最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【208話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は208話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

208話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【207話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は207話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 故郷アシュバー

何時間もノンストップで歩いた後、街灯の輝きで⽬の痛みを感じる。

私は10年以上ぶりに、故郷の⼩さな町アシュバーに戻ってきた。

「マイカは冷たいエールを注ぐマグカップの準備ができています」とマイカは囁き、乾いた唇を舐める。

私は無⾔でうなずき、⾺⾞の速度に合わせてペースを速く保った。

「好奇⼼なのですが。あなたは何⼈の奴隷を所有しているのですか?」

若い男は熱⼼に尋ね、彼の細い目はオルフレ ッドと私の間で左右する。

「特に数えたことはありませんね」

オルフレッドは肩をすくめて、そう答えた。

「私⾃⾝が所有している奴隷もおれば、家族が所有している奴隷もいますので」

「ワオ」

若い男はため息をつく。

「そんなにたくさんいるなら、それらの2⼈の奴隷を私たちに残してはどうですか?痛い!」

年上の男は座席から⾝を乗り出し、少年の頭を引っ叩く。

「頭がおかしくなったのか?」

「冗談です!」

「申し訳ありません。彼の⺟親が逃げ出した後、私は彼を⾃分で育てなければなりませんでした。そして、マナーは彼に教えることの私のリストの常に優先事項ではありませんでした」

「特に気にしていません」とオルフレッドは笑いながら話す。

「さて、到着しました」

運転⼿が⼿綱を引いて⾺⾞を⽌める。

「私たちはこの町を通り過ぎるので、ここからは歩いて行くのが最善でしょう」

「あなた方は夜通しで行動するのですか?」

「1時間先の⼩さな前哨基地に向かう予定です」と少年は笑いながら答えた。

「とにかく、乗せてくれてありがとう」

オルフレッドは⾺⾞から⾶び降りる前に、男の⼦に余分な銀貨を⼿渡す。

 



 

「アルコールと居⼼地の良いベッドがあれば、マイカは幸せになるでしょう」

私たち3⼈が町に⾜を踏み⼊れたとき、通りがどれほど空っぽであるかに気づかずにはいられなかった。

アシュバ ーでの私の記憶の⼀部は、そのような⼩さな町にとってどれほど活気があったかということだ。

冒険者は不⾜していたが、町の近くを流れる⼩さな川がこの地域を作物を育てるのに最適な場所だった。

レンズの死後、⽗は⺟をこの辺鄙な町に連れて⾏き、ここで仕事をして、グランドマウンテンからやってくる頻繁なオオカミや野良マナビーストから農⺠と作物を守っていた。

農⺠は早起きして作物の世話をし、午後はアシュバーの市場で売ったり、頻繁に商⼈に売ったりしていたので、夜は誰もが本当にくつろいで楽しむ時間。

⽗は地元の農家と⼀緒に飲んだ後、夜に家に帰って⾃分の⾜でつまずくことが多かった。

戦争で何らかの変化が起こるとは想定していたが、アシュバーがこんなにゴーストタウンになるとは思ってもいなかった。

散らばっている街灯は明るく燃えていたが、近くに⼈の気配はない。

私たち3⼈は、路地で誰かの視線を感じた。

しかし、しばらくすると、その人物は急いで⽴ち去る。

周りを⾒回すと、ほとんどの建物は空いているか、封鎖されていた。

チェーンが店の正⾯⽞関を繋ぎ合わせて、⽊の板が窓に釘付けにされている。

レムルハートを発動して、マナの変動を感知したが、あまり期待はしていない。

けれど、町中の⼤気マナの歪みを発見することができた。

最近まで魔術師がいたようです。

「個⼈が散らばっているのを感じますが、ほんの数ブロック先に40⼈ほどの会衆がいるようです」とオルフレッドは呟く。

「マイカは43を感知しました」と、⼩さなランスが私の横で話した。

「私たちは魔法を使わないことに同意したと思っていました」と私はイライラして話す。

「近くにアラクリアンの魔道⼠やヴリトラがいたらどうするのですか?」

「マナはそれらを感知する必要はありませんでした」とオルフレッドは不可解に答えた。

何?

もしアラクリアンが周りの⼈々を正確に感知することができれば、私の計画全体が危うくなる可能性があるでしょう。

使い古された建物を通り過ぎた後、⾓を曲がると、オルフレッドとマイカが⾔及した「会衆」がどこにあるかを正確に把握する。

居酒屋のように⾒えた煙突から煙の雲が⽬に⾒えて膨らんでいたからだ。

素敵な味付けの⾷事と豪華なベッドの考えに駆り⽴てられて、私たちは少しも躊躇うことなく近づく。

「⾁を焼く匂いがする」

シルビーはマントの中でガサガサと⾳を⽴てて⾔った。

⼤きな居酒屋では、グ ラスがチリンと鳴り、⼿のひらがドキドキする⾳とともに、お互いを圧倒しようとする⼗数の会話の叫び声が響き渡っている。

ドアに最も近いテーブルに座っていた⼈々は全員、私たちの⽅を向いた。

頬が紅潮した⼈もいれば、 イライラした表情の人物も。

 



 

「今夜はどうするの?」

バーメイドは、汚れたガウンをさりげなく引き下げて、彼⼥の胸をさらに露出させた。

彼⼥はオルフレッドの隣のテーブルに寄りかかって、彼を露⾻に誘う。

マイカと私は、この居酒屋には存在しなかったようです。

「3つの冷たいエールと、シチューとパンをと⼀緒に」

オルフレッドは彼を誘惑する彼⼥の試みに動じずに告げる。

⾔いました。

「すぐに」

彼⼥はそっと彼の腕に指を⾛らせながら、なだめた。

彼を誘惑する別の試みなのか、彼のマントの質を測る試みなのかは分からないが、オルフレッドの潜在的な価値に気付いたのは彼⼥だけではなかったようだ。

「うーん。とにかくそれらの脂肪の塊を⾒せびらかす意味は何でしょうか?」

マイカはそう呟き、不平を言っている。

「その通りだ。⼥性は、しっかりとした筋⾁質の体型と、それに合わせた粗い肌を持っている必要があります」

オルフレッドはマイカの言葉に同意していた。

私は彼らとの会話を離れることを選び、酒場内を見回す。

レムルハートをもう一度発動すると、歪んだマナのオーラが、反対側の壁に沿った特に⼤きなテーブルを囲んでいた。

ローブを着た中年の男のマナがテーブルから突き出ている。

彼だけではない。

ざっと⾒ただけで、保護のために⽪膚の上にマナの薄い層を放出している数⼈のオーグメン ターを発見した。

しかし、彼らの体を取り巻くマナの密度と純度は、私が南⻄海岸近くで直⾯したアラクリアンの兵士よりも遥かに低いレベル。

推測しなければならないのであれば、彼らは傭兵か下層の冒険家のどちらかでしょう。

それに⽐べて、2⼈の⼥の⼦に挟まれているローブの男は遥かに高いレベルだ。

けれど、その事実が私を悩ませたわけではない。

それは酒場での敵意の微妙な空気でも、存在する疑わしい量の魔道⼠でもなかった。

私はその男を知っていたのだ。

彼のビーズのような倒錯した視線と曲がった顔についての何かが苦い感情を引き起こしたが、私はその理由に指を置くことができない。

(アーサー、何が起こっているのですか?)

シルビーは私の懸念に気づき、尋ねた。

(シルビー、酒場の反対側にある私の左側のテーブルをちょっと覗いてみてください)

(あなたは誰かを認識しているのですか?)

彼⼥の知的な⽬は、露⾻な嫌悪感が彼⼥から漏れたときに私が指⽰した領域に焦点を合わせて部屋をスキャンする。

彼の名前は次のようなものだったはず。

男は起き上がってバーに向かってよろめき、バランスを保つために⽊製の杖を使って左⾜の体重を最⼩限に抑えた。

私が彼の怪我に気づいた途端、彼の名前は私の残りの彼の記憶とともにすぐに私の頭に浮かんだ。

セバスチャン。

 



 

故郷アシュバー。

アーサーの幼少時代にも少しだけ登場していましたね。

そして、ここでレイノルズの仕事が判明しました。

当時の彼はボディガードのような仕事をしていたのですね。

そしてセバスチャンという男の登場。

彼を覚えている人はいますか?

過去にアーサーと会ったことのある人物ですが、私は最初思い出せませんでした(汗)

最強の王様、二度目の人生は何をする?【209話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は209話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...