最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【177話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は177話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

177話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【176話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は176話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アラクリアンのメッセンジャー

忘れていた思い出の光景が瞬く間に頭の中で点滅し、メッセンジャーと出会う指定の場所に向かう準備をする。

「⼤丈夫ですか、アーサー?」

シルビーの⼼配が私の⼼に触れた。

「大丈夫だよ、シルブ。あなたが今私の名前で私を呼んでいるという事実を除いて」

「おじいちゃんは、私がドラゴンの尊厳を守ることが重要だと⾔いましたから」

エティスチンの南12マイル以上にあるスロアと呼ばれる⼩さな漁村の近くに到着する。

「まあ、あなたが私を「パパ」と呼んでいたときのような可愛い外見ではなくなったからね」

ニッコリ笑って答える。

「⼼配しないでください。私はまだあなたを私のパパとして⾒ていますから!」

歩いている間、彼⼥は慰めてくれるかのように、私の⾜に擦り寄ってくれる。

「私はまだ護衛なしでこの会議を⾏うことについて正しいとは感じていません」

ヴィリオンが慎重に口を開く。

「このメッセンジャーが私たちに対して⾏動する⼤胆さを持っているなら、私は介⼊するすべての権利を持っています」

アルディールはそう保証した。

「ヴリトラ側がすべてを計画してきた⽅法で、アスラの半⾎を繁殖させ、⼤陸のマナビースト、そして今では船を作成して、ミュータントを作成しました。アグロナがこれをどれだけ計画していたか想像できません。そして、私はこの戦争が彼にとっていくつかの情熱的な努⼒というよりもゲームであるという感覚を揺るがすことはできません」

「アグロナのことを簡単に予測できたとしたら、彼はここまで到達できなかっただろう」

ヴィリオンの意見に、アルディールはしぶしぶ認めた。

「彼は、この世界に住む他のすべてのアスラと同様に、この戦争に直接参加することを禁じられているので、少なくとも彼の側では、チェスの駒を動かす全能の⼿になっているでしょう 」

二人の会話に介⼊する。

「ここが待ち合わせ場所ですか?」

「もちろん違います」

ヴィリオンはため息をつき、⻑い⽩い髪を縛った。

「ここは、私たちが実際の⽬的地に移動する前に私たちを連れて⾏くことができる最も遠い場所です」

アルディールが明⾔する。

「私たちの⽬的地は海の真ん中にあります」

「じゃあ、先導してください」

私は⾝振りで⽰した。

⽩⾊のオーラが彼とヴィリオンの両⽅を覆い、アルディールの⾜がゆっくりと地⾯から⽴ち上がる。

⼆⼈が雲の上に急上昇したとき、シルビーは突然崖の端に向かって⾛り出した。

「飛んで!」

シルビーの言葉に、何も考えずに、私は⾃分の絆に従う。

体が下降し始めたちょうどその時、シルビーの巨⼤な姿が下に現れ、彼⼥の翼が私を空中からすくい上げた。

雲の中を疾⾛しながら、私は彼⼥の⻑くて⿊い⾸の付け根を軽く叩く。

「シルビー、太りましたか?」

私は冗談を⾔って、私たちの前にいるアルディールとヴィリオンの2⼈の⼩さな⼈物を⾒つけた。

「そのジョークは古くなってきています」

シルビーが不平を⾔う。

シルビーが雲の頂上をサーフィンしている間、アルディールの数⼗メートル後ろに留まっていた。

空のはるか上空で聞こえた唯⼀の⾳は、周りの鋭い空気の笛。

周りの⻘と⽩の光景をぼんやりと⾒つめていると、訓練を終えた直後に⼼がエフェオトゥスに戻る。

 



 

ディカゼンに戻る前に、アスラの無愛想な王は私に会いたがっていた。

それは私がインドラス卿と出会った2回⽬の出会いであり、マイアが誰であるかを知った瞬間でもある。

私を癒し、レルムハートを使って呪⽂の読み⽅を教えてくれた年配のアスラは、⽯の顔をしたインドラス卿のすぐ隣に座っていた。

⼝を半開きにして無⾔で⽴っていたとき、インドラス卿は簡単な紹介で「私の妻、マイアを覚えていると確信しています」と私を⼿招きする。

⾔うまでもなく、それで会議が終わったわけではない。

彼は私の成長をほとんど認めなかったが、もし私がマイアの助けを借りて学ばなかったら、私は失われた⼤義だっただろうと彼は付け加えた。

去る前に、インドラス卿は私に⼀つのアドバイスを残してくれた。

奇妙なことに、彼はエーテル能⼒を活性化し、私たち2⼈を除いて、出席しているすべての⼈(妻も含む)の時間を凍結する。

そして、彼は私に不可解なメッセージを残した。

『エルフの王⼥に⼼を閉ざすのが最も賢明です』

インドラス卿が告げたのはそれだけ。

 



 

「もうすぐ到着します」

シルビーの言葉で、私の心は現在に戻った。

アルディールとヴィリオンは雲の上で⽴ち⽌まり、私たちが追いつくのを待っている。

「私はあなたにこれを⾔う必要はないと確信していますが、ヴリトラ側が実際にどれだけ知っているかは誰にも分からないので、この会議の間、あなたの本当の⼒を隠しておくのが賢明でしょう」

「じゃあ、シルビーは?」

「シルビー夫人もミニチュアに戻った方がいい」

「私は今のところは⾝を低くしますが、戦争中に隠れたままになるつもりはありません」

シルビーがキツネの姿に変化したとき、彼女はそう宣言した。

私が⾃由落下を始めて間もなく、アルディールはシルビーと私をオーラで包んだ。

終わりのない⽔の広がりの驚異的な眺めにもかかわらず、私の視線はすぐに右側の海を横切って散らばっている暗い斑点に焦点を合わせていた。

約数10マイル北に、サピンの⾸都であるエティスティン市の近くの海岸に向かっているアラクリアン船の艦隊。

海の上に浮かんでいたのは、⼩さな家ほどの⼤きさの真っ暗な広場。

遠くから⽴っていた広場に溶け込んだ2つの⼩さな⼈物。

突然、震えが私の背⾻を駆け下りた。

体の⽑はすべて逆⽴ち、広場に近づくほど⼼臓の⿎動が速くなる。

(彼らは普通のメッセンジャーではない)

広場の上に到着すると、シルビーを後ろに乗せた3⼈が中央に向かって歩き、2⼈のメッセンジャーと思われる人物と相対する。

淡い灰⾊の肌の⾊と印象的な⾚い⽬。

「私たちの謙虚な住居へようこそ」

背の⾼い⽅が嘲笑した。

ヴィリオンは⽬を細める。

「私たちはメッセンジャーと会うことを想定していましたが?」

「現時点では私たちは単なるメッセンジャーです!」

男の仲間が黙っている間、彼は誇張された笑顔で答えた。

2つのヴリトラを別々に調べる。

左側の人物は、私より少し背が⾼く、槊杖を⽴てた姿勢で⽴っていた。

彼の厳しい表情には不思議な魅⼒がある。

きちんと切り取られた灰の⿊い髪の頭と、豪華な紫⾊のマントの下にぴったりとフィットする⿊い鎧を備えたヴリトラは、⽿のすぐ上に突き出た⾓のペアがなければ、すべての女性が惹かれるでしょう。

もう1⼈のヴリトラは2メートルをはるかに超えて⽴っている。

このヴリトラは鎧を着ていない。

代わりに、彼の体は、肩に腰掛けたぼろぼろの⿊いマントの下にある厚く暗い包帯で完全に包まれていた。

ボロボロのフードの下から乱雑な前髪がのぞき、独特の表情を際⽴たせている。

ヴリトラと対⾯するのはこれが初めてだったので、⼦供の頃に洞窟でシルビアを攻撃したヴリトラと⽐べて、紫⾊のマントを着たヴリトラの⾓がどれほど⼩さいかを⾒て驚いた。

しかし、この2⼈のメッセンジャーが意図的にオーラを隠しているのか、私よりもはるかに強いという意味であるというレベルを私が感じることができなかったという事実。

「私はシリットです。彼はウトー。アルディール、お会いできて光栄です。私たち家臣は、エフェオトゥスの有名なアスラについて多くのことを聞いています」

それまで黙っていた男が口を開く。

ヴィリオンと私が存在しなかったかのように、シリットの視線はアルディールの視線に固定されている。

それよりも、彼が家臣と話したことに驚かざるを得なかった。

つまり、彼はこの戦争で実際に戦うことを許された主要⼈物の1⼈。

ひょろっとしたヴリトラは私に向かって⼀歩踏み出し、冷笑を浮かべる。

「アルディール卿とエルフがここにいる理由は分かりますが、アーサー・レイウィンがいるとは思っていませんでした」

ヴリトラが私のことをどのように聞いているか分からないが、私は表情を変えずにキープする。

ウトーの⾚い⽬が私をじっと⾒つめ、恐怖や怒りの兆候を探していた。

代わりに、私は彼の挑発に答える。

「戦場であなたを⾒つけるのが待ちきれません」

「なぜ待つ必要が?私は⼦供の⾁をスライスするのが⼀番好きです」

「ウトー!そこまでだ」

シリットが彼を叱責する。

「どうして?」

ウトーは無邪気に肩をすくめた。

「ここの⽚⽬はとにかく私たちに触れることはできません」

「私も不潔なヴリトラに触れたくありません」

アルディールは無関⼼に答え、彼は薄っぺらなヴリトラの⽬を覗き込む。

「私たちは軽薄さを交換するためにここに来ていないので、あなたのメッセージを続けて、私の視界から消えてください」

ウトーの眉のわずかな痙攣によって、アルディールを挑発しようとした彼の試みが裏⽬に出たことが分かった。

しかし、意地悪なヴリトラが反応する前に、シリットはウトーの前に腕を伸ばして彼を⽌める。

「陛下が私にディカゼンの指導者に届けるように命じたメッセージは、単にこれです。⽀配する家族を降伏させ、それに値する⼈々に慈悲が与えられます。抵抗を続けると、私たちの軍隊は裁量なしにこれについてすべての⼈を根絶するでしょう」

シリットの視線は未だにアルディールに固定されていた。

「それがメッセージだと?」

ヴィリオンが激昂する。

「これは⼀⽅的な最後通告です!」

ウトーは、ヴィリオンと同じ⾼さになるように頭を下げて、⽣意気な冷笑を明らかにした。

「あなたにも選択肢があることに感謝してください。⼼配しないでください。あなたが最初の選択肢を決めるなら、私はあなたの頭を切り落とすときに⾮常に穏やかになることを約束します」

「私たちは戦いを扇動するためにここに送られたのではありません、ウトー」

「これは私の意図ではなく、次の戦いへの友好的な警告です。じっくりと楽しんでいきましょう。そう言えば、あなたには可愛い孫娘がいましたよね?彼女からにしましょうか?」

アルディールの警告を無視して、私は前に出て、次元の指輪から剣を引く準備をしたが、その瞬間、ヴィリオンが先に動く。

あっという間に彼の拳がウトーの顎に触れる。

ヴィリオンはすでに第⼆段階、彼の全⾝と頭を覆う⿊い覆いを活性化していたが、私はまだ彼の⽬の怒りを理解することができた。

ウトーの頭は⼀撃で跳ね返り、頭を覆っていたフードを吹き⾶ばす。

「ちょっとくすぐったいな」

ひょろっとしたヴリトラは唸り声を上げる。

ウトーの⿐は変な⾓度で突き出ていたが、私の⽬は彼の⾓に固定されていた。

私を驚かせたのは、彼の⾓の形や⼤きさではない。

彼の左角にある小さな傷。

シックスランス、アレア・トリスキャンが命を懸けて作った傷だった。

 



 

インドラス卿の言葉が不穏です・・・。

マイアの正体は、インドラス卿の妻だったのですね。

ということは、シルビーのおばあちゃんでもあります。

そして、ついに現れたヴリトラ。

アーサーの実力もまだ明らかになっていませんが、彼らとの力量差はどれくらいなのでしょうか?

アレア・トリスキャンを殺した男も登場しましたので、早く倒してほしいですね!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【178話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は178話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...