最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【211話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は211話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

211話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【210話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は210話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二度目の再会

その姿は⾃信を持って歩き、細く長い腕は⿊い包帯で乱雑に包まれている。

私が彼の顔を理解するのに⼗分近くまで歩いた前でさえ、私は彼が誰であるかをすでに知っていた。

ランスを殺したリテーナーをどうやって忘れることができるでしょうか?

「ウトー」

怒り狂う中、落ち着いて⾔った。

ウトーの暗い唇は不吉な笑顔に分裂する。

「こんにちは、少年。また会えましたね」

「リテーナー・ウト」

オルフレッドは不⾃然に硬い表情で挨拶した。

ウトーは腕を伸ばして私に近づいたとき、ドワーフのランスを無視する。

「ウトー、私があなたをここに迎えることにどれほど興奮しているのか想像できないでしょう」

「本当に?」

「実際、私は別のリテーナーを期待していました」

レムルハートがまだアクティブな状態で、私はウトーのオーラ、彼の本性のようにパチパチと⾶び出る⼒の華麗な光をはっきりと理解する。

しかし、それがなくても、彼の周りの空気の圧⼒を感じることができた。

私の肺から空気を絞り出していた明⽩な緊張。

「他の場所で戦いましょう」

私は簡単に告げて、視線をヴリトラに戻す。

ウトーは頭を傾けた。

「戦う?どうしてあなたのような少年に、私の時間の価値があると思うのですか?」

「あなたがしたかったのが私を殺すか、私をすぐに捕まえることだけだったら、あなたの兵⼠の何⼈かと⼀緒のオルフレッドで⼗分だったと確信しています」

「・・・ふーん」

それまで嘲笑の視線を持っていたウトーの瞳が変化する。

突然、彼は笑い出した。

「先導してください」

「リテーナー・ウトー!」

オルフレッドが叫ぶ。

「ラーディーズ卿の指⽰は、この場所を綺麗に処理して、次の可能性を最⼩限に抑えることのはずで___」

痛みで叫び声を上げたので、彼は言い終える機会さえ与えられなかった。

オルフレッドの下の地⾯から⿊い槍が⾶び出し、彼の⿐を串刺しにしたのだ。

「あなたの裏切り者のマスターが最善の⾏動⽅針であると考えていることについて、私が従うと思っているのですか?」

アに向かって歩き続ける前に、ウトーは肩越しに唾を吐く。

私はアヤがくれた3つのビーズの1つを壊し、その効果を有効にしてから、⼊り⼝の⼤きなトラップドアに投げ込んだ。

オルフレッドの⽬は一瞬で大きくなる。

彼はそれが何を意味するのか正確に知っているようだ。

 



 

side オルフレッド

彼⼥が近くにいる。

時間がなかった。

すでに治り始めた⿐を擦りながら、地面に道を作る。

地下階に⽴ち寄ると、周りの兵⼠の何⼈かが驚いて叫んだ。

私が作った地下の大きさは、その上の刑務所の構造よりもはるかに⼤きかった。

ここでは、何千⼈もの兵⼠が待機して休むことができる。

「すぐにここから避難してください」

私の声は⼤きな部屋の壁に響き渡った。

アラクリアンの兵⼠たちはお互いをちらっと⾒たが、他の兵⼠たちは私の命令を露⾻に無視する。

彼らも私も同じ⽬的で戦っていたが、ここは私が⽣まれた⼤陸だったので、権⼒と経験のギャップにもかかわらず、彼らは私を彼らを導くのにふさわしくない裏切り者と⾒なしていたのだ。

しばらくして、少しずつだが兵士たちが避難しようとする。

しかし、壁⼀⾯にぶら下がっている光のアーティファクトが⼀枚⼀枚破裂し始めたとき、⼿遅れだと分かった。

悪態をつき、周りに⼗数⼈のマグマ騎⼠を召喚したが、部屋は真っ暗に近い状態に。

兵⼠たちからの混乱の叫びは、かつては保護と覆いとして機能していた壁に跳ね返った。

「出てこい、アヤ。もう一人のヴリトラが間もなく登場します。あなたが今逃げるなら、私はあなたを見逃しましょう」

これらの外国系兵⼠に後悔は感じていないが、彼らはより⼤きな計画の⼀部であり、時間が不⾜していた。

アヤが逃げてアルディールに私の裏切りを知らせることができれば、私が縛られていたアーティファクトを呼び出すだけで彼は簡単に私を殺すことができるが、 現時点では、彼⼥よりもそれを好むかもしれません。

「とても思いやりがあるのね」

アヤの囁きが私の⽿に当たる。

まるで彼⼥が私のすぐそばにいるかのように。

マグマ騎⼠が剣を振り、燃える溶岩の弧がアヤの囁きの⽅向に発射され、遠くの壁に衝突した。

攻撃は衝撃で輝く⽕花に散らばり、暗くなった部屋をほんの⼀瞬照らす。

その時気づいた。 

靄。

地下室全体が渦巻く霧の厚い層に沈んでいる。

「オルフレッド、これだけ多くのアラクリアンを⼀か所に閉じ込めてくれてありがとう」

今度はもう一方の耳から囁きが聞こえた。

「仕事が簡単に終わるのだから」

「出て来て、私と顔を合わせて戦ってください!ランスとして恥ずかしくないのですか?」

「恥ずかしい?」

アヤの声は、少なくとも12の異なる場所から⼀度に⼀⻫に響き渡った。

「それは常識の問題です。なぜ私が持っている数少ない利点の1つを捨てるのですか?」

の状況で傲慢として外れた彼⼥の⾔葉には妥当性がある。

彼⼥はいつもそうだった。

⼿のひらを地⾯に叩きつけ、床と部屋の壁の周りに割れ⽬を作り、燃えるような⾚を照らす。

新しく作成した領域内の温度が急激に上昇し、割れ⽬からこぼれる輝くマグマが地下の広がりを明るくした。

辺りを埋め尽くした霧は、五感が鋭くなりながらゆっくりと蒸発していく。

アヤの呪⽂は、迷いの森に存在する霧のように機能したが、彼⼥が⾃由にそしてほぼ瞬時に横断するためのアンカーとしても機能している。

私を取り巻く⽕と⼟のマナの量が増えているにもかかわらず、彼女の姿はよく⾒えなかった。

私の本能は、少なくとも霧から逃れることができる広い場所に逃げることだったが、それはここに閉じ込められた数千⼈ほどの兵⼠を捨てることを意味する。

この短い時間で、4分の1以上の兵士が既に死んでいた。

「オルフレッド・ワーエンドの難攻不落の精神的要塞はゆっくりと崩壊していますか?」

今回はアヤが後ろで囁いた。

「このままでは誰も守れません」

私は幻想を無視し、代わりに、地⾯の3つの裂け⽬を噴⽕させた。

溶岩の3つの爆発が合体して激しい衝突を起こし、アヤのマナ変動を感じる。

私の呪⽂がヒットしたのだ。

 



 

「あなたの幻想はいつものようにサディスティックです、アヤ」

私は嫌悪感を吐き出した。

「この汚物たちはそれに値するわ」

「私は彼が⾦銭的利益のために奴隷にすることを選んだのと同じ運命を彼に与えました」

「それはあなたがディカゼンを裏切るように導いたのと同じ論理?」

彼⼥の⼝調は鋭く、珍しかった。

「あなた方エルフは、私たちドワーフが経験する困難を理解したことがありません。⼈間との戦争の後でも、ドワーフはまだ下層階級として扱われます。私たちの⼈々が破壊するのではなく創造する魔法の能⼒を磨きたいという理由だけで、私たちは軽蔑され、利⽤されます。ラーディーズ卿がヴリトラとそのアラクリアン軍と武装することを選んだ決定を、私は信じます」

「ヴリトラはラーディーズとあなた方の世話をすると思いますか?ヴリトラと他のすべてのアスラは、私たちが彼らにとって何の役にも⽴たないので、私たちをより少なく呼んでいます!」

彼⼥は私が今まで⾒たよりも多くの感情を出していた。

「オルフレッド、あなたは私たちが与えられた報告書を読みましたよね?ヴリトラが他のアスラ⽒族と戦うために彼らの軍隊を強化するためにアラクリアンをどのように実験したか!彼らはここで、あなたに、私たちの⼈々に同じことをしたいと思っています。ドワーフ、⼈間、そしてエルフも同様です!」

今だ!

余裕のある限り多くのマナを吸い上げ、私の周りに壊滅的な⽕と⽯の爆発を引き起こした。

幻想的な霧が消えて、エルフのランスが現れる。

「アラクリアンの保護を諦めたのですか?」

「残ったものは死んでいます。他の⼈たちは、あなたが私を講義するのに忙しい間に私が作ったトンネルを通って逃げていきました」

召喚したマグマの槍はすべてアヤに向かったが、彼女は速すぎた。

霧が彼⼥の動きを覆っていなくても、彼⼥はゴーレムを簡単に打ち負かし、同時にそれらを⼩⽯に減らす。

私は彼⼥のスピードに匹敵することはできないが、彼⼥は私の防御を克服することができない。

「膠着状態にあるようです」

「前に⾔ったように、別のヴリトラが間もなく登場します。逃げるのに遅すぎることはありません」

戦いは続いたが、アヤは私を攻撃するつもりはないようだ。

彼女は何かを計画している。

彼⼥がもっと近づいてくれることを願って、私はわざと警戒を緩めた。

計画通り彼⼥は餌を取り、私の真上でちらつき、腕の周りに空気の旋⾵が集中した。

即座に反応し、私を保護しているマグマのスーツがアヤの腕を包み始め、彼⼥を定位置に拘束した。

マナを注⼊した⼿で彼⼥を突き刺したとき、エルフの⽬は恐怖で広がる。

「あなたは強 くて機知に富んでいます、アヤ。しかし忍耐は決してあなたの強いスーツではありませんでした」

腕を後ろに引っ張ったが、何も動かすことができない。

目を凝らすと、マナの細い髪のようなストランドが私のスーツ全体に付着していた。

すぐにマナの細い⽷を切断しようとしたが、私の攻撃はそれらをまっすぐに通り抜けていく。

「その通りです」

アヤの声が私のそばで囁かれた。

今度は本物の彼女が。

「私はかなり機知に富んでいます」

マナの鎖が輝き、肺の空気が痙攣するのを感じる。

彼⼥がそれを望んでいたという理由だけで私はまだ呼吸できていた。

「驚いた?」

アヤの指先に繋がった細いマナの⽷がもう⼀度輝き、鋭い痛みが私の胸を突き刺す。

しかし、彼⼥は私を殺すのではなく、勝利を浴びて話し続けた。

「あなたが私の魔法に魅了されているのを覚えています、オルフレッド。⼈種に関係なく、すべての⼈の体は外国の魔法に対して⾃然に保護されています。水の魔法使いが⼈間の体液を排出できない理由や、土の魔法使いが誰かの⾎中の鉄を操作できない理由です」

「すべての有能な魔道⼠はその基本的な前提を知っていますが、マナを使⽤して誰かの体を直接操作するためのリンクを確 ⽴できるようにするために・・・、どうやって?」

「それはあなたの気にすることではないわ」

最後の深呼吸を強要したとき、私の肺は震えた。

「あなたの視線だけで、私の運命は封印されていることがわかります。そして、私があなたにラーディーズ卿を憐れんでくれるように頼むのは無理でしょうが、マイカを惜しまないでください。彼⼥はこれに関与していません」

「⼼に留めておきますが、決めるのは私ではありません」

それが私が望むことができる最良の答え。

「オルフレッド、私たちの意⾒の相違にもかかわらず、あなたと⼀緒に働くことは光栄でした」

⺟なる地球の冷たい握りが私を彼⼥の抱擁に引き戻すのを感じたとき、私の視⼒は暗くなっていく。

 



 

ここでウトーの登場!

セバスチャンの作った建物は、アラクリアンの兵士たちが隠れるカモフラージュだったのですね。

残念ながらオルフレッドは裏切り者でした・・・。

同じランス同士の戦いはアヤの勝利で終わります。

彼女はまだ底を見せていないような気がします。

次回は、アーサーとウトーの戦いでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【212話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は212話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...