最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【175話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は175話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

175話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【174話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は174話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 識別できない遠吠え

「行こう、シルブ」

「待つんだ!アーサー、何を考えている?」

ヴィリオンが心配そうな声で、後ろから話しかけてくる。

「自分の目で確かめたい」

振り返らずに答えて、シルビーと私はテレポートゲートに急いで向かう。

ゲートには二人の警備兵が。

「ドアを開けてください」

焦りは私の声にはっきりと表れていた。

「ヴィリオン司令官とアルディール卿と呼びなさい。あなたが例え王室の子供だったとしても。年長者への敬意を学ぶべきよ」

豪華なローブと髪を覆うフードを⾝に着けた⼥性の召喚⼠が、状況を鎮めることを望んで、すぐに介⼊した。

「この時期に⼀⼈で外出するのは危険よ。保護者がいるなら___」

しかし、彼女は最後まで言葉を吐き出すことができず、その場に崩れ落ちる。

両方の警備兵も、必死に喉を抑えながら、その場に跪いた。

一歩前進し、無邪気な笑顔で彼らを見下ろす。

「私をこれ以上待たさない方が賢明です」

圧力を意図的に解除すると、警備兵は急いで扉のロックを解除した。

急いで中央の魔法陣に向かい、女性に声をかける。

「ゲートをエティスチンに設定してください」

何も⾔わずに、シルビーと私はもう⼀度ゲートをくぐり、⽬的地に近づくほど胸がドキドキする。

向こう側の警備兵でいっぱいの馴染みのない部屋に着くと、私は⾼台のステージから降りた。

「誰が⼦供をゲートに通した?」

リーダーらしき男性が訝しげな表情を浮かべていた。

「彼は城から来ました、隊長」

10代になっても、みんなが私を⼦供だと思うことが億劫になる。

⾃分の状況を説明する忍耐⼒がなく、リーダーを通り過ぎて出⼝に向かって進んだ。

「少年!何の用件だ?この街の様子を知らないのか?」

「ヴィリオン司令官が私をここに送りました。さあ、扉を開けてください」

そう話すと、リーダーが目を丸くして嘲笑した。

「ヴィリオン司令官が、あなたのような華奢で可愛い男の子を送ったと?ただの暴走したガキに違いない。スクラム、少年をゲートへ連れ戻せ! ここで世話をするのに、これ以上の⺠間⼈は必要ありません!」

ため息をついて、私はさっきと同じようにマナを解放する。

部屋の空気は凍りつき、⺠間⼈である⾨番は、圧⼒に耐えることができず、意識を失う。

「シルブ。外に出よう」

私の絆の⽩いキツネのような体が、⾦⾊の光に完全に包まれるまで輝き始める。

雷鳴のようなマナの爆発が彼⼥の体から放射され、シルビーの形は真っ暗なドラゴンの形に変化した。

⼿を上げて、⼿のひらに集まった横⾏するマナを合体させる。

【雷鳴】

⻘い稲妻の弾幕が天井を襲い、部屋全体を揺さぶった。

⼣⽇が地平線に向かってオレンジ⾊に変わるのが⾒えるまで、雲の上に昇ると、爽やかな冬の空気が頬を通り過ぎた。

「夜が明ける前に⾏こう」

「了解」

南に向かうと、海岸線に近づくほど都市の光景がすぐに⾒えてきた。

「低く、シルブ」

視界を遮る雲の中を通り抜け、⿊い流星のように落下する。

高度を下げると、すぐに煌びやかな海が⾒えてきた。

海岸から数⼗マイルも離れていない、輝く地平線から数百隻の船が近づいてきており、ビーストグレイズに駐屯している彼らの軍隊は単なる斑点のように⾒えた。

その瞬間、ヴィリオンの最後のアドバイスが頭に浮かぶ。

彼は私に⾃分を責めないように⾔ったが、現時点で私にできることはそれだけ。

ギデオンに蒸気機関の写真を与えた⽇の思い出が苦痛になる。

私のアドバイスのおかげで、海を横断するために建造できる船は、悪意のある⼈の⼿に渡ってしまった。

「これはあまり良い状況には見えないね」

シルビーが前方の不吉な景色を見つめながら呟く。

恐怖と罪悪感が混ざり合って胃の⽳の中でかき回された。

何百万もの考えが頭をよぎる。

この2年間、涙、汗、⾎を流して、ヴリトラ氏族がこの世界全体を⽀配するのを阻⽌する訓練をしてきた。

しかし、状況はそれほど単純ではないだろう。

「戻ろう、シルブ。戦争に勝つために」

⻭を⾷いしばって答えた。

私は世界を救うための正義の英雄ではない。

この戦争がこの状態に進んだのは私のせいなのだから。

 



 

side シンシア・グッドスカイ

あるスペースは完全な暗闇に覆われ、1本の光線だけが私を照らしている。

「できるだけ多くの情報を提供することが不可⽋です」

影から深い声が聞こえた。

唇は動くが声が出ない。

代わりに、鋭い痛みが私の脳に突き刺さる。

「あなたの知識があればこの戦争に勝つことができます、学長」

別の声、それは薄くて掠れた声で、視界の外から呟かれた。

「協⼒することで救うことができる何百万もの命を考えてみてください」

話したかったが、⾳が出ない。

痛みに耐えられなくなり、私は跪いたが、影に隠された声が私を悩ませ続けた。

「呪いの後遺症で死んでも⼤丈夫です。必要な答えが得られれば、あなたの仕事は終わりですから」

痛みが和らぎ始めると、視界が真っ白に。

これが死の気持ちだったら、⼼から歓迎したいと思えるでしょう。

唯⼀の慰めは、その輪郭が⼈間のように⾒えたという事実。

私たちの⼿が触れると、覆っていた影のベールが消える。

影の姿がヴィリオンであることに気づき、私はもっと強く握った。

⼿を差し伸べて抱きしめたかったが、私の体が⽿を貸さない。

「私はあなたに決して謝罪しませんでした・・・」

ヴィリオンの声は、通常はとても明るく⾃信を持っているが、今の彼にそんな雰囲気は微塵も見られない。

ヴィリオンが元に戻した特徴のない影は⼀瞬⽌まり、再び話しかけてくる。

聞き取りづらく、⾔葉も分からなかったが、それでも安堵した。

彼の姿が⽩い深淵に姿を消したとき、私がいつも後悔する記憶を思い出す。

それは⼈間とエルフの間の戦争が終わった直後。

当時ずっと若いヴィリオンが私のそばを歩いている。

「戦争が終わった今、あなたは何をするつもりですか?」

ヴィリオンは前方に視線を固定したまま、私に尋ねる。

戦争が終わった後、私は⼤陸の状態を静かに観察することを計画していた。

それは結局のところ私の義務だったから。

しかし、エルフの王にそれを正確に伝えることができなかったので、私はただ肩をすくめ、私の魅⼒が主題を変えることを望む。

「私はあなたを数年前から知っています。それらの年のいくつかは、私たちが敵同士であり、そうでない年もありましたが、これらの年のうち、私は⾃分⾃⾝に⼀つのことを考え続けました」

「へえ?」

声が自然と出てくる。

「それは何?私へのあなたの不朽の愛かしら?」

「申し訳ありませんが、違います」

ヴィリオンは笑い出した。

「私が結婚していることを忘れましたか?」

「人間は何人とも結婚しますよ」

「私たちエルフは一人に対して忠実です」

彼は⾸を横に振って答えた。

「私が思ったのは、あなたが素晴らしいメンターとインスピレーションを与えるだろうということでした。将来、あなたは⼀流の教師として、次の若者をより⼤きな未来へと導くでしょう」

「いきなりどうしたの?」

「あなたは教師として始めることを考えるべきです」

「そうね・・・。自分の学園を作るのも悪くないわ」

唇が自然と笑顔を形成する。

「私はキシラスが好きになったわ」

「浮かぶ街の頂上にある魔術師のためのアカデミーはどうだ?」

「それはいい考えね!」

ヴィリオンの提案に私は同意した。

「では、⼀緒に学校を開くのはどう?」

肩越しに振り返ると、彼は笑いを抑えている。

「ええ、それをグッドスカイとエラリスの魔術師の学校と呼ぶことができますね」

恥ずかしさから顔が紅潮するのを感じる。

「キシラスアカデミーは魔術師にとって最大の機関になるでしょう。そして、私があなたの⼦孫のいずれかを出席させれば、あなたはとても幸運になるはずよ」

「まあ、ここでキシラスアカデミーの成功を期待しています」

この瞬間が終わらないことを望んでいたことを思い出す。

私がこの男に早く会わなかったという明確な後悔の気持ちと一緒に。

もし私たちがもっと早く会っていれば、私の⼤陸とヴリトラへの忠誠⼼は揺らいでいたかもしれません。

刺すような痛みが胸に⽳を開けることを知っていながら、私は前に出る。

花でいっぱいの景⾊が⾚みを帯びた。

ついに⾃分の体をコントロールできるようになったが、⼼臓の先端に⿊いスパイクが突き出ているのが⾒える。

「急いで」

ヴィリオンが今度は遠くから再び声をかけてきた。

彼に⼿を差し伸べて彼を呼ぶが、胸から突き出た真っ暗な槍に固定されたまま。

槍が私を巻き戻しているかのように、私が思い出していたかつての楽しい光景が吸い取られる。

世界が暗闇に消えていくにつれて、ヴィリオンが⽴ち去る光景は、私を包み込む前に私が最後に⾒たもの。

 



 

side ヴィリオン・エラリス

⾎まみれの悲鳴が私を驚かせた。

「何が起きている?」

「分かりません、司令官。悲鳴は真下の床から来たようですが」

「誰もいないはずです、アンナ!」

すぐ下の唯⼀占有された部屋はシンシアの部屋であり、アンナが彼⼥の世話をしているはず。

視線を上げると、ほんの数フィート先の光景に⽬が⽌まる。

「う、嘘だ・・・」

目の前の光景を信じることができず、近づきながら⼿を出した。

「ど、どうやって?誰が?」

アンナは⾸を横に振ったのと同じくらいショックを受けている。

シンシア・グッドスカイは安らかにベッドに横になり、腕を横に置き、薄い⽩いシーツを体の上に置いていた。

そして、彼⼥の胸からは真っ暗な槍が突き出ていて、⾎で覆われている。

彼⼥の⾎に塗れて。

膝から崩れ落ち、識別できない遠吠えが喉から裂け、旧友の冷たくて活気のない⼿をしっかりと握りしめた。

 



 

蒸気機関の情報は流出?

それともヴリトラ氏族のスパイが潜入していた?

どちらにせよ、状況が悪化したことは否定できませんね・・・。

そして、シンシア学長・・・。

彼女はヴィリオンのことが好きだったのですね。

突然の死に驚きますが、誰が彼女を殺したのでしょうか?

一番疑われるのはアンナでしょうが、果たして・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【176話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は176話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...