最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【200話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は200話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

200話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【199話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は199話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 妹の成長

シルビーを部屋に置いて休憩し、明るく照らされた城のホールを探検する。

エレナーを⾒つけるのにそれほど時間はかからなかった。

彼⼥は⼤きな窓のそばに座って、雲海の外を⾒つめながら、絆の厚い⽑⽪をぼんやりと指で梳いていた。

ブーは私の存在を感じて⽬を開けたが、それが私だと分かった後、昼寝に戻る。

「隣いいですか?」

「尋ねる必要はありません」

エレナーは弱く微笑んで、私をちらりと⾒返した後、⻘い空をもう⼀度⾒つめた。

遠くに⼭の先端が⾒えたが、それ以外は⽩と⻘の果てしない広がりに過ぎない。

「彼らが恋しいですか?」

エレナーが優しい声で尋ねる。

「ママとパパが」

「私は彼らを⼼配しています。彼らが安全であることは知っていますが、⾮常に多
くのことが起こっています」

妹が絆を可愛がり続けたので、沈黙の瞬間が。

「・・・ご存知のように、あなたのような兄がいることは私がどれほど幸運であるかを⾔ってくる人がたくさんいます。あなたはランスであり、魔法と戦いに⾮常に才能があり、この⼤陸のすべての指導者も認めています。次のリーダーになるかもしれないと⾔う⼈もいます」

エレナーは嘲笑を吐き出した。

「私はお兄ちゃんにこれを⾔いませんでしたが、私があなたを嫌った時がありました。今の私の⼈⽣はあなたのおかげだと感じました。ママとパパも戦争を⼿伝う必要があると感じてあなたを責めました。そして、教室やたくさんの友達と⼀緒に学校で⽇常⽣活を送ることができなかったとあなたを責めました」

妹は体をブーに向けて⽬を逸らしていたが、絆を撫でる⼿が震えている。

「エレナー・・・」

「けれど、もうお兄ちゃんを責めることはないでしょう。あなたの⼈⽣が私のものよりも悪かったとき、どうすればあなたを責めることができますか?私があなたについて持っている思い出のほとんどは、あなたが怪物にどのように直⾯したかについての信じられないほどの話で、怪我をしながら家に出⼊りしたことでした。当時の話を聞くのは本当に楽しかったし、素晴らしかったです。お兄ちゃんはとてもクールで強いと思っていましたが、今はもっとよく知っているように感じます。今⽇の場所にたどり着くために諦めなければならなかったことを・・・」

妹は慌てて袖で⽬を拭き、⾚い⽬でにやにや笑いながら私に背を向けた。

「ふぅ!胸からそれを取り除いたので、スッキリしました!お兄ちゃんに⾒せたいものがあります」

 



 

「これは何ですか︖」

城の屋外テラスに到着し、私はエレナーに聞いてみた。

私の視線は、さまざまな⽊の枝からぶら下がっている何⼗もの⽊の板に。

板から突き出た⽮がありましたが、より多くが地⾯とその周りの⽊の幹に刺さっている。

「私が取り組んできたものです!」

妹は誇らしげに宣⾔した。

エレナーは私たちが窓際で会話した後、まるでそれを忘れようとしているかのように異常に元気だ。

⽮が⽬の⾼さになるように柔軟な⼸を上げ、彼⼥はまだ震えている息を⽌め、弦を放す前に狙いを定めた。

⽮は空中をスライスして板の周りを少しずつ曲がり、その後ろにある別の⽊製のターゲットに刺さる。

本当に感動し、妹に拍⼿を送るが、彼女は⼿を挙げて⾸を横に振った。

「さあ、これを⾒てください」

彼⼥はもう⼀度⼸を上げて、短い詠唱を呟く。

⼸を握っていた彼⼥の指先が柔らかな輝きを放ち始め、エレナーがゆっくりと弦を引き戻すと、マナは細く光る⽮に形を変えた。

エレナーが近くのターゲットの板にマナの⽮を放っている間、私は沈黙を保っていた。

半分は焦点から、半分は驚きから・・・。

⽮が板に到達する前に消えると、エレナーはため息をつく。

「数日前に目標は達成できました」

「凄いよ、エレナー!」

「でも失敗しました」

「あなたはまだ12歳です、エレナー!あなたの年齢のほとんどの⼦供たちは、マナの具現化を思いつくことはほとんどできません。ましてや、遠くにそれを発射することはできません!」

心から妹を称賛するが、彼女はしばらく黙っていた。

「あなたの愛する兄が感銘を受けたことを嬉しく思いませんか?」

後ろから声が響く。

肩越しに振り返ると、意外な二人組を発見した。

エミリー・ワッケンとヘレン・シャードの二人。

「びっくりした、将軍?」

ヘレンは私の混乱に気づき、にやにや笑う。

エレナーの⼿にある独特の⼸と彼⼥の突然のアーチェリーの熟達。

「私はそれを否定しません」

私は笑顔でそう答えた。

 



 

「城で何をしているのですか、ヘレン?」

「今夜の⼤きなお祝いのために、リーダー以上が城に呼ばれました。イベントの実際の理由は秘密であるはずでしたが、それはすでにリークされていました。どうやら敵の幹部が敗北したようです!」

「本当?」

エミリーの⽬が輝いた。

「ランスの功績でしょうか?」

「何も確認されていませんが、おそらくそれが最も可能性が⾼いです。私が知っているのは、ビリオン司令官⾃⾝が⼩さな乗組員を連れて遺体を回収したことだけですから」

「凄い!」

ヘレンからエミリー、そして妹とその逆に視線を移すと、彼らが私をからかっていると⼀瞬思ったが、数分聞いただけで、彼らは真剣に噂話をしていることに気づく。

彼らは本当に誰が敵幹部を殺したのか知らない?

「待って、今夜はお祝いがあるのですか?」

私は、会話を元の道に戻しながら尋ねた。

「ええ、それであなたもお城に戻ってきたのではないですか?」

ヘレンは眉を上げて答えた。

「お兄ちゃんは怪我をしたので帰らなければなりませんでした」

「え?どうやって?どこを?⼤丈夫ですか?」

エミリーが心配してくれる。

「ただの不注意です。⼤したことはありません」

本当は彼らに真実を話したいが、ビリオンは何らかの理由で秘密にしているのかもしれない。

「⼤したことでした!」

エレナーが私の頬をつまむ。

「あなたは1⽇以上眠り続けたのに、それでもまだ傷跡が残っています」

会話の話題は変わったが、残りの⼩さな集まりの間、ヘレンは私を疑わしい⽬で⾒ていた。

部屋に戻ると、絆に迎えられる。

「エレナーとはどうでしたか?」

「彼女はとても成長しました・・・」

「あなたはそれを悪いことのように聞こえさせますね?」

「厳しい状況に耐えることから⽣まれた知恵と成熟は、兄として⾒るのは⾟いことです。しかし、私は少なくとも彼⼥に追いつき、彼⼥の⼈⽣で何が起こっているのかについてもう少し学ぶことができました。彼⼥がヘレンからアーチェリーを学んでいることをご存知ですか?ヘレンとエミリーは、エレナーのためにマナとアーチェリーを組み合わせるというこの新しい習慣を思いついたのです!」

シルビーは彼⼥の⿐孔から⼩さな空気を吐き出す。

「私はあなたがこれほど興奮しているのをしばらく⾒ていません」

「・・・うるさい」

エレナーの重い⾔葉にも関わらず、妹と過ごすのは楽しかった。

次元リングに⼿を伸ばして、夜明けのバラードを引き出し、⽬の前のティーテーブルにそっと置く。

武器の状態が悪いのを⾒て、私は別のため息を唇から逃がさずにはいられなかった。

この剣は5年近く私のそばにある。

夜明けのバラードは、ブレードを磨いたり、研いだり、掃除したりする必要がなく、ほとんど何にでも耐えることができ、本当に貴重な資産だった。

たとえ損傷したとしても、私が遭遇する可能性のある他のどの剣よりも優れていると評価するほどに。

⾵変わりなアスラ、レンが私に植え付けた武器が現れるかどうか、そしていつ現れるか分からなかったので、この次の戦いの間にそれを持っていることに頼るのは無謀でしょう。

その後、私の考えは最近のダルブへの旅に移る。

ラーディーズがこの反逆罪のリーダーであるかどうか、もしそうなら、私が何をすべきかを確かめる必要があった。

アルドゥインとメリアルによれば、イライジャの⾥親が2つのドワーフのランスを⽀配していなかったとしても、彼は依然としてドワーフの市⺠全体から多⼤な⽀援を受けている。

ドワーフのグレイダー家と⼈間に対する全体的な不満が深まったという事実に加えて、彼を殺すことはドワーフからの⼤規模な反乱を意味するでしょう。

「アーサー?あなたはそこにいますよね?入ります!」

⼤きな⾳を⽴てて、私の部屋のドアが破裂し、メイドと警備員の群衆が現れた。

メイドの⼤群が私を脱ぎ始めている間、警備員が中央の部屋を作るために内部の家具を押しのけたので、私は準備する時間も反応する時間さえない。

しかし、私をもっと悩ませたのは、私がこのような状況に投げ込まれることにどれほど慣れていたかでしょう。

これをビリオン効果と呼びましょうか?

「おじいちゃん、今回は何を計画しているのですか?」

何⼈かのメイドが私の⼤雑把な反応に息を呑んだが、ビリオンは彼らに続けるように⼿を振った。

「アーサー、私の間もなく孫になるあなたが主役を務めます」

 



 

エレナーの才能は予想以上ですね!

もちろん本人の努力もありますが、彼女の成長は著しいです。

アーサーが幹部を倒したことは知られていないようです。

ビリオンの計画とは?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【201話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は201話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...