最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【149話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は149話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

149話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【148話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は148話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 4年間の訓練

アーサー、大きく避けすぎだ。

頭を1インチ後ろに傾けるだけでいい。

下からの攻撃に注意しなさい。

ただし、ジャンプはしないでください。

後ろから攻撃が来ています。

振り返る時間を無駄にしない。

影を使⽤するのです。

顔に向かって⼊ってくるキックと、肋⾻を狙ったキック。

彼らの攻撃はより協調的になっていた。

頭を狙ったキックをかわし、肋⾻を狙ったキックをブロックするために、体を下げる必要がある。

キックの⼒を利用して、現在の不利な位置から押しのけた。

「時間です!」

コルドリの声が鳴り響き、全員が凍りつく。

「畜⽣!」

「もう少しだった!」

「もう⼀分くれたら、彼を倒せました、師匠!」

4⼈のうち、タチだけが何も⾔わず、不満を持って舌打ちしただけで背を向ける。

「十分です!4対1で、アーサーに確実なヒットを与えることができなかった後でも、文句を言えるのですか?あなた達は、基本から再訓練する必要があります!」

コルドリが彼らを叱責した。

私の方を振り返ると、彼は満足げな笑みを浮かべている。

「アーサー、大丈夫ですか?」

手首を刺すような痛みを堪えて、笑顔を浮かべる。

「はい」

外の世界で約4か⽉が経過した。

つまり、オードオーブのおかげで、私は4年近く魂の領域で訓練を受けていたことになる。

この3年間、⾃分の体、反射神経、そして戦闘に対する鋭敏さを磨く以外に何もしていない。

コルドリは、マナを洗練するのを助けてくれたが、新しいことを何も教えてくれなかった。

それは、私がまだアスラ族に認められていないから、教えることが出来なかったのかもしれない。

コルドリを信頼し、代わりに彼が教えたことをすべて吸収した。

このレベルの物理的な戦闘を行えたという事実に、私は感謝している。

「トレーニングを⼿伝ってくれてありがとう、みんな」

⽴ち上がって、4⼈の⼦供たちに敬意を表する。

最初の約1年後、タチだけでのスパーリングには限界があることが証明されたので、コルドリは3⼈の幼い⼦供たちを連れてきた。

もちろん、彼らは、常に魂の領域内にいるわけではないが。

この4年間、マナを身体強化以外に使用することは認められなかった。

「コルドリ師匠。今まで私を訓練してくれてありがとう」

洞窟の中に戻った後、敬意を表してお辞儀をする。

「私にとっても貴重な経験だったよ」

体をしっかりと伸ばして、ウィンドサムと向き合う。

「次のトレーニングは何をするのですか?」

シルビーの兆候を探しながら尋ねる。

「え?ああ・・・、次のトレーニングですね」

ウィンドサムとコルドリは混乱した表情を浮かべていた。

「どうしたのですか?」

「いえ別に・・・」

コルドリが頭を傾けながら答え、私を観察した。

「あなたが変わっていないという事に驚いているのです」

ウィンドサムがそう答えた。

変わっていない?

マナコアは、薄いイエローのレベルに進んでいる。

トレーニング開始時は、黄色の段階だったので変わっているはずなのだが・・・。

 



 

「アーサー、オードオーブの下でのトレーニングは⾮常に有益ですが、⼦供や若い⼤⼈でさえ使⽤することは固く禁じられています。理由は推測できますよね?2つの領域の時差は、精神がまだ完全に発達していない⼈に⼼理的な変位を引き起こす可能性があります」

ウィンドサムがそう教えてくれる。

「実際、私はオードオーブの使⽤に固く反対していました」

コルドリはそう話す。

「インドラス卿でさえ、オードオーブを使って訓練することに気が進まなかったのです。しかし、時間不⾜のため、仕⽅がありませんでした」

インドラス卿が私のことを気にかけてくれると聞いたとき、驚きを隠せなかった。

「だからこそ、アーサー。あなたに変化がないという事実に私は少し驚いています。あなたはトレーニングが始まる前の状態と何ら変わりがないのですから」

ウィンドサムの言葉に、私は少し考える。

コルドリがタチや⼦供たちを魂の領域にとどまらせなかった理由が分かった。

私が影響を受けなかった唯⼀の理由は、この世界に⽣まれてからすでに⼤⼈の精神を持っていたから。

「まあ、それは私たちにとってほとんど重要ではありません。実際、このトレーニング計画が望ましくない影響をもたらさなかったのは良いことです」

ウィンドサムの言葉を聞いてリラックスする。

「コルドリ、アーサーのトレーニングに多くの時間を費やしてくれてありがとう。アスラの中で、近接戦闘でのあなたの専⾨知識に匹敵するものはいませんから」

「感謝は必要ありません。アーサーは、⼗分な訓練を受ける必要があります」

コルドリが私の肩に手を置く。

「アラクリアの魔道⼠はアスラによって教えられ、導かれたことを忘れないでください。ですから、この種のトレーニングを受けているという事実に⾃信過剰にならないでください。」

さよならを⾔った後、コルドリたちは去り、ウィンドサムと私だけが洞窟の中に残された。

沈黙を破ろうとして、必死に頭に浮かんだ何かを尋ねる。

「シルビーのニュースは聞いていますか?彼⼥は⼤丈夫ですか?」

「シルビー夫人は⼤丈夫です。インドラス卿以外に、彼女を虐待する⼈はいないでしょうから」

これ以上追求しないことを決めて、私はストレッチを始めた。

「これを。インドラス卿のメッセンジャーから受け取りました。アルディールが⼤陸で現在起こっている出来事について書いたようです。興味があるのではないかと思いました」

ウィンドサムは、端まで真っ⽩な⽂字で埋められた⽺⽪紙を数枚私に⼿渡してくる。

ディカゼン大陸の情報を受け取ったのは初めてだ。

戦争はもう始まったのだろうか?

彼らは次の戦いに備えるために何をしているのか?

⾃分たちを守るためにどのような対策を講じているのか?

アラクリア⼤陸は、ディカゼンよりもマナ操作が進んでいることは間違いないでしょう。

⼼配事はさておき、紙に書かれた文字を読み始める。

 



 

「・・・」

グッドスカイは、ヴリトラ氏族の送られたスパイだったことが明らかになる。

書⾯による報告の⼤部分は、アラクリアの政治構造に関する情報だ。

アラクリアにはアスラが存在するため、階層の多くは⾎の純度を中⼼に据えられている。

基本的に、アスラの⾎統に近ければ近いほど、アラクリア⼤陸でより⾼い地位を得ることが出来る。

それはディカゼンや他の世界でも同じこと。

しかし、アスラの⾎の純度が⾼いほど、魔術師としての能⼒が強くなることは間違いないでしょう。

さらに、アグロナ⾃⾝が育てたエリート兵士が存在するそうだ。

ある部分が⽬に留まる。

「シンシア・グッドスカイが私たちに提供した情報で、「フォー・サイス」が私のターゲットになるのでしょうか?」

報告書から⽬を離さずに尋ねた。

アルディールは、潜在的な障害の中で、これらのサイスとその指揮下にある部隊が最優先で排除するべきだと述べている。

「最終的には、そうです。しかし、続きを読んでください。シンシア・グッドスカイが次に⾔及したのは、控えめに⾔っても厄介なことですから」

「・・・元ランスのアレア・トリスキャンが殺害された場所から回収された角の破⽚内の残留マナの⾊、密度、濃度の純度に基づいて、グッドスカイは彼らがアスラの原⾎に属していると主張した・・・」

より具体的にはバジリスクの⾎を持つ混合種。

それ以外に、⾮常に重要なものは見つからなかった。

⼈間とドワーフの連合から装甲船が建造されていることや、港湾都市の周りにそびえ⽴つ要塞が建造されていることについての⾔及があるくらい。

深呼吸をした後、⽺⽪紙を集めて綺麗に積み上げてから、ウィンドサムに返す。

私の中で感情が混ざり合っていた。

ディカゼンのニュースは間違いなく私の⼼を安⼼させてくれた。

⼀⽅、敵の⼒に関する新たに習得した知識は、背⾻に冷たい悪寒をもたらしてくれる。

それにもかかわらず、私は興奮し、決⼼した。

ついに⽬標を捉えらのだから。

私は今、⽬的を持って、⽬標を持っていた。

「ウィンドサム、次のトレーニングを始めましょう」

⽴ち上がって背中をまっすぐにする。

 



 

4年間での訓練で、アーサーの近接戦闘はかなり向上しましたね。

それに伴い、マナコアも進化しています♪

グッドスカイの情報で、敵の正体も少し判明しましたが、アーサーが彼らに勝つのはまだ無理でしょう。

次のトレーニングは、どのような特訓なのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【150話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は150話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...