叫び声は私を驚かせ、マナビーストを落とすところだった。

その時、マナビーストが⽬を覚まし、娘と⽬を合わせた。

娘とビーストの⽬がかすかに⾦⾊に輝き始める。

私はまだマナビーストと絆を結んでいないが、アーサーとエレナーの両⽅が今は絆を結んでいる。

娘の右鎖⾻に⾦の記章が刻印されて、彼女の両⽬から輝きが落ち着く。

クマのようなマナビーストは、エレナーに拾われたかのように腕を伸ばし、柔らかな泣き声を出す。

「えへへ!私はあなたをブーと名付けます」

娘はマナビーストを拾いながら笑顔を浮かべた。

「ブ、ブー?」

「うん!⿊い斑点がこの子をいつも怒っているように⾒せてくれるからです!だから、ブーよ!」

彼⼥はそう宣⾔した。

「ああ、そうだ!パパ、ママが起きたよ」

私はすぐに席を降りてテントに向かった。

 



 

リニア⻑⽼のテントは、外側から⾒たときよりも内側がはるかに⼤きい。

仕切られた部屋に静かに⾜を踏み⼊れると、妻が座っているのを⾒て微笑んだ。

「ご気分はいかがですか?」

彼⼥の隣に座って、私はそっと尋ねた。

「私はどれくらい寝ていましたか?」

彼⼥は呻き声を上げ、瞼をこする。

「ほんの数時間です」

彼⼥を引き寄せて、彼⼥が私の肩に頭を乗せることができるようにした。

「ア、アーサーはどこに?彼は・・・、いなくなったのですか?」

「うん」

彼⼥が震え始めたので、私は彼⼥をしっかりと抱きしめた。

「私はひどい⼈ですか、レイ?」

彼女の声は震えていた。

「いいえ、違います。なぜあなたはそれを尋ねるのですか?」

「私はアーサーを病気と呼びました・・・。彼が秘密を教えてくれたとき、私は彼を真剣に受け⽌めませんでした・・・。私は彼の秘密を真剣に受け⽌めたくありませんでした!」

彼⼥が私を⾒上げる。

⽬の隅は涙でいっぱいだった。

「それが正常です。アーサーが私たちに⾔ったことを簡単に受け⼊れることができる⼈は誰もいないでしょう」

私はそう慰め、彼⼥の髪にそっと指を⾛らせる。

「では、アーサーが私たちの息⼦であるかどうかを疑うのは酷いと思いませんか?」

「・・・」

彼⼥にノーと⾔いたかった。

しかし、まったく同じことを考えていた⾃分⾃⾝を酷いと考えたとき、何と答えればいいのだろうか?

アーサーについての真実を学んで以来ずっと感じていた痛みは、私が息⼦と呼んだ⼦供に抱いた利⼰的な欲望と夢からでした。

アーサーを実際に⽣んだのはアリスだ。

彼⼥は、陣痛の苦痛に耐える前に、妊娠のストレス、不快感、痛みを9か⽉間経験してきた。

今、アリスが⼦供について知っていたすべては嘘であることが判明したら・・・。

震える唇を噛み、沈黙を守ろうとする。

私は強い⼈である必要があるから・・・。

私は妻が信頼できる⼈である必要があるのだから・・・。

「ごめんなさい・・・」

妻が突然ささやいた。

彼⼥の頭はまだ私の肩にもたれかかっていたので、彼⼥がどんな表情をしているのか分からない。

「ハニー・・・。私たちは⾃分の気持ちを整理するのに時間が必要です。アーサーはこれを知っていたので、彼は去らなければならない前に私たちに話してくれたのでしょう」

「彼はいつまでいないのですか?」

アリスはそう尋ねた。

間違って聞こえたかもしれないが、彼女の声はやや無愛想に聞こえる。

「彼は数年と⾔った」

アリスが驚くのを期待して答えた。

「そっか・・・」

「アリス、どうしたの?」

彼⼥の顔をよく⾒ようとした。

彼⼥の⽬にはほとんど生気が見られなかった。

「アーサーが乗っ取らなかったら、私の息⼦はどんな子供だったのかな?」

彼⼥は地⾯を⾒てそう呟く。

「ア、アリス・・・。そんなこと⾔わないでください。そのようなことを聞かないでください」

「彼はあなたのように勇気を出して外向的だったのかな?あるいは、彼は私のようにもう少し注意深く恥ずかしがり屋だったのかな・・・?」

彼⼥は涙を流していた。

「ハ、ハニー・・・。それ以上はもう・・・」

声を安定させるためにできる限りのことをしたにもかかわらず、涙が私の顔を転がり始めた。

「アーサーは・・・、アーサーは・・・」

「アーサーがどうしたのですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私たちの息⼦?」

妻と目が合う。

そして、私は彼⼥がどれほど絶望的であったかを⾒ることができた・・・。

彼⼥がどれほど失望していたのかを。

「気づいていなかった、レイ?あなた、話し始めてからアーサーを息⼦と呼んだことは⼀度もない!」

⼝を開けて反論しようとしたが、それは出来なかった。

私は深呼吸をして、話す前に妻の顔の涙を拭う。

「あなたと同じように、アーサーを私たちの息⼦と⾃信を持って呼ぶのは難しいです。うまくいけば、それは私たちが次に彼に会うときに変わるでしょう。しかしアリス、それは私たちが彼を13年以上家族と⾒なしてきたという事実を変えません。私たちは笑い、戦い、祝い、⼀緒に涙を流しました。それが私たちを近づけたのではないですか?私たちに流れる⾎ではなく、かつて私たちが誰であったかではなく、私たちが⼀緒に何を経験したのかが大事なのではないでしょうか?」

妻をしっかり抱きしめながら、話し続ける。

「アーサーがキシラスに向かう途中、⼭であなたのために命を犠牲にしたことを覚えていますか?彼があなたを重要だと考えていなかったら、彼はそのようなことをしなかっただろうことをあなたはよく知っています。だから、「もしも」にこだわるのではなく、私たちの周りで起こっていることを受け⼊れようとしましょう。」

あの時、妻が壊れて泣いたとき、妻が私の腕の中で震えているのを感じることができた。

今の彼女は、アーサーが死んだと思った後の彼⼥の姿と同じだった。

彼⼥が現実から逃れようとしている。

涙が乾き、すすり泣きが柔らかい囁き声になるまで、私たちはお互いの腕の中でしばらくそこに座っていた。

「アリス、あなたは恐ろしい⼈ではありません。私を信じてください、私はあなたより悪いと思いました。でも、この事実を整理するには時間がかかるだろう・・・」

妻を抱き、愛する⼥性の顔をじっくりと⾒つめていると、声が途切れた。

「ぎ、凝視するのをやめなさい。私は今、嫌な顔をしているに違いないから」

彼⼥はそう泣き叫んだ。

「あなたは美しいよ」

私は彼⼥の腫れている⾚い⽬と⿐⽔を⾒つめながら⾔った。

妻はそっと⽬を閉じて前かがみになる。

エレナーの声がテントのすぐ外で鳴ったとき、私は唇を彼⼥にそっと押し付けた。

「ママ!体調はよくなりましたか?ブーを⾒せてあげましょう!」

「さあ、おばあちゃんと遊びましょう。あなたの両親は・・・、休んでいますから」

リニア⻑⽼の声もテントのすぐ外で鳴り響いた。

アリスはようやく微笑んでくれた。

「エレナーが話している「ブー」とは何ですか?」

私の妻は眉をひそめていた。

「後で言うよ」

 



 

泣いた・・・。

アーサーをすぐに受け入れるのは難しいでしょう。

アリスが少し落ち着いてくれて良かったです。

元通りになるのは難しいですが、それでも、以前と同じような光景を見せて欲しいですね。

 

※次回からは新章「エフェオトゥス大陸編」です!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【144話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は144話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...