最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は174話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

174話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【173話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は173話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 再会

⼤きなテントに⾜を踏み⼊れると、すぐにヴィリオンおじいちゃんに抱きしめられた。

「おい、小僧!なぜ戻ってきたと言わなかった?」

「またお会いできて嬉しいです、おじいちゃん」

そして、フード付きのアスラの方へ振り向く。

「アルディールも」

「アーサー、シルビー夫人。お⼆⼈とも⼤きく変わりましたね」

「そうだと良いのだけれど。それで、私がここに到着したことをどうやって知ったのですか?」

ヴィリオンの方へ視線を戻す。

「アルディール卿がウィンドサム卿からメッセージを受け取ったのだ」

私は頷いて、静かにしている幼なじみに視線を向ける。

「ミュータントと戦うことを期待していたとき、アーサーに会えてとても驚きました」

テシアは⾸を横に振って声を上げた。

「ええ。私が到着するとすぐに、マナビーストの⼤群が私とシルブを攻撃しました。全員を殺すまで、息を呑む時間すらありませんでした」

「テシア、アーサーと話し合わなければならないことがありますが、ここは適切な場所ではありません」

「私たちは別の場所に移動するの?」

テシアの質問に、アルディールが首を横に振る。

「あなたは違う、テシア。あなたはここに留まりなさい」

「え?アーサーは数時間前にここに来たばかりなのに、もう彼をどこかへ連れ去っていくのですか?」

テシアの目には明らかな恐れが浮かんでいた。

「テス、心配しないで。報告後にすぐ戻ってくるから」

「・・・はい」

テシアは敗北のため息をつく。

「それなら、すぐに出かけましょう。テシア、あなたはここ数ヶ⽉で強くなりました。あなたが経験した戦いは確かにあなたを⼗分に形作っています」

「ありがとうございます、アルディール先生」

二人が師弟の関係にあったことに、私は驚く。

「テス、すぐにお会いしましょう」

 



 

「どうしてテスと話さなかったの?」

隣を走り回っているシルビーに尋ねた。

過去2年間のどこかで、私の絆は⾃由に話すことができるようになったが、何らかの理由で、彼⼥は私と⼀緒でない限り話さないことを選択した。

シルビーがトレーニングを通して得た能⼒は話すことだけではないが、彼⼥の若い年齢のために、ほとんどの時間は彼⼥のマナとエーテルの能⼒が狂わないように体を強化することに費やされた。

「さあ、全員集まっていますので、行きましょう」

ヴィリオンが笑顔でそう告げた。

ドアの向こう側に警備兵が1⼈か2⼈いると思っていたが、代わりに⼤きな⿊いクマが私の上にそびえ⽴っていた。

「お兄ちゃん!」

⼀瞬、話しかけたのはクマだと思ったが、妹のエレナーがグーフィーな笑みを浮かべてビーストの後ろから現れる。

「エレナー!」

彼⼥が私の⾸に腕を巻きつけたとき、私は妹を抱きしめた。

「アーサー!」

別の声。

それは私の両親だった。

彼⼥を地面に下した後、私は両親の⽅を向く。

疑いと後悔の気持ちが、両親を抱きしめることを妨げる。

最後に別れた後、どうやって挨拶するのか分からなかったのだ。

「こっちに来なさい、息⼦!」

⽗は駆け寄って私を取り囲み、私を抱きしめた。

「えっと・・・」

彼の⾏動に驚いて、吃ってしまう。

「私は考えました・・・」

「何を?」

「以前の記憶があるからといって、私の息⼦になるのをやめることができますか?」

数フィート離れていた⺟が⼼配そうに近づいてくる。

彼⼥が必死になって全てを否定しようとしたことに気づき、⺟に挨拶しなければならなかった⾃信を失ってしまう。

すると突然、⺟は私の⼿をしっかりと握りしめ引き寄せる。

「もう少し待ってて」

涙の滴が⼿に落ちたとき、彼女はそう囁いた。

「もう少しだけ・・・。もう少しだけ時間をちょうだい、アーサー」

「もちろん」

私も泣きそうになってしまい、母の顔を見ることができず、うなずいた。

「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」

シルビーを両腕に抱えてまま、妹がはしゃいでいた。

「私のブーに挨拶してください!」

⺟が私を抱擁から解放したとき、巨⼤なマナビーストをもう⼀度じっと⾒つめる。

「ブ、ブー?」

「ブー、お兄ちゃんに挨拶して!」

ブーと私は、マナビーストが私にニヤリと笑うまで、視線を離すことができなかった。

巨⼤な⾜を上げると、ブーは私に向かって振り下ろす。

クマの⾜がまだ腕に重くのしかかっている状態で、私は驚きの表情で妹を⾒つめていた。

「ブーは、お兄ちゃんが私が彼に⾔ったのと同じくらい強いかどうかを⾒たかっただけです。彼は少し競争心が強いの」

「待って。エレナー、あなたはこのビーストと話すことができるのですか?」

このマナビーストの強さには驚かされたが、妹と精神的に会話ができたということは、ブーがかなりハイレベルなビーストだったことを意味する。

「まあ、家族で話し合うことも多いと思いますが、私たちの議論の後に時間を作りましょう」

アルディールが真剣な⼝調で話す。

「あなたの家族は当分の間ここに住んでいます。あなたの最善の利益になると思いましたから」

 



 

会議室に着くと、⼤きな円形のテーブルの周りに座った。

「私たちだけですか?王と⼥王、そしてランスは?少なくとも、グッドスカイ学長はいると思いました」

アルディールは、顔の⼤部分を覆っていたフードを外し、額の中央に輝く紫⾊の⽬を明らかにした。

「シンシアは現在、アラクリアに関する情報を開⽰することによって活性化した呪いの影響に対処するために、⾃⼰誘発の眠りの状態にあります」

「それは深刻なのですか?」

「彼⼥がどこで休んでいるのかは後でお⾒せしますが、他にも気になることがたくさんあると思います」

頭に浮かんだすべての質問に答えながら、うなずいた。

「⽗や⺟も戦争で戦うことを考えたことがありますか?」

「あなたのお⽗さんは待機中です。しかし、あなたが戻るか、エレナーが少し年をとるまで、私は彼に⾃分を抑えるように⾔いました。彼は⼿伝うことに固執しましたが・・・」

「ありがとうございました。私がここにいない間に⽗が戦争で亡くなったかどうかは想像できません」

ヴィリオンが同情的な⼝調で同意する。

「さて、アーサー。私があなたに伝えようとしていることについてあなた⾃⾝を責めることはできません」

「どういう意味ですか?」

アルディールはテーブルの下から何かを引き出し、それを私に滑り込ませた。

それは廃船の写真。

「それはあなたのデザインを使ってアラクリアによって造られた船です」

ヴィリオンの声に悲しみが含まれている。

私が返答する前に、兵士が会議室の暗い⽊製のドアを突然開かた。

「司令官!」

「何ですか?」

「か、彼らが⽬撃されました、司令官。⻄海岸に近づいています」

兵⼠の声は抑制された恐怖で震えていた。

「船が近づいています!」

 



 

シルビーが喋らないのは何故なのか気になります。

両親とのわだかまりも一安心ですね♪

ブーの戦闘力も明らかになるのでしょうか?

そして、アーサーのアイディアが取り込まれたアラクリアの蒸気船。

そのアイディアは盗まれたものなのでしょうか?

考える時間もなく、敵が攻め込んできたようです!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【175話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は175話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...