最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【153話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は153話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

153話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【152話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は152話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • タイタンベア

峡⾕の端に向かい必死に隠れ場所を探していたとき、深い⾳が地⾯を揺さぶった。

その後、私を覆う唯⼀の源であった瓦礫の雲を分散させる。

隠れるには遅過ぎた。

新しい敵と向き合うために体を鞭打ち、最後の埃が消えるのを待つ。

重い⾜⾳が私の⽅向に近づき、崖の上から感じた息苦しい圧⼒が10倍に膨れ上がった。

霧の中から、影の⼈物が完全に⾒えてきて、私はさらに混乱する。

「深い眠りの直前に2回も⾷事ができるなんて、なんて幸運なことでしょう」

タイタンベアの何を期待していたのか分からないが、まさか、私の半分のサイズだとは思ってもいなかった。

ただの子供なのだろうか?

その場合であれば、これはチャンスなのだろう。

敵についてもっと知るまで、このマナビーストとの直接の対⽴を避けたかった。

ビーストが発した圧⼒は、その外⾒に見合わないものだったから。

このタイタンベアが子供だとしたら、完全に成⻑したクマとは会いたくもない。

それとも、⼤⼈のタイタンベアは、シルビーのようにサイズを変えることができたのでしょうか?

タイタンベアは、私に視線を向ける前に、目の前の死んだ豹を見下ろした。

「この食事はどこにも逃げない。まずは、あなたから食べることにしましょうか」

身長1メートル未満のビーストは唸り声を上げ、唇を舐めた。

戦わずにここから抜け出す⽅法はない。

姿勢を下げて、戦闘体勢に入る。

タイタンベアが私に向かって突進するのを期待していたが、彼はその場に⽴っていた。

突然、マナビーストが⾜を私の⽅向に突き出した瞬間、どういうわけか私の体は後⽅に推進した。

固い地⾯を転がり、腰に巻かれた鐘が嘲笑する。

「ぐぅ!!」

(一体何だ?大砲でお腹を撃たれた気がした)

⽴ち上がって、10メートルほど離れたタイタンベアに集中する。

「ほう!威勢のいい獲物だな!」

クマがニヤリと笑う。

 



 

クマが両⾜で⽴って話しているのは奇妙な光景だったが、⾯⽩がる余裕はない。

今のは確かに長距離呪文のはずなのに、なぜマナを感じることができなかったのか理解できなかった。

タイタンベアは私を嘲るようにゆっくりと⾜を持ち上げる。

彼が足を振り下ろすと同時に、ミラージュウォークを起動してバーストステップを使⽤した。

激化した痛みを堪えるために、歯を食いしばる。

突然、左⾜から鋭い痛みが生まれた。

⾒下ろすと、ふくらはぎの後ろの切り傷から新鮮な⾎が流れている。

この攻撃も感じ取ることはできなかった。

タイタンベアの笑顔が消える。

彼は私が攻撃を避けるとは微塵も思っていなかったようだ。

「逃げるな!」

唸り声を上げて、⾜をもう⼀度振り下ろす。

すぐに地面に着地して、その場から回避した。

そして、私の切断された髪が先端が散る。

危険な賭けだったが、その最後の攻撃を通して、私はそれを理解した。

タイタンベアの攻撃は、マナを使用しない単純な振り下ろし。

その速度から生まれた衝撃波が、見えない大砲となったのだ。

マナを集中させても攻撃は見えない。

タイタンベアの呪⽂が私に当たり、肋⾻が折れるのを感じた。

攻撃を躱すには範囲が広すぎて、全てを回避することはできない。

体を守るためには、もっとマナが必要だ。

タイタンベアの呪⽂が私を地⾯に叩き落とす。

「ゴホッ・・・」

焼けるような痛みを抑えながら咳をする。

これ以上の直撃は不味いだろう。

接近する必要があるが、そのためには、タイタンベアの攻撃を躱す必要がある。

私の脆弱な状態に気づいたタイタンベアが、再び⾃信を持ってニヤニヤ笑い始めた。

⽴ち上がって、ぼんやりと待つ。

タイタンベアにとっては、私が諦めたように⾒えたに違いないでしょう。

彼が前⾜を持ち上げたのと同時に、⽬の前の地⾯をしっかりと蹴り出し、埃の雲を生み出して、視界から私を覆った。

すべての攻撃を躱し、接近するつもりなら、可能な限り最⼩限の動きで攻撃を完全に躱す必要がある。

コルドリの訓練が頭に浮かび、笑顔を⾒せずにはいられなかった。

ウィンドサムはここまで見通していたのだろうか?

「⾛れば⾛るほど、あなたにとっては苦痛になり、私が⾷べるために残される箇所が少なくなります」

マナビーストは、可愛らしい外⾒と⼀致しない邪悪な笑い声を上げた。

「ほら!もう逃げないで!」

正確なタイミングで適切な筋⾁にマナを⼊れようとすると、慣れ親しんだ⾼速の感覚にぶつかる前に、⾜から鋭い⻲裂が聞こえる。

体が1メートルも右に移動できず、私の胸を陥れるはずだった攻撃が左肩を掠める。

バーストステップを使⽤すると、左脚の深い裂け⽬からさらに多くの⾎液が流れ始めた。

⼿に負えない体との戦いに勝つために、私は下半⾝により多くのマナを集中させながら痛みを抑えた。

タイタンベアは最初は⼾惑いながら私をじっと⾒つめていたが、次第にイライラして⽬を細める。

致命的な攻撃を躱すこのゲームの真っ只中で、新しいバーストステップを上手く実践するための基礎を理解していた。

体を動かすために筋⾁のマナを調整しなければならなかったのと同じように、動きを⽌めるために体のマナの流れの進⾏を反映しなければならないのだ。

視界がぼやける。

最初のステップで私は痛みに苦しむが、バーストステップを再び使⽤すると、筋⾁と⾻がストレスから解放されたため、下半⾝に苦痛の爆発が発生した。

ベルが鳴り、喉に溜まった痛みの叫びを飲み込み、もう⼀度バーストステップを実⾏して相⼿に接近する。

タイタンベアの頭が鐘の⾳で回転したが、私はすでに距離を詰めていた。

クマの目が大きく開いている。

痛みを我慢して、私は⽣意気な笑みを浮かべた。

マナが私の拳に集中する。

タイタンベアは後ろを振り返った。

「貴様・・・!」

増強された拳が⼩さなクマの胃に埋もれ、岩の崖に激突する前に、衝撃で⼤きな⾳を⽴てる。

痛みで痺れた私の⾜が崩れ落ち、冷たい地⾯がすぐに私の頬に押し付けられた。

残りの⼒の最後を使って、腰からベルを引きはがし、⼿でそれを押しつぶした後、視界が暗くなり、魅⼒的な音が私を眠らせた。

 



 

side ウィンドサム

峡⾕に着き、現場を視察する。

銀豹が死んでいて、その下の地⾯は⾎で染まっていた。

地⾯とそれらを囲む壁にはクレーターが生まれている。

「ここで何が起こったのですか?」

地⾯に少年を⾒つける。

アーサーはかなり哀れな状態だった。

彼のボロボロの服を引き裂くと、少なくとも3つの肋⾻が折れていて、胸の裂け⽬は深すぎて単なる傷とは見なされないだろう。

しかし、最も⼼配な怪我は驚くべきことに彼の⾜だった。

広範囲の内出⾎で、紫と⾚の⾊で染み付いていたから。

すぐに治療をしなければいけないだろう。

「アーサーをこのように放置するのは間違っていたのでしょうか?インドラス卿は私に、少年に⾃分で成⻑する余地を与えるように命じたが、彼の今の状態を⾒ると、彼は死んでいた可能性があった」

少年を治療した後、峡⾕の岩壁の爆⾵の中⼼にある⽣き物に注意を向けた。

「うん?」

タイタンベアのように見えたが、このサイズのクマは自分を守る力すらない。

彼がアーサーをここまで傷つけることはできないでしょう。

完全に成⻑したタイタンベアは、少なくとも3メートルの⾼さで、厚い毛皮で優れた防御⼒を備えているが、これほどの荒廃を引き起こすことはできないはず・・・。

もしかして・・・。

タイタンベアをよく⾒ると、体が不⾃然に⾝もだえし始めた。

「やはり・・・」

満⾜のいく笑顔を浮かべる。

「すべて納得できたが、アーサーが一人で打ち負かすことができたとは・・・」

ため息をつく。

デーモンリーチ。

それはエフェオトゥスだけに出現する、本当に珍しいマナビースト。

それ⾃体は弱かったが、マナビーストに寄生したとき、その宿主のコアを大幅に強化することができるのだ。

これがどれだけ⼤きく成⻑したかを⾒ると、このモンスターは単なるタイタンベアよりも間違いなく強いことが容易に推測できた。

もしも完全に成⻑したタイタンベアに寄生していたとしたら・・・。

意図的に⾏われたのではないと思うが、アーサーが胃を狙うのは正しかった。

死体の中をこじ開けて、⼿で寄⽣⾍を押しつぶす。

「飲んでください」

私の⼿に残っていたのは、デーモンリーチがタイタンベアの中で精製していた光沢のある⽩い球。

少年を拾い上げ、⽩い球を彼の⼝の中に⼊れた。

「アーサー、あなたの困難はあなたに多⼤な利益をもたらしました」

 



 

これはウィンドサムのミッション達成と考えてもいいのでしょうか?

今の彼の実力であれば、銀豹も捕まえることができると思いますし。

最後に飲んだ白い球が気になりますね。

ウィンドサムの発言から考慮すると、かなり貴重な代物に違いありません。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【154話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は154話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...