最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【154話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は154話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

154話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【153話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は153話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 謎の女性、マイア

最初に気付いたのは、古い⽊が軋む音。

自分の呻き声が耳に響き渡った後、自分のいる部屋の広さを漠然と把握した。

馴染みのない匂いが私の感覚を刺激し、目を開ける。

体は元気だが、恐ろしいことに、足を上げようとしても反応がない。

腰から下を動かそうとするが、何も感覚がなかった。

すぐに下半⾝を覆っている⽑布を持ち上げると、⾜には包帯が巻かれていて、添え⽊でしっかりと固定されて動かないようになっているのが分かった。

「あなたの⾜は元気ですよ、坊や。痛みで⼀晩中起きないように、足の感覚を⿇痺させなければいけなかったのです」

穏やかな声が聞こえてきた。

優しい声の原点に⽬を向けると、洗練された⽼化の兆しを感じた優しい笑顔に出会う。

グレーのローブを着て、後ろでしっかりと結んだ髪に合わせて三つ編みにした女性が目を輝かせて近づいてきた。

彼女の言葉に安心して、私は再びベッドに沈む。

「坊や、体調はどうですか?」

彼女の暖かい手が私の額に置かれる。

最後に覚えているのは、気絶する前にタイタンベアに攻撃を与えたこと。

周囲を観察する。

私は広々とした部屋にいて、⽯造りの暖炉の⽕によって、室内は明るく照らされていた。

ソファとキッチンの前の⼩さなダイニングテーブルを除いて、このコテージの中にはほとんど何もない。

「混乱しているのですね?」

老婆が笑顔を浮かべる。

「はい・・・」

⼥性はすぐに席から立ち上がり、ぬるま湯のマグカップを持って戻ってきた。

液体を飲み込んだ後、私はまとまりのある⾔葉を発する。

「ありがとうございました。ええと・・・」

「マイア。私をマイアと呼んでください」

その瞬間、まる⽕の液体が⾜を濡らしたかのように、灼熱の痛みが⾜を這い上がってきた。

私の苦しそうな表情を恐怖と間違えて、マイアは柔らかな笑い声を出す。

「⼼配しないでください、私はあなたを⾷べません。しかし、結果的にはウィンドサムからあなたを盗みました。しかし、幸運だと思いますよ。もしも、遅れてあなたに⼿を差し伸べていたら、あなたの⾜が治るのにもっと⻑い時間がかかったのではないかと思いますから」

「そ、そうではなくて。私の足が・・・」

歯を食いしばって声を出す。

「薬の効果が失っているようですね」

マイアは私の包帯を巻いた⾜にそっと⼿を置く。

包帯を開梱し始めたとき、私の⾜が負った怪我の全範囲を⾒ることができた。

目の前の光景に⼾惑うことしかできない。

今までになかった傷跡が両⾜に散らばっていた。

まるで、これまでに受けた全ての傷跡のように浮かんでいる。

⾜の痛みが酷くなり、額に冷たい汗が出始めた。

マイアが刺激的なハーブ液で満たされたバケツを持ってくる。

彼女の軽快な指が、私の⾜に包帯を巻くのを無⾔で観察していた。

「マイア⻑⽼・・・」

「お願いします、アーサー。あなたが私をマイアと呼んでくれたら嬉しいのですが?」

彼⼥の注意はまだ私の⾜に集中している。

「えっと・・・。マイア、私はどれくらい意識を失っていましたか?」

「二日間です、私の愛する坊や」

 



 

左ふくらはぎの最後の包帯を交換し終えたとき、マイアの霧のかかった緑⾊の⽬が私を観察していた。

「すごく楽になりました。ありがとう、マイア」

新しい包帯に染み込んだ液体の効果で痛みが治まり始めたので、私は感謝した。

彼⼥は私の感謝の気持ちを穏やかな笑顔で受け⼊れ、使⽤済みの布を集める。

「マイア、あなたは疲れているに違いない。私が洗いますよ」

急いで水のマナを生み出す。

「⼤丈夫ですよ、私の愛する坊や。これを⾏うと、いい体操になりますから」

「私はまだエフェオトゥスにいるのですかか?」

マイアがマナを使わずに手で洗濯している光景を見て、私はそう聞かざるをえなかった。

「もちろんです。他の場所であなたの⾜の残念な状態を直すことができるのでしょうか?」

「申し訳ありません。ですが・・・」

私の⽬は彼⼥の⾜元に注目した。

「ああ・・・。確かに、マナで全部やるほうが楽だと思いますが、それでは楽しくありません。アスラと言えども、魔法では体験できないものがあります。たとえば、濡れた布が⾜を包み込むときの⽔の冷たさとか」

彼女はウィンクをして、そう答えた。

「この状態で⽬覚めてかなり混乱していました。細⼼の注意を払ってくれてとても感謝していますが、マナで癒すことが私の回復を早めたのではないかと思っただけです」

「もし単純な癒しの呪⽂があなたにかけられていたら、あなたはかろうじて⾜を引きずっていたでしょう。そして、あなたの⾻は全く異なった形をとっていたはず」

水を絞ったタオルを手にして、マイアは悪戯好きな笑顔を浮かべる。

「それに、私はあなたの⾜を直すためにマナを使っていますよ」

私が反応するよりも速く、氷のような爆⾵が私の胸を焼いた。

ベッドに倒れ込んでしまい、タイタンベアから受けた傷を飲み込んだ銀⾊の霧を⾒つめながら⽬を丸くする。

火が弱まると、胸部全体に広がった霧が急速に治癒始めたのだ。

「ど、どうやって?」

かつて傷だらけだった胸の傷が完全に治癒されていた。

「⼥性は秘密を持っている必要があるのですよ、私の愛する坊や」

マイアのコケティッシュな微笑みに、私は思わず赤面してしまう。

それほどに魅力的な仕草だったのだ。

「マ、マイア。本当にありがとうございます」

「どういたしまして。私の方こそ、世界の救世主である⼈間の少年に会いたかったのですから」

彼女がくれた温かいスープを飲み干すと、眠気が襲ってきた。

「今夜は起きようとしないでくださいね。あなたの⾜の傷は、胸の⼩さな傷ほど単純ではありませんから。⾜がその状態に戻るのに何時間もかかったので、少し休んでください。それがあなたの最優先事項です」

マイアはそう警告して、部屋を出ていった。

 



 

銀⾊の炎を思い出す。

私の足の痛みはかなり和らいでいるが、それでも眠りに落ちるのは難しかった。

傷がどの程度治ったか分からないが、時間を無駄にすることはできない。

眠りに戻るという考えを捨てて、私は座って直⽴し、この状態でできる唯⼀の瞑想を始めた。

胸の奥深くで渦巻くマナコアに集中すると、馴染みのないエネルギーの爆発が私を歓迎してくれる。

突然、シルバーコアにたどり着くために削っていた⼭が、平らな平原のように広がっているのを感じた。

マナが体全体に押し寄せ、静脈、筋⾁、⾻、⽪膚が燃えるようなエネルギーで満たされると、コアの薄⻩⾊の⾊合いが輝き始める。

コアが⻩⾊ではなく明るいシルバーになるまで明るく輝き始めた。

体の中で荒れ狂っていた⼿つかずのエネルギーが、私のコアの層をどんどん削っていく。

やがて、マナコアをシルバー中盤まで洗練させると、不思議なエネルギー源が収まってきた。

その瞬間、⾦属の鳴き声が⽿に響き渡る。

⾒えない壁がなくなったかのように、私の体はシルビアのドラゴンの第⼆段階に強制的に移⾏した。

⽬を開けると、腕や肩から⾦⾊のルーン⽂字が出てきているのが⾒えるようになる。

乱れた髪は、⾃然な⾚褐⾊の髪から⽩⾊に変わり始め、その後再び⾚褐⾊に戻った。

何かが変化した。

これまでは、4つの要素のそれぞれに1つずつ、合計4つの⾊しか⾒ることができなかった。

しかし、⻘、⻩、⾚、緑の配列の中に紫の斑点がたくさん点在しているのが見えるようになる。

ドラゴンの⽬覚めを解き放つと、私の中でどんどん⼤きくなっていたエネルギー、⼒、痛みのすべてが突然消えた。

マナコアが進歩したにもかかわらず、不気味な沈黙が私を取り囲んでいたのだ。

 



 

新たなヒロイン?のマイア。

次の師匠は彼女なのでしょうか?

そして、ついにアーサーもシルバーのステージへ!

しかも、一気に中盤まで進みました。

これは、ヴィリオンと同じステージまで到達したということですね♪

最強の王様、二度目の人生は何をする?【155話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は155話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...