最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【210話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は210話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

210話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【209話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は209話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 残酷な光景

「はじめまして」

オルフレッドは少しの礼儀を提示する。

「私はクラデンス家の___」

セバスチャンは⼿のひらを持ち上げ、彼の言葉を遮った。

「そこで⽌めさせてください。このような場所では家の名前は必要ありません。私は単にあなたをクラデンスと呼びます。そして、あなたは私をセバスチャンと呼んでください」

「分かりました、セバスチャン」

「結構。では、ビジネスに取り掛かる前に・・・」

セバスチャンは呪文を呟く。

しばらくすると、半透明の障壁が私たちを覆い、居酒屋の喧騒を和らげた。

あまり印象的ではないデモンストレーション。

それでも、私は素朴な奴隷として驚きの息を吐き出す。

オルフレッドがこのデモで畏怖の兆候を⽰さなかったのを⾒て、セバスチャンは僅かに眉をひそめた。

「それで・・・、どんな⼥の⼦がいいのですか?」

「私が⼥の⼦を探していると思う理由は?」

オルフレッドの問いに、セバスチャンは歪んだ笑みを浮かべる。

「私の部下がエルフとドワーフの在庫を持っていると⾔ったとき、あなたが反応したのを教えてくれましたから」

「・・・」

「私が王室に仕えていたとき、⼥性たちは私と⼀緒のベッドに⼊るチャンスに駆けつけていました。しかしその立場から解除された後、彼女たちは私をある種の昆⾍のように扱いました!」

「あなたは王室に仕えていたのですか?」

オルフレッドは驚いたように尋ね続ける。

「なぜ引退したのですか?」

その質問にセバスチャンは⻭を⾷いしばり、マグカップを握っていた拳が⽩くなった。

「あのくそったれのガキのせいで・・・!」

「ガキ?」

ルフレッドは尋ねた。

セバスチャンはマグカップを地⾯に投げつけ、粉々にする。

それは近くのテーブルから⽤⼼深い視線を集めた。

かつてセバスチャンの騒⾳を和らげる呪⽂からぼやけていた居酒屋の騒音は、彼の酩酊状態で解除しつつある。

「それでは、新しいオモチャで遊んでみましょう!」

 



 

セバスチャンは、私が子供の頃に折った⾜の影響で歩くことがほとんどできなかった。

「おい。こっちに来い」

彼は居酒屋の壁にもたれかかって私に⾝振りで⽰す。

彼が突然私の肩に腕を振り回し、私に⼤きく寄りかかったとき、私は静かに留まった。

「私があなたの奴隷を杖として使ってもかまいませんか?」

「もちろん。それが奴隷の役目ですから」

私がセバスチャンのもう⼀⽅の⾜を壊したいという⾼まる衝動を飲み込んだとき、オルフレッドは答えた。

(この男は本当に私の忍耐⼒を試しているみたいだ)

シルビーと私の意見が見事に一致した。

「ご存知のように・・・、この厄介な前哨基地に耐えられるようになるまでに数か⽉かかりましたが、この⽴場を⾒逃すことはできません」

アシュバーの薄暗い通りを進んでいくと、セバスチャンが呟き出した。

「ここの⼈々は、私を尊敬するだけでなく、私を恐れています。私は彼らにとって神の存在なのです」

酔っ払った魔術師は、フードの中の私の顔を⾒るために上向きに⾒つめていると、私の頬を優しく叩いた。

「奴隷、あなたは私の魔法を以前に⾒ましたよね?指⼀本であなたを殺すことができます」

我慢しろ、アーサー。

私が応答しなかったとき、セバスチャンは私の頬を⼿のひらで叩き続ける。

「あなたは聴覚障害者ですか?それとも私の⾜のために私を軽蔑しているのですか?」

「彼を気にしないでください。この少年は話すことができません」

「ああ!クラデンス、彼のような破損した奴隷を保管することの⽤途は何ですか?」

「彼は私の奴隷ではありません。彼は私の⽗の奴隷です」

「本当に羨ましい」

 



 

目の前には、頑丈な⽯でできた広い平屋建ての建物が。

正⾯⽞関の横の壁に2⼈の警備員が怠惰に座っていた。

以前に住んでいたとき、これほど⼤きな建物はアシュバーには存在しなかったはずだ。

セバスチャンがこれを建てたのでしょうか?

もしそうなら、彼はこのような⼤きな刑務所を要求するために何⼈の奴隷を捕まえたのでしょうか?

「ドアを開けなさい、役に⽴たない愚か者が!」

オルフレッドが警備兵を叱責すると、彼らはすぐに入り口を開けた。

強烈な匂いが最初に私を襲う。

悪臭の調合は、適切な換気の⽋如によって引き起こされた湿った粘着性のある空気によって増幅されている。

オルフレッドでさえ悪臭から著しく反発した。

明滅するライト以外にはほとんど何も⾒えない。

(アーサー、何かがおかしい)

シルビーは警告した。

胸が締まり、肌の⽑が逆⽴ったが、体の抗議を無視する。

ここにいる⼈々を救うつもりなら、私は建物の構造とおよそ何⼈が投獄されているかを知らなければなりません。

「誰かがまた死んだのか?」

セバスチャンは怒っていた。 

薄暗い通路の1つから、オーバーオールを着た男が走ってくる。

「お客様!匂いをお詫びします。⽚付けをしていました!」

助けを求める悲しみや叫び声はない。

彼ら全員がぼろきれに⾝を包み、それぞれの独房の隅に群がっていた。

(酷い・・・)

シルビーは質問というよりも声明として答えた。

⻭を⾷いしばる。

彼らは家畜よりも酷い扱いを受けている。

「妊婦のが出産して亡くなりました」

「赤ん坊は?生きているのか?」

セバスチャンは臆することなく尋ねた。

「確実に知るにはあと数⽇待たなければなりませんが、⽣まれたばかりの⼥の⼦は今のところ健康そうです」

「死なせるなよ。新⽣児はトランプよりも価値があるのだから」

セバスチャンはそう言った後、オルフレッドの方を向いてニヤニヤ笑いを浮かべる。

「それで?この中で気に入った奴隷は___」

オルフレッドが⼿を上げた。

私が反応する前に、セバスチャンの下の土は包み込み始め、彼の⾜を覆い、彼の⾜を這い上がる。

「・・・え?」

オルフレッドは何も言わない。

恐怖と混乱で⽬を丸くしたセバスチャンの姿が。

「な、何のつもりだ!?これを早く___!」

彼の体を上昇し続けていた土は、暗⾚⾊に変わり始めた。

燃える⾁の匂いが私の⿐に届くと、セバスチャンの叫び声の中でかすかな叫びが。

オルフレッドがセバスチャンにかけた呪⽂は、彼を罠にかけることではなく、ゆっくりと彼を拷問する呪文。

「オルフレッド!」

セバスチャンを肩越しに⾒たが、⾒たのは薄い溶岩の形をした溶岩の像だけ。

彼は死んでいて、 固まったマグマの墓に包まれていた。

「何をしているんだ!?」

オルフレッドの肩を掴んで、私は叫ぶ。

「彼を死なせたいとしても、魔法を使わずに彼を殺すことができたでしょう。ヴリトラがここで何が起こったのかを感知したらどうするのですか?」

「その⼼配は無用です」

オルフレッドは静かにそう⾔って、仮面を脱いだ。

乱したまま、私はレムルハートを発動する。

オルフレッドの呪⽂によってどれだけのマナ変動が⽣じたのか、そしてこの失敗にもかかわらず私たちが隠れたままでいられるのかどうかを調べたかったのだ。

しかし、私が⾒たものは私をさらに困惑させた。

セバスチャンの死体の周りを不規則に動くマナの粒⼦があるが、私たちの周りにはマナ変動も。

⼤規模な呪⽂が使⽤されたか、最近ここで戦闘が発⽣したか。

視界が不安定になり、⼿のひらが震える。

馴染みのあるヴリトラが近づいてくるのを⾒る前から、私の本能はすでに何が起こっているのかを感じていたようだ。

 



 

奴隷商人に成り下がったセバスチャン。

オルフレッドの手によって無惨に殺されましたが、その代償はどうなるのでしょうか?

オルフレッドの「心配は無用」の意味は?

そして、アーサーが出会ったヴリトラの正体は?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【211話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は211話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...