最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【205話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は205話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

205話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【204話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は204話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side オルフレッド

side オルフレッド

ラーディーズ⻑⽼が私を訪ねてきて、彼がどのようにして幼児の⼈間の少年を家に連れてきたのかを教えてくれたとき、私は驚かなかった。

私は彼の優しさに精通していたから。

結局、私も彼の善意の受け⼿だったから。

彼は私を残酷な通りから連れ去り、⾷べ物と避難所を与えてくれた。

彼は私を彼の息子であるかのように扱い、読み書きを教えてくれた。

そして、魔法に対する私の⾃然な傾向を⾒つけた後、マナ操作の基本さえ教えてくれたのだ。

しかし、それでも私は用心していた。

彼がいつか私を売り払うために育てているのではないかと考えて。

けれど違った。

何年も幸せに過ごすことで、私の疑惑はずっと前から消えていた。

私は⾃分⾃⾝を彼の息⼦だと考えるようになる。

⾸都ヴィルドラルにある学院のトップコンジュラーの⼀⼈として卒業した後、私は王室の護衛騎⼠になるための研修⽣の⼀⼈に選ばれた。

グレイサンダーズは貪欲で、種族全体を⾒下ろし、⼈間やエルフよりも劣っていて、彼らがどのように認識されているかに常に不満を持っていた。

しかし、私は王と⼥王に忠実に、そして最⾼の敬意を持って仕える。

それがラーディーズが私に教えてくれたことだから。

何⼗年にもわたって王室に忠実に奉仕した後、次の2つのランスを選ぶという話が明るみに出て、私は候補者の1⼈に選ばれた。

当初、私は辞退することを計画していた。

もし私が⾃分の⼈⽣を誰かに縛り付けたいと思っていたら、それはラーディーズ以外の誰にもならないでしょう。

ラーディーズは、彼がイライジャと名付けた少年を家に連れて帰る⽇まで、この決定を尊重してくれていた。

彼がイライジャとどのように出会ったかについての詳細を私に与えることなく、ラーディーズは私に王室に忠実に仕えるランスになるように促す。

王に背いたとしても、ラーディースに背くつもりはない。

さらに10年が経過し、⼈間の少年はラーディーズの世話の下で成⻑し、歴史上初めて、ランスは公の場で騎⼠になった。

彼は、この少年がドワーフの救世主であるはずだと。

「さあ、席に着きましょう。この⽼⼈と⼀緒に飲み物を飲んでください」

私はラーディーズの向かいの席に着き、ゴブレットを受け取った。

「時が来た、我が息子よ」

テーブルの上に⼿を伸ばすと、ラーディーズは私の⼿⾸をそっと掴み、⼿を握りしめる。

「オルフレッド、あなたの⼼を曇らせている疑いや躊躇はありますか?」

「ありません・・・、父さん」

時間が終わる前に⾔わなかったら後悔することは分かっていた。

ラーディーズが私の⼿をしっかりと握っていると、優しい笑顔で⽬の隅がしわくちゃに。

「私の唯⼀の後悔は、あなたが私たちの⼈々の勝利を⾒るためにここにいないことです。あのアスラではなく、あなたが私に縛られていたら・・・」

⾸を横に振る。

「父さん、私たちが変えることができないことがいくつかあります。しかし、私があなたに知ってほしいことが1つあります」

「それは何ですか?」

「私は私たちの⼈々に対するあなたの野⼼を知っていますが、それが私がこれをしている理由ではありません。私がこれらすべてを間違いなく⾏うことができる理由は、それがあなたが望むものだからだということをあなたに知ってもらいたいのです」

ラーディーズはゆっくりとうなずいた。

「ありがとう、我が息子よ」

 



 

side アーサー・レイウィン

ベッドの端に腰を下ろし、髪の⽑を⽀えていたピンを外す。

私の絆は、眠りに落ちる前に、穏やかな謝辞を吐き出し、夜の静かな平和に私を残した。

テスの声が私の頭に響き渡り、彼⼥の⾔葉は私の優先事項と⽭盾する。

「・・・私はあなたを再び愛していると⾔います」と私はそっと繰り返した。

この⽣涯で本当に欲しかったものはほんの僅か。

それは名声、権⼒、富ではない。

私が望んでいたこと、そして私がこの戦争で戦っていた理由は、単に愛する⼈と⼀緒に年をとること。

これは、グレイとしては出来なかったこと。

そのために、私はアスラであろうとなかろうと、どんな敵に対しても進んで反対した。

私が戦うのに苦労したのは、すべてを捨てたいという誘惑。

テスと家族と⼀緒にビーストグレイズの端に逃げたいと思ったことは何度もある。

貪欲は常に私のあらゆる動きに疑問を投げかけていた。

これはあなたの戦争ではありません、アーサー。

あなたの⾜はほとんど不⾃由であり、あなたの体全体に傷跡があります。

あなたは⼗分に頑張っていませんか?

ため息をついた私は、なぜ私がテスを絶えず押しのけ、後⽇彼⼥に⾔い訳や回り道の答えを与えているのかを理解する。

私は恐れていたのだ。

私が彼⼥を受け⼊れた場合、私の欲望が制御できなくなるのではないかと。

本当に愛した少数の⼈々を救うために、私はディカゼンを捨てるでしょう。

思いがけないうちに時が流れ、気が付く頃には雲に覆われた昇る太陽が空にオレンジ⾊を帯びていた。

「そろそろ⾏く時間だ、シルブ」

階段に向かう前に、妹の部屋に⽴ち寄ってドアをノックする。

「エレナー、君のお兄ちゃんです」

ドアが開き、あくびの真っ只中の妹が現れた。

「お兄ちゃん?何かあった___」

彼⼥は私の服を⾒つめながら、言葉を途中で止める。

「また何処かに行くの?」

「すぐに戻ってきます」

妹を抱きしめた。

「・・・すぐに戻ってくる必要はありません。⽣きて戻ってくるだけで良いです」

エレナーは⼤きく笑ったが、すでに⽬の隅に涙が出始めている。

私は彼⼥の灰褐⾊の髪の巣を乱した。

「約束します」

 



 

階段を下りていくと、テレポートルームに通じる廊下の前で、マイカとオルフレッドに迎えられた。

「マイカはついにあなたと⼀緒に任務を遂⾏することに興奮しています」

私たちがオルフレッド将軍の後ろを歩いているとき、彼女はそう言った。

職⼈と労働者は、私たちの到着時に敬礼する。

しかし、⼀⼈だけ無邪気な笑顔で私たちに向かって歩いてきた。

「ラーディーズ⻑⽼」

オルフレッド将軍は、マイカと私が頭を下げている間、深くお辞儀をして挨拶する。

「ランス」

ラーディーズの笑顔は深まり、左⽬を貫く傷跡が曲がった。

「すみません、私はただあなた⽅全員を直接送りたかっただけです」

「それは名誉なことです」とオルフレッド将軍は答える。

ラーディーズは静かに私を⾒つめながら近づいてきた。

彼が私に微笑んだとき、私は彼が裏切り者ではないことを望んだ。

イライジャを守ることができなかったことを今でも後悔しており、親友を育てた男を迫害して最終的に殺すという考えでさえ、私の⼝に苦い味を残した。

ラーディーズは私の腕にそっと⼤きな⼿を置く。

「アーサー将軍、あなたは前の戦いからかなり疲れているに違いありません。アスラによって、あなたが急いで戻って適切な休息をとることができるように、あなたの疑惑が間違っていることが判明することを期待しましょう」

彼の表現と⾝振りは本物のように⾒えたが、ラーディーズの⾔葉は慎重に選ばれたようだった。

それでも、私は笑顔で答える。

「ええ、そう期待しましょう」

私の腕を⼿放すと、ラーディーズは部屋の後ろに向かって歩く前に、彼のランスにもう1つの意味のあるうなずきをした。

オルフレッドは⼤きな部屋の反対側にある港への道を導く。

「私たちは出発する準備ができています。雲の下を⾶ばないでください」

「あなたの絆は、マイカとオルフレッドに追いつくのに⼗分な速さでしょうか?」

マイカの問いに、誇り⾼きシルビーはドラゴンに変⾝する前に、彼⼥の⿐孔から⼀吹きの空気を放出する。

「問題ありません」

シルビーの⻑い尾が私の⾜から私を⼀掃し、彼⼥の⾸の付け根に私を置いたとき、彼⼥は唸った。

屋根と複数のテラスはマナの透明な障壁によって保護されていたが、私たちは2万フィート以上の⾼度で⾵の全⼒に⾒舞われる。

私たちの声は⾵で失われ、オルフレッド将軍は私たちが向かうはずの⽅向を指し⽰しただけ。

すぐに、マイカ将軍とオルフレッド将軍は雲の中に⾶び⽴った。

「行きましょう、シルビー」

シルビーは翼を広げる前に深呼吸をする。

⾵が彼⼥の体をドックから運び去り、私たちはこの旅の結果がどうなるか分からないまま、彼らのすぐ後ろを追った。 

 



 

ラーディーズがイライジャのことをドワーフの救世主と言った意味は?

彼はイライジャの出生を知っている?

やはりアラクリアンと繋がっているのは確定なのでしょうか?

オルフレッドの目論みも謎のままで、マイカはまだ分かっていません。

不安なメンバー構成ですが、アーサーが何か成果を得られればいいですね!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【206話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は206話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...