最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【178話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は178話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...

 




 

178話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【177話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は177話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 再会の日を願って

ウトーの左⾓の傷をじっと⾒つめていると、アレアの⾎まみれの死体、⼿⾜が残酷に切断され、マナコアが破壊されたという忘れられない光景が頭に浮かぶ。

ウトーに向かって進むにつれて、私がヴリトラ氏族を殺すことを妨げていた抑制心が消えていく。

「あなただったのですか?」

悪意を持つ声が自然と滴り落ちる。

シルビーの⼼配する声が頭に染み込んだが、無駄だった。

⼀歩前進するたびに、この会議中に私が中⽴を保つことを妨げていた⾃制⼼は薄れていた。

マナは嵐のように体から⾶び出し、ヴリトラ氏族に衝撃を与える。

「あなたがアレアを殺した人物なのですか」

「なんだ、⼦⽝?」

「死ぬ前に女性の⼿⾜をすべて切り落とした人物・・・」

私ははっきりと声を凍らせる。

「それはあなたでしたか?」

「ああ・・・」

ヴリトラは声を上げ、唇を上向きに丸めた。

彼の声の調⼦だけで、私はすでに答えを知る。

ヴィリオンを罵倒し、孫娘を燃料として使⽤することは1つの手段だと考えていたが、目の前の男がアレアの恐ろしい拷問と死の責任者であったという事実。

ウトーは死ななければならなかった。

「あの可愛いエルフの事ですか?もしそれが私だったとしたら、小僧?」

彼はにっこり笑った。

⼝を開けて反応したが、アルディールは私の衝動に反応する機会を与えず、厳しい視線で私の前に現れる。

「やめなさい、アーサー。彼にあなたを挑発させないでください」

深呼吸をする。

もちろん、ウトーがわざと私たちを挑発していることは知っていた。

苦味を⼝に飲み込んで、彼を無視する。

「決断するまでに、あなた方には2⽇が与えられます」

シリットは冷淡に答えた。

「それまでにディカゼンの3つの王族の合意が提供されなかった場合、私たちはそれをあなたの答えと⾒なします」

ヴィリオンとアルディールと⼀緒に出発するために振り返ると、ウトーの声が後ろから聞こえた。

「あなたは彼⼥の悲鳴を聞くべきだったな」

彼は冷ややかに笑う。

「彼女はまだ生きていますか?私が彼⼥の悲鳴を上げ続けることができるように、彼⼥を⽣かしておいてください。特別に、あなたにも彼女の声を聞かせてあげましょうか?」

広場の端に向かって⾜を踏み⼊れ、頭をドキドキさせながら、⾎が速く流れるのを感じる。

アルディールは彼のオーラで私を持ち上げる準備をしているときに私の視線を捕らえたが、私は彼を⽌めた。

氷、稲妻、⾵属性のマナを⼿のひらに染み込ませ、腕を上げてウトーに向かって発射する。

融合した要素の細い半透明のビームが二人のヴリトラの間の狭い隙間を突き抜け、その経路にパチパチと⾳を⽴てる強⾵を作り出した。

光線が彼らを通り過ぎて⽔に⼊ると、海が分裂する。

電気の流れが氷を砕いて輝くガラスの破⽚にする前に、波は瞬時に凍りつく。

氷の破⽚のシャワーが降り注ぐ中、シリットの冷たい顔でさえ驚きを⾒せながら、ウトーの表情はゆっくりとショックの表情に崩れ落ちるのを⾒ることができた。

「私たちが戦争を続けることを決⼼するかどうかにかかわらず、私はあなたに再び会いたいです、ウトー」

アルディールがヴィリオン、シルビー、そして私を空中に持ち上げたとき、私は振り返る衝動を抑える。

 



 

⼼配と欲求不満に満ちたヴィリオンの表情から察するに、彼はヴリトラの⾔葉について考えていたことが分かった。

「おじいちゃん、あなたは彼らの申し出を本気で考えていませんよね?」

雲の上に登ったときに聞いてみる。

「いいえ、しかし彼らの⾔葉に忠実であるならば、どれだけの罪のない命が救われるか想像してください」

その言葉に嘲笑せずにはいられなかった。

「あなたとあなたの家族の命を犠牲にするのであれば、それは過大でしょう」

「アーサー・レイウィン」

アルディールが口を開く。

「ヴリトラ氏族の⽀配下で世界がどうなるかはご存知でしょう。アグロナが彼の⾎と混⾎した⼈種で2つの⼤陸を埋めることができれば、エフェオトゥスでさえ安全ではありません」

「私も分かっているさ」

ヴィリオンはため息をついた。

「みんなに⾔うつもりですか?」

「信頼は気まぐれな蛇です。苦労して得たが、簡単に失うもの。私が彼らの⼈⽣をギャンブルのトークンとして使⽤していることに気付いた後、彼らが私を信頼すると思いますか?」

「それはそうですが・・・」

それでもその考えには消極的だった。

しかし、私はヴィリオンの決定に疑問を呈するつもりはない。

指導者としては、彼は私よりもはるかに多くの経験を持っているのだから。

別の視点を提供することもできたが、最終的には、アルディールと同様に彼の選択を信頼することに。

⻄海岸に戻ったとき、ヴィリオンは伝達アーティファクトで計画を調整した。

そして、ランス、3つの種族の王族、その他の影響⼒のある貴族が集まることに。

部屋を出る前に、ヴィリオンが私の背中を軽く叩く。

「少し休んでください、アーサー。アルディール卿と私が残りを処理します」

⽩髪のエルフは疲れた笑顔でそう言った。

「私も手伝います。明⽇発表するのなら、計画しなければならないことがたくさ
んありますよね?」

「いいえ、あなたには別に心配することがあるはずです」

ヴィリオンは私の提案を拒否した。

「あなたの家族は今ここにいて、あなたを待っています。戦争が始まった後、あなたがあなたの愛する⼈と過ごすことができる時間の量は制限されるのではないかと⼼配しているのです」

「ヴィリオンの言葉に⽿を傾けろ」

アルディールも同意した。

「この時間を使って⼼と⼼を整えましょう」

旅で疲れていたのは本当なので、私はこれ以上抗議しなかった。

 



 

城の住居は私が今向かった上層階に存在する。

これまで、戦いはグランドマウンテンを越えて孤⽴し、⽂明に到達することはなかった。

⺠間⼈の死傷者はなく、軍⼈の死傷者だけ。

しかし、船が⻄の国境に着陸すれば、すべて変わり、無知な⺠間⼈も巻き込まれるでしょう。

私は、⾮貴族がヴィリオンの発表をどのように受け⽌めるのかを恐れていた。

彼らはしぶしぶ受け⼊れるだろうが、最悪の場合、抗議が起こり、ディカゼンの兵⼠が守ろうとしていた市⺠は、アラクリアン軍が協⼒すれば彼らを⽣きさせてくれるという盲⽬的な希望のために私たちを裏切るだろう。

廊下は、数フィートごとにドアのある狭い廊下に分岐する。

「どうやって私たちの両親を⾒つけましょうか?」

知っている誰かに出くわすことを期待して、ランダムな廊下に向かって右に曲がって尋ねた。

⾒慣れた光景が⽬に留まるまでさらに下に進む。

広いアーチ道は城の外のパティオガーデンに通じていた。

周囲の透明な障壁に薄暗く、美しい⼣⽇の広⼤なオレンジ⾊の空がそのエリアを照らしている。

⼿⼊れの⾏き届いた芝⽣で遊んでいたのは⼦供たちのグループで、友達とスパーリングをしたり、単にお互いを追いかけ合ったりしていた。

私が⽴ち⽌まったのは、そびえ⽴つヒグマが⼦供たちの中で遊んでいる光景を見たから。

彼⼥の絆のすぐ横に不快な表情のエレナーを⾒つけ、彼⼥は同年代のブロンドの髪の少年と話していた。

彼は私の⼤切な妹とイチャイチャしようとしていたようだ。

エレナーの絆が⾦髪の少年を拾い上げて投げ捨てたとき、私は彼に対して右⼿の親指を上げ
る。

ブーは、まだ私の妹の隣に座ったまま、⽑⽪のような親指を⽴てて応答した。

結局、ブーは私の妹にとってそれほど悪い仲間ではないと感じたのはその瞬間。

「シルビー?」

エレナーは、⼩さな⽩いキツネが⾃分に向かって⾛り回っているのに気づいた。

そして彼⼥が私を⾒たとき、彼⼥の顔は明るくなる。

「お兄ちゃん?」

妹に向かって歩いていると、みんなの⽬が集中しているのが感じられた。

エレナーはシルビーをすくい上げ、しっかりと抱きしめてから、私の方を振り返る。

「お兄ちゃん、もう戻ってきたの?」

「うん」

私は⾒物⼈をちらっと⾒ながら微笑んだ。

頭を下げて、妹の⽿に囁く。

「なぜ彼ら全員が私を⾒つめているのですか?」

「アーサー・レイウィンが誰であるかを知らない貴族はディカゼンにはいないわ」

彼⼥は笑った。

後ろ⾜で座ったままのブーに⽬を向けると、⼿を挙げた。

「お会いできて嬉しいです、ブー!」

巨⼤なマナビーストは低いうなり声で反応し、⼤きな⾜で私の⼿を受け取る。

「2⼈はいつそんなに仲良くなったの」

エレナーは驚いていた。

「共通の⽬的を持つ男性はすぐに絆を結ぶ傾向があります」

私たち⼆⼈はもう⼀度お互いにうなずく。

「どういうこと?」

「いいえ、気にしないでください。それは重要ではありませんから」

「私もお兄ちゃんに話したいことがあったわ」

エレナーは私をパティオから引き戻し、他の⼦供たちや両親から遠ざけた。

彼⼥の⽬は神経質に左右に動く。

「それはお⺟さんとお⽗さんについてです」

彼⼥は厳粛に⾔い続けた。

「二人は戦争に参加することを決めました」

 



 

ウトーは必ずアーサーの手で倒して欲しいです!

アーサーの力の一部を見ることが出来ましたが、ヴリトラの二人の反応を見るに、アーサーの力は予想以上だったようですね♪

早くアーサーの活躍が見たいです。

そして両親の戦争への参加。

レイノルズはまだ分かりますが、アリスは大丈夫なのでしょうか?

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...