最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【203話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は203話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

203話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【202話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は202話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side テシア・エラリス③

ホールの全員が息を⽌め、アーサーが視界に⼊ってきたときに話すのを静かに待っていた。

アーサーが脚光を浴びた瞬間、そこにいる全員がアーサーのイメージを彼らの⼼に染み込ませているように。

ちょうど数時間前に私の幼なじみに会ったことがあったので、私が彼と⼀緒にいたときと⽐べて彼がどれほど異なって⾒えるかにさらに驚いた。

彼の⻑い⾚褐⾊の髪は、装飾⽤のピンで繋ぎ合わされて、頭の後ろの結び⽬で緩く結ばれて いる。

⼈間のフォーマルな服装ではなく、私たちエルフのような絹のような装飾的なローブ。

けれど、私たちの伝統的な⾐装とは異なり、彼のローブのゆるい袖は彼の肘をかろうじて通り過ぎて、彼の腕全体を覆っている薄い⼿袋を明らかにしていた。

洗練された⾐服のアンサンブルを完成させるのは、雪のように⽩い、⽚⽅の肩に掛けられた豊かな⽑⽪。

アーサーが頭を向け、氷に包まれたヴリトラを深く覗き込んだとき、彼の変容に気を取られて、⾸を傷つけた⾚い⽕傷が⾒えなくなっていたことに気づく。

彼は話す前に私たちの⽅を向いた。

「死体をある種のトロフィーや⼤衆の記念品として展⽰することは私が深く反対することですが、今夜このイベントに参加する⼈々は⼤衆の⼀部ではありません。参加されている各貴族は、この戦争に関するニュースを待ち焦がれている労働者、⺠間⼈、住⺠がいます。これまで、漠然とした仮定と根拠のない理論だけが彼らに与えることができました」

アーサーは言葉を⼀時停⽌するが、群衆は静かなままで、彼が再び話すのを忠実に待っている。

「謙虚な背景から⽣まれた私は、家族や途中で出会った友⼈のおかげで、今の地位に登ることができました。私は今ではランスであり、その中で最年少ですが、私は最強ではありません。そんな私でさえ、アラクリアン軍のいわゆる「最⾼の権⼒」の1つである保持者を倒すことができました」

群衆から興奮した呟きが聞こえ始めたとき、私は彼のスピーチが意図的なものであることに気づいた。

彼は私より1歳年下で、彼の経歴から、スピーチや社会的複雑さなどについて教えられたり準備していないはずなのに、すべての息、⾔葉、休憩、動きを利⽤して群衆を完全にコントロールしている。

「見ての通り。私はこの強⼒な⼒との戦いで怪我を負わず、貴族の群衆の中でこのようにしゃべるのに⼗分健康です」とアーサーは微笑んで、私の周りのみんなから笑い声を引き出した。

⼿袋をはめた⼿の⽚⽅を氷の墓に置き、彼は評議会が座っていた場所に視線を移す。

「このシンボルは、私にこの役割を与えてくれた評議会への私の捧げ物であるだけでなく、もちろん、⽐喩的に、皆さんが家に持ち帰って⼈々に広めることができることを願う贈り物でもあります」

アーサーがお辞儀をした後、歓声と笑い声が沸き起こり、彼の演説の終わりを告げた。

アーサーがステージを去り、私の祖⽗が戻ってきたとき、照明のアーティファクトが再び点灯する。

「どうぞ、ヴリトラを詳しく⾒てください。残りの夜を楽しんでいただければ幸いです」

私の両親だけでなく、カーティスとキャサリンの両親が凍った墓を観察していた。

ラーディースという名のドワーフの⻑⽼だけが距離を保ち、彼の表情は微妙に緊張している。

「テシア姫、死体の場所に連れて⾏ってくれませんか?」

ヴァレイ将軍は、彼⼥の鋭い⽬には珍しい期待の兆候を秘めていた。

ランスを失望させたくなかったので、カーティス、キャサリン、クレアと私は、凍ったヴリトラを取り巻く貴族がどんどん増え始める段階に向かって彼⼥を追いかける。

ヴリトラを⻑く見続けるのは厳しい。

物理的な属性に関しては、彼⼥は⼈間のように⾒えたが、マナでブロックできない恐怖で彼⼥の⽬が満たされているはずの2つのくぼんだ空洞。

クレアが死体を青ざめて観察しているときに、ヴァレイは氷の墓に沿って⼿を動かしながらヴリトラのあらゆる⾓度をじっと⾒つめているのを⾒て、私は突然思い出した。

「クレア」

私は彼⼥の袖をそっと引っ張っる。

「ここで待っててください!アーサーを連れてきます!」

「え?テシア、それは___」

クレアを無視して、私はすぐにカーテンの後ろのステージの後ろに入る。

「テシア王⼥?」

私は微笑んで、すぐに⾔い訳をした。

「私の祖⽗は私が彼に会うことを期待しています」

「アーサー将軍とビリオン司令官は、評議会の他のメンバーでさえ、誰にもこれらの階段を降りるように命じていませんでした」

「知っているわ。彼らは私にもここにいると評議会に⾔わないように⾔いましたから」と私は嘘をつく。

騎士はもう⼀度考えたが、うなずいて脇に寄り、私が降りるように動いた。

階段を深く降りると、⾵の魔法で⾜元の音を静める。

密室で微かな声が呟くのが聞こえるほど近づいたら、魔法を撤回してからさらに数歩歩く。

おじいちゃんもアーサーもマナの変動にひどく敏感だったので、盗聴したいのなら、聴覚だけに頼らざるを得ないのだ。

ビーストの意志が同化した後の感覚の向上により、彼らが何を⾔っているのかを理解することができ、その⾳から、職⼈のギデオンもいることが分かる。

「無茶をするな、小僧」

「平気です。魔法を使う必要がなかったので、⾁体的な疲労感のみです」

アーサーの声はステージでの声に⽐べて弱く聞こえた。

「ですが、⾸の周りのこのペーストはかなり息苦しいですね」

「それに触れないのが最善だ。さもないと、物質がより早く摩耗する」とギデオンは呟く。

「パーティー中に傷跡を⾒せたくはないでしょう?」

「そうですね、私はまだそこに戻らなければなりません」

「もちろん。あなたはイベントのスターなのだから。しかし、あなたのスピーチは⼗分に説 得⼒があったので、最後まで滞在する必要はないかもしれません」

「良かった。ギデオン、レコーディングはどうだった?」

アーサーがギデオンに尋ねる。

「トリガーを押してからショットが撮られるまでにはまだ少し遅れがあるので、指定した正確な瞬間に画像をキャプチャし ようとするのは⾯倒だった」

「ラーディーズの反応は?」

おじいちゃんの質問にアーサーが答えた。

「彼は群衆の中にいたヴァレイ将軍を⾒ています。テシアの⽗親に、王室の⼦供たちの世話をするランスを持っていることを提案しました」

「それじゃあ、ラーディーズはヴァレイ将軍がヴリトラを殺したのだと思ったのですか?」

「ちょっと待て。小僧、だからあなたは死体を凍らせたのか?彼にそれがヴァレイだと思わせるために?」

祖⽗の割り込んだ声は驚いたように聞こえた。

「最強のランスがアラクリアン軍の最強の軍隊の1つを殺した責任があると彼に考えてほしかったですから。ヴリトラが氷に包まれてやってくるのを最初に⾒たときのラーディーズの顔を⾒てください。彼は驚いて、すぐにヴァレイの⽅を向いている」

「驚きと怒りの表情が見えるな」

「普通、最も弱いと思われるものがアラクリアンの⼤国の1つよりも強いことを知ると、ほとんどの⼈は驚き、次第に幸せになるはず」

「これは、ラーディーズがアラクリアンを積極的に⽀援していることをまだ証明していませんが、これは彼の立場がこれらすべてにあることについての良い考えを私たちに与えます」

「次の戦いで確実に分かるのは・・・」

アーサーの声が途切れた。

ラーディーズ卿はアラクリアンを助けている?

もっと聞く必要があるでしょう。

ーサーはこの次の戦いで何を計画しているのかを?

「私たちは⼩さなネズミを飼っていましたね」

アーサーの声が私からほんの数センチ離れていることに気づいたとき、私の胃は沈んだ。

「驚いた?」

私は弱い声で聞いてみた。

 



 

side アーサー・レイウィン

幼なじみが笑顔を⾒せてくれたので、私はにっこり笑う。

私の後ろを追いかけたビリオンは、盗聴していたのは⾃分の孫娘だと気づき、ため息をついた。

「ご存知のように、男の⼦はこのように詮索する⼥の⼦が好きではありません」ギデオンは笑いながら話す。

テスの視線は⽬をそらす前に私にちらついていた。

「せ、詮索していません。私はアーサーを探すためにここに来ただけですし、警備兵は私をかなり簡単に⼊れさせてくれました」

ビリオンは私たち4⼈の周りに障壁を投げかける前に尋ねる。

「テシア、 あなたはどれくらい聞きましたか?」

祖父の質問に、彼⼥の表情は真剣に。

「ラーディーズ卿は本当に・・・」

「それはまだ分からない。これまでに収集した情報のいずれかを想定したり、それに基づいて⾏動したりするのは時期尚早です」

テシアの視線は落ち込んだ。

「・・・そうですか」

「ビリオン、他に確認する必要があるものはありますか?」

私はビリオンを肩越しに振り返った。

「私たちはラーディーズを⼗分に揺さぶったと思います。今⽇はよくやってくれた」

「それじゃあ、テス。私と一緒に残りのイベントを楽しみませんか?」

私の誘いに彼女は最初ビックリしたが、すぐに唇が丸まって明るい笑顔に。

「もちろん!」

階段を上ると、ガラスのチャリンという⾳とともに、活気のある⾳楽と笑い声で迎えられる。

パーティーの広い会場を歩いていると、遠く離れた都市の貴族たちに左右に迎えられ、幼稚な嫌悪感にもかかわらず、テスは⼀晩中⼤いに助けてくれた。

彼⼥は、私が挨拶し、⼼からの挨拶だけで⼗分満⾜する他の⼈たちと飲み物を共有するべきであるという注⽬すべきゲストを指摘した。

テスは、会話を絶妙にリードし、相⼿を怒らせないようにしながら簡潔に保つことで、私の夜をずっと楽にしてくれる。

おそらく、彼⼥が私のそばにいることの唯⼀の⽋点は、私が近くの⼥性に笑顔を送ったときは、絶対に睨んで肌を摘んでくることでしょう。

 



 

「お兄ちゃん!」

エレナーが群衆から声をかけてきた。

周りを⾒回すと、友達のグループの中で興奮して腕を振っている妹を発見する。

「エレナー?」

「か、彼は本当にあなたのお兄さんだったのですね!」

ドレスを着た女の子たちが吃っている。

「みんな、お兄ちゃんとテシア王⼥です」

エレナーはそう発表し、両腕を私のもう⼀⽅の腕に繋ぎながら胸を膨らませ た。

「それは名誉です、アーサー将軍!テシア姫!」

「アーサー将軍、あなたはとてもクールでした!」

「敵幹部を倒したとき、怪我をしなかったというのは本当ですか?」

⼩さな⼥の⼦たちの煌めく視線を⾒て、突然恥ずかしい気持ちになる。

「彼はこれほど可愛くて華奢なように⾒えますが、実際にはディカセン全体で最強の魔術師の1⼈です」とテスが答えた。

テスと私は妹に抱擁を与えて、彼⼥のグループから離れる。

「自慢のお兄ちゃんね、アート」

「彼女の7歳の誕生日パーティーを思い出すよ」

「あなたの妹は男の⼦たちにかなり⼈気があると確信しています」

テシアの揶揄うことばに私は凍りつき、妹と彼⼥の友達をちらりと見返すと、⾼貴な男の⼦の⼩さなグループが彼女たちに近づいてくるのを目撃する。

テスは私の腕を引っ張った。

「さあ、⼤げさなことはしないでください」

⼤きなヒグマが太い⾻をかじっていた会場の奥に⽬を移した。

私の視線を感じて、妹の絆は知的な⽬で私を⾒つめる。

私はエレナーと彼⼥のグループを指差しながら頭をぐいと動かした。

ブーは振り返り、男の⼦のグループに気づいた後、⼀度うなずく。

今、私たちの気持ちは通じ合っていた。

「何しているの?」

テスは尋ねた。

私は振り返り、ちょうど間に合うように歩き続け、⼤きな唸り声と私の後ろにいる⼩さな男の⼦の恐ろしい叫び声を聞く。

「何もないよ」

さらに数⼈の貴族に挨拶した後、私は椅⼦に腰を下ろした。

私はテスが誰かを探しているのを⾒上げて、群衆の向こう側を⾒るために彼⼥は⾸を伸ばす。

「アート、ここで待っててください」

しばらくして、私は彼⼥がヴァレイ将軍と⼀緒に歩いて戻ってきたのを⾒つけた。

「将軍」

私は席から⽴ち上がって挨拶する。

「ごめんなさい、アーサー」

テスは突然謝罪した。

「ヴァレイ将軍は彼⼥が去ったと⾔ったわ。彼⼥はあなたに会いたくなかったみたいで・・・」

「誰が私に会いたくなかったのですか?」

私の質問に、テスはため息をつく。

「クレア・ブレードハート。彼⼥は今⽇ここにいました」

 



 

ラーディーズの反応から察するに、彼にとってアラクリアンの幹部が倒されたことは喜ばしいものではなかったようです。

ですが、これだけ彼が裏切り者かどうかは判断できませんね。

エレナーが自慢の兄を紹介するのが微笑ましいです。

アーサーとブーの連携も完璧です(笑)

クレアに会うことはできませんでしたが、アーサーはどう思ったのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【204話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は204話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...