最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【147話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は147話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

147話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【146話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は146話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 生き続ける方法

コルドリは怪物だ・・・。

彼は真の捕⾷者。。

彼が束縛を解放したときに頭に浮かんだのはそれだけ。

⿇痺する恐怖は、ヘビの致命的な毒のようにゆっくりと私の体全体に広がる。

汗をかいた⼿を握り締め、剣を握り締めた。

下唇を噛むと、塩⾟い⾎が⼝を満たす。

刃を上げて、先⽣から発せられる濃厚なオーラに近づいた。

「アーサー。覚悟を決めなさい!」

彼の声が威嚇するように鳴り響く。

「くそっ!」

コルドリに近づくと、刃は鈍くなり、まるで私の剣さえ恐れていたかのように思えた。

⼀撃で終わらせることを望んで、振りかぶる。

しかし、上手くはいかない。

コルドリは夜明けのバラードを棒のように受け流す。

剣が地⾯に着く直前に、私は勢いを利⽤して⾃分⾃⾝を回転させ、コルドリの膝に刃を向けた。

その試みも失敗する。

コルドリの短剣が簡単に攻撃をブロックしたから。

彼は私の顔に素早くキックを放つ。

かろうじて、その攻撃を剣で防ぐことに成功した。

「私のオーラが抑制されていても、あなたの動きは良くなっています」

コルドリが私を褒めている間も、彼は攻撃の手を緩めない。

自分の限界に近づいていることに気づき、呼吸困難に陥る。

そのまま跪き、夜明けのバラードを落としてしまった。

「悪くない」

コルドリの声が⽿に届くと、プレッシャーが消える。

息苦しいオーラが私に影響を与えることなく、私の体は必死に空気を吸い込んだ。

1か⽉以上が経過した。

つまり、ここでは約1年が経過している。

今はコルドリの短い講義の中での唯⼀の休憩。

この期間、私はシルビーと連絡を取っていない。

私が死に、魂の領域から追い出された回数は劇的に減少した。

最後に魂の領域を離れたのは、約4ヶ月前。

これは、外での2週間弱に相当するだろう。

ここにいる間、私が得た唯⼀のことは、コルドリの殺意に耐えることができたということでしょう。

「い、いつまで・・・、これを続けるのですか?」

息を吐き出しながら、ようやく喋ることができる。

「あなたは良くなってきている」

彼は私の質問を避けて答えた。

息を呑み続けながら、コルドリと向き合う。

「それでもまだ足りないのですね?」

「時間にこだわるな。私たちは特定の期間を求めていません、分かりましたか?」

彼は厳しく言い放った。

 



 

「さて、もう⼀度ですが、今回は武器を使いません」

「え?」

「あなたが剣での闘いを好むことは知っています。あなたの武器である夜明けのバラードは素晴らしいパートナーです。私があなたの⼈体の最⼤の可能性を引き出したら、教師としての私の役割は完了します。あなたが通常の⼦供よりもはるかに多くの近接戦闘の訓練を受けたことは明らかです。ただし、前にも⾔ったように、あなたの戦闘スタイルは1⼈の対戦相⼿との決闘に適しています」

コルドリの言葉に同意する。

前世では、私の戦いの⼤部分は決闘だったから。

戦争が⾏われることは滅多になく、たとえ戦争が⾏われたとしても、王は直接戦争に参加することはなかった。

「アスラはこの戦争に参加することを許可されていないので、彼らの⼦孫である混⾎が彼らの最強の⼒になるでしょう。次の戦争でのあなたの主な任務は、ヴリトラ⼀族が将軍または特別チームとして送る雑種を倒すことです。アーサー、あなたは信じられないほど強いですが、彼らも同じです。彼らが交代交代であなたと戦うとは思えません。アスラの⾎が流れる敵に囲まれる状況に置かれることを想定してください」

コルドリは静かに断⾔した。

「もちろん、今とは異なり、マナの使⽤に制限はないので、⾃由に⼤混乱を引き起こすことができます。ただし、近くに味⽅の兵⼠や⺠間⼈がいる可能性があることも考慮に⼊れる必要があります」

「分かりました」

⼿をリラックスさせ、右⼿をあごのラインで拳に丸めて攻撃的な姿勢をとる。

「私があなたに教えた最初のレッスンは、⽣き続ける⽅法でした。あなたの敏捷性は私が適切だと思うレベルまで向上したと⾔えます。次のレッスンは、プレッシャーの条件下で戦うこと。ここ数ヶ⽉であなたの耐性をかなり強化されました。どちらの分野にも改善の余地はありますが、次に進みましょう・・・」

目の前にいたはずのコルドリが、まるで私の後ろから話しているかのように響き渡る。

「あなたの視野は狭すぎる」

目の前が残像だと気づき、振り返ったが遅すぎた。

背中をきれいに打たれて、前に転がる。

私は⽴ち上がって、背中を伸ばしながら呻き声を上げた。

「マナの使⽤は許されないと思いました」

「私はマナを使いませんでした。あなたよりも⾃然に速く動いただけです。さあ来なさい」

コルドリは⼿で私を⼿招きした。

一瞬で距離を縮めて、右拳を解き放つ。

トレーニングをしているうちに、体の仕組みが良くなったと実感していた。

筋⾁、腱、靭帯、⾻のすべてが、油を塗った機械のように調和して機能しているのを感じる。

マナに頼ることなく、コルドリを驚かせるのに⼗分なパワーを⽣み出すことができた。

彼の唇が一瞬驚きに変化したことを、私は忘れないだろう。

その瞬間ほど速く、無⼒に、そして痛々しく投げられたことはなかったが。

吹き⾶ばされて咳をしたとき、コルドリはまるで剣の刃のように⼿を私の⾸に当てていた。

「アーサー、とてもいいパンチでした。その⼒を解放するためにどのくらいの強さを使⽤したと思いますか?あなたはそれを2⽇間、3⽇間続けてできると思いますか?」

コルドリは私の体の損傷を評価するためにひざまずく。

「私があなたを投げるのにどれくらいのエネルギーを費やしたと思いますか?あなたが費やしたエネルギーと比べれば少ないでしょう」

痛みに耐えるために⻭を⾷いしばって、私は⽴ち上がる。

「今⽇は元気ですね」

コルドリはもう⼀度私を⼿招きした。

パンチをフェイントとして使⽤し、ジャンプして右膝を彼の顎に向けて放つ。

繰り返しになるが、コルドリの動きは以前とは異なっていた。

素早く滑らかな動きで、彼は私の頭の後ろにあるシャツの襟をつかみ、私を地面に叩きつける。

⼀瞬世界が真っ暗になり、⽬が覚めると耳鳴りが激しかった。

これは合気道に似ている。

現代の戦闘スタイルがより広く使⽤されるようになった後、伝統的な武道の衰退のために失われた古代の戦闘スタイル。

前世で王になった後、私は武道と決闘の技術に関連する多くの本を読んだ。

知識は持っているが、投げる技術を学ぶことはほとんどない。

当時は⾮効率的すぎたから。

「⻑時間の戦闘では、マナの適切な保存と分配について話しましたよね?マナは、剣のように、制御して利⽤するための道具です。来なさい」

無⾔で、私は⽴ち直り、もう⼀度コルドリに接近する。

「あなたの体はあらゆる種類の武器になる能⼒を持っています」

彼はそう説明し、攻撃的な姿勢を取った。

「たとえば、拳はハンマーや棍棒になり、壁を破壊するのに⼗分強⼒になる可能性があります」

彼の最初の攻撃を避けて、私は重⼼を下げてパンチを放つ。

滑らかな動きで、コルドリは⾃分の腕を回転させ、私の拳の向きを変えた。

「それはまた、敵の攻撃を逸らす鞭になることもあります」

彼は私の背中に⼿のひらを置く。

「そしてそれはまた、敵を粉々に爆破することができる⼤砲である可能性があります。アーサー、マナで⾝を守りなさい。許可します」

コルドリの⼿のひらが置かれている部分に焦点を当て、マナで体をしっかりと包む。

⾳の壁が壊れるという⽿をつんざくような爆⾵。

何個の⾻が折れたのか、視界が暗くなり、魂の領域から体が吸い出されたのを感じたため、いくつの臓器が崩壊したのかを知ることは不可能だった。

 



 

⽬を開けると、お馴染みの洞窟で横たわっていた。

吐き気の波が私を襲う。

まるで、コルドリが実際に胸⾻に⽳を開けたかのような気分だ。

「うぐ・・・」

その場で呻き声を上げながら、自分を落ち着かせようと努力する。

「ああ、来ましたね」

コルドリの視線は私の後ろに向けられた。

知らない男の子だ。

⾝⻑150センチくらいの男の子は、私の⽅向に敬意を表してお辞儀をした。

彼の頭もコルドリのように剃られていたが、彼の⽬は2つしかない。

「遅れてすみません、マスター」

少年は頭を上げて⾔った後、私と目を合わせて、私に⾼慢な嘲笑の表情を放った。

妹より若い⼦供に腹を⽴てているようだったので、眉を上げてコルドリと向き合う。

「この子供は誰ですか?」

「アーサー、あなたの新しいトレーニングパートナーです」

 



 

アーサーの修行は順調?

コルドリ以外にも先生はいると思うので、ここでの基礎づくりが重要に思えます。

そして新たな登場人物。

アーサーの実力は、アスラ族の中でどの程度なのか判明するのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【148話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は148話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...