最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【145話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は145話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

145話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【144話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は144話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • コルドリ師匠

⻭を⾷いしばって、私は静かに従い、インストラクターの指摘を受けていた。

もし私がそうしなかったとしたら、⼣⾷に遅れるだけなのだから。

「訓練」の⽇々は、8時間の戦闘訓練で構成されていたが、これには多少の⽋陥がある。

その後、約10時間は瞑想を⾏って「気」を育てた。

残りの6時間は、⾷事、洗濯、睡眠に分けられる。

「気」のテクニックを学ぶのに⼗分に発達した学⽣は、グループの他のメンバーから分離され、彼らの能力に応じて専⾨のクラスに配置された。

私は割り当てられた8時間は、インストラクターのトレーニング計画に従っていた。

瞑想の時間中、私は最初の8⽇間だけ瞑想した後、残りの2時間は眠るようになる。

睡眠の時間は、インストラクターが武道と⾒なしていたすべてのゴミを復習せず、頭の中で訓練した。

独⾃のテクニック。

インストラクターが教えてくれた唯⼀の有⽤な情報は、⼈間の重要な場所。

弱点を。

私は、すべての「気」の技術を保持している図書館に忍び込んでいた。

すべての技法を習得するのは無意味だと思っていたので、それを絞り込んで、⻑期的に⾒て最も役⽴つ「気」の技術だけを勉強する。

当時は気にならなかったが、今振り返ってみると、私が天才であることに他ならないことは容易に理解できたでしょう。

写真を⾒るだけで、「気」が体内をどのように流れて技術を正しく実⾏できるかを把握することができたのだから。

図書館に侵⼊した後、私が最初に学んだ技術は、⼀連の「気」を強化したフットワーク技術。

その技術を利用して、正当な理由もなく何度も私を鞭打ったインストラクターを打ち負かしたことを今でも覚えている。

汗をかいた⾸に⽊⼑を押し付けたときの彼の表情は、今でも鮮明に思い出せた。

しかし、私がこの世界に来たとき、マナコアが⼗分に進歩すると、その技術はほとんど役に⽴たなかった。

私のマナは⾮常に豊富であるため、マナ出⼒を調整および制御する必要はないでしょう。

 



 

⼈間の脳が過去の瞬間を思い出す⽅法は⾯⽩い。

⼈が忘れたいと思うすべての記憶は、どういうわけか海⾺にさらに深く根付いているのだから。

前世の⼦供の頃の記憶は、まるで私の⼈⽣の走馬灯のように突然出現した。

地⾯に倒れたとき、右肩を脱⾅させた鋭い突きを回避することができなかった。

切断された左腕との間で視線を移したとき、私はほとんど無防備だった。

ウィンドサムは、この領域で感じる痛みが⼤幅に軽減されていると私に⾔ったはず。

もしそれが本当なら、これが実際に私に起こったとしたら、これらの傷はどれほど苦痛になるでしょうか?

私に致命傷を負わせた人物は、指をパチンと鳴らし、複雑な表情で私に近づく。

「ここまでにしましょう」

私はすべての⼿⾜が取り付けられ、壊れていない状態で再び⽬覚めた。

すぐに四つん這いになり、息を切らしながら嘔吐する。

「いいえ、続けさせてください」

何とか言葉を吐き出した。

「⼈間の少年は⽴派な意志を持っていますね。ウィンドサム、どれくらいの時間が経過しましたか?」

「ここでは約5分が経過しました」

ウィンドサムは簡潔にそう⾔った。

「ここでは、およそ1時間経過していますね」

坊主頭の痩せた男は、失望も誇りもせず、当然のことのように発⾔した。

唇から嘔吐物を拭き取りながら、2人のアスラの会話を聞く。

「もう⼀度」

私は必死に要求し、ウィンドサムがこの神聖な広場の真ん中で教えてくれた瞑想的な姿勢で腰を下ろした。

頭を剃ったアスラはうなずき、私とまったく同じ位置で私に向かって座り、ウィンドサムと⼀瞥を交わし、彼に開始の合図をする。

もう⼀度、輝くサファイアの液体が私たちの周りに上がり、私と私の前のアスラを包んだ。

私はすぐに、数⼗回私を圧倒したお馴染みの灼熱の感覚に巻き込まれる。

そして再び、私は殺された。

インドラス⽒族の城を出たばかりの数時間前に、私の考えはゆっくりと遡る。

 



 

「会ってほしい⼈がいる」

ウィンドサムは⽴ち⽌まって話を続けた。

「まあ、今のところ、具体的に私があなたに会ってほしいのはたった⼀⼈ですが」

橋を渡った後でも、ウィンドサムは訓練場の場所をほとんど説明せず、急な⼭を降りる間、ほとんど沈黙を守っていた。

降りると雰囲気が⼀変する。

灰⾊の⽯と腐った森の退屈な帆布に囲まれていた。

今までずっと下に⾒えた雲海が私たちの真上にあり、霞の層が天国と煉獄のように感じられるものとの境界であるように思える。

「到着しました」

彼は2つの⽯の間の隙間から突き出た死んだ根をじっと⾒つめていた。

「ここでトレーニングをするのですか?」

「私の⼿を握ってください」

ウィンドサムは質問を無視して、私に向かって⼿を差し伸べる。

気づけば、風景が変わって、⼩さな洞窟にいた。

「またお会いできて嬉しいです、コルドリ」

ウィンドサムは突然、誰もいないのに挨拶をした。

「ウィンドサム⻑⽼、お会いできて嬉しいです。そして、あなたは⼈間でなければなりません、アーサー・レイウィン、正しいですか?」

ちょうどその時、突然⽬の前に現れた。

剃⽑された痩せたアスラ。

彼は私に僧侶の多くを思い出させた。

彼の4つの⽬はすべて、インドラス卿の静かに恐ろしい視線とは異なる穏やかな知恵を染み出させていた。

「はい、はじめまして」

私はすぐに落ち着きを取り戻した後、そう答える。

「アーサー、彼は私の親友、コルドリです。彼は、ディカゼンの浮かぶ城で出会ったアルディールと同じように、パンテオン氏族のテュエステース⼀族です」

「インドラス卿は本当にあなたにオードオーブを与えましたか?」

「はい、ここにあります」

ウィンドサムは彼の⼿のひらの⼤きさの球形の物体を取り出し、それをコルドリに明らかにした。

「インドラス卿は本当にこの⼈間に多くの投資をしているのですね」

彼はため息をつき、オーブを賞賛する。

「アーサー、私たちと⼀緒にここに来て座ってください。トレーニングがどのように始まるかを説明します」

コルドリは座ったまま⼿で私を招く。

「いくつかの理由から、トレーニングをウィンドサムからではなく、私から始めるのが最善だと推測しました。まず、あなたの体とマナコアは、若いアスラでさえ可能であるようなトレーニングを行うのに⼗分なほど強くはありません。私たちが⾃由に使えるリソースがすぐに利⽤できない場合、私たちが教えてくれたことを物理的に吸収するには、少なくとも数⼗年かかるでしょう」

彼は説明を続ける前に、ウィンドサムの手にあるオーブを見た。

「幸いなことに、私たちはオードオーブを持っています」

「そのオードオーブとは正確には何ですか?」

「アーサー、あなたはこれを知らないかもしれませんが、ドラゴンの種族は神に最も近いと⾒なされています。その理由は、私たちがエーテルを操作する能⼒を持っているという事実です。エーテルは物質であり、宇宙全体に流れます。シルビア夫⼈の意志を受け取ったことからわかるように、最近インドラス卿から経験したように、エーテルには時間と空間⾃体を操作する⼒が含まれています。エーテルの可能性の多くはインドラス⽒族にも理解できないままですが、⽒族の歴史が始まって以来私たちが所有しているアーティファクトの1つは、エーテルオーブです。エーテルオーブは、私たちの⼀族がエーテルが持つ⼒を垣間⾒ることを可能にした宝物。魂から体を分離する能⼒です」

ウィンドサムが説明を続ける。

「オーブには時間を操作する⼒もあります。エーテルオーブが持つこれらの2つの能⼒により、他の⽅法では不可能な速度と効率であなたを訓練することが可能になります。テュエステース⽒族とインドラス⽒族の緊密な関係により、インドラス卿はこの宝物の⼀時的な使⽤法を私たちに贈ってくれました」

「なるほど・・・」

「インドラス卿は、あなたが次の戦いの準備ができていることを確認するためにかなりの量のリソースを投⼊したと⾔ったことを覚えていますか?オーブとともに、インドラス卿は私たちが彼の排他的な訓練場を使⽤することを許可しました。この池の中のエーテルが豊富な液体は、あなたのトレーニングを加速し、このプロセスを通してあなたが被る傷を癒すのを助けます。コルドリは、テュエステース⼀族の才能と尊敬されている教師です。彼はトレーニングの最初の部分を担当します」

「では、トレーニングの最初の部分で正確に何をするのでしょうか?」

私は恐る恐る尋ねる。

ウィンドサムの声はほとんど邪悪に聞こえた。

「あなたは魂の状態でコルドリと戦うでしょう、そして、あなたは死ぬでしょう。何度も何度も」

 



 

精神と○の部屋ですね(笑)

ここからのアーサーの修行は熾烈を極めるでしょう。

しかも、これが最初の訓練とは・・・。

是非とも、アーサーには先生たちの想像以上の成長をして欲しいですね!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【146話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は146話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...