最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【189話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は189話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

189話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【188話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は188話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戦いの準備を

全員が切断された腕をじっと⾒つめている間、私の後ろにいる二人の団長も呆然としていた。

「兵士たちよ!戦いの準備をしてください!」

みんなの注意を引くために、私は咆哮し、⾃分の声をできるだけ⼤きくはっきりと投影した。

兵⼠たちは、私の命令に夢中になって興奮している。

新人の兵士たちは、鎧を⾝に着けている間に、持ち物の確認を急いで行っている。

ベテランの冒険家と経験豊富な兵⼠は、すでに鎧の下の⾐服を着ており、崖の上から叫び声と鋭い⾦属の塊が響き渡る中、保護具を巧みに締めていた。

グローリー団長とアディール団長はすでに軽装甲を⾝に着けていて、彼らも戦闘の準備が完了している。

「アディール団長。この腕の鎧は通⾏⼈が持っているものではなく、軍服です。あなたの師団は崖の上に配置されていたとは⾔いませんでしたか?」

かつては無愛想だったアディール団長は、もう⼀度鎧を観察した後、恐怖で⻘ざめた。

彼が崖を跳ね上がる直前に、私は彼の肩と胸を保護している⾦属製のゴルゲットを掴み彼を押さえつける。

「部隊の準備が整うまでここにいてください」

「放せ!私の兵⼠は彼らのリーダーなしで攻撃を受けているんだぞ!?」

アディール団長はシューッという⾳を⽴てて、彼のかつての⾼慢で落ち着いた⾃⼰の痕跡は見られなかった。

「団長。あなたが⼀⼈で⼊って殺された場合、あなたの兵⼠は彼らが今いるよりも悪い⽴場に陥ります」

グローリー団長が自身の師団を組織化された編成に導いたとき、私は野営地を調査した。

ヴァネシーは、1つの⼤きな集団ではなく、部隊を別々のユニットに分割していた。

各ユニットは、それぞれ独⾃の歩兵、オーグメンター、射⼿、魔道⼠で構成されている。

ヴァネシーは私を⾒て、準備ができていることを知らせてくれた。

職人と料理⼈がグループ化された後⽅に移動するときに、アディールも落ち着きを少しだけ取り戻していた。

崖の上の急な坂を上っていく中で、誰が攻撃しているのか考えずにはいられなかった。

私たちは、地下のダルブ王国が始まったサピンの南の国境近くにいる。

最初、私の⼼はすぐにマナビーストの攻撃と推測したが、切断された腕の怪我の断面は、それが⽖や⽛であるにはあまりにも綺麗だった。

アラクリアとの戦争に反対した過激派かもしれないが、確実に知る⽅法はなかった。

「アステラ夫人、ここは⼤丈夫ですか?」

鎧を着ている料理⻑を⾒つけてすぐに尋ねる。

「ここは問題ありません。グローリー団長は、私たちを守るために何⼈かのオーグメンターの後ろに留まるように命じましたが、私がここにいます。もうお忘れですか?」

彼⼥は私に⾃信満々の笑みを浮かべた。

「あなたの言葉は正しいです。いつでも出発できる準備をしてください」

アステラ夫人が私の腕を掴んだとき、私は崖に向かって引き返すところだった。

「アーサー・・・」

彼⼥の表情はひどく深刻だ。

「気をつけてください」

シルビーが出てくるように合図したとき、私は彼⼥に素早くうなずいた。

「すぐに野外で変⾝しても⼤丈夫ですか?」

「今は控える必要はありません。何が起こっているのかを素早く知る必要がありますから」

シルビーの⼩さな体は輝き始め、強⼤なドラゴンの形に拡⼤した。

彼⼥の⿊曜⽯の鱗は朝⽇からちらちらと光り、煌めく海のような滑らかさを誇っている。

半透明の⻩⾊い⽬は、知性と動物のような凶暴さで私を⾒下ろしていた。

シルビーの⼤きな翼が⼒強い強⾵を⽣み出している間、私はもう⼀度肩越しに⾒ただけで、アステラ夫人の繊細な顔に畏怖の念を起こした表情が塗られているのを目撃する。

シルビーは地⾯を蹴り、もう⼀度翼を振って持ち上げた。

「アーサー、私たちが戦闘に参加する前に、私が助けるためにできることは限られていることを知っておく必要があります」

「彼らが助けることを許されていないアスラの条約について話しているのですか?」

私は私の絆と⼀緒に戦うことができないのではないかと恐れてしまう。

「それはアルディールが私に警告した懸念の領域ですが、それだけではありません。インドラス祖父が私にエーテルの⼒のために受けさせた⽬覚めのプロセスで、私が魔法であなたを助けることができるまでにはまだしばらく時間がかかるのです。私の⼒が完全に⽬覚め、制御されるまで、私はこの形で物理的にできることに制限されます。申し訳ありませんが、先ほどお話ししませんでした」

私は⾃分の絆の⼤きな⾸の側⾯を撫で、⾃分の絆の状態を考慮しなかったことで⾃分を殴りたくなってしまった。

彼⼥のトレーニ ングが私によって短縮されたことは知っていたが、それが彼⼥にとってどれほど重要な時期であったかを知らなかったのだ。

いいえ、今は違う。

少なくとも私は今知っているのだから。

 



 

戦いの⾳が聞こえる場所にたどり着くのにそれほど時間はかからなかったが、切断された腕が崖を下って航海することができたという事実は、何か他のことが起こっていると推測させるのに十分なものだった。

「あり得ない・・・」

シルビーの呟きは下の光景に不信感を抱かせたが、戦争がもたらした驚きを⾒た⼈にとっては、これは誤算としてしか⾒ることができないでしょう。

下の⽅では、⾎と煙で⾚と⿊に染まった草地に、アラクリアン軍と見られる軍隊が存在している。

彼らの約5,000⼈の部隊は現在、アディール団長の師団と交戦していた。

ディカゼン軍とは異なり、アラクリアンの兵⼠は、 濃い灰⾊の鎧に深紅の標準化された⾊が飾られている。

「シルビー、ストップ。とりあえずここに隠れておきましょう」

「隠れたままですか?味⽅がそこで死にかけているのに、あなたは隠れたままでいたいのですか?」

怒りは彼⼥の⾔葉で明⽩だったが、シルビーはすでに私の意図を知っているはず。

すべての戦いに参加できるわけではない。

今のところ、私たちの優先事項は、私たちが何に反対しているのかを知ることなのだから。

怠惰に対処するために⻭を⾷いしばって、ヴィリオン司令官と通信するための送信巻物がなかったことを後悔し、下の光景をしっかりと⾒つめ続ける。

「どうして彼らは私たちが知らないうちにここまで侵攻することができたのですか?彼らはまだ⼤都市に出くわしていないかもしれませんが、ドワーフはアラクリアンの軍隊が彼らの⼟地を⾏進していることを知っていたはずです」

「たぶん彼らは知っていたのだろう。計画の変更です。シルブ、あなたは隠れたままで、アラクリアンがここに向かう途中で作った道を辿ることができますか?私は普通の兵⼠として溶け込みながら、彼らを助けます」

「あなたに問題が発⽣した場合はどうなりますか?私は遠すぎて⼿伝うことができません」

シルビーの声に不満が聞こえた。

「ヴァネシーの師団は間もなく到着します。数が上回っていても、私がいれば彼らにとって敗戦になるとは思えません」

「アーサー、私が滞在してあなたを助ける理由はもっとあります」

シルビーはさらに主張してくる。

「お願いします。私が疑っていることが真実であるならば、この戦争は私たち対彼らほど単純ではないかもしれません。旅をして⼗分に速く戻ることができるのはあなただけです。安全を確保します、シルブ」

「はあ・・・。しかし、あなたが危険に晒されていると感じた瞬間、私は戻ってきて、あなたの意識があるかどうかにかかわらず、あなたを連れ去ります」

「ありがとう」

彼⼥の背中から落ちてしまう前に、私は⾃分の絆を軽く撫でた。

 



 

注意を喚起しないように、意図的に戦いから遠ざかる。

⽊の群れに着陸する直前に、⾃分の体をマナで包み、⾵の呪⽂を唱える前に⾃分の存在を消す。

「トレッド!ベスター!部隊を左翼に!ダーク!サーシャ!あなたたちは右の⽅へ!」

ァネシーの声は⾃信を持って正確に響き渡った。

「残りの部隊はアルディール団長の軍隊とグループ化し、正⾯からアラクリアンのクソ野郎どもを攻撃します!」

その場から抜け出して、私はグローリー団長に追いついた。

本能的に、ヴァネシーは私が誰であるかを理解する前に、私に向かって両⽅の剣を振り回す。

「もう・・・、アーサー。驚かせないでください!」

彼⼥は安堵のため息をつく。

「ここで何をしているのですか?私はあなたとあなたの絆がキャンプから⾶び出すのを⾒ました」

「重要なサイドミッションがあるため、私はシルビーを送りました」

「まあ、私たちと⼀緒にいてくれて安⼼ですが、この規模のアラクリアン軍がどのようにして私たちを乗り越えることができたのか分かりますか?」

彼女の問いに、⾸を横に振る。

「私たちは、彼らから答えを得るために、いくつかを⽣きたままにしておくのはどうですか?」

私の提案に、ヴァネシーの唇は邪悪なにやにや笑いに曲がった。

「それはいい計画ですね」

ヴァネシーの兵⼠たちは、アラクリアン軍に到着したとき、男性も⼥性も同様に吠える。

私の焦点はアラクリアンの兵⼠に。

空から⾒たときの不安感。

なんらかの理由で、私たちの敵はヴリトラのようなもの、つまり悪の怪物であると思い込んでいた。

しかし、彼らを⾒ると、濃い灰⾊と⾚で飾られていることを除いて、私たちの兵⼠と何ら変わりはない。

この事実は、私が敵の兵⼠と視線を合った時にハッキリした。

突撃の準備をしていると、兵⼠の⽬が狭くなる。

彼が私に向かってダッシュしたとき、私は地⾯から⾎まみれの剣を拾った。

彼のコアがどの程度のレベルなのかを感じてみると、読めなくて驚いてしまう。

突然、私に警告するマナの流⼊さえもなしに、巨⼤な⽖の形のマナのガントレットが彼の⼿の周りに現れる。

彼は猛烈なスピードでマナの⽖を打ちのめした。

問題なく回避すると、敵の攻撃の破壊力で後ろの⽊々が倒れるのを目撃する。

呪⽂詠唱のスピードとその背後にある⼒を考えると、彼は少なくともイエローコアのオーグメンターであり、おそらく銀のコアでさえあるとしか思えなかった。

敵の周りに半透明のバリアが見えたが、私は剣を振り下ろす。

「え?」

呪⽂が彼自身のものではないことを感じた。

約30フィート離れたところに別の兵⼠がいる。

すると、敵を保護していた半透明のバリアが動き、拡⼤し、私とコンジュラーの間の壁として機能した。

このような効率的な障壁を操作するのを⾒たことがなかったので、私が最初に誰を倒さなければいけないかは明らかでしょう。

地⾯に⾒つけた剣を落とし、相⼿に向かって接近する。

今回は、後ろの魔術師が呪⽂を予期していなかったのか、攻撃をブロックする必要性を感じなかったのかにかかわらず、障壁は形成されていない。

オーグメンターが回避しようとする前に、私の拳が彼の肋⾻を打つ。

しかし、私にショックを与えたのは、衝撃で⽣み出した⾳。

それは、へこんだ鎧の下で⾻が割れる⾳。

この馬鹿は自分の体を増強していないのか?

痛みを伴う表情で⻭を⾷いしばって、オーグメンターは明らかな怪我を無視し、マナの⽖で私に向かってダッシュした。

稲妻の拳は彼のマナの⽖を粉砕し、衝撃で彼の⼿⾸を壊す。

⽬の前の相⼿は経験豊富なオーグメンターだと思っていたが、マナで体が守られていない。

ギリギリで彼の⼿を守っていた障壁がなかったら、彼の腕は引き裂かれていただろう。

兵⼠が舌打ちする前に、不信と畏怖のちらつきが彼の表情に現れ、彼の視線は障壁を投げかけている兵⼠に向かれた。

「おい、盾!」

彼は吠えた。

「今すぐに、全⾝の強化を!

 



 

初のアラクリアンの兵士との戦闘!

一般の兵士でシルバーコアに近いマナレベルとは・・・。

ですが、体を自分で強化していないのは油断していたから?

それとも使えない? 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【190話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は190話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...