最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【146話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は146話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

146話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【145話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は145話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 第一の訓練

「アーサー、あなたの体を信頼してください」

コルドリの⾔葉が私の⽿にそっと響き渡ったとき、彼の⼿が私の胸を突き出ていることに気づき、鋭い痛みが襲ってくる。

魂の領域から吸い出されたという馴染みのある感覚が、もう⼀度、私を圧倒した。

洞窟で⽬が覚めるとすぐに、胸を手で抑える。

そこに穴は開いていなかった。

安堵感と同時にその場で倒れ込む。

「今回はどれくらいですか、ウィンドサム?」

「2分」

ウィンドサムは簡潔に答える。

「アーサー、あなたが魂の領域から追い出されるほど、あなたの訓練に多くの時間が浪費されます。ここでの1時間は約12時間に相当しますが、数分ごとに追放されれば⼗分ではありません」

「私を責めないでください、数分ごとに私を殺しているあなたの友⼈を責めなさい」

言い訳するかのように答える。

死にゆく感覚に慣れるのは不可能だった。

⾁体が怪我をしていなくても、⼼的外傷を誘発するストレスは、ベテランの戦士でさえ狂気に陥らせるでしょう。

二人が何を考えているのか正確には分からない。

10代の若者にこの種の悪夢のような訓練をさせるのだから。

「あなたなら大丈夫」

コルドリは私の⼼を読んでいるかのようにそう答えた。

「しかし、少年の精神力には驚かされますね。あなたほど頻繁に死ぬことのない若いアスラでさえ、このストレスに対処するのに苦労していますから」

彼の意見にウィンドサムもうなずく。

「私でさえ、アーサーが死のために魂の領域から追放された回数に最初は⼼配しました」

「さて、もう⼀度トレーニングを受ける時間です。準備はいいですか、コルドリ?」

私の質問に、コルドリは⾯⽩がって笑い声をあげる。

「私はいつでも準備ができています、少年」

「アーサー、あなたが魂の領域で訓練している間、あなたの⾁体もあなたのマナコアを洗練することを覚えておいてください。あなたが魂の領域で⻑く生き続けることができるほど、あなたの成長はより速く進みます。しかし、オーバーワークはしないでください。トレーニングはまだ1週間しか経っていませんから」

ウィンドサムはオードオーブを発動したときにそう警告した。

 



 

コルドリと私は、再び、地平線に際限なく拡⼤したフィールドに立っていた。

このトレーニングを始めてから8⽇が経過した。

ここでの24時間は現実の12⽇に相当する。

魂の領域で何度も死んだ後、⾁体の領域で⾷事、睡眠、休息に費やした時間を数えても、私はこの訓練に数ヶ⽉以上、平穏で忍耐強い僧侶、コルドリと過ごしてきた。

「アーサー、あなたは物理的な戦闘に精通していると⾔えますが、あなたはマナの使⽤法、あなた方が魔法と呼ぶものに過度に依存しています」

コルドリはそう推測した。

「私はまだ13歳です。忘れましたか?」

私は無邪気に対抗する。

「確かに」

彼は肩をすくめた。

「あなたは⼈間です。統合段階は⾔うまでもなく、ホワイトコア段階に到達するまでには⻑い道のりがあります。そのため、私の仕事はあなたの体を鍛えることです。結局のところ、⾃分⾃⾝を保護するために費やすマナが少なければ少ないほど、他の使⽤分野での余裕が⼤きくなりますから。さあ、始めましょう。時間を⼗分に無駄にしました」

「はい」

防御の姿勢で答える。

コルドリの姿は消え、⽬の前に再び現れた。

初めての訓練で魂の領域に来たとき、私は最初の打撃で殺され、反応すらできなかった。

2回⽬、3回⽬、4回⽬、28回⽬までずっと、私は最初の打撃で魂の領域から投げ出されている。

しかし、29回⽬には、かろうじて・・・、まあ・・・、2回⽬の打撃まで持ち堪えるのに⼗分な回避ができた。

控えめに⾔っても、魂の領域に住み続け、訓練することは困難だ。

魂の領域で数週間死んだ後、ようやく訓練と呼ぶのに⼗分⻑く生き続けることができた。

コルドリがどれほど恐ろしいかを思い出したのは、私たちが戦ったときだけ。

彼の柔和な気質は消え、数秒の間に100回以上私を殺すことができる冷たく冷酷な戦⼠に変化する。

私が躱すことができた唯⼀の理由は、コルドリの攻撃パターンが常に同じだったから。

もちろん、これは意図的に⾏われている。

すでに知っていた攻撃をかろうじて躱すことができなかったのは哀れだが、それが私たちの違いだ。

訓練が始まって以来、私はまだ彼に⼀撃を加えられていない。

「良いぞ!いつもより⻑くついてきている。アーサー、気を抜かない。隙が見えない場合は、辛抱強く待つのだ」

コルドリはアドバイスと同時に打撃を続け、私の攻撃をすべて簡単に躱していた。

その瞬間、私は⼤失敗をした。

彼の回転する肘を躱したが、動きが⼤きすぎた。

次の攻撃を避けられないと悟って、私は自分の左足を諦めることに。

予想通り、⻭ごたえのある打撃で左⾜⾸が粉々になったが、それでも避け続ける。

それが本物ではないと分かっていても、死にたくはないのだから。

「ずさんだが、素晴らしいフォローだ。必死になって頭を下げないでください」

彼は攻撃を繰り返す。

避け続けることに限界が来て、私はコルドリの踵落としを避けきれなかった。

顔の半分が完全に切断されて話すことができず、耐え難いほどの痛みを抑えるのに精神的な能⼒のほとんどを費やしたが、それでも私はコルドリに中指を優しく伸ばすのを⽌めなかった。

「あなたはなんとか死なずに済んだな」

彼は感銘を受けたように話す。

「あなたの魂が癒されるまで休んでください」

引き裂かれた筋線維、腱、靭帯が再び付着するにつれて、私の⾻の壊れた破⽚が融合していく。

それは怪我によって引き起こされたのと同じくらいの苦痛。

このような苦しみを経験することは、訓練するたびにこの拷問を乗り越えられることを願って、後で役⽴つだろうと⾃分に⾔い聞かせていたが、実際、私は壊れる⼨前だった。

1週間以上経っていないが、この世界の時間の歪みのために、私にとっては数か⽉が経過している。

5分以上⽣き続けていたこのようなトレーニングでは、私は欲求不満と焦りにならざるを得なかった。

 



 

「しばらくの間、戦闘訓練を休憩する必要があります」

コルドリの突然の発⾔に私は驚く。

「どういう意味ですか?私は十分に学習出来ていないのですか?」

「いいえ、そうではありません。実際、あなたの把握と理解能⼒は恐ろしいものであり、頑固さと相まって、魔術師としてのあなたの可能性が他の誰よりも優れているのも不思議ではありません。しかし、あなたの頑固さのために、私たちが現在のペースで進み続けると、あなたは無意識のうちに崩壊するのではないかと⼼配しています」

コルドリはその場で座った。

「崩壊?オードオーブの中の領域は私が死ぬことを許さないと思っているのですが?その上、私の魂の状態の再⽣速度で、あなたが私を即座に殺さない限り、私は⼤丈夫であるはずですよね?」

四つ⽬の彼は視線を上げ、私を厳しく⾒つめた。

「私はあなたの体を傷つけることについて話しているのではありません、アーサー。私はここであなたを傷つけることについて話している」

「私が⼼理的に傷ついているということですか?」

「アーサー。ここで毎⽇私と⼀緒に訓練している間、あなたは絶えず死を経験しています。それ以上に、死はもはや終わりではなく、アスラでさえ気が遠くなるようなレベルの痛みの前兆になっています」

コルドリは地⾯から起き上がった。

「たとえそれがあなたの体を傷つけなくても、その種のトラウマは、あなたが望むかどうかに関係なく、あなたの体は本能的に⾃分⾃⾝を救おうとします」

「正直なところ、私は元気で・・・」

起こったことを意識的に処理する時間すらなかった。

次の瞬間、圧倒的な恐怖感が津波のように押し寄せてきた。

次に気付いたのは、剣をしっかりと握って、コルドリから数メートル離れたところにいたこと。

警戒を緩めたのと同時に、コルドリの姿は消え、存在感や意図の痕跡すらなく、灼熱の痛みに私は⾒下ろした。

彼の⼿は、もう⼀度、私の胸をまっすぐに突き刺している。

彼は優しい笑顔を⾒せた。

「神々でさえ、あなたが本当にどんな⼈⽣を送ったのかわからないかもしれませんが、これはあなたの過去の経験のせいでしょう。あなたは⾃分の本能を深く信頼しすぎています。それは便利な道具ですが、⼼から信頼すべきではありません。少しずつ前に進みましょう、アーサー。教えられることはたくさんありますが、学ぶこともたくさんあります」

孤児としての私の過去の⼈⽣の間に、私が研究所にいた時のことをもう⼀度考えた。

収集できる有⽤な情報やツールから⾃分⾃⾝を学ばなければならなかった時代を。

「分かりますか、アーサー?」

コルドリは起き上がって⼿を伸ばす。

「あなたに賭けます」

私は彼の⼿を受け⼊れ、立ち上がる。

私の体はまだ震えていたが、それが私の胸の致命的な傷によるものであろうと、私の将来の⾒通しの興奮によるものであろうと、熟練した先生の下にいることによる期待感によるものであろうと。

3つすべてが混ざり合っているような気がした・・・。

 



 

ホワイトコアになるまでの道のりは険しいですね・・・。

アスラの戦士たちは弱い戦士でもホワイトコアなのでしょうか?

何度も死を経験しているアーサー。

ルーカスが死んだときの苦痛よりも酷いと思われます(汗)

コルドリも良い師匠のように思えますし、これからも楽しみです♪

最強の王様、二度目の人生は何をする?【147話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は147話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...