最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【202話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は202話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

202話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【201話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は201話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side テシア・エラリス②

さまざまな状況でどのように⾔うかを学ぶことに費やしたにもかかわらず、クレアに対応するための適切な⾔葉を見つけることができなかった。

どんな種類の謝罪や慰めも、哀れなものや鈍感なものとしてしか思えないでしょう。

黙り込んでいると、驚いたことに、クレアはそっと微笑む。

「⼼配しないでください。私はほとんど納得していますから」

「でも・・・」

「本当に大丈夫です。私はすでに叔⽗に話し、私の家族が運営する訓練施設で⼿伝うつもりです。私は、新しい兵⼠を訓練することが、この戦争を助ける私の⽅法であるかもしれないと考えましたから」

私は何も言えない。

彼⼥はほとんど死にかけ、今では魔法を練習することができなくなった⼈でしたが、彼⼥は次の目標を見つけていた。

「クレア!」

後ろから突然澄んだ声が響き渡る。

私たち⼆⼈は、階段の⼀番上にいるグレイダー家の⻑男と彼の妹を⾒つけた。

カーティス王⼦の⽬はクレアに固定され、彼の鋭い眉は⼼配と欲求不満に満ちている。

煌めく⽩いドレスに包まれたキャサリン王⼥は、無表情で知られていたが、⾚い⽬が涙で裏打ちされ、繊細な淡い⼿が彼⼥の裾を握り締めていた。

クレアが⼀⾔も⾔えないうちに、⼆⼈は急いで彼女を抱きしめる。

「お⼆⼈にお会いできて嬉しいです」

カーティス王⼦はクレアを解放したが、彼の表情はまだ⼼配と怒りの混ざっていた。

「私たち全員がどれほど⼼配していたか知っていますか?クレア、あなたがここにいるということは、あなたが⼤丈夫だということですよね?」

「何が起きたのですか?」

キャサリンも尋ねる。

クレアはカーティスとキャサリンに、彼⼥が私に⾔ったのと同じ話をした。

彼らの顔が暗くなるのを⾒て、私は今彼らと同じ表情をしているに違いないでしょう。

クレアがマナを操作できないことを明らかにした後、カーティスは凍りつき、反応することできずにいた。

しかし驚いたことに、キャサリンが口を開く。

「クレア、あなたはとても強いです」

彼⼥は⽔っぽい視線を持ち上げ、クレアと目を合わせる。

「このような⼤きな障害を乗り越え、笑顔で前に進むことができるということは、マナコアの⾊よりもはるかにあなたのことを物語っていると思います」

彼⼥の⼒強い⾔葉に唖然とした。

私は視線を移して、クレアが王⼥の反応から固くなったことを確認する。

涙が彼⼥の頬を転がり始めた。

「あれ?」

自分の状態に驚いたクレアは急いで涙を⼿のひらで拭き取ったが、涙は⽌まらない。

「は、恥ずかしいわ。どうして泣いているのか自分でも分からな___」

「恥ずかしくないわ」

キャサリン王⼥がもう⼀度彼⼥を抱きしめると、クレアは声を上げて泣き出した。

彼⼥の泣く姿を⾒て胸がドキドキする。

カーティスは私に向き直り、頭を下げたが、それ以外の場合、私たち2⼈は黙っていた。

クレアが落ち着くと、私は二人のところへ歩いて⾏く。

「テシア姫」

カーティスは丁寧にうなずきながら微笑んだ。

「すぐに挨拶しなかったことをお詫びします」

「テシア姫」

キャサリンも私の名前を呼び、頭を下げた。

「気にしないでください。そして、私たちがかつて同級⽣だったことを考えると、私たちはお互いにもう少し快適になることができるはずです。そうよね、カーティス、キャサリン?」

「その通りだな」とカーティスはニヤリと笑った。

「そうね、テシア。またお会いできて嬉しいわ」

キャサリンも微笑みながら話す。

 



 

私たちは最終的に近くのパティオテーブルの周りに落ち着く。

私は彼らと特に親密ではなかったが、私たち4⼈全員に、私たちがすぐに絆を結ぶのを助けてくれた共通の友⼈、アーサーがいた。

3⼈は私の幼なじみについて多くのことを語り、そしてすぐに、私たちは彼を含む話について笑いを共有する。

「テシア、アーサーは小さい頃はどんな感じでしたか?」

キャサリンの質問に答える前に少し考えてしまう。

「彼がずっと寒かったのを覚えています。彼はみんなから距離を置いていました。私たちが⼀緒に笑ったり、からかったりしたときでさえ、彼の側には常にいくらかの抑制があったように思えるわ。もちろん、当時は分からなかったけれど、今振り返ると、アーサーはまともな⼈として⻑い道のりを歩んできました」

「確かに・・・。私は本気で彼に嫉妬した瞬間がありました」

カーティスは恥ずかしそうに頬を掻きながら認めた。

「彼は確かにほとんどの⼈が魔法と戦いに関して嫉妬するでしょうが、彼は他の⾯でかなり⽋けています」

「それはどのような側⾯でしょうか?」

クレアはひどくニヤリと笑う。

「⼥性の⼼?」

「私は特定の側⾯を念頭に置いていません!」

⼣⽅の空が私の燃える頬を覆い隠すことを期待して、私は⽬をそらした。

クレアは静かな王⼥に頭を向ける。

「恋愛中のあなたの最も恐ろしいライバルは、彼⼥の気持ちを認めることさえできませんね、キャサリン」

「え?恋のライバル!?」

カーティスは叫び、妹に⽬を向けた。

「誰?まさかアーサー?」

「い、いいえ・・・。アーサーはテシア王⼥にもっと似合うと思います」

「だめよ、キャサリン!戦いなしで諦めてはいけません!」

クレアはからかい続ける。

カーティスが必死の形相でキャサリンを説得しているが、私の耳には何も入ってこなかった。

笑顔のまま、向かいに座っているお姫様をじっくりと観察する。

⼤きな黒い⽬で、⽚⼿で覆うことができるほど⼩さい顔に⻑くて厚いまつ⽑。

乳⽩⾊の肌と、私も守りたかったほどの⼩さくて繊細なボディ。

彼⼥が⾮常に才能のあるエミッターであったという事実に加えて、彼⼥には欠点が見当たらなかった。

アーサーはキュートで控えめなタイプを好むのでしょうか?

「・・・テシア?」

「ああ、ごめんなさい。少し別のことを考えていました」

「構わないよ。アーサーがどこにいるのか興味があって。この辺りで彼に会ったことはないから」

「アーサーなら、私は今朝彼に会ったわ。彼はまだ療養中だから、今回の催しには参加しないと思います」

「・・・アーサーが怪我をした?」

キャサリンは呆然とし、カーティスとクレアも驚いていた。

「今は⼤丈夫よ。おそらく彼の過ちだったと思いますが、彼らが私にすべてを語っているわけではないように感じます」

「アーサーは戦いの最中に⼤失敗をするタイプではありません」とカーティスは述べる。

「何が起こったのでしょうか?」

クレアは深呼吸をする。

「ご存知のように・・・、私は怪我をしましたが、後悔していることが1つあるとすれば、この戦争中にアーサーの側で戦うことができなかったことです」

「彼がどれだけ成長しているかについても興味があります」

カーティスも興味を示していた。

兵⼠たちと私が死体の⼭の頂上でアーサーを⾒つけたときの思い出は、まだ私の背⾻に悪寒を送り続けている。

あれはアーサーの⼀部。

⼆度と会いたくないと思えるほどに。

「そろそろメインホールに戻る時間だと思います」

クレアは⽴ち上がってそう提案したが突然⽴ち⽌まったとき、私たちは彼⼥の階段をたどり始める。

「どうしましたか?」

私たちが彼⼥にたどり着くまでに、私の懸念は答えられていた。

ミスリルで構成されたエレガントな鎧を⾝に着けていたのは、シックスランスのヴァレイ・オーラ。

「先生」

キャサリンはすぐにお辞儀をした。

「ヴァレイ将軍」

「こんばんは」

彼⼥はうなずき、視線をキャサリンからカーティスに、そして私に戻す。

「私はパーティー中に3⼈を護衛するためにここにいます。もちろん、ミス・ブレードハートも⼤歓迎です」

「クレア、⼤丈夫ですか?」

クレアは苦笑いで私に向き直った。

「ええ、マナが使えなくなったので、ヴァレイ将軍のオーラは、抑制されていても、⼀瞬⿇痺しました。ですが、今は平気です」

 



 

ステージの正⾯近くに到着すると、ホール全体が突然暗くなった。

そして、私は席に座っている評議会の他のメンバーと⼀緒に両親を発見する。

驚きのあえぎと混乱の呟きが噴出した。

オーグメンターのように視⼒を⾼めることはできないが、エルダーウッドガーディアンと同化することで、評議会のメンバーがお互いに困惑した視線を交わしているのを⾒ることができるまで、感覚が⼤幅に改善されたのだ。

ほとんどの⼈がこれがイベントの⼀部であると思い始めていたので、ホール内の騒⾳はゆっくりと消え、⾐服の柔らかなざわめきだけが聞こえる。

⽊製のステージの上に⾜⾳が響き渡り、ステージ上に浮かぶ照明アーティファクトがステージの光の柱を照らして祖⽗を明らかにした。

「お待たせしました!」

彼の鋭い声は権威を持って鳴り響き、貴族からの拍⼿を呼び起こす。

この戦争の間、ディカゼンで最⾼の権威を持っていた祖父は、その称号に見合う服を纏っていた。

ゴールドのトリミングとキラリと光る⿊い宝⽯で飾られた豊かなバーガンディのローブ。

髪の⽑でさえ真珠のように煌めいていた。

拍⼿が⽌んだ後、祖⽗が話し始める。

「まず、ここにいる皆さんに謝罪させてください。このイベントの⽬的については、ほとんど何も⾔われていなかったことを私は知っています。これは意図的に⾏われたものであり、セキュリティのためではなく、安全のためでもありません。いいえ、これは今⽇ここにいるすべての⼈を驚かせるために⾏われました」

貴族が混乱してお互いを⾒つめ、彼らが正しく聞いたことを確認した。

「そして・・・、皆さんを⼗分に待たせたので、この戦争での勝利に向けた私たちの第⼀歩を皆さんに提⽰させてください!私たちは今⽇、敵側の中央同盟国を根絶する人物を称賛するために来ました!」

祖⽗は、うなり⾳が下から響き渡ったので、横に移動する。

氷の墓に⾝を包んだ恐ろしい姿が浮かび上がると、ステージは半分に分かれた。

ステージに最も近い貴族は皆、恐れから数歩後退し、弱い貴族の中にはつまずいた⼈も。

ヴリトラを⾒つめていると昏迷に陥り、誰かが私の腕を引っ張っているのを感じた。

振り返ってみると、クレアの顔が真っ青に変化し、なんとか⽴っている。

「クレア?下がりますか?」

「い、いいえ」

彼⼥は⾸を横に振った。

「私は少なくともこれだけ耐えられる必要があります」

これ以上⾒るのは⾟かったが、私は視線をステージに戻す。

死後もこのような有害なオーラを発することができる存在は、それがどれほど強かったに違いないか想像すらできない。

ヴリトラが氷に包まれているのを最初に⾒たとき、ここから冷たく感じるほど、私の視線は無意識のうちにヴァレイ将軍に向けられたが、彼⼥は他のみんなと同じように唖然としていた。

そして、彼⼥の視線は、傷ついた怪物に固定されていない。

ステージを振り返ると、氷に包まれた怪物を照らしている光の柱の後ろの影に隠れて、後ろから別の⼈が現れる。

現れたのは予想外の人物。

ヴァレイ将軍やこのホールの他のみんなと同じように、アーサーが誰もが⾒ることができるように視界に⼊ったとき、私は唖然とした。

 



 

クレア・・・。

叔父を目標としていた彼女が、戦士の道を断たれたのは辛いですね。

敵幹部の力は、ヴァレイも目を見張るほどの強さのようです。

アーサーの登場に、会場の人々はどのような反応をするのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【203話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は203話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...