最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【176話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は176話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

176話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【175話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は175話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • グレイ王の記憶

「ニコ、急いで!」

二人の少年が家のドアの前で群がっている。

「警戒を怠らないでください、グレイ。もう少しで解除できると思うから」

私の黒髪の仲間は集中していた。

しばらくして、扉の鍵が開く音がして、私たちは興奮を抑える。

「「やった!」」

ニコは年上の女の子から盗んだヘアピンで、扉の鍵を解錠したのだ。

「ニコ、本当にこの家の持ち主はしばらく戻ってこないのか?」

細心の注意を払って家の中を物色する。

「先週、この家を調べた。この時間、夫婦は一緒に外出して1時間ほど戻ってこない。時間は十分にあるさ」

私の質問に、ニコは自信満々に答えた。

彼の視線は、バッグに詰めることのできる価値のある物を探している。

深呼吸をして、この行動が必要だと⾃分に⾔い聞かせた。

誰かから物を盗むことは、たとえ彼らが⾦持ちであったとしても許されることではない。

しかし、私は孤児院の校⻑と政府の⼈々との間の会話を⽿にしてしまったのだ。

どうやらお⾦が⾜りなかったため、孤児院が危機に瀕しているようだと

「これで⼗分でしょう」

持ってきたバッグの中を⾒て、ニコはうなずいた。

「けれど、これでどうやってお金を稼ぐつもり?ウィルベック校長にこの宝石を渡すことはできない」

「心配するな、グレイ。私は宝石を現金に変えてくれる男を見つけた」

「その男は、12歳の子供二人と取引してくれるのか?」

「彼は質問をしないし、私も質問をしない。安心しろって」

ニコは肩をすくめて、外に出た。

街の奥に向かって戻るルートをたどり、ひびの⼊った歩道を歩いている⼈々の群衆に溶け込む。

頭を低く保ち、ペースを速くして、私たちは左に曲がって路地に⼊った。

「ここだ」

ニコは色褪せた赤いドアの前で4回ノックする。

数秒後、すり切れたスーツを着た⽼⼈が⾚いドアの向こう側から出てきた。

「ああ、この前の坊主か。今度は友達を連れて来たのだな」

ニコは一度咳払いをして、老人に話しかける。

「私はあなたが興味を持っているかもしれないいくつかのアイテムを持ってきました」

老人は眉をひそめて、⾨の鍵を外し、バッグの中身を確認した。

「・・・悪くないな。お⺟さんからこれを盗んだのかな?」

「質問はしない。そう言ったのを覚えていないのですか?」

ニコはバッグの紐を閉じる。

「さあ、中に⼊って価格について話し合うことができますか?」

老人はもう⼀度周りを⾒回した後、私たちを⼊れてくれた。

店の中に到着すると、厚い煙の層が私たちを迎える。

部屋の反対側から、2⼈の男性が煙の雲を吹き出し、それぞれが指の間にタバコを持っていた。

「さあ、⼦供たち。取引を始めようか:

老人が頬を掻きながら話し出す。

取引はニコに任せることにして、私は様々な本が並んでいる棚を調べた。

数分後、ぼろぼろの薄い本に視線が落ちる。

いくつかの⾔葉から、それは気に関するかなり古い取扱説明書のようなもの。

私の最初の本能はそれを元に戻すこと。

孤児院には、気のに関する本がはるかに良い状態で置いてあるのだから。

しかし、ページをめくると、私の指は⾃然に動き出す。

その中には、さまざまなポーズの⼈物の写真や図があり、図の周りに⽮印やその他の線がある。

この本が欲しくて価格を尋ねたくなる気持ちを抑えた。

この本は私たちが家を救うためにお⾦が必要だったときには贅沢品なのだから。

幸いなことに、ニコは取引を終えたばかりで私に近づく。

「何か⾯⽩いものを⾒つけましたか?」

彼は私の⼿にある本を⾒ながら尋ねた。

「何でもない」

すぐに薄くてカバーのない本を棚に戻す。

「欲しいのなら持っていけ」

店のオーナーらしき人物がそう話した。

「誰もそれを読む⽅法を知らない。そして、その本はただここに埃を集めているだけだ」

「本当に?」

彼がうなずいたとき、私はすぐにその本をバッグに⼊れる。

ニコと私が⼊った裏⼝から店を出ると、友⼈がしわくちゃの現⾦の札束を⾒せてくれた。

「な?上手くいっただろ」

彼は満面の笑顔を浮かべていた。

あの家に住んでいた夫婦には申し訳ないが、それでも私は安堵する。

孤児院に戻る途中、ほっとため息をついた。

犯罪現場から離れるほど、気分が良くなっていく。

 



 

「ニコ、どうしてこっちに?」

孤児院に向かうルートから外れていることに気づき、ニコに尋ねる。

彼は私の肩を軽く叩いて、耳元で囁いた。

「私たちは尾行されている」

店を出てすぐに、2つの視線を背中に感じていたが、案の定気のせいではなかったようだ。

二つの視線は、おそらく店内でタバコを吸っていた二人組。

「こっちだ」

ニコが静かに指示を出す。

街の郊外に着くと、右に曲がって路地に⼊り、ゴミ箱の上を⾶び跳ねて、鍵のかかった柵の向こう側にたどり着いた。

すぐに、ネズミの糞と腐った卵が混ざったような臭いがする古い路地を駆け下りる。

⼤きなゴミの⼭の後ろに隠れて、私たちは待機した。

すぐに、2組の⾜⾳が聞こえ、近づくにつれて⼤きくなる。

「⼩さなネズミが私たちの生活を楽にしてくれそうだ」

「彼らに相応しい墓だな」

二人組の声が聞こえて、ニコが舌打ちをする。

私は周囲を見回して何か武器になるものを探していた。

突然、私たちが隠れていたゴミの⼭の向こう側から、男が⾶び出し、私たちに巨⼤な影を落とす。

「見つけたぞ!」

男は不吉な笑みを浮かべて叫んだ。

「⾛れ!」

私はニコに向かって叫び、友達を前に押し出した。

狭い路地を勢いよく下りて、男の手を掻い潜る。

しかし、もう一人の仲間がニコを地面に叩きつけ、彼からバッグを奪おうとしていた。

「こっちだ、豚!」

挑発が彼を振り向かせることを期待して、私は咆哮する。

「何だと?」

凶悪犯は唸り、振り返って私に向かってきた。

どんなに絶望的に⾒えたとしても、この状況から抜け出すための可能な⽅法を考える。

私の⽬は、地⾯から約3メートル離れた近くの建物の壁のレンガの中に突き刺さった緩い釘の光景を発見した。

息を切らしてもう⼀度罵倒し、後ろを振り返ることさえせずに私はジャンプする。

その瞬間、周りのすべてが沈黙した。

まるで他のすべてのノイズが調整されたかのように、私の⼼臓が不規則に⿎動するのを聞くことができたので、私の周りの世界は遅くなる。

下のレンガの1つにある深い⻲裂を利⽤して、錆びた釘に到達するためにジャンプした。

釘をこじ開けながら、私は⾜で壁を押しのけて、⼤きな凶悪犯に向かって加速する。

男の表情が驚きへとゆっくりと変化するのが⾒えた。

彼の右肩の痙攣を⾒るだけで、彼の右腕が私の攻撃を妨害しようとしているのがはっきりと分かる。

空いている手を使って彼の右腕を跳ね返し、⼿に持っていた釘を男の⽬に直接突き刺した。

甲⾼い遠吠えで、世界は正常に戻る。

「逃げるぞ」

私は、⽬を⼤きく⾒開いたニコを促した。

息を切らして体の⽑⽳から汗をかき、街のすぐ外にある地元のコンビニエンスストアの後ろで倒れる。

「グレイ!あなたの体は、決闘で戦っている王たちのように⾶び回っていた!」

「⾃分が何をしたのか分かりません。すべてが本当にゆっくり動いていた」

興奮するニコを落ち着かせて、私たちは孤児院に戻った。

私たちは⼣⾷の少し前に孤児院として機能していた古い2階建ての家に到着する。

不審に思われることのない時間だ。

明かりのない廊下を歩き、部屋に着く直前で、孤児院の校⻑のはっきりとした声が聞こえてきた。

「グレイ、ニコ。ちょっとここに来てもらえますか?」

彼⼥は静かで恐ろしく厳しい声で⾔った。

「もしかしてバレた?」

「通常は不可能だと思いますが、私たちが話しているのは校⻑です」

ニコのいつもの⾃信に満ちた態度は、今では恐怖に影を落としている。

私たちは明るく照らされたリビングに到着した。

ソファに完璧な姿勢で座っていたのは、私たちの校⻑であり、すべての⼦供たちがソーサレスと呼んでいた年配の⼥性。

彼⼥のすぐ隣には、肩から落ちたい茶⾊の髪とクリーミーな顔⾊の同年代の⼥の⼦がいた。

彼⼥は私たちが獲得したばかりのお⾦でさえ購⼊できない豪華な⾚いドレスを着ている。

校長は馴染みのない少⼥の⼩さな⼿をそっと掴み、二人は私たちに向かって歩いてきた。

女の子の瞳には感情が映っていないように見える。

「グレイ。ニコ」

校⻑は茶髪の少⼥をそっと撫でた。

「彼女はセシリアよ。あなたたち3⼈は同い年なので、友達になってほしいわ」

 



 

瞬きしたように⽬が開いたが、何⽇も眠っていたような気がする。

ベッドに腰を下ろすと、肩に重くのしかかる感情が混ざり合っていた。

「なぜこの記憶が久しぶりに戻ってきたのだろうか?」

ニコとセシリアのことを考えて、私の内⾯は罪悪感に捻られた。

「⼤丈夫?」

シルビーは、私のベッドのふもとで尋ねてきた。

「ええ、私は元気です」

嘘をつき、あごを通り過ぎた⻑くて散らかった髪に指を⾛らせる。

夢はとても明確で正確だったので、私は前世に戻ったように感じていた。

そして、誰かが私の部屋のドアをノックする。

「入って」

相手は両親か妹のどちらかだと思ったが、斥候が使⽤する薄い⾰の鎧の下に⿊い服を着た、20代後半のように⾒える男性が入ってきた。

彼はメッセージを伝える前に、敬意を表するお辞儀をする。

「アラクリアンのメッセンジャーの待ち合わせ場所が決定しました。ヴィリオン司令官は、アルディール卿と⼀緒にメッセンジャーと会う準備をするようにあなたに知らせるように私に頼みました」

「分かりました。10分で外出します」

「準備を⼿伝うためにメイドを送りましょうか?」

「必要ありません」

「かしこまりました」

男が部屋を出た後、すぐに体を洗い流し、頭頂部で髪を縛り、前髪を額のすぐそばに落とす。

髪の⽑を綺麗に結び、体を⾦でトリミングした⽩いチュニックに⾝を包むと、私は⾮常に威勢のいい貴族のように⾒えた。

「戦争で戦おうとしている⼈にとっては、かなり派⼿な外⾒だな」

私がシルビーと⼀緒にアルディールに近づいたとき、ヴィリオンがそう指摘する。

ヴィリオンはシンシア学長の死を悼んでいたため、シンプルな⿊いローブを着ていた。

あの⽇からほんの数⽇しか経っていないが、その間にヴィリオンは一世紀も過ごしたかのような表情を浮かべている。

シンシアの胸から突き出た特徴的な⿊い⾦属の槍によって、暗殺がヴリトラ⼀族の⼒を持っていた⼈によって⾏われたことは明らかだった。

戦争でのアスラの合意を危うくするので、実際の⽒族のメンバーが攻撃を⾏った可能性は低いが、それは彼らの⼦孫の⼀⼈がそれを⾏うことができなかったという意味ではない。

唯⼀の質問は、彼らがそれをどのようにしたかということ。

「メッセンジャーに会う準備はできていますか?」

ヴィリオンの質問にうなずく。

「あなたはメッセンジャーを殺すつもりはありませんよね?」

私の質問に、ヴィリオンはかすかな笑顔を⾒せて⾸を横に振った。

そして、アルディールがテレポーテーションゲートの前に⾜を踏み⼊れた。

「よし、それなら出発しよう」

 



 

前半部分はグレイ王の時代の少年時代の話でしたね。

新たな人物のニコとセシリア。

彼らの話も気になるところです。

そして、やはりシンシアは亡くなってしまったのですね・・・。

犯行は明らかにヴリトラ一族が関わっているでしょうが、メッセンジャーとの話し合いで冷静でいられるのか心配ですね。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【177話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は177話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...