最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【148話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は148話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

148話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【147話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は147話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side コルドリ

「トレーニングパートナー?」

私の質問に返答される前に、子供が口を開く。

「師匠、私がここに来たのは、個別の訓練を受ける機会を得たと思ったからなのですが・・・」

「タチ、ここでアーサーとスパーリングをすることはトレーニングです。こっちに来て、始めましょう」

コルドリは明らかに不満のある⼦供に向かって⾝振りで⽰した。

「師匠、この訓練からどのような利益が得られるでしょう・・・?弱い存在が相手ですよ?」

タチは不平を⾔い、イライラした表情で私を睨む。

「アーサーは」

コルドリが強調する。

「私から特別な訓練を受けています。彼とスパーリングすることはあなたの成⻑を助けるでしょう。オードオーブを使⽤してトレーニングするという珍しい名誉があるにもかかわらず、⽂句を言うのですか?」

「いいえ、私は指⽰に逆らうことは決してありません、師匠。この⽣徒は、師匠の時間を無駄にするだけだと気づくはずです」

ため息を吐きながら、コルドリは続けた。

「タチ、あなたは私の最も才能のある⽣徒の⼀⼈ですが、あなたの成長を妨げるのはあなたの傲慢です。ウィンドサム、オードオーブの維持は⼤丈夫でしょうか?」

「3⼈ならば問題ないだろう」

コルドリはウィンドサムの返答にうなずく。

そして、私たちは瞑想を始めた。

「アーサー。タチは、テュエステース⼀族の特別な訓練を受けています。最近数回⾒せたように、私たちの戦闘の構成要素の1つは、勢いと重⼼を利⽤し、迅速で正確な攻撃を繰り出すことです。相⼿がどこに体重と勢いを分散しているかを感覚に頼ることで、相⼿の強みを適切に活⽤するのです。これを⾏うことで、⼒を節約します」

コルどりは説明を続けた。

タチは腕を組んで、軽蔑の眼差しでこちらを睨み続けている。

「これを学ぶとき、技術の基本を適切に理解できるまではマナを使⽤することを禁じられています。⾃慢しているわけではありませんが、私たちの⼀族の名声は戦闘で生み出されてきました。アーサー、これを垣間⾒せただけですが、タチと戦って訓練してほしいのです」

コルドリはタチに注意を向ける。

「タチ、あなたはアーサーと戦うためにあなたの全⼒を使うべきです。ここでは、致命的な怪我や死亡について⼼配する必要はありませんから」

タチの顔が露⾻に喜んでいるのが分かる。

しかし、彼の表情は、コルドリが次の言葉によってすぐに消えた。

「アーサー、あなたはマナを使わないでください。プレッシャーをかけるつもりはありませんが、期待しています。あなたが⾏うことを許可されている攻撃的な操作は投げるのみです」

「し、師匠?それでは意味がないのでは?」

タチはどもり、ショックを受けていた。

「⼈間ではなく私に制限を課すべきではないですか?まるで、これらのハンディキャップがなければ、彼は私を打ち負かすことができるというように聞こえるのですが?」

「タチ、私はあなたの泣き⾔にうんざりしています。あなたは私を疑っているのですか?」

コルドリの⽬は、話すにつれて鋭くなる。

タチはそれ以上何も言えなかった。

「さあ、始めましょう」

 



 

side コルドリ

 

私が驚いたと⾔うだけで、彼らは嘘をついていると言うでしょう。

アーサー・レイウィン・・・、彼はなんて不思議な⼈物なのでしょう。

タチはわずか7歳でしたが、最初から異常な量の才能を発揮してきた。

彼は通常の4分の1の時間で戦闘技術の基本をマスターしたのだ。

マナはまだ荒いが、⽒族の⻑⽼でさえ賞賛せずにはいられない速度で改善している。

彼は次世代のスターになるはずだった。

それでも、すべての制限が課せられたとしても、アーサーはまだ生きていた。

いいえ、今ではそれ以上。

アーサーはゆっくりと追いつき始めている。

魂の領域内のほんの数⽇の間に、アーサーはタチの攻撃に順応している。

テュエステース⼀族の真の戦闘技術さえ学んでいない彼は、飢えた獣のように知識を吸収し、それを彼⾃⾝のものにした。

アーサーの全ての動きがすべて、まるで彼の体が不必要な動きを本能的に剃っているように、より速く、より鋭くなっている。

彼の成長は、戦闘の訓練を受けていない⼈でも簡単に識別できる速度だ。

このようなことが可能なのだろうか?

彼はどのような過去を経験したのだろうか?

この異常なレベルの知覚を発達させるために、彼は何⼈の⼈々と戦ったのでしょうか?

戦⼠としても師匠としても、このような気持ちに出会ったことはない。

若い⼈から年配の⼈まで、何百⼈もの戦闘技術を訓練してきた。

後にテュエステース⼀族の指導者となった⽣徒を育ててきたが、それでも、この少年アーサーを訓練することで、今までにない感覚を味わっている。

いつも彼に教えているとき、興奮、畏怖、プライドが湧き上がるのに気づいた。

⾃分に対しても感じなかった感情を。

それは、未知でありながら明らかに貴重な宝⽯を発掘するのと似ている。

アーサーはまだ荒削りだが、磨くたびに、彼はどんどん明るく輝いていた。

もし彼がアスラとして⽣まれていたら、彼は権⼒の最⾼階層の中でも著名なメンバーになるでしょう。

しかし、神々は彼を単なる駒と⾒なしている。

不要になるまで利⽤すると。

残念なことだ。

 



 

この傲慢なガキめ。

これらの制限がなかったら、私はあなたの⾎と涙で草を描いていただろう。

この数⽇間、何もできなかったという事実に対する欲求不満と恨みに満ちていた。

タチの攻撃は流動性とコンパクトな精度の点でコルドリのレベルではなかったたが、彼の攻撃と動きはマナで強化されていたため、私よりも速い。

以前ならば最初の攻撃で命を落としていただろう。

しかし、過去の⼈⽣とこれまでの戦いと決闘の経験量で、私は相⼿の姿勢と動きに基づいて、次に何をするかをいくらか予想できた。

タチは武道に精通していたが、戦闘経験が不⾜している。

隙がなかったコルドリとは異なり、タチは基本的に次の動きが読めた。

しかし、回避はまったく別問題だ。

攻撃は予測できるが、それでも私が直⾯した誰よりも⾼いレベル。

経験量が勝っていなければ、私はすでに魂の領域から投げ出されていただろう。

タチの動きについていくだけではダメだ。

彼より速く動く必要がある。

そのためには、自身の動きを少なくする必要が。

マナを使わずに躱すことができる唯⼀の⽅法は、必要最低限の動作を減らすこと。

それができなければ、すぐに倒されるでしょう。

「師匠の時間を無駄にするのではなく、あなたはここから消えるべきです」

タチは攻撃すると同時に、私に苦言を放ってくる。

私と同じように、彼は単に私を地⾯に投げつけるのではなく、私を殴りたいように思えた。

応答する余裕もないので、⻭を⾷いしばってさらに集中する。

もっと早く。

「私の⺟と⽗は、より弱い存在がどれほど弱いかを教えてくれました。それは本当のように⾒えます。なぜ私たちアスラが、あなたたちの世話をするという仕事を与えられたのか理解できません」

タチは唸り声を上げ、ジャブを放ってくる。

避けきれずに、⽿に鋭い痛みを感じた。

もっと早く。

少しずつ、彼の動きに慣れ始めていたので、躱すのが簡単になる。

「ヴリトラ⼀族と彼らの混⾎がいなければ、師匠はここであなたに教えるために⽴ち往⽣する必要はありませんでした」

さらに速く。

汗が視⼒を妨げる。

もっと速く、くそっ!

⼼が鈍くなるにつれて、私の体は抗議し始めていた。

躱すたびに、体が震える。

私は何をすべきなのか?

これほど⻑く戦うことに慣れておらず、いつもよりもさらに速いペースで私は疲労していた。

スピードを落とせば、タチの幼稚な怒りに完全に耐えることができたが、どれだけ⻑く持ちこたえることができるか分からない。

考えて、アーサー。

コルドリはこれまでずっと何を強調してきた?

マナとエネルギーの保存と適切な分配。

流動性。

そう、流動的だ。

流動的であるが、サイクロンのように。

頭の中に明確な考えがあっても、1つの間違いで簡単に死ぬ可能性があるときに実践しよう
とするのは恐ろしいことだった。

魂の領域でさえ、死は怖い。

タチは、攻撃が躱され続けることに少しずつイライラしていた。

それでも攻撃のスピードは緩まない。

躱すだけでは駄目だ。

彼の攻撃の始まりを探らなければ。

頭の中で思っていた動きをきちんと実⾏できなかったため、タチの蹴りで頬に切り傷が生まれる。

アーサー、冷静に。

彼の横蹴りは私の肋⾻に真っ直ぐに着地し、バランスを崩してしまう。

痛みで座屈しないように唇を噛みしめる。

いくつかの肋⾻が壊れているだろう。

もっと早く。

彼の動きに逆らわない。

エネルギーを節約する。

流動的であることを意識して。

トドメを刺せると考えて、タチの右拳は紫⾊のオーラで補強された。

「おやすみなさい」

タチの卑劣な声が鳴る。

単に回避した場合、彼の次の攻撃を回避することは不可能でしょう。

タチの攻撃の勢いを利⽤して、本能を無視し、彼の拳が私に向かっている間、私の体を反時計回りに回転させた。

同時に、右⼿を上げて、タイミングを合わせる。

この操作の正しいタイミングや速度をミリ秒単位で把握できなかった場合、頭が吹き⾶ばされる可能性があるが、私はその考えを消して集中した。

右⼿がタチの右⼿⾸を掴んだ瞬間、時間が遅くなったように感じる。

すぐに重⼼を下げ、体の回転を維持しながら、彼⾃⾝の⼒を使って、私は彼の攻撃を反射し、彼を地⾯に投げ飛ばした。

予想していなかったのは、家ほどの⼤きさのクレーターを作れたという事。

荒廃の真っ只中でタチが転がりながら、⾎を吐き続け、彼は白目を剥いた。

壊れた肋⾻が私の肺の1つに⽳をあけたことに気づいたので、私は膝から倒れる。

普段は⾃分より若い⼈をいじめたり、子供の残念な状態を⾒下ろしたりすることは許しませんが、今回は満⾜のいく笑顔を浮かべた。

「おやすみ」

 



 

タチは7歳の少年ですが、それでもコルドリの教え子の中で最も優秀な少年なのですね。

シックス・ランスなら勝てるのでしょうか?

コルドリがアーサーの成長に驚いているのが嬉しいですね♪

アーサーはこれからもどんどん強くなるでしょう!

とりあえず、タチに一泡吹かせられたので満足です(笑)

最強の王様、二度目の人生は何をする?【149話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は149話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...