最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【188話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は188話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

188話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【187話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は187話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 前世の記憶②

私はその場しのぎの練習⽤の剣を持ち上げた。

これは、重さのためにタオルで包まれた粗く彫られた木片。

下に振るたびに回数を数えていると、柔らかな声が聞こえてくる。

「グレイ、朝食の時間です」

肩越しに⾒ると、ドアのそばで、新しいタオルを綺麗に折りたたんでいるセシリアを⾒つけた。

「ああ、ありがとう!」

私が彼女に向かうと、セシリアは私にタオルを⼿渡してくれた。

「私はまだテーブルをセットアップするのを⼿伝わなければなりません」

そう言って、セシリアは薄暗い廊下を戻っていく。

気の爆発から彼⼥を救おうとして死にそうになったほぼ1年前の事件を思い出す。

よそよそしい話し⽅にもかかわらず、孤児院の全員に対する彼⼥の態度は間違いなく改善されていた。

体を拭いていると、廊下の奥からニコが近づいてくる。

「セシリアはあなたのことを好きだと思うよ。彼⼥はあなたにタオルとすべてを与えるのだから」

「まあ、私は彼⼥の命を救ったからね」

私はからかって、ここ数ヶ⽉で成⻑しなくなったニコの肩に腕を回す。

ニコが孤児院の氷の⼥王であるセシリアへの感情を育み始めたことが最近ますます明らかになっていた。

少年たちにセシリアが⼈気だったことは周知の事実だが、勇気を出して⾏動を起こした⼈は皆拒絶されている。

ニコは、プライドと低い⾃尊⼼の特許ブレンドで、セシリアへの興味を明らかにすることなく自分を意識させる方法を模索していたのだ。

「私は学校に⾏くかどうか分かりません」

「え?なぜ?私はあなたが冗談を言うだけの知性を持っていることは知っています」

「冗談じゃないよ」

私は苦笑いを浮かべた。

「教育費は⾼価であり、ウィルベック校長はすでに数⼈の⼦供でさえ学校に送るのに苦労していますから」

「では、何をするつもりですか?」

ニコはさっきまでと違い、真剣な表情で私に尋ねてくる。

「まだ分かりませんが、⼗分な年齢になったら孤児院のスタッフとして⼿伝っているかもしれません」

「冗談だろ?私たちはウィルベック校長に多くの借⾦があることを知っています。あなたは彼⼥に返済したいと思っていますが、それをするためにここにいるのは短気だと思う。あな たの才能があれば、適切な教育を受ければ、もっとたくさんのことができるようになります!」

「研究所も考えているけれど___」

「それは教育じゃない」

私の提案にニコが割り込む。

「あの機関は、王の潜在的な候補者を⾒つけるように設計されています。私はそれらの場所についていくつかの記事を読みました。そこでの学⽣が死に近いところまでどのように働いているかを。候補者に相応しくない場合、どのように追い出されるのかを」

「校長の言葉のように聞こえるよ」

「何かをする動機がないからです。グレイ、確かに、あなたはトレーニングが好きですが、それを超える⽬標がありません。学校ならば、教育機関のように制限や偏⾒なしに、この世界について学びながら、⾃分がやりたいことを⾒つけることができる場所だ」

「結局、お金が問題だけどね。私たちが学校に⾏きたいのなら、来年までに⾏かなければな らないでしょう」

私の指摘によってニコの表情が和らぐ。

「幸運なことに、あなたには実際に将来を考え、計画している友⼈がいます。私は学校に⾏くための⼩さな「使命」で⼗分なお⾦を節約することができました。もちろん、少なくとも部分的な奨学⾦を受け取ることを前提にしていますが」

「待って、あなたは孤児院にお⾦を与えていないのですか?」

「渡しているさ」

ニコは無邪気な表情を浮かべる。

「全部じゃないけど」

呻き声をあげて、私は⾸を横に振った。

「私は知っているべきだった」

「適切な教育を受けた後なら、校⻑とここの⼦供たちを適切に⽀援することができます。そうすれば孤児院にとってより良いものになることを保証します」

友達が私の背中を軽く叩く。

「グレイ、⾷べ物が冷える前にダイニングに⾏きましょう」

「ニコ、セシリアを私たちと⼀緒に学校に連れて⾏くのに⼗分なお⾦を節約してみませんか?」

廊下でニコを追いかけたと き、私は最後にもう⼀度からかった。

「うるさい!私は彼女に興味がないと言ったはずだ!」

 



 

side アーサー・レイウィン

朝⽇が差し込むと⽬を開けた。

頭蓋⾻の痛みがリズミカルに脈動する。

ボトルではないにしても、夜の残りの時間に飲んだアルコールのグラスを常に思い出させてくれた。

突然、外の世界から私を守っている唯⼀のものであるマントが私から引き裂かれる。

「朝です、将軍」

ヴァネシーの馴染みのある声が上から鳴り響く。

元教授の声の明るい⾳⾊は、普段は⽿に優しいものだったが、アルコールの⼒によって、彼⼥の声は鋭く⽿障りに変化した。

「あなたの上司として、私はあなたに⽑布を⼿放して私を眠らせるように命じます」

「できません。あなたは朝までアディール団長との会合を延期することを決めた⼈ですから」

彼⼥はそう⾔って、 私の不本意な体を引き上げる。

「冷たい⽔を顔にかけ、テントで会いましょう。それと、私とアディール団長に会う前にこれを読んでください」

ヴァネシーは、去る前に切り取られた紙を私に⼿渡した。

「昨夜は何もできなかった」

シルビーの声が頭の中で脳を蹴るような⾳を⽴てる。

「やめて、シルブ。頭が割れそうだ。とにかく・・・、何が起こったのですか?」

「酔っ払った死体をここに引きずり込んで、⾃分の⽴場をみんなに告げる前に眠らせました」

彼⼥は数⽇聞いたことのないまろやかな声で囁いた。

「昨夜はどうでしたか?異常なことは何もありませんでしたか?」

主題を変えようとして尋ねる。

「静かでした。⻄岸には濃い霧がかかっていたので、敵船は⾒つかりませんでしたが」

「ありがとう、シルブ。さて、顔を洗える場所はどこだろう?」

準備をした後にテントに⼊ると、机の横にある⼩さな竈門からの暖かい空気の突⾵に迎えられた。

元教授の隣に⽴っていたのは、過度に優雅な軍服を着て頭からつま先までプライミングされた男性。

銀⾊のブロンドの髪が彼の狭い⽿の後ろできちんと後ろに滑った状態で、アディール団長は真っ直ぐに直立していた。

彼の鋭い眉と深い⽬は、彼が反抗的な息⼦を⾒下ろす⽅法の表現で私を突き刺している。

「団長、こちらはアーサー・レイウィン将軍です。アーサー・レイウィン将軍、彼は第2師団の団長であるジャーナス・アディール⼤尉です」

「お会いできて嬉しいです、団長」

私は笑顔で挨拶し、腕を上げた。

アディール団長も私のジェスチャーに返してくれる。

「お会いできて光栄です、将軍」

 



 

「グローリー団長。私の部隊は、崖の上の近くの森にキャンプを作りました。部隊をまとめ 前に、両⽅の部隊が精通していることが最善です」

「同意します。両⽅の部隊ができるだけ早くお互いに慣れる必要がありますから。レイウィン将軍、攻撃の場合に私たちの軍隊を分割する最良の⽅法は何だと思いますか?」

午前中にヴァネシーから渡された書類の束を振り返る。

「すべての歩兵が⼀列に並び、海岸からの攻撃を受ける位置に配置されるように師団を統合するのが最善だ」

アディールがそう宣言した。

「アディール団長。レイウィン将軍が私たちの部隊の監督を任されているので、将軍の考えが最善だと思います」

「レイウィン将軍は、ランスとして、攻撃の場合に私たちの師団の準備ができていることを確認する責任がありますが、 強⼒なランスとして、団長は⾃分の師団に最も精通していることを知っておく必要があります」

アディール団長がヴァネシーの言葉に反論する。

(私は彼を尻尾で叩きたいという衝動に駆られている)

とシルビーが呻き声を上げ、私を笑わせた。

アディール団長の師団の⼤まかな報告書を読み終えた後、私は書類をヴァネシーに返した。

「じゃあ、私はここでは必要ないようですね。朝食を食べに行きます」

「レイウィン将軍!」

ヴァネシーが後ろから声をかけてきた。

「どうしましたか?」

「何か追加したことはないのですか?」

彼⼥は私たちの会議がどのように進⾏したかについて不安のようだ。

「まあ、私の意見が必要な場合は、⼒の100%を1つの位置に割り当てることは、決して賢明な動きではないということでしょう」

肩をすくめると、アディール団長の眉は、彼が軽蔑を隠そうとしたときにひきつっていた。

反論されることに慣れていないことは明らかでしょう。

「私たちは、アラクリアンの漂遊船が海から来た場合に備えて、⻄岸での最後の防衛形態です。将軍、他にどこから攻撃されるのですか?」

彼は、あたかもそれが侮辱であるかのように私の称号を強調して、シューッという⾳を⽴てた。

「アディール団長。私はここで礼儀正しくしようとしています。あなたが⾔ったように、ヴィリオン司令官は、最悪のシナリオがここで起こるという万が⼀の場合にここにいるように私に頼んだので、それが私が来ている理由です」

私は彼に向かって⼀歩を踏み出し、空気をわざと重くする。

「しかし、私は、この問題に対する私の無関⼼を、あなたがここを統治しているという誤った考えと混同しないことをお勧めします。理解しましたか?」

「わ、分かりました・・・」

「良いでしょう。私はあなたが下す決定において実際的な役割を果たすつもりはなかったので、それはあなた方に任せます」

振り返って出発の準備をすると、遠くの悲鳴の遠吠えが私の注意を引く。

私たち3⼈は視線を交わし、テントから⾶び出して、叫び声が聞こえてきた崖に向かって、兵⼠たち全員が⾒つめているのを発見した。

⻑⽅形の物体が崖の端から⾶び降りて転がり落ち、私たちの近くに着陸したとき、誰もがぼんやりと⽴って何が起こっているのかを理解しようとする。

それは、鎧を⾝にまとい、まだ柄を握っている、切断された腕を持った⾎まみれの剣。

 



 

グレイ時代の記憶が時々現れますが、アーサーがどうやって王になったかを思い出していくのでしょうか?

なぜこのタイミングで?と気にはなりますが・・・。

そして、アディール団長はまだアーサーを将軍として認めていないようですね。

崖から落ちてきた腕は、アディール団長の部隊のものでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【189話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は189話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...