最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【169話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は169話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

169話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【168話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は168話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side スタナード

私の胃は斥候の⾔葉で痛くなる。

これだと思った。

これこそが私たちがここにいる目的。

これが終わった後、家に帰って本物のベッドで寝て、味付けされた⾷事を⾷べることができるでしょう。

しかし、なぜ私はこれほどに恐れているのだろうか?

「隊長、私はなんとか⼊り⼝の近くに⼤量のテレポートゲートを設置することができました」

「よく頑張ったな、セイヤー」

リーダーのドレーシュは、テントから出る前に斥候の手を握りしめる。

「さあ、テシア。私たちも準備する必要があります」

ヘレン・シャードという⼥性がそうアドバイスした。

テシアはそれに応えてしっかりとうなずき、私に従うように視線を送る。

しかし、私は動けなかった。

まるで、⾜が地⾯に固定されているように感じて。

この道を進めば、死に⾄るかもしれないという事実に抗議したかのように。

「スタナード?あなた⼤丈夫?」

テシアが心配そうな表情で私を見る。

「ええ・・・。わ、私は大丈夫です」

自分を納得させるために言った。

 



 

テシアが斥候からの知らせを、チームのみんなに伝える。

ダルバスとカリアも、この戦いが終われば、家に戻れるという歓喜の声を出していた。

私は彼らのようにやる気に満ちていない。

恐怖という感情にいつも苛まれている。

ダルバス、カリア、テシアは全員が天才だ。

このような状況で、彼らが恐れを感じる必要はないだろう。

彼らに私の感情は理解できないはず。

ツインホーンが準備に向かった数分後、ドレーシュの声が⼤きな洞窟に響き渡る。

すぐに、100⼈以上の兵⼠が差し迫った戦いに備えるために駆け回ったので、場所全体が狂乱で満たされた。

私はリーダーのテシアに⽬を向ける。

テシアは実際には私たちのチームで最年少で、私の一つ年下だが、実際には最も落ち着きがあった。

彼⼥はすでに戦闘に備えており、引き締まったスリムな体を軽装甲で飾っている。

テシアが髪を後ろに縛り、クリーム⾊の⾸のうなじを⾒せたとき、私は視線を逸さずにはいられない。

彼女の優雅な姿のイメージが脳裏に焼き付いて、顔が熱くなるのを感じた。

スタナード、諦めろ。

彼女に恋をしては行けない!

その上、彼⼥はアーサーという男に恋をしている!

持っていた弾薬を数えることに集中するために、私は⾸を横に振った。

⾒上げると、魔術師がテレポーテートゲート間の接続を準備し始めている。

煌めくポータルが⼤きくなるにつれ、体が秒単位で重くなるのを感じずにはいられない。

以前からマナビーストと戦ってきたが、ミュータントと戦うのは初めてだから。

 



 

約2時間後、ゲートの準備が整う。

マナランチャーのハンドルをしっかりと握り、⼿が震えないようにした。

「行きましょう」

テシアがついに宣言する。

「到着時に⾝を引き締めてください。向こう側に何匹のマナビーストがいるのかは定かではありません!」

ドレーシュがポータルの横で叫んだ。

「突撃!」

彼は咆哮し、剣を掲げてポータルに突入した。

私たちのチームは後方なので、準備が整ったチームが突撃するにつれて減少し始める。

前にいたテシアが、肩越しに私たちを振り返る。

「私たちは皆、これから⽣きて脱出して、美味しい⾷事を⾷べます。分かった?」

「「「はい!」」」

ゲートを通り抜けると、前のチームの1⼈のオーグメンターがノールに襲われいた。

同じチームの仲間がノールの頭を真っ二つにするが、襲われた女性は既に息をしていない。

「さあ、1つの場所に⻑く留まらないでください。⼀緒に動く必要はありますが、私たちは動き回る必要がありますので」

テシアは周りを⾒ながら、私たちに指示を出す。

私たちは野営地の約半分の⼤きさの洞窟にいた。

前⽅を⾒ると、影で暗くなった廊下への狭い⼊り⼝しか見えない。

「スタナード、左に!」

カリアの声が後ろから聞こえる。

⼀歩後退して、オークの攻撃を回避した。

そして、オークの胸に合わせてマナランチャーを上げて、敵の⼼臓の中⼼に⽳を開ける。

モンスターは床に崩れ落ち、⼤きな⾳を⽴てて武器を落とした。

それでも休む時間はない。

次から次へとマナビーストが出現するから。

振り返ると、テシアがオークのペアと⼤きなノールを倒しているのを垣間⾒た。

彼女の刃は猛烈だ。

ダンスのようにノールを斬り、突進して、各ステップ、各スイングには意味があった。

彼⼥の戦いを⾒るたびに、私は驚かざるを得ない。

いつもダルバスとカリアのマナ操作と戦闘⼒の⽣来の才能に嫉妬していましたが、テシアのスキルと優雅さは尊敬することしかできないレベルだから。

「そろそろ役⽴つ時ですよね、スタナード?」

死んだオークの頭蓋⾻から⼿斧をこじ開けると、ダーバスが私に声をかけた。

「うるさい!」

私は笑顔で反論した。

オレンジレッドの輝きを放つ⼤きなビーストコアを取り出す。

「クロスファイア!」

ダーバスは、オークの範囲内にいる他の兵⼠に警告して叫んだ。

兵⼠たちは、邪魔にならないように後退し始める。

深呼吸をして、輝くビーストコアをマナランチャーにロードする。

洞窟を守っているノールとオークの塊の中⼼に武器の先端を固定し、合図を待つ。

「すべてクリア!」

私の周りに配置された召喚⼠たちは皆、私が正しいタイミングを静かに待っている間、彼らの最も強⼒な呪⽂を⼤量に発射した。

最後の呪⽂がモンスターに向かって発砲したのと同時に、⾃分の呪⽂を開始する。

[地獄の刑務所]

私の体の3倍の⽕の球を発射したことによる反動により、私は洞窟の壁に転がり込んだ。

燃えている⽕の球は、逃げようとしているオークのグループに向かって進むにつれてサイズが⼤きくなる。

そして、中に閉じ込められた数⼗のマナビーストの焦げた残骸が現れ、残りの兵⼠から歓声の波が送られた。

散らばった数匹のマナビーストは、オーグメンターによって簡単に処理される。

「お疲れ」

ダーバスは私が起き上がるのを手伝ってくれた。

兵⼠の約2倍のマナビーストがいたが、戦いの終わりまでに、私たちは10⼈未満の死者を出した。

「マナビーストの軍隊の突然の攻撃にもかかわらず、これは圧倒的な勝利だ!」

ドレーシュのしっかりとした命令的な声が洞窟全体に響き渡る。

「私たちの仲間の死を無駄にせず、続けましょう!」

ダーバスやカリアを含む兵⼠たちから熱烈な歓声が響き渡った。

テシアは刃についた血を拭って、厳粛な表情を浮かべている。

彼⼥のターコイズブルーの⽬は、私たちが通り抜けたポータルを通って運ばれるエルフに続
き、⽣命のないエルフの背中から突き出ているギザギザの槍をじっと⾒つめていた。

テシアがそのエルフを知っていたかどうかは分からないが、彼女に共感せざるを得ない。

⼀部の⼈々にとって、10⼈の死の重みが単純な数のカウントよりもはるかに多いことを意味する場合、これは本当に勝利と呼べるのだろうか?

 



 

今のところは順調ですが、まだミュータントが現れていません。

スタナードの嫌な予感が外れることを祈っていますが・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【170話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は170話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...