最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【167話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は167話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

167話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【166話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は166話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side テシア・エラリス

「ダーバス、スタナードとポジションを⼊れ替えて!」

私は剣を振り、⾵の弧を描き、鎧を着たノール(⼆⾜歩⾏の狂⽝病の⽝のような厄介なマナビースト)をノックアウトする。

「気をつけて、リーダー!あなたが死んだら、あなたの祖⽗が私たち全員を殺します!」

ダーバスは、 ヘルメットの下でニヤリと笑って警告した。

敵の攻撃を受け流しながら、私は鼻で笑う。

「スタナード、リーダーをもう⾒つけた?これらのノールはどこから出てきている?」

ダーバスも応戦しながら、背後の人物にそう尋ねた。

「まだです」

⾦髪の魔道⼠がそう話す。

「ねえ、リーダー。後退すべきだと思う。数が多すぎて、私たちのチームだけでは処理できない」

チームメンバーの苦情を無視して、私はスタナードの隣に戻った。

「スタナード、私は彼らを押さえつけるつもりよ」

「理解した」

スタナードは私の意志を認めてくれた。

「ダーバス、カリア、邪魔にならない場所へ!」

呪⽂を強化するために、ビーストの意志の最初の段階を解放する。

⼿のひらを地⾯に置いて集中した。

【アイビープリズン】

ブドウの⽊の波が地⾯から⾶び出し、洞窟の向こう側の開⼝部からやってきた⼤きなオークとノールの両⽅を絡ませる。

そばにいる虚弱な魔道⼠であるスタナードは、今や地⾯に根付いているマナビーストの⼤群に、狭いクロスボウのように⾒える装置を向けている。

⽮のないクロスボウの先端に⼩さな球を挿⼊すると、淡いブルーの⽬が集中して狭まる。

タイミングを待つ間に、埋め込まれた宝⽯は真っ⾚に輝く。

ダーバスとカリアの両⽅が邪魔にならない場所に移動するとすぐに、スタナードは攻撃を解き放った。

【推進ブラスト】

⼤砲が発狂したように、装置の先端から激しい爆⾵が爆発し、⼩さな魔道⼠は吹き飛ばされそうになっている。

私たちは皆、⽬の前の光景をぼんやりと⾒つめていた。

オークとノールは瞬く間に全滅する。

「これは新しい呪⽂?」

ダーバスが炎を見ながら質問する。

「その通り!」

スタナードは肩に装置を担いでから答えた。

「しかし、反動が少し痛いです」

「だからこそ、私と⼀緒に体をもっと鍛えるべきだと⾔っているのです」

カリアは⼿袋をはめた指を彼に向けた。

「私があなたと⼀緒に訓練する⽅法は地獄でしかない!訓練で私は死んでしまう!」

スタナードは反論した。

「あの⽇がまだ悪夢で蘇ってくるくらいだ!」

「全員、他のチームが戻ってきたときのために、道を塞ぎましょう。あの⽕は彼らを⻑く引き留めることはないだろうから」

私は彼らの会話に切り込んだ。

道を塞いだ後、狭い廊下を通り抜け、私たちの後にマナビーストがいないことを確認する。

 



 

⻑い洞窟を抜けると、ここ数ヶ⽉家と呼んでいた本拠地を⽰す紫⾊の明かりが見えた。

スタナードとダーバスは、いつものように喧嘩をしている。

マナで強化された鉄の壁をノックした後、真ん中にスリットが開き、鋭い⽬が⼀瞬私たちを観察する。

「テシア姫!」

「はい、ドアを開けてください」

天井に固定されたランタンの中の紫⾊のライトを⾒上げて答えた。

⾦属のスリットが閉じ、紫⾊のライトが⾚に変わり、道を切り開いたことを⽰す。

⼾⼝を通り抜けると、⼟の⽳で燃える⽕の暖かさと、⾒分けがつかないハーブや⾁の匂いが私たちを迎えた。

天井近くの⾼いところに、射⼿と召喚⼠が中に横たわっている壁に⼤きな⽳が掘られ、侵⼊者に発砲する準備ができていた。

オーブからの⼈⼯光が下の壁に並び、100⼈以上の兵⼠と魔道⼠がキャンプを設置した巨⼤な洞窟を照らしている。

地下の⼩川が洞窟の側⾯近くでゴロゴロと鳴り響き、ここに駐留しているすべての兵⼠に⽔を供給していた。

「お帰りなさいませ、お姫様」

ドアを守っている兵士がお辞儀をする。

キャンプを設置した⼩さなスペースに到着した後、テントの新しい服とタオルを共有した。

この3ヶ⽉で3⼈と進んできた。

祖⽗から戦いに出ることを承認された後、彼らを紹介されたときのことを今でもはっきりと覚えている。

クラレル家の4番⽬の息⼦であるダーバスは、怠惰で⽢やかされた傲慢な性格。

しかし、彼はマナコントロールにおいて⾮常に才能のある天才でもあり、それに匹敵する反射神経を持っていた。

クラレル家は何世紀にもわたって著名な家系であり、独特の斧術のスタイルで知られている。

最初は悪夢だった。

ダーバスは私を軽蔑し、⼀⽬⾒ただけで私を重荷だと考えていたのだから。

私が彼を殴打した後でも、彼はまだ私がリーダーとして相応しくないように考えているようだった。

彼は本当に2つのことだけを気にかけていた。

それは怠惰な⼥性とイチャイチャして、彼の幼なじみのカリアを気にかけていること。

「テシア?頭だけがテントから突き出ているので、かなり間抜けに見えるわよ」

カリアが頭を傾けて言う。

「ああ、ええと・・・。私は出ようとしていました。シャワーを浴びるつもりです」

私は少し慌てて答えた。

「ダーバス、集めたビーストコアはどこに置いたの?」

「あっち」

ダーバスは別のテントのそばでバッグを指さした。

川に向かって進むと、肩越しにカリアが幼なじみの頭をこすり、⼤丈夫かどうかを確認している。

彼⼥はいつダーバスに告⽩する勇気を集めるのだろうか?

カリアは、彼⼥が育った過酷な環境にもかかわらず、明るく楽観的だ。

彼女の家は、何世代にも渡ってクラレル家に仕えている。

13歳の外⾒をしていて、実は私よりほんの数歳年上だったこの⼥の⼦は、チームをまとめる接着剤だ。

カリアは明るく、陽気で、周囲に敏感。

それは、ダーバスと私がお互いの喉を切らないようにするための⼤きな特徴として役立っている。

彼⼥が変態で怠惰な幼なじみにどうしようもなく恋をしていたことを私に打ち明けたのは、約1か⽉前のこと。

⾔うまでもなく、最初はショックを受けたが、保護が必要な少⼥としてしか⾒られなかった少年への想いを抱く少⼥として、共感せざるを得ない。

3か⽉以上の戦闘で、カリアのように機敏で柔軟な⼈は他に見ていない。

彼⼥の武器は、⼿袋のように⾒えるアーティファクト。

しかし、活性化されると、肩まで届くガントレットに変⾝するのだ。

川の端にある露店の中に⼊ると、この最後の戦いで得た傷や打撲傷を刺激しないように注意しながら、汚い服を脱ぐ。

閉ざされた部屋の向こう側にある冷たい⼩川に体を浸し、持ってきたクレンジングハーブで急いで体を拭く。

服を洗った後、タオルを頭に巻いたまま乾かして新鮮な服装に着替えた。

 



 

キャンプに戻ると、私は⽕のそばに寄り添い、⾝をかがめて体を温める。

ダーバスはどこにもいない。

おそらく、基地を守るために配置された⼥性の何⼈かとイチャイチャしているのだろう。

⾦髪の少年が、ノールの1つから抽出したビーストコアをしっかりと握りしめながら呪⽂を唱えているのを発見する。

チームの最後のメンバーであるスタナード・バーウィック。

ギデオン教授が祖父に彼を紹介したらしい。

カリアより幼い可憐な少年が訓練場に登場したとき、私たち3⼈全員が懸念を抱いたのは当然の反応だろう。

彼は当時、濃いイエローステージのコンジュラーであり、⽕と⾵に対して親和性を持っていた。

これは問題ないのだが、スタナードはマナコアに⽋陥があり、イエローステージの魔術師が通常では可能だった量のマナを保存することが出来なかったのだ。

しかし、ギデオンはその少年が最前線で役⽴つことを保証した。

結局のところ、スタナードは⾮常に独特なタイプのエミッターだったのだ。

彼のユニークな能⼒により、彼はどういうわけか実際の呪⽂をビーストコアに保存することができた。

しかし、この準備された呪⽂を発動することができたのは彼だけ。

すると、後ろからお馴染みの声が聞こえてくる。

「王女様!」

振り返ると、思いがけない驚きに微笑むしかなかった。

「ヘレン?」

 



 

テシアも癖のあるメンバーたちと行動しているようです。

今のところ、ヴリトラ一族と出会っていないようですね・・・。

そろそろ、アーサーの登場を期待したいところですが。

そして久しぶりのヘレンの登場!

他のメンバーも揃っているのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【168話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は168話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...