最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【155話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は155話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

155話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【154話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は154話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • レルムハート

「本当だったのね」

声の方向に頭を向けると、マイアが入り口にもたれかかっているのを見た。

「あなたは本当にレルムハートを受け継いでいた・・・」

彼女の声は、厳粛で感傷的。

「レルムハート?」

マイアはゆっくりと近づいてきた。

「シルビアの⼒を利⽤して表⽰される物理的な症状で、体に刻印された紛れもない光るルーンのことよ。レルムハートは、インドラス⽒族の⾎統だけが持つことができる能⼒です。教えてください、坊や。あなたには何が見えましたか?」

彼女は私の腕に手を伸ばし、ルーンに沿って優しく指を⾛らせた。

「5つの⾊すべてを⾒ることができましたか?」

第⼆段階で⾃分の周りに浮かんでいた⾊を思い出す。

「はい・・・」

「能⼒⾃体はそれほど強⼒ではありませんが、レルムハートを発動することにより、使用者は、知識と洞察力を得ることができます」

マイアは説明を続けた。

「知識は⼒に変化します」

エルダーウッドの守護者との戦いを思い出す。

第2段階は単なるパワーアップであり、より多くのマナにアクセスできるだけと考えていたが、マイアの説明によると、マナ効率が上昇するようだった。

「1つだけ分からないことがあります。前回、第2段階でレルムハートを使⽤したときは、4⾊しか⾒ることができませんでした。なぜ今回は、紫⾊の粒⼦を⾒ることができるのですか?」

マイアはしばらく考えていた。

「これについても教えてはいただけないのですか?アスラの誰もが、一族の技術と秘密を学ぶことを望んでいないようですね」

ため息をつき、失望を表す。

「うーん、私たちアスラ族は確かに誇り⾼い存在です。同じ種族間でさえ、私たちアスラは秘密主義です。特にインドラス⽒族はね」

マイアは苦笑いを浮かべて、意味深な表情を浮かべた。

「私が彼らと違うとは⾔いませんが、私のようなおばあさんの言葉で満⾜していただけるなら、喜んでお教えしますよ」

正直、教えてくれるとは思っていなかったので、彼女の気が変わる前に同意した。

 



 

「良いでしょう!さて・・・、あなたの現在の状態で実践的なレッスンは不可能ですから、理論的な話の方が良いと思います」

彼女は、マナ⾃体の基本と、それが世界にどのように影響するかについて説明してくれた。

既に知っている知識もある程度はあるが、彼女の説明は、キシラスアカデミーのどの教授よりも知識が豊富だった。

マナについての講義に何時間も費やした後、マイアはついに私が最も知りたいと思っていたことを話し出す。

「アーサー、エーテルについて知っていることを教えてくれませんか?」

私はエーテルについてほとんど知らなかったことと、エーテルが⽣み出す現象を経験した時間について説明する。

シルビアの意志を使⽤して時間を凍結できた場合と、エーテルオーブを使⽤してどのようにトレーニングしたかについて。

「エーテルはマナとは根本的に異なります。エーテルは世界を構成する要素であり、マナはそれを⽣命と栄養で満たすものであると推測されています。もっと簡単に⾔えば、エーテルはカップであり、マナはそれを満たす⽔ですね」

マイアはガラスのコップを持ち上げて、水を注ぐ。

「エーテルの利⽤に最も熟練していると称賛されているインドラス⽒族でさえ、彼らができることを正当化できる確固たる理論を持っていません。彼らが持っていたのは、他の誰もできなかったことですから。レムルハートを使⽤してエーテルを物理的に検出する能力です」

グラスを顔に近づけて、マイアは指を⽔に浸した。

「⼈々は、エーテルを感知することはできません」

「じゃあ、レルムハートを使ったときに⾒た紫⾊の粒⼦は・・・」

「ええ、私の愛する坊や。それはエーテルのことです」

マイアは微笑んだ。

「レルムハートを使⽤することで、この世界の境界である内部からガラスのコップを⾒ることができます。しかし、あなたの体はドラゴンではないので、ある程度の制限があるのではないかと思います。しかし、レムルハートの真の⼒は、形態にいる間に得る洞察力にあります」

「レムルハートを使⽤していると、さらに強くなったことに気づきました。最初は、パワーブーストのようなものだと思っていましたが、マナのコントロールが⼤幅に向上したのです」

マイアは、私の言葉にうなずく。

「はい、特にクアドラエレメンタルという奇妙な構成を持っているあなたにとって、レルムハートを使⽤したマナ操作には⼤きな違いがあるでしょう」

 



 

彼⼥は話を続けました。

「そして、あなたはすでにかなりの回数を経験しているはずです、私の愛する坊や。ウィンドサムは、あなたが少しの間時間を⽌めることができると⾔っていました」

マイアはグラスをテーブルに置き、私がいた場所から距離を置く。

「はい!シルビアの意志で使⽤できた最初の能⼒でした!」

私は思わず叫んでしまった。

「時間、宇宙、空間。これらは、エーテルを構成する3つの要素です」

彼女が話す、すべての⾔葉を貪欲に吸収する。

「どんなに強⼒で、洞察⼒があり、幸運であっても、1つの道しか習得できません。インドラス⽒族の祖先は、3つの道のいずれかについて洞察を得ようと⼀⽣を過ごしてきましたが、それを習得する能⼒がないことに気づきました。しかし、時が経つにつれて、私たちはいくつかのアスラが彼らの適性がどこにあるかを知る⽅法を実現したのです」

「どうやって?」

説明はクライマックスに入ろうとしていた。

「レルムハートを使⽤して体を駆け下りるルーン」

マイアが⽬を閉じる。

触知できる⼒が突然私の肩を押し下げた。

彼女が発しているプレッシャーは、ココドリのように暴⼒的でも凶暴でもなかったが、そのレベルは桁違いだ。

少なくとも、マイアと戦う意志を奮い⽴たせることができないのは明らか。

まるで彼⼥がドラゴンの姿に変⾝するのを⾒ることができたかのよう。

⻩⾦のルーン⽂字が彼⼥の腕に表れ始めたが、私のものとは⾮常に異なって⾒える。

私のルーンは複雑に⾒えたが、彼⼥のルーンは洗練されていた。

マイアは⽬を開けて、氷のような視線で私を⾒つめた。

「これらのルーンはレムルハートの使用者ごとに異なりますが、調査したところ、このルーンは私が⽣き⽣きとした道を進んでいることを⽰しているようなのです。それが、私があなたを癒すことができた理由でもあります」

畏敬の念を抱きながら、何も反応することができずにいた。

彼⼥の腕を駆け下りたルーン⽂字は、私がレムルハートを使ったときの鈍い輝きに⽐べてはるかに鮮やかで明るい。

「さあ、私の愛する坊や。あなたのレルムハートを活性化してください」

威圧的な存在にもかかわらず、マイアは優しく微笑んだ。

 



 

今回のお話はマナとエーテルの説明回でしたね。

しかし、マイアがレムルハートを発動したということは、彼女もインドラ氏族で合っているのでしょうか?

もしかして、シルビアのお母さん?

アスラ族の生態系がまだ分からないので、なんとも言えませんが・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【156話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は156話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...