最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【201話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は201話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

201話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【200話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は200話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side テシア・エラリス

⽬の前に⽴っている自分の姿。

頭を少しだけ傾けると、私は豪華に飾られた煌めく⿊のドレスを着ていた。

シルクのような⽣地が⾸の付け根のすぐ上に現れ、繊細なフリルが⼥の⼦らしいタッチを加えている。

過去数ヶ⽉間、鎧を着て汚れに覆われた後、鏡の前に⽴っているのが自分だとは信じられなかった。

「美しいわ」

⺟は温かい笑顔で私に視線を移す。

けれど、横の椅⼦に座っている母を⾒ると、新しいドレスでも⾃信を失ってしまう。

私の暗いガウンとは異なり、⺟は穏やかに流れる美しいバラのドレスを着て、控えめな優雅さを保ちながら彼⼥のスリムなウエストと広いヒップを強調していた。

「よく分かりません。ドレスが少し暗いと思います・・・。もう少し明るいものを着るべきでは?」

「⿊はあなたを成熟させていると思うわ」

母の言葉に、メイド長が口を開く。

「このドレスは、カルバーク市の有名なシルクウィーバーによって作られました。彼はあなたのために特別にデザインしました、レディ・テシア。フリルはとてもキュートなタッチを加え、ドレスの全体的な形と⾊は⾮常に官能的な類似性を放っています」

「官能的?」

「デザイナーのレイラックは、服⾃体が美しくあるべきではないと信じています。むしろ、服は着⽤者の美しさを引き出し、強調する必要があります」

メイドたちが最後の仕上げを終えて部屋から出ると、スタナード、ダルバス、カリアを見つけた。

ダルバスは、⺟と彼⼥のメイドが去るのを静かに待ってから、⽣意気な笑みを浮かべる。

「お姫様、よろしくお願いします」

 



 

階段の吹き抜けにたどり着く頃には、⼈の数が多かったため交通が停滞していたが、無意味な冗談と最近のミッションの話で、時間はかなり速く経過した。

評議会が開催した過去のイベントとは異なり、これは城の外の貴族にも開かれていたため、⼤きな螺旋階段は貴族で溢れており、このような狭い場所に詰め込まれることに慣れておらず、彼らの不満を⼤声で表明している。

いくつかの視線が私の道に来るのを感じたが、私に近づこうとする⼤胆さを持った貴族はほとんどいない。

「もう疲れました・・・」

スタナードは群衆に押されたり引っ張られたりしながら呟く。

彼の愚痴にカリアも同意した。

「ええ、戦争が始まって以来、城が住⺠だけでなく開放されたのは初めてなので、城の外からたくさんの貴族がやってくると聞きました」

アーサーを⾒つけたいと思って、時々ちらっと⾒回す。

彼はまだ休んでいるか、後で来る可能性があったが、私の⽬は無意識のうちに⻑い⾚褐⾊の髪の⽑を探しているようでした。

私の⼼を読んでいるかのように、カリアは「ところで、あなたのハンサムな恋⼈はどこですか?」と尋ねる。

「か、彼は私の恋⼈ではありません!」

思わず大声を出してしまって、周りの注意を引いてしまう。

「彼は最近怪我をしたので、休んでいると思います・・・。多分・・・」

「ランス様が怪我をした?」

ダルバスは嘲るように息を呑んだ。

「彼は彼らが⾔うほど強くはないと思います」

「それでもあなたは負けたけどね。顔も」

「うるさい!」

「そして彼はそれほどハンサムではありません。彼の⻑い髪のせいで、⼈々は彼を⼥の⼦と間違えているに違いない」

「ああ、嫉妬しているの?」

カリアはニヤリと笑った。

「アーサーがダンジョンに少し現れた後、彼に惹かれた⼥の⼦がかなりいたと聞きました」

「私たちの王⼥は今、アラクリアンとミュータントマナビースト以外の敵と戦う必要があるようですね」

スタナードは笑いながら話す。

「皆さん、私が今あなたたち全員を降格できることを知っていますよね?」

階段の吹き抜けを30分ほど上った後、ようやく城の最上階にたどり着く。

住宅フロアのテラスと同じように、城の頂上は透明なドーム型の障壁で覆われており、会場全体が屋外で⾏われているように⾒えた。

太陽が沈み始めたばかりだったので、城全体が穏やかなマゼンタと燃えるオレンジの果てしない広がりに囲まれている。

光のオーブがドーム型のバリアの内側に浮かび、穏やかな輝きを放っている。

エルフから⼈間、ドワーフまで何百⼈もの貴族が細⼼の注意を払い、オーケストラがさまざまなフルートや弦楽器を演奏して会話の隙間を埋め、最上階に上がると、まるで魅惑的な気分に。

まるで御伽の国。

ダルバスは感謝の気持ちで⻑い笛を鳴らし、スタナードの視線は不思議なことにある場所から別の場所へと⾶び交った。

「綺麗・・・」とカリアはため息をつく。

ダルバスとカリアは、ダルバスの家族がいる場所へ向かう。

私とスタナードはエミリーを見つけた。

「ようやく、私が知っている⼈たちに出会えました」

「ここであなたに会うとは思っていませんでした」

友達を抱きしめて挨拶する。

「これらすべての照明アーティファクトを設定したのは誰だと思いますか?」

「エミリー、もしかしてあなたが?」

スタナードが驚きの表情で尋ねた。

「まあ、先生のアドバイスを貰いましたが」

「ねえ、エミリー。あれって?」

スタナードはテーブルの近くを指さす。

見てみると、ギデオンがステーキを食べることとワインを飲むことを交互に繰り返していた。

「あのジジイ・・・」

エミリーが頭を抱えながらボソッと呟く。

「ギデオン先生!」

私たち⼆⼈が恥ずかしそうに頭を下げて彼⼥を追いかけている間、年⽼いた職⼈はエミリーの⼤声でステーキを喉に詰まらせていた。

「親愛なる⾒習い、あなたはそんなに声を上げなければなりませんか?」

ギデオンは不平を⾔い、私たちの存在を認める前にグラスから⼀⼝飲んだ。

「テシア王⼥、スタナード・・・。お⼆⼈がまだ⽣きているのを⾒れて嬉しいです」

「お久しぶりです。」

スタナードが敬意を表してお辞儀をしている間、私も挨拶をする。

「無料の⾷べ物とお酒以外に、どんな理由が先生をここに連れて来たのですか?」

「私はあなたの祖⽗からかなり興味深い仕事を与えられました」

彼は私を⾒つめる。

「それまで時間をつぶしているだけです。さらに、この⼤陸全体で唯一、私より賢い人物を⾒ることができますから」

「ギデオン先生、あなたより賢い⼈がいるのですか?」

スタナードは、本当に驚いて尋ねた。

「あなたたちも知っている人物です。新しいランスのアーサーだ」

 



 

3人と話している途中で、私は馴染みのある顔を発見する。

それは間違いなく、キシラスのギルドマネージャー。

「後で会いましょう」

集まった⼈々を押しのけて、彼と何⼈かの警備員が群衆から守っている同年代の少⼥を見た。

「クレア!」

貴族が集まった中央には、ブレイドハート家に状態や所在を隠されていた懲戒委員会の元リーダーの姿が。

「テシア姫」

クレアの叔⽗であるカスピアン・ブレイドハートが挨拶する。

「お久しぶりです」

「おじさん、ここは少し息苦しいです。テシア王⼥と⼀緒に新鮮な空気を⼿に⼊れましょう」

通常は無表情なギルドマネージャーの眉が⼼配の形に。

「だが___」

「大丈夫です」

クレアは私を群衆の中に引き込む前に、叔⽗に優しい笑顔を与える。

城の屋根の端に向かう間、私は黙っていた。

そこは、⼩さな階段が空を⾒下ろすデッキに続いている。

⼿すりに寄りかかっている間、私たちのどちらも沈黙を保っていた。

「クレア、あなたは素晴らしく⾒えます」

嘘をついていない。

クレアは、私が他の多くの⽣徒と⼀緒に学校で尊敬していた上級⽣の一人。

常に明るく、真正⾯から挑戦することを恐れることのない勇敢な人物。

今⽇、肩に薄いショールをかけたアイボリーのドレスを着た彼⼥を⾒ると、穏やかな空気が彼⼥の通常の活気に満ちた元気なオーラに取って代わったのを感じた。

しかし、それだけではない何か違う感じが。

「ありがとう」

クレアはかすかに微笑みながら、柔らかい笑い声をあげる。

「そして、あなたはおそらく、今夜あなたがどれほど美しく⾒えるかを⼗分に聞いたことがあると思います」

「主に友⼈や家族によってですが」

私は笑った。

「彼らの⾔葉は何よりも義務的ですから」

クレアは楽しそうに微笑んだが、私が周りに集まった⾮常に多くの貴族と⼀緒に尋ねたかった質問を飲み込んだとき、私たちの間で再び沈黙が生まれる。

「テシア姫、あなたはチームをリードしていると聞きました」

「はい。かなり最近ですが」

「私は嫉妬しています。あなたはもっと強くなったに違いありませんから」

「いいえ、まだ学ぶことがたくさんあります。私はまだ⾃分のビーストの意志を完全にコントロールしておらず、剣を上達させることに集中してきたので、⻑距離は苦手です」

「・・・そうですか。私は今でも時々剣を使って練習していますが、以前ほどではありません」

「クレア、あなたの怪我はまだ・・・」

私の疑問に彼⼥は⾸を横に振る。

「キシラスによる私の怪我はほとんど治っています」

「それは素晴らしいことです!それなら、戦争に参加する予定はありますか?」

「いいえ」

クレアはきっぱりと答えた。

「そう・・・ですか」

内心、クレアの答えに驚く。

彼⼥は常に強い正義感を持っていたから。

それが彼⼥が懲戒委員会のリーダーに選ばれた理由の⼤きな部分。

「あなたの家族は学校で起こったことのために承認しなかったのですか?」

「そうではありません」

クレアは頭上で私たちを取り巻く星を⾒つめた。

「分かりません。ほんの数分前、あなたは戦争に参加したかったようでした。そして、あなたの家族がそれで⼤丈夫であり、あなたの怪我が良くなったなら___」

「確かに、私の怪我は良くなりました」

彼⼥は私の言葉を遮り、私を⾒つめ直す。

彼⼥はドレスのストラップを外し始めたので、私を不意を突かれた。

彼⼥は振り返り背中を私に向けた後、私はクレアのドレスの腰の⼤きな傷跡を目にする。

クレアがドレスを持ち上げて振り向くと、彼⼥の表情は冷淡だった。

「デスが、エミッターと医者が修正できなかったのは、私のマナコアでした」

不注意に鋭いあえぎを吐き出したので、私の⼿が口を覆う。

「そ、そんな・・・。まさか・・・」

私の⼝に近づきました。

クレアはうなずき、彼⼥の顔はずっと前に受け⼊れたと私に告げる表情で覆い隠されている。

「はい、私はもう魔法を使えません」

 



 

久しぶりのクレアの登場。

けれど、彼女はキシラスの事件でマナコアを損傷してしまったのですね・・・。

魔法は使えませんが、戦士として戦うことはできないのでしょうか?

何よりも、本当にマナコアを修復することは不可能なのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【202話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は202話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...