最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【170話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は170話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

170話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【169話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は169話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 本当の恐怖

洞窟の中で緊張した暗い空気が漂う。

戦闘に勝利はしたが、この数ヶ月間の戦いで全員の足取りは重い。

それぞれのチーム毎に再編成を行い、負傷者と死亡者は適切に処理されていた。

戦闘で興奮した戦士たちの何人かは、気持ちを落ち着かせるために瞑想をしている。

私たちのリーダーは遺体をじっと見つめていたので、私は慎重に彼女に声をかけた。

「テシア、大丈夫ですか?」

テシアがこちらを振り向くと、彼女は明らかにぎこちない笑顔を浮かべていた。

「大丈夫よ。勝ったのは良いことなのだから・・・。けれど、それでも私たちは10⼈近くの兵⼠を死なせることになったわ」

「テシア・・・、私たちは最善を尽くしたわ」

カリアがテシアの背中を優しく撫でて慰める。

「その通りです、テシア。全員を守りながら戦うのは不可能だ」

私も言葉を付け加える。

しかし、彼女の表情は沈んだので、逆効果のようだ。

「あなたの言う通りよ、スタナード。全員を守り切れると思っていないわ。けれど、彼だったら・・・」

「また「彼」の話かよ?」

ダルバスがウンザリしたような表情を浮かべる。

「「彼」って、あなたがいつも話している男の子のこと?確かアーサーって名前よね?」

ダルバスとは違い、カリアは興味津々な表情を浮かべて身を乗り出す。

「ちっ。そんな奴、お姫様の妄想の中の男だろ?」

ダルバスの発言に、テシアは首を横に振った。

「彼は本当に実在する人よ」

「お姫様は「彼」を、欠点の一つもない、強くてカリスマ性に溢れる男のように語っているじゃないか。実際にいる訳ないだろ、そんな男」

「ダルバス、男の嫉妬は見苦しいわよ。アーサーはあなたが望むすべてのものを持っていて、見栄えも良いから嫉妬しているのでしょ?」

カリアがダルバスを非難する。

そして、彼女の視線はテシアに戻り、⽬をキラキラと輝かせた。

「テシア、彼は本当にハンサムで魅⼒的なの?」

「少なくとも、私はそう思っているわ」

テシアは笑顔を浮かべる。

「彼は学校でかなり人気があったけれど、本人は気づいていなかったわ」

「ますます、その男が嫌いになった」

ダルバスが不平を呟く。

「けれど、彼に欠点がないわけではありません。正直なところ、私が最初に彼に会ったとき・・・、アーサーはちょっと怖かったから」

「あなたが家出した後、彼はあなたを奴隷貿易業者から救ったと言ってたわよね?」

「え、ええ・・・」

テシアは当時の記憶を思い出しのか、顔を赤らめる。

「アーサーは私を救ってくれましたが、それは彼の良心からではなく、論理的な計画からだと感じたの。もちろん、当時私はまだ⼦供だったので、間違っているかもしれませんが、アーサーの冷たい一面は時々回見えたわ」

「ちょっとヤンチャだったのね」

カリアが表現を柔らかくする。

そして、ダルバスが反論した。

「私に⾔わせれば、「彼」はそれほど素晴らしい⼈ではないように思える。だって、彼はあなたを数回危険に晒したよね?あなたがキシラスアカデミーに侵⼊したアラクリアンの魔道⼠に誘拐された後、彼は⼀⼈で消えたって言うじゃないか!彼はあなたが⼤丈夫かどうかさえ確認せず、どこかへ行ったんだろ?」

「アーサーには時間がなかったのだと思うわ」

テシアは苦笑いを浮かべる。

「秘密裏にどこかで「訓練」するために?」

ダルバスが嘲笑した。

「私に⾔わせれば、彼は死ぬのではないかと恐れて戦争から逃げ出しただけです」

テシアが怒ってしまうのではないかと恐れて、テシアの表情を覗いてみたが、リーダーは落ち着いていた。

「あなたは間違っているわ、ダルバス。アーサーは、感情を表現するのは苦手で、少しナイーブかもしれないわ」

テシアの頬はほんの少しだけ赤い。

「しかし、彼は恐れて逃げる⼈ではありません。愛する⼈を守りたいという彼の願望は、強すぎるくらいなのだから」

「はいはい、分かった分かった。アーサーはアラクリアンの怒りから私たちを救う英雄になるでしょうね」

ダルバスはため息をつき、テシアの断固とした視線を認めた。

「けれど、「彼」は本当に強いの?」

テシアが大事そうに語る少年に、私は興味をそそられて尋ねる。

彼女は遠くを見つめながら、だんだんとニヤニヤ笑いに変わる。

「彼は強いわ」

「彼に会うのが待ちきれないわね!」

カリアが嬉しそうに言った。

「そうね・・・。近いうちに会えるかもしれないわ」

 



 

チームが再編成されたことに気づいて、私たちは起き上がった。

ドロゴがチームリーダーの頭を数え終えた後、私たちは洞窟の遠端にある暗い廊下を通って出発する。

狭い廊下に⾜を踏み⼊れると、雰囲気が⼤きく変わった。

壁に沿って響く唯⼀の⾳は⾜⾳だけで、空気は乾燥している。

奥から光はまったく見えない。

前方にいる召喚⼠の何⼈かは、呪⽂で廊下を照らそうとしたが、彼らが召喚した光の球はすぐに暗闇に⾷い尽くされた。

「この場所では、正⾯の照明アーティファクトだけが機能しているように⾒えるわね」

カリアがそう呟く。

数歩先を⾏っていたテシアは、不⾃然な光の⽋如の影響を受けずに歩き続けている。

歩き続けると、洞窟からの光が少しずつ斑点になっていく。

誰もが⾜場と私たちの道を導く光の揺れる球に注意を払いながら、静かに歩く。

どれくらい歩いたのだろうか?

何時間も行進しているように思える。

ドロゴが全員の行進を止めて、低い声で話し出す。

「斥候のセイヤーと彼のチームがマナビーストに待ち伏せされる前に到着した場所に到着します。彼が⽬撃した情報から、少なくとも数百のノールとオークに出会うことでしょう。そして、ミュータントの登場もあります。体と⼼を準備してください」

暗い廊下を進むにつれて⽩い光が⼤きくなる。

 



 

幸いなことに、地⾯はかなり均⼀だった。

廊下を出ると、⽬のピントを調整しなければならない。

私はマナランチャーを構えて、すべて吹き⾶ばす準備をした。

しかし、私たちの前に横たわっていたものはすべて、地⾯に広がった体と不気味な静けさだけ。

戦いへの私の期待は無駄になる。

何百ものオークとノールの死体が散らばり、虐殺されていた。

他のみんなが私と同じように混乱していたという事実に少し安⼼する。

「いったい何が?」

ドロゴは混乱しながらも、両手剣を構えたまま。

「油断するなよ、何が起きるか分からない」

ダルバスも真剣な表情を浮かべていた。

「扉へ!」

全員の頭が、円形の洞窟の反対側にそびえ⽴つドアに向く。

ミュータントの巣窟だと思われる場所に向かうと、緊張感が高まっていく。

幅5メートルを超える⼤きなドア。

100⼈ほどがドアの周りに半円を描いて配置され、10⼈のオーグメンターが⼊り⼝を開くために構える。

「ドアは?」

ドロゴが確認する。

「開きます」

奇妙な⼀連の出来事に⼾惑いながら、ドロゴはハッキリとした声を出す。

「開けろ!」

彼が指示を出すと、⾦属製のドアがこじ開けられる。

しばらくの間、命を懸けて戦う準備ができていたはずの兵⼠全員が凍りついていて、一言も喋れなかった。

目の前に浮かび上がった死体の丘の上に⼀⼈の男が座っている。

彼の腕は、埋め込まれたオークの体から来た⾎の層の下でぼんやりと輝いた薄い⻘緑⾊の剣の柄にかかっていた。

この死骸の⼭の下には、オークとノールの体が。

凍っていたり、燃えていたり、単に⼆等分されたものも。

⼀⾒、男が休んでいた死体の⼭は、⾒分けがつかないマナビーストの残骸に溶け込んでいるように⾒えたが、よく⾒ると、頂上近くに際⽴った姿が。

巨⼤なライオンの頭とモンスターの体。

その灰⾊の体は、頭から発芽した不⾃然に⿊い⾓が粉々になったため、生気は見られない。

疑いの余地はなかった。

それは、私たちがずっと探してきたSクラスのミュータント。

男がようやく頭を上げたとき、私は死体の⽟座の上に疲れて座っていた男に視線を戻した。

その男は私を直接⾒ていないが、彼の威圧的なプレッシャーが私の魂に重くのしかかっているのを感じる。

体のすべての神経が、目の前の男から可能な限り逃げるように叫んでいた。

男の紺碧の⽬が輝いていたので、恐怖はさらに⼤きくなる。

これは、私がテントで感じた⼩さな恐怖ではない。

いいえ、これが本当の恐怖。

私は理解していた。

そして、おそらくここの誰もが理解しているはず。

数の利点は、彼のような相手には意味のないことだと。

横から、誰かが前に進んでいるのを⾒つける。

それがテシアだと気づいたとき、彼女を止めたくても、私は絶望的な恐怖の束縛から動けずにいた。

そして、彼女は手から剣を落とす。

彼⼥の顔がさまざまな感情の混合物で歪んでいるとき、1つの涙がテシアの頬を転がり落ちた。

「アート?」

 



 

ようやくアーサーの登場!

けれど、彼は本物なのでしょうか?

ここにいる理由が分かりません・・・。

もしも本当にアーサーであるならば、彼の実力は大幅に向上したのでしょう。

大勢の敵に対して苦手意識を持っていた彼がここまで敵を圧倒しているのですから!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【171話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は171話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...