最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【156話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は156話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

156話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【155話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は155話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • マイアの授業

レルムハートを発動すると、マナコアの中からゾッとするような感覚が爆発した。

液体が静脈を通り抜け、必死に私の体から抜け出す⽅法を探している。

⾦⾊のルーン⽂字が腕に形成され始めた。

「さっき、私はあなたのルーンを少しだけ見ることができましたが、これは本当に魅⼒的ですね・・・・」

マイアは独り⾔を呟いていた。

彼女の言葉が聞こえないくらい、私は今の経験していることに夢中になっている。

さまざまな粒⼦が動くのを⾒て、なぜ魔法がこの世界で「マナ操作」として説明されているのかを理解した。

指先に火を起こしてみると、周りの⾚い粒⼦が反応し始めた。

さまざまな呪文を試してみるが、紫色の粒子だけは反応しない。

 



 

「楽しそうね」

マイアは優しく微笑んでいた。

「私が今まで、これに気づかなかったのはどうしてですか?」

「この形態は、通常は知覚できないものを観察して研究する⼿段ではなく、何らかのパワーアップであるとみなすのは理解していますね?」

私がうなずいた後、マイアは数歩後退した。

「エーテルを感じることができる段階に突⼊した今、レルムハートを解除する前に⾒てほしいことがいくつかあります」

突然、私の意志に従うことを拒否した紫⾊の粒⼦がゆっくりとマイアに向かって漂い始める。

「先に述べたように、オードはマナとは根本的に異なる振る舞いをします。マナで⾏ったようにエーテルを操作しようとすると、失敗するだけです」

マイアがデモンストレーションで私に向けて発射した銀⾊の霧は、彼⼥の⼿を取り巻く紫⾊の雲のように⾒えた。

しかし、彼⼥がエーテルに対する影響⼒を解放すると、⼩さな粒⼦が分散して元の空間に戻る。

「私はマイアの⼿にエーテルが集まっているのを⾒ましたが、それはどのように私の⾜を癒したか分かりません」

百万以上の質問が私の頭の中を駆け巡る。

「私が確実に説明できることは限られていますよ」

「それでも学びたい」

私は彼⼥をじっと⾒つめ、⾃分に何ができるかを理解しようと決⼼した。

マイアの⽬は厳粛なままだが、僅かな笑顔が生まれた。

「分かったわ。最初に知っておく必要があるのは、マナとは異なり、オードは吸収できないということです。あなたは単にその存在と影響⼒を現実に変えているだけ」

マイアの⾔葉には深い知恵が反映されている。

「時が来れば⾃分の道に気付くでしょうが、今は不要な知識に圧倒されないようにしましょう」

私がうなずくと、彼女は満足げな笑顔を浮かべた。

「これが単なる偶然なのか運命なのかはわかりません。アーサー、あなたが限られた範囲でエーテルを利⽤できるのには理由があります。それが何であるか推測できますか?」

「シルビアの意志のせい?」

「エーテルの重荷を負うことができるのはシルビアの意志のおかげもありますが、それが操作できる理由ではありません」

頭に浮かんだ答えは他に1つだけ。

「4つの要素すべてを操作できるからですか?」

「その通りよ!」

マイアは賞賛した。

レムルハートを維持できなくなった私の様子に気づき、彼女は能力を解除しても大丈夫だと言ってくれた。

レムルハートを解除すると、⾊が世界に浸透し始める。

いつものように、ルーンが最後に消えた。

「マイア、あなたはエーテルのどの能⼒が私に最も適しているかを知っていますか?」

ホッとひと息を吐きながら尋ねる。

「ええ。しかし、警告させてください。あなたは4つの要素すべてを操作する能⼒を持っていて、ドラゴンの意志とレルムハートの両⽅を獲得していますが、それでもあなたは⼈間です」

彼女のメッセージは厳しく聞こえるが、その言葉に軽蔑は見られない。

がっかりしていなかったと⾔ったら嘘になるだろう。

⼈間だけでなく、より強⼒な⼈種が共存する世界で、私は過去の⼈⽣で知らなかった⽬に⾒えない天井を⾒始めていたのだから。

「前に述べたように、あなたはオードをマナと⽐較することはできません。オードの操作は使用者に⼤きな負担をかけます。時間操作能⼒を使うたびに、これを感じたことがあるでしょ?」

「その通りです。何度使っても慣れることはない」

「これからも慣れることはないでしょう。私の愛する坊や、なぜ時間を操作する能⼒があなたに現れたのかは私にも分かりません」

 



 

引き出しからペンと⼩さな⽺⽪紙を取り出して、彼⼥はいくつかのシンボルを描き始めた。

「アーサー、あなたはシルビアの意志によってのみエーテル操作を利⽤することができましたが、それがどのように機能するかを理解できていないと思います」

シルビアの最初の段階を使⽤すると、少しの間時間を⽌めることができたが、その能⼒を使⽤したときはいつでも、外国語の原稿を⾒ているように感じていた。

欲求不満を抑えるために頑張っていたが、私の声はどんどん⼤きくなっていた。

「お願い、マイア。私がしなければならないことを教えてください!」

マイアはしばらくの間黙っていた。

「私は本当にあなたを残念に思います、坊や。あなたには偉⼤な可能性がありますが、あなたの能⼒はあなたがコントロールできない何かによって妨げられています。⽩のステージ以降に進んでも、ドラゴンのようにオードをコントロールできないかもしれませんが、それはあなたが⾃由に使えるその能⼒を持っていないという意味ではありません」

彼女を⾒上げると、彼⼥の顔には悲しみの表情が深く刻まれていた。

「どうしたのですか?」

「アーサー。私はあなたにすべての知識を与えることによって多くの規則を破りました。しかし、私が本当にあなたにとって最善のものを望んでいるということは信じてください」

なぜマイアがそんなに気を配っているのか分からないが、これまでの会話から、彼女が自分を騙しているとは思っていなかった。

「レルムハートを最⼤限に活⽤できなくても、感覚機能を通じて、これからの戦いで重要な資産になる可能性があります。レムルハート、4つの要素すべてを操作する能⼒、そして驚くべき戦闘⼒により、利⽤できる手段はたくさんありますが・・・」

マイアの声は途切れ、次の⾔葉に対する不安で私を満たした。

「・・・?」

深呼吸をして、彼⼥は少し時間をとって私の⽬をじっと⾒つめる。

「しかし、あなたが生み出した技術が完成することはないでしょう・・・」

彼女はもう一度、私のためを思って話してくれた。

「あの技術を二度と使用しないでください」

 



 

今回の説明はかなり難しかった気がします。

  • 「オード」とは紫色の粒子のこと
  • 時間を止める能力は、4つの元素を持っているから
  • 人間である限り、レムルハートを最大限に活用するのは難しい

以上のことだと思います。

そして、マイアが最後に言った言葉は、ミラージュステップのことでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【157話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は157話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...