最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【199話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は199話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

199話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【198話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は198話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戦いの代償

私の視線はテスに留まる。

彼⼥は涙を拭い、安堵と恥ずかしさから笑顔を浮かべた。

ランスの称号を授与された式典の後、幼なじみに会うのは初めて。

あれ以来、エルフの王⼥は変わっていた。

彼⼥の右⽿の上の⽣え際に沿って微かな傷跡があり、彼⼥が髪を縛らなければ気づかなかったでしょう。

左前腕には新鮮な包帯が巻かれていたが、戦闘による傷跡が彼⼥の腕全体に⾒られた。

「テス、傷ついていますね」

指で彼⼥の包帯から染み出る⾎の線をそっとなぞりながら指摘する。

テスは私の不機嫌そうな表情に気づき、私の傷ついた⼿を両⼿で優しく掴んだ。

「ええ、実際は戦うよりも料理をしようとすることでより多くの怪我をしているわ」

私はその考えに苦笑いを吐き出した。

「アート、団長からの知らせを聞いたとき、私がどれほど怖かったか分かりますか?」

「団長?それはあなたがリーダーに昇進したという意味ですか?」

お姫様の唖然とした表情を⾒つめながら尋ねる。

「信じられない・・・。あなたの考えはすぐに私がリーダーに昇進したかどうかに⾏くのですか?アーサー、あなたは死にかけたのよ!?」

「あなたが元気そうで嬉しいよ」

笑顔で答える私に、テスはため息をつき、頭を私の腕に寄りかかった。

「私にはあなたと議論する⼒すらありません」

テスの⼿を握りしめながら、笑い声をあげる。

彼女は頭を上げ、鮮やかなターコイズブルーの⽬で私を⾒つめた。

「怪我だらけのあなたがを⾒て、あなたは⼈間であり、破壊できない魔術師や戦⼠ではないことを冷静に思い出させてくれたわ」

「あなたには私がどう見えていたのですか?」

久しぶりにテスと冗談混じりの会話をしていると、突然ドアが開く。

 



 

中に入ってきたのは、ディカゼン軍全体の指揮官であるビリオン・エラリスと彼の息⼦のアルドゥイン・エラリス、それに続いて彼の妻、妹のエレナー、シルビー、そして数⼈の警備員。

「おじいちゃん?」

テスは叫び、唖然とした。

「アーサー、あなたはこの部屋を整えるのにそれほど労⼒を費やしていないようですね」

「もしかして盗み聞きしていたの?」

テスが家族に告発する指を上げている間、彼女の顔は真っ⾚だった。

ビリオンは否定で指を振る。

「もちろん違います。私たちは、悲劇的だった貴重な将軍であるアーサーの幸福をただ⽿にしただけで___」

司令官は、テスが拾い上げて投げた本を躱すため、⾔い訳を終えることができなかった。

私の絆をぎこちなく抱えている妹に視線を向けながら、笑い声を上げる。

「こっちに来て、エレナー」

優しく言うと、妹の顔に涙が溢れ始め、彼女の下唇が震えた。

私の絆を⼿放すと、彼⼥は私の抱きついてくる。

「とっても心配した!」

彼女は泣きながら怒っていた。

「もしお兄ちゃんが死んだらどうすればいいの!?」

「大丈夫だよ、エレナー」

彼⼥の顔が私の胸に埋もれたまま、私は彼女をなだめる。

魔⼥のような敵から受けた怪我がまだ残っていることに気づいたとき、私は妹の茶⾊の髪を撫でるように⼿を伸ばす。

左⼿から⼿⾸まで広がる醜い⾚い傷跡を⾒て、まるで⽪膚が焼け落ちたかのように表情が暗くなった。

シルビーはさりげなく私のベッドに⾶び乗って、私のそばで丸くなる。

彼⼥は何も⾔わなかったが、私の絆から安堵の波が押し寄せていた。

⾁体的な外⾒は私にとってそれほど重要ではないが、怪我がどれほど酷い痕跡を残したかを⾒るのはまだ少し神経質になる。

勇気を出して、私は慎重にベッドから出て、⾜が動くことができることを確認した。

マナの助けを借りずに⾃分の両⾜で⽴ち上がることは、私がいつも当たり前と思っていた祝福に思える。

部屋のみんなが不安そうに⾒守っていたので、私はゆっくりと着実に鏡に向かって歩く。

深呼吸をして、⾃分の体を調べるために⾒上げて、敵との戦いが私の体にもたらした犠牲を⾒る。

ローブを脱がなくても、すぐに視線が⾸に当たった。

私の⼿と⼿⾸を覆っていたのと同じ⾚い傷跡が私の喉全体に刻印されている。

「アーサー、あなたはもっとひどい状態だったかもしれない」

シルビーの声は、彼⼥のいつもの無愛想さは見られない。

さまざまな⻑さの傷跡が、時間と⾃然の⼒によって⾵化した古代の彫像のヒビのように、私の引き締まった体全体に散らばっていた。

肩や背中の⼀部には⾚い傷跡が多く⾒られ、腰から膝まで伝わった傷跡は特に酷いものだ。

まるで誰かが私の⾜を少しずつ引き裂いて、⼤雑把に縫い合わせたかのよう。

「今の状態に戻れるなんて、天の恵みだと思ってください」

はっきりとした声が響き渡り、私は思いを馳せた。

横⽬で⽬を向けると、三眼のアスラ、アルディールが部屋に⾜を踏み⼊れているのが⾒えた。

「マスター」

テスは席から⽴ち上がって挨拶する。

「アルディール」

「アーサー・レイウィン。」

「今の言葉の意味は?」

⾰張りのソファでビリオンの横に座って尋ねる。

テスの隣で私たちの向かいに座って、彼は左指の指輪に指を向けた。

「ウィンドサムが数年前にあなたに与えた秘薬の真珠を覚えていますか?」

次元リングの内部を検索したところ、ホワイトコアのステージに⼊るのを助けるために保存した⾦の斑点のある真珠が⾒つからない。

「それが?」

「それがあなたの体に回復する⼒を与えたのです」

「あなたやウィンドサムが私に別のエリクサーを与えることは?」

「戦争が始まったので、私たちは条約が破られる危険を冒すことはできません」

「ちぇっ」

私は呪いを呟き、ソファに頭をもたせかけた。

「アーサー、これを」

ビリオンは、彼の次元リングから夜明けのバラードを取り出す。

「私はあなたの剣を保持者の死体から守ることができました」

かつての⾒事な⼑を⼿渡されたとき、私の⼼は沈んだ。

夜明けのバラードの半透明の⻘緑⾊の刃は、その先端が保持者の腐⾷能⼒によって溶けてしまった間に鈍くなり、剣の微妙なバランスを崩していた。

指輪の中に持っていた鞘に包み込み、右⼿の⼿のひらをぼんやりと⾒つめた。

今こそ、新しい武器を⼿に⼊れる絶好の機会だと思うことにする。

「アーサー」

シルビーの声が響いた。

「私はアルディールに起こった出来事のいくつかを話しましたが、彼とビリオンと⼀緒にそれを詳細に調べた⽅がいいと思います」

その通りだ。

ゆっくりと席から⽴ち上がって、ずっと黙っていた妹のところへ向かう。

「エレナー。少しの間、外で私を待ってくれませんか?」

「少なくとも、さよならを⾔わずに去らないと約束した場合なら」

頬を掻きながら、苦笑いを吐き出す。

「約束します」

「分かった」

エレナーは席から⽴ち上がってドアに向かって歩いた後、誇らしげな表情で肩越しに振り返った。

「私が取り組んできたものをお⾒せしたかったから」

「え?」

 



 

エレナーがドアを閉めた後、私の部屋に残ったのは、現在のディカゼンの指揮官、アスラ、私の絆、そしてテシアだけ。

「敵との戦い以来何が起こったのかを伝えさせてください」

「待て。評議会の他のメンバーとの公式会議を開きましょう」

ビリオンは⽴ち上がって中断した。

「いいえ。これはあなたの⽿だけに聞いてもらいたいです。この情報をどのように扱うかはあなた次第ですから」

私の発言に、テスは臆病な⼿を上げる。

「アート、私は去るべきですか?」

「大丈夫だよ」

⾸を横に振った。

「けれど、始める前に、私はただ1つのことを知りたい」

「それは何でしょうか?」

アルディールは、私の視線が自分に向けられていることに気づいて尋ねる。

「マイカ・アースボーンとアルフレッド・ワーンド、2人のドワーフのランス、彼らは誰が管理しているのですか?」

開いていたアスラの⽚⽬は、私を⾒つめ続けるて狭まった。

「私が現在、2人のランスを管理しています。なぜ聞くのですか?」

敵との戦いの後に続いた出来事について彼らに報告するのに、私が予想したよりも時間がかかってしまった。

予想通り、ビリオンとテシアはドワーフからの明らかな裏切りに唖然としている。

アルディールの表情は堅実なまま。

彼が驚いた場合、彼はそれを隠す完璧な仕事をしたでしょう。

しかし、最初の驚きにもかかわらず、ビリオンはすぐに落ち着く。

「ドワーフが本当にアラクリアン軍と同盟関係にある場合、戦闘が⺠間都市に到達するのを防ぐことは遥かに困難になります。それがドワーフの別の派閥だったのか、それともそれよりも⼤規模だったのかを⾒分けることができましたか?」

「ラーディーズからいくつかの答えを得ずに確実に⾔うことはできません」

「サイスが出現するというニュースは厄介です」

アルディールはそう付け加えた。

「これは軍隊が彼らを⽀援しているとしても、1つか2つのランスが引き受けることができるものではありません」

「それが、2人のドワーフのランスの忠誠がどこにあるのかを知る必要がある理由です。⼤規模な戦いが近づいており、予期せぬ障害は望んでいませんから」

 



 

久しぶりのテスとの会話。

グッドスカイ学長が亡くなって以来、気まずい空気でしたが、いつも通りで安心しました。

怪我の代償はかなり酷いですね・・・。

一人のサイス(まだ不明)と戦って、この後遺症は厳しいでしょう。

夜明けのバラードに代わる武器も早く入手したいところですね!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【200話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は200話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...