最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【204話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は204話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

204話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【203話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は203話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • あなたの秘密

「どの程度の軍隊が必要ですか?」

円卓に広がる詳細な地図を⾒下ろして、ブレイン王は尋ねた。

「3万、いいえ、2万で⼗分です」

「アーサー将軍。⻄海岸はほとんどの部隊を割り当てる必要がある場所です」

私の答えにラーディーズは反論する。

「2万⼈近くの軍隊を北に送ると、この地域は脆弱になりすぎます」

「私もラーディーズ⻑⽼の意見に同意しなければなりません」とアルドゥイン王は付け加えた。

「海岸の近くで何⽇も続いているいくつかの戦いがあります。単⼀の軍隊を撤回することでさえ、彼らに有利なバランスを崩すでしょう」

プリシラ⼥王は、彼⼥が読んでいた伝達スクロールを調べる。

「テルモアとエティスチンの両⽅から⺠間⼈を避難させています。沿岸部隊が撤退した場合、私たちの軍隊は押し戻され、戦闘は都市で⾏われるでしょう」

私の前に座っていたビリオンは、それぞれの王の後ろに直⽴している全てのランスに視線を向けた。

「将軍?どう思いますか?」

「ガキ___、彼が目撃した緩い証拠に基づく漠然とした疑惑は、1つか2つの都市を犠牲にすることを正当化しません」とバイロン将軍は吐き出した。

「バイロンの不快な⼝調はさておき、彼は良い点を⽰しています」と、私の妹よりも年をとっていないように⾒えた⼥性のドワーフのランスであるマイカは言った。

「アヤ将軍?ヴァレイ将軍?オルフレッド将軍?あなた達も同意見ですか?」

ビリオンの質問に、ランスの最年⻑であるオルフレッド将軍はうなずいた。

「それはリスクが⼤きすぎます」

「ごめんなさい、アーサー将軍」

エルフのランスが私の近くで囁く。

「私はそれが賢明ではないことに同意します」

私たちは皆、私が打ち負かすことに⾃信がない唯⼀のランスであるヴァレイに⽬を向けた。

「アーサー将軍の主張が真実であるならば、それ以上ではないにしても、その多くの軍隊を北に送ることは正しい選択でしょう」と彼女は素っ気なく答える。

ヴァレイ将軍の⽀援を得たことは驚きだったが、この場合は私に不利に働く。

しかし、ビリオンは彼⼥の⾔葉を利⽤して、私が本当にやりたかったアイデアをもたらした。

「結局のところ、戦争が始まって以来、幹部クラスを⽬撃したのは1回だけです。幹部クラスがこの次の攻撃を主導していた場合、 適切な措置がなければ損害は壊滅的なものになります」

誰もが同意してうなずく。

「したがって・・・」

ビリオンは⼀時停⽌し、あるランスから別のランスに⽬を移す。

「アーサー将軍と⼀緒に2つのランスを送って、北のサイスが率いる⼤規模な攻撃が実際に発⽣するかどうかを調査することを提案します」

残りの評議会はすぐにお互いをちらりと⾒て、誰かがそれに反対する理由を思い付くのを待った。

「司令官」

ブレイン王が声を上げた。

「ランスは、現在戦闘中の師団の中⼼⼈物です。離脱期間が⻑すぎると、⼠気が低下し、 幹部クラスまたはサイスが戦闘に現れると___」

「グレイダー王」

ビリオンはブレイン王の言葉を遮り、彼の鋭い凝視は⼈間の王を突き刺した。

「なぜランスがこれまでのほとんどの戦いに参加することを控えたと思いますか?」

⾚⽑の王は黙り込む。

「理由は⾮常に簡単です。それだけの価値がなかったからです。私たちのランスのいずれかによって唱えられた⼤規模な破壊呪⽂は、敵の軍隊だけでなく私たち⾃⾝の軍隊も殺すでしょう。ランスが⼒を差し控え、剣を⼿に兵⼠を野外に出すのを⼿伝ったとしても死傷者が出ます。私たちの市⺠がこの⼟地に住まなければならないことを、戦うときは常に⼼に留めておいてください。⽬標はこの戦争に勝つことですが、できるだけ多くの都市を保護することでもあります」

ビリオンの権威ある視線は、ある王または⼥王から別の王へと移る。

指導者たちの顔には消極的な表情が⾒られたが、彼らはゆっくりとうなずいた。

ビリオンは笑顔で両⼿を握りしめる。

「よろしい。アーサー将軍、北の調査に同⾏する2つのランスは誰にしましょうか?」

テーブルの向こうから細い⼿が上がった。

「アルディール卿は私の2つのランスのアーティファクト保持者ですが、彼はここにいないので、 アーサーと⼀緒に送ることを志願できると考えるのが安全だと思います」

すべてが計画通りに進み、私は笑顔を浮かべたい衝動を必死に抑える。

ビリオンもラーディーズの決定を熟考しているように演技した。

「確かに!アルディール卿がいないので、ラーディーズ⻑⽼の指揮下にドワーフのランスを置くのは当然だと思います」とブレイン王も同意する。

「戦闘はサピンで⾏われているので、オルフレッド将軍とマイカ将軍を派遣することが理想的な選択肢であることに同意します」とメリアル⼥王は付け加えた。

ビリオンは、まるで気が進まないかのように、ゆっくりとうなずく。

「・・・分かりました。オルフレッド将軍とマイカ将軍は、⼀時的にラーディーズ⻑⽼の指揮下にあり、アーサー将軍と⼀緒に北に向かい、敵幹部が攻撃を計画している可能性を調査してください」

両⽅のドワーフのランスは、私と同じように敬意を表してお辞儀をした。

「これは偵察任務ですが、状況はあなた方の最善の判断に任せます。優先順位は、特に敵幹部が存在する場合、敵に警戒心を与えないことです。私たちの優先事項は、戦闘を⺠間⼈から遠ざけることであることを忘れないでください」

 



 

会議室の外の薄暗いホールを歩きながら、私は深呼吸をした。

評議会は3つの種族すべての指導者の統⼀された前線であるように⾒えたが、根深い理想と⾃分たちの王国に対する利⼰⼼は何よりも明⽩。

ビリオンと私は、私たちが望んでいた最終結果を得ることができたが、これはほんの始まりにすぎない。

首の隠された傷を撫でながら数時間前の出来事を思い出して、一つのことが私の心に重くのしかかる。

クレアがパーティーに参加していて、私に会いたくなかった。

キシラス以来、私は彼女に会っておらず、私が覚えていた最後の光景は彼女が刺された場面。

彼⼥が私を避けている理由を考えようとしたが、後ろの⾜⾳が私を現実に戻した。

「私たちは⼀緒に使命を帯びるようですね!」

⾼い声が数歩遅れて聞こえた。

「・・・マイカ将軍、オルフレッド将軍」

私は彼らの⽅を向いて丁寧に挨拶する。

「私のことはマイカと呼んでください」と、幼いドワーフは微笑んだが、オルフレッド将軍はうなずくだけ。

オルフレッド将軍の唯⼀の印象は、キシラスアカデミーでの事件の後、私が最初に浮かぶ城に連行されたときのこと。

彼らに軽く会釈をして、その場を離れた。

 



 

ホールの端の部屋に着くと、私は厚い⽊製のドアをノックした。

「はーい」

ドアが開くと、現れたのはテスだ。

彼⼥は寝間着を着ていたが、髪はまだ⽔で滴っている。

「アーサー?」

「すみません、テス。他の誰かを期待していましたか?」

「ええ、カリアが来る予定だったから。アーサー、どうしたの?」

彼⼥は私の真っ⽩な視線に気づいて尋ねた。

「テス、私と⼀緒に少し散歩しませんか?」

⽊々に囲まれた芝⽣のテラスに到着し、端まで歩き続ける。

近くの⽊の太い幹に腰を下ろし、私たちは夜空を⾒つめた。

「星が綺麗だね」と私は感心する。

明るく照らされた街が星を覆い隠していた世界から来て、こんなに穏やかな光景を⾒ることができたのは、私が感謝するようになった祝福でしょう。

「このような静かな夜は、この下で本当に戦争が起こっているのだろうかと時々思うわ」

私は幼なじみに⽬を向けた。

「散歩に誘った理由は、おじいちゃんやギデオンと話したことと関係がある?」

「分かった?

「あなたは理由もなくこれほど感傷的なことをするタイプではありません。⻑い間⽴ち去るか、もう⼀度危険なことをする か、あるいはその両⽅をするつもりでしょう?」

「テスには何も隠せないね」

「そんなことはないわ」

そう呟いて、テスは寂しそうに微笑む。

「とても分かりやすい部分はいくつかありますが、私はあなたをまったく知らないと感じることがあります」

「え?」

「アート、あなたの秘密は何ですか?」

「秘密?」

「魔法、戦闘、作法、演説、さらには諜報活動や軍事戦略。私はそれがいかに不公平であるかを⾔っても何も意味がないことを知っているわ。ただ興味があるだけ」

舌が乾く。

テスに私の過去の⼈⽣についてのすべてを明らかにしたいという誘惑は、私が彼⼥に会うたびに⾼まっていたが、今はその時ではない。

「小さい頃、たくさんの本を読んだだけです」

「ふーん・・・」

彼⼥の視線は疑いに満ちていたが、彼⼥はそれ以上私に質問しなかった。

「・・・アート、無事に戻ってくると約束してください」

テスは私の傷跡が落ち着いた⾸にそっと指をかける。

⾒苦しい痕迹を隠すための包帯は、テスの水の呪⽂で剥がれ始めた。

「あなたが生きている限り、あなたがいくつの傷を持って戻ってくるかは気にしません」

彼⼥の⾔葉に、自分の顔が燃え始めたのを感じる。

テスが夜空を⾒つめている間、私たちの周りの世界は⼀瞬静かに。

「その時、私はあなたを再び愛していると⾔う⾃信があります」

私が彼⼥の⾔葉を処理する前に、テスはもう⼀度私に向き直った。

彼⼥が本当に⽢い笑顔を⾒せてくれたので、彼⼥の視線は柔らかくなり、恥ずかしがり屋の⾊合いで突然の暖かさが私を駆け抜けていく。

 



 

マイカとオルフレッド。

アルディールの管理下にあった二人のランス。

諜報活動は上手くいくのでしょうか?

そして、テシアとの別れ。

次に再開した時、アーサーは秘密を打ち明けるのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【205話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は205話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...