最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【190話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は190話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

190話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【189話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は189話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戦争

⼀度に複数の戦闘が⾏われ、⾦属の衝突⾳と呪⽂が空中で共鳴する。

しかし、混乱にもかかわらず、オーグメンターとの私の戦いは、周りの兵⼠が故意に私たちを放っておいたかのように、制限されているように⾒えた。

⾃分たちの戦いに集中しすぎていたのか、それとも何らかの幻想があったのか、はっきりとは分からない。

目の前のオーグメンターと彼のヘルパーとの短いやり取りから、ほんの数ヤードしか離れていないので、彼らの戦術が私たちのものとは根本的に異なっていたことが判明した。

コンジュラーは、オーグメンターの命令で、自分の体の周りに薄いマナのベールを出現させる。

相⼿の怪我は残っていたが、元気を取り戻して⽴ち上がった。

彼は舌打ちをするだけで、彼は私から⽬を離し、他の場所に視線を向ける。

彼が他の誰かに合図していることは明らかだったが、彼は自分を保護していたコンジュラーがいた場所とは異なる⽅向を⾒ていた。

厳しいうなずきで、彼の視線は私に戻る。

彼のマナは両⼿を以前と同じ⽖の形に包み込み、攻撃の準備をした。

レルムハートを発動して素早く終わらせたいと考えるが、⾃分⾃⾝にあまり注意を引くような行為はできない。

森の中のかつての⻘々とした開拓地は、両側の多くの兵⼠が地⾯に積み上げ始めたので、⾎と⽕の⽳に変わっていく。

不整地にもかかわらず、オーグメンターの動きはかなり簡潔でよく調整されていたが、コルドリとの⻑年のスパーリングにより、彼の攻撃は鈍く⾒えた。

彼のマナの⽖は空気に当たるだけ。

「彼の言葉は正しかった。あなたはただの歩兵ではありませんね」

敵はもう⼀度私を襲う準備をして振り返りながら唾を吐いた。

彼はそれらのマナの⽖しか使⽤できないのだろうか?

「彼?」

私は、誰が彼にこの情報を与えることができたのかと⼾惑いながら尋ねる。

しかし、敵は黙ったまま私に向かってダッシュし、⽊の切り株を⾜場として使って、マナの⽖を叩く準備をして⾶び降りた。

⽖が顔から僅か数センチ離れたところで、私は⾃分の拳を引っ込めて左に揺らす。

敵の体を取り巻くマナのベールが私が攻撃しようとしていた領域に向かって集まったとき、私は拳をオーグメンターの開いた肋⾻に向かって変更した。

肋⾻を保護するマナバリアが割れる前に、私の増強された拳が突き刺さる。

パンチの⼒だけでオーグメンターは地⾯に転がったが、彼が⽴ち上がったとき、痛みではなく欲求不満の表情しか見られない。

私は肩越しに⾒つめ、再びコンジュラーに視線を向けた。

彼が私の攻撃を阻⽌した相手であり、オーグメンターではないことは明らかだ。

私を混乱させ、疑いをさらに擁護したのは、コンジュラーの周りの兵⼠が彼を無視しているように⾒えたということ。

私たちの周りには本当に幻想のようなものがある?

その時、別の⽕の⽟が私に向かって発砲されたが、それは思考の邪魔程度にしか過ぎない。

私は別の召喚⼠がどこに隠れているかを知っていたのだから。

50フィート離れた真正⾯にあり、苔で覆われた⼤きな岩の塊の上のどこかに位置していること。

「彼⼥はあそこにいますよね?」

私はニヤニヤして彼⼥の⽅向を指して尋ねた。

オーグメンターの顔は⻘ざめたが、彼は黙ったままだ。

倦怠感にもかかわらず、彼は近くの⽊の助けを借りて⽴ち上がる。

彼の険しい顔には絶望が⾒られた。

彼は深い⽬を私に固定したまま、⼀度だけ⼿を叩く。

そうするやいなや、オーグメンターの複数の画像が私の周りに形成され始め、私の疑いを解決した。

これは幻想や欺瞞的な魔法。

少なくとも12⼈のオーグメンターの姿が、⾮常にリアルな形で登場し、全員が攻撃の準備を整えていた。

私は⾃分の周りに現れた幻想を⾒て、息苦しい笑い声を上げる。

ディカゼンもアラクリアンもこの状況に気づいていないのだから。

「何がおかしい?」

オーグメンターは唸り声を上げ、彼の声はすべてのクローンからも聞こえてきた。

「ごめんなさい」

私はため息をつき、まだ微笑んでいた。

「この幻想のおかげで、私は少し緩めることができますから」

マナコアの奥深くに意識を突っ込んで、レルムハートを起動する。

視⼒が無彩⾊の状態に薄れると、マナの爆発を感じた。

⻑い髪が真っ⽩になるのではなく、銀⾊の⾊合いで輝き始めている間、輝くルーンが腕と背中を流れ落ちるので、⼼地よい暖かさを感じることができた。

通常の状態では同⼀であるように⾒えたクローンは、今では⼈間の形に形作られたマナのクラスターにすぎない。

1つを除いてすべてが⽩いマナ粒⼦の塊であるように⾒えた。

私を驚かせたのは、幻想が隠されたコンジュラーによって引き起こされたのではなく、「盾」によって引き起こされたということ。

視線をオーグメンターに固定すると、彼の表情から、彼は私について恐ろしく抑圧的な何かがあることを知っていたことが明らかになる。

彼が恐ろしい困惑で私を⾒ていたとき、汗のビーズが彼の顔を転がり落ちていた。

自身の警戒⼼を無視して、オーグメンターは、彼のすべてのクローンと⼀緒に、私に向かってダッシュする。

同時に、コンジュラーは、オーグメンターの攻撃と同期して、別の爆発を引き起こした。

その規模は、さっきよりも大きい。

マナの出⼒を上げて、私はオーグメンターの幻想を無視し、本物のオーグメンターのマナの⽖を真正⾯から狙い、彼の呪⽂を打ち砕いた。

彼の露出した⼿をしっかりと握り、私は彼の勢いを使って彼を⽕の爆発に向け直す。

敵の味⽅の呪⽂の完全な⽮⾯に打たれる前に、私は敵の⽬が恐怖で広がっているのをちらりと⾒た。

何層もの障壁がオーグメンターを保護しようとしたが、それらはすべて爆⾵の⼒から粉々に。

それでも、そのおかげでオーグメンターの命は守られたのだが。

⽊に隠れているコンジュラーに注意を向けると、幻想的なクローンがちらつき、消えていく。

無⾔で、私は左腕を上げ、マナを指先に集中させた。

「ケイファー!メイリンを守れ!」

オーグメンターは咆哮したが、まだ地⾯から⽴ち上がるのに苦労していた。

オーグメンターが「盾」と呼んでいたケイファーという名のコンジュラーは、私が呪⽂の準備を終えると猛烈にうなずく。

ギザギザの電気のつるが蛇のように私の腕に巻きつき、⼈差し指と中指の先に集まった。

右腕を使って狙いを安定させ、レルムハートのおかげではっきりと⾒えるようになった隠されたコンジュラーに集中する。

「解放」

呟くと同時に隠された魔道⼠の間に⽴っていた⽊々を直接突き抜けて、私の2本の指先から細い稲妻の弾丸が発射された。

弾丸の進路に形成された半透明の障壁の層は、私の呪⽂が私が⽬指していた岩の塊に当たるまで、即座に粉砕される。

遠くに劇的な悲鳴や痛みの遠吠えはなく、魔術師の⾜を引きずる体の柔らかい⾳だけが岩から落ちた。

「そんな!?メイリン!」

盾の魔術師は、倒れた同志に向かって⾛り、ポストを放棄して叫んだ。

仲間が倒れ、ケイファーの集中⼒が失われると、私たちを取り巻く幻想は消えた。

まるで窓が開いているかのように、周りの世界はより明確になり、進⾏中の戦いの遮断されていたボリュームが本格的に再開されていく。

混沌とした戦いに巻き込まれるまで、そう⻑くはかからないだろう。

レムルハートを解除し、次元リングから夜明けのバラードを取り出す。

そして、立ち上がれなかったオーグメンターの首を切り裂いた。

 



 

敵の数は少なかったものの、彼らは私たちの師団よりもはるかに多くの魔術師を持っていた。

マナを吹き込んだ武器を持つオーグメンターが歩兵を突き刺し、コンジュラーが遠くから攻撃している。

中には、どこにも⾒られなかったマナの⽖の付いたオーグメンターのようなユニークなテクニックを持った敵も。

それでも、私にとっては関係のないこと。

ある時点で、私の⼼は⿇痺していた。

チュニックとズボンが肌にくっつくが、汗なのか⾎なのか分からない。

戦闘中はほとんど⾔葉が出なかった。

⾔葉は役に⽴たなかった。

代わりに、両側の兵⼠は、彼らが戦うときに原始的な叫び声を出し、戦争のアドレナリンに酔っていた。

別の男の⾎まみれの胸から刃を抜き、舌打ちをする。

相手は獣ではなく、同じ種類。

⾜を引きずった体を蹴り⾶ばし、その服を使って剣から⾎を拭き取った。

私はマナの多くを節約していたが、ほぼ1時間絶えず戦っていたため、体に負担がかかるのは必然。

⾝近な⼈の姿が⽬に⼊ったとき、他の兵⼠を調査した。

彼⼥の視線が私に着地したとき、彼⼥はちょうど相⼿の斧を地⾯に運ぶ。

彼⼥がガントレットを相⼿の顔に打ち込むように配置したとき、彼⼥の唇は⾃信を持って笑顔に曲がっていた。

 



 

「ふしだらな⼥」

⽬を細めた男は、唇から⾎が漏れて、座屈したときに唾を吐く。

彼は必死に私を掴んで離れないようにしていた。

彼の⼿は私の胸を保護している⾰のパッドの上に着地する。

半分閉じた⽬にスケベな笑みを浮かべて、彼は私の鎧を引き裂くために最後の力を使⽤していた。

チョップで彼の⼿⾸を壊し、私は醜い野郎を顔面を殴打する。

激しい怒りが蓄積されていたので、私は勝利にニヤリと笑い、⼤喜びし、興奮せずにはいられなかった。

別の愚か者が私の背中に忍び込もうとしたが、私は彼の剣を避ける。

心臓が激しく鼓動し、10杯のエールの後、前夜のようにすべてが少し鈍いように⾒えた。

拳を振り、体とガントレットを補強し、兵⼠の⾦属製の盾をまっすぐに突き刺す。

兵⼠は、息をするのに苦労しながら、両⼿を⾸に巻きつけて⾝をよじりながら後ろに倒れた。

恐ろしい咆哮をあげた。

ここで私を軽蔑することはできない。

戦場では強さだけが絶対なのだから!

私の叫びは近くの斧使いの注⽬を集めた。

彼の体は私の体よりはるかに⼤きかったが、動きは遅かった。

彼が振り下ろすと、斧が⻩⾊に輝き始め、マナの層が彼の体に広がり始める。

斧を取り巻くマナの異なる元素の親和性を⾒ると、他の誰かが彼を保護するために呪⽂を唱えたように⾒えたが、質問する時間はない。

驚く時間もなかった。

強さは絶対だ。

攻撃をかわすために体を横に向けて、すべてのマナを右拳に込める。

斧の平らな部分が振り下ろされたとき、私は⾃分の反射をちらりと⾒た。

私の顔には陶酔感のある、ほとんど狂ったような笑顔が。

マダム・アステラと互角に戦った少年。

彼がランスであると⾔っている兵⼠の何⼈かの話があった。

当時は馬鹿げた考えと嘲笑していたが、ほんの数⼗フィート離れたところに⽴っていて、死体の⼭が少年の周りに散らばっていたので、私は彼らが正しいかどうか疑問に思わずにはいられない。

私の⽬が彼と合うが、彼が昨夜ずっと着ていた穏やかで遊び⼼のある表情ではなく、彼が必死に私に何かを⼝にしたとき、彼の⽬は広がった。

彼の⾔っていることが聞こえなかったが、それは問題ではない。

胸に鋭い灼熱の痛みを感じた とき、斧を振るう⼈はまだ地⾯から武器を引き抜くのに苦労していた。

⼀瞬にして、私の⼒と怒りのすべてが乾いてしまう。

⼿はもはや拳に⾷い込むことができない。

自分がひざまずいてしまったことに気づき、突然地⾯が近づいたかのように。

痛みの原因を⾒下ろしたが、胸があったところに隙間のある⽳が⾒えただけ。

本能的に⽳を⼿で覆おうとしたが、⼿のひらに灼熱の痛みが広がるのを感じるだけだ。

視線を傷⼝から⽬の前の地⾯に向けてこじ開け、そこで答えを⾒つける。

すぐ近くにある焦げたクレーターが。

足の感覚がなくなり、眠くて寒い。

⾎に染まった草がここからどれだけ背が⾼いかを最後に考えた。

 



 

アラクリアンの兵士の戦術は、完全に分担しているようです。

一人でも欠けると弱くなりますが、それぞれが強力な力を持っているので、決して弱いとは言えないでしょう。

キャンプ地で出会った女性の目線で、彼女は死んでしまったようです。

戦争ですので、彼女のように亡くなっていく人物は数えきれないでしょう・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【191話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は191話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...