最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【159話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は159話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

159話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【158話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は158話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • W.K.Ⅳ

どちらの⼈⽣でも、私はこのような獣を⾒たことがない。

私を捕まえた獣は、まるで磨かれた⽯で作られているようだ。

それは簡単に5メートルを超えていた。

しかし、この状況にもかかわらず、⾃分が⾒たものに畏敬の念を抱かずにはいられなかった。

巨⼤な類⼈猿の体と顔を構成する光沢のある⽯は、グロテスクなフォルムにもかかわらず、聖なるオーラに包まれている。

突然、獣の体にひびが⼊り始め、私を包んでいた巨⼤な⼿は、細かい砂へと崩れる。

ゴーレムの残骸から、ぼろぼろの⽩いコートを着た虚弱な男が現れた。

「表情からして、あなたは怖がっていないようだ。せいぜい驚いた程度ですね・・・」

男は舌打ちをしながら、残念そうに呟く。

「アーサー、彼はレンです。しばらくの間、彼がインストラクターになりますので、挨拶を」

ウィンドサムは、この状況を面白がっているかのような表情だった。

これまで出会ったアスラ族の中でも、レンは群を抜いて目立たない印象を持つ。

彼の半分閉じた目と、濡れた海藻のような⿊い髪。

明らかに、何⽇も洗っていないのが分かる。

見た目だけで言えば、浮浪者と勘違いされても文句は言えないだろう。

それでも、見た目で判断するのは間違っている。

特に、アスラ族に対しては。

頭を下げて、私は正式に新しいインストラクターに⾃⼰紹介した。

「はじめまして、私の名前はアーサー・レイウィンです。よろしくお願いしま・・・」

「ウィンドサム」

レンは私を無視して視線を移す。

「⼈間社会で遅刻した⼈に与える罰は何ですか?」

「え?罰?」

私は思わず尋ねた。

「指やつま先を切断?いいえ、それは少し厳しいですね・・・。投獄または社会的孤⽴がより適切であるように思われるな」

無精髭を生やしたアゴを撫でながら、彼は独り言を言った。

「何を言っているのですか?少し遅れたことで、そこまでの罰はありません!」

「え?」

レンは本気で驚いているように見える。

「何もない?そのような行動に対して、懲罰的な行動は一切取られないのですか?」

「レン、遅刻したことに対して正式な告発はない」

ウィンドサムが介入する。

「なんて奇妙な話だ。寿命が⾮常に短い種族では、何よりも時間に重点を置いていると想像したのだが・・・」

彼の失礼な⾔葉にもかかわらず、それには真実が含まれていた。

「アーサーだったか?」

私の新しいインストラクターが尋ねる。

「はい・・・」

「今すぐ全て脱げ」

 



 

「1つではない」

私はため息をついて、下着を脱ぎ捨てた。

「これで⼗分ですか?もしかして、私の家宝も調べたいのですか?」

「口だけは達者な救世主だ」

レンが⽪⾁を込めて答える。

彼は時々私を指で突いて、私の周りを⼀周し始めた。

シルビアの⽩い⽻を⾒たとき、彼はそれを取り除く。

「ちょっと!」

「ドラゴンの⽻だな。珍しいクラフト素材で、飾りにしておくのは勿体ない」

レンは驚いていた。

「クラフト素材?」

彼の言葉に好奇心が湧く。

「私たちの翼の⽻は、多くのユニークな特性を持っています。⽣まれた⽇から、私たちは翼を構成する⽻を落とすことは決してありません。そのため、ドラゴンが誰かに故意に⽻を与えることは、信頼と愛情を意味しているのです」

ウィンドサムが説明した。

レンがシルビアの羽を私に返す。

「知らなかった・・・。どうしてマイアは教えてくれなかったのですか?」

「彼⼥には理由があったに違いない」

ウィンドサムが否定的な⼝調で答えた。

レンはマイペースに検査を再開する。

裸の状態で、二人が私を⾒ている状態は、とても奇妙な光景だった。

「すべての要素から基本的な呪⽂を発動することから始めます。右⼿だけを使って呪⽂を解き放ってください」

⽕、⽔、氷、稲妻、⾵、そして大地。

終わった後、レンはもう⼀度呟く。

どんどん複雑になる呪⽂でテストを続けた。

ウィンドサムはプロセス全体を通して静かに⾒守り、尋ねられない限り⼀⾔も⼝を挟まなかった。

太陽が沈むまで実験は続く。

「では、戦闘でのマナ運用の効果的な使⽤に移ります」

突然、レンはぐるぐる回って、⻑くて薄い指を私に向けた。

「少年!あそこに呪⽂を発射しろ。早く!」

彼の指先には、⼩さな⼟のゴーレムが。

反射的にマナを⼿のひらに集め、それを電気のボルトに変えて、ターゲットに向けて発射する。

ゴーレムは衝突で粉々になり、⼩さな岩の⼭に崩れ落ちた。

表情を変えずに、レンは体を別の⽅向に向け、約30メートル離れたところを指さす。

「もう一度!」

呪文を発射する準備をしていると、左⾜の後ろに⼤きな打撃があり、ひざを痛めた。

⼿のひらに現れた呪⽂が空に⾶び出す。

私の後ろには、別のゴーレムの姿が。

「油断するな!」

息を切らしたまま、手のひらをゴーレムに置いて破壊する。

「もう⼀度」

私は⻭を⾷いしばって⽴ち上がった。

「意外に頑丈なのですね」

レンは⼝笛を吹き、コートから⼩さなノートとペンを取り出し、何かを書いていた。

「ねえ、あなたは私に⼀⽇中卑劣な仕事をさせてきました。あなたのメモで何を理解しようとしているのかを実際に知っていれば、私はもっと忍耐強くなります」

「あなたが理解できるとは思えません」

レンは⾸を横に振って、退屈そうに⼿を振る。

「試してみてください」

 



 

レンは、マナが現れる前に私の体の中で動くのにかかったミリ秒に基づいて計算と推測を⾏っていたと説明した。

彼が説明を通して使⽤した⾒下すような⼝調とは違い、その洞察は素晴らしかった。

それでも、私が指摘できる箇所はある。

「私たちがいる環境を考慮する必要があると思います。⽕と⽔の呪⽂を使うのが最も快適だと思いますが、このエリアでは⽔のマナが不⾜しています」

「もちろん、私はそのすべてを考慮に⼊れています。私がこれをどのくらいやっていると思っているのですか」

不思議なことに、レンの⾒下すような視線は変化した。

「アーサー、あなたは何歳だと⾔いましたか?」

「今は15歳近くです」

「ふ〜む。頭が悪いという訳ではなさそうですね」

レンは肩をすくめた。

「では、次は何ですか?」

「より多くのテスト。⻑期的なマナ操作分析を続けます」

⽉明かりだけが頭上を照らしている。

突然、地⾯が震え出した。

右側のクレーターの端に、ゴーレムの姿が。

ここからでも、何百もの⼈間サイズのゴーレムが近づいてくるのが分かる。

「あなたは、⼀度にいくつのゴーレムを生み出すことが出来るのですか?」

畏敬の念を抱かずにはいられない。

「ゴーレムの複雑さに依存しますが、数千⼈ほどでしょう。さあ、全⼒を尽くしてください」

ゴーレムの軍隊が近づくと、私はレルムハートを起動した。

世界のマナと融合した感覚が私の体を満たしたので、笑顔を浮かべるのを止めることはできない。

レンが私を綿密に観察している間、⾃分の武器庫にあるすべてのものを解き放ち、⼀連の呪⽂を降らせた。

これらのゴーレムは平均的なゴーレムよりもはるかに頑丈だったが、レンが生み出した数百体を破壊する。

疲れてはいたが、かなりのストレス解消になった。

「あなたの話した通りだな、ウィンドサム。彼はなんて奇妙な⼦供だ。レルムハートを持ち、彼の年齢で要素を適切に制御するとは・・・。彼は優れた被験者になります」

初めて、レンの顔が歪んだ笑顔を浮かべる。

「次は何ですか?」

満⾜のいく息を吐きながら尋ねた。

「楽しんでいますか?彼らが反撃し始めると、それは⾯⽩くなくなり始めるでしょう」

レンはニヤリと笑った。

「私はあなたが持っている物理的な能⼒を考慮に⼊れる必要があります。ウィンドサムは、あなたが剣にかなり熟達していると⾔った。そして、あなたは最近コルドリの指⽰の下で戦闘を学んでいる。したがって、これらの事実を考慮に入れなければいけません」

「それは分かりましたが、いつまで裸のままでいればいいのですか?」

「私はあなたが⾏うすべての動きを分析しているので、服を脱いだままの⽅が良いでしょう。では戦闘で使⽤する主な武器を⾒てみましょうか」

ウィンドサムから次元リングを渡される。

リングから夜明けのバラードを取り出して、レンに⼿渡した。

彼が剣を受け取ったとき、彼が笑いだすとは思ってもいなかった。

見た目は黒い棒なので、レンは玩具と間違えた可能性がある。

「それは玩具では・・・」

「私はこれが何であるかを知っています、少年!ウィンドサム、あなたが私に彼を訓練するように頼んだとき、あなたはこの事を知っていましたか?」

「いいえ」

レンは夜明けのバラードを両⼿で握り、抜き始めた。

それを抜くことが出来るのは私だけのはず。

「ど、どうやって・・・?」

自分でも動揺しているのが分かる。

「あなたが剣を抜くことが出来るのは。あなたがアスラ族だから?」

「いいえ」

レンはそう答え、半透明の⻘緑⾊の刃を調べている間、私の剣を持ち上げた。

「私がこの剣を作ったからです」

 



 

今回の先生もかなりの変わり者ですね(笑)

ギデオンを思い出させる、マッドサイエンティストのようです。

そして、夜明けのバラードを作った人物でもありました!

特訓が楽しみですね♪

最強の王様、二度目の人生は何をする?【160話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は160話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...