最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【212話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は212話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

212話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【211話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は211話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アーサー vs ウトー

夜明けの太陽を垣間⾒ることができたのは、グランドマウンテンの背後にあり、空き地に⼤きな影を落とし、⼤きな岩と砕けた丸太が散らばっている平らな平野。

この場所は、雪崩が発⽣するずっと前に、周囲の森の⼀部であるように⾒えた。

倒れた⽊の残骸の影に斑点が隠れて、 雪はまだ残っている。

ウトーは⼗数ヤード離れたところに⽴ち、朝のストレッチをするように腕を振っていた。

「アーサー」

シルビーの声は不安に満ちている。

「分かっています」

私でさえ、彼と私たちが戦った他のリテーナーとの違いをすでに感じているのだから。

「少年、何が敵を最も動機づけるのか知っていますか?」

ウトーは⻑くて細い⾸を伸ばして尋ねた。

「・・・」

答えない代わりに、私は夜明けのバラードを次元リングから取り出し、鞘から引き抜く。

「分からない?復讐を求める敵が最も・・・、勇気を持って報復することです」

周りの光が不⾜しているにもかかわらず、空気のような輝きが私の剣の⻘緑⾊の刃を包んでいた。

壊れた先端のギザギザの残骸を⾒ると、⼼が痛くなるが、この状態でも、夜明けのバラードが今のところ最⾼の武器だ。

答える前に、ウトーの視線に合わせて視線を上げる。

「これは復讐のための戦いだと思っているのですか?」

「違うのですか?」

彼は肩をすくめ、⽋けた⾓を軽く叩くと⼀歩近づいた。

「私があのエルフを殺した張本人であることが分かったとき、あなたはかなり怒り狂っていました」

「私が初めて彼⼥に会ったのは、彼⼥が死にかけているときです」

私も⼀歩前進して答える。

「ですから、復讐は私のモチベーションにはなりません。私は単にあなたを処分する必要のある⼈だと思っています」

ウトーは眉をひそめた。

「ああ、それは残念です。私はとても興奮していたので、あなたはあなたの存在のすべての力を使ってあなたの同志、仲間、あるいはおそらく恋⼈のために復讐を求めることに地獄に屈するでしょう。それを傷つけさせてください、あのエルフがそうでない限り、あなたにとっての大事な存在は・・・」

ひょろっとしたリテーナーは、突然⼿を叩くまで、彼の妄想の中で呟き続けていた。

「あはは!おじいちゃんエルフ!彼の⼤切な孫娘はあなたと同じくらいの年齢ですよね?あなたがあの家族とどれだけ親密かを考えると、あのエルフよりも彼⼥を空想する⽅が理に叶っています」

ウトーに打ち上げた鎌状の霜の刃は、⽬の前の地⾯から現れた⿊い槍に当たると消えた。

「ねえ?私が楽しみにしていたのは、そのような怒りと焦りです」

彼は後悔したように指をパチンと鳴らす。

「失敗しました。あなたが現れるのをここまでずっと待つ前に、私は⼩さなエルフの王⼥かあなたの家族を殺すべきでした」

「言いたいことは終わった?」

攻撃的な姿勢で剣を差し出し、⻭を⾷いしばって尋ねた。

ウトーは肩をすくめただけ。

「あなたの⼩さな絆も出てきたほうがよいでしょう。少年、あなたはあなたが得ることができるすべての助けを必要とするでしょうから」

「・・・出てこい、シルビー」

視線はリテーナーに固定されたまま、私は声を出して⾔った。

私の絆はマントから⾶び出し、彼⼥の⽬は鋭い。

「私たちを取り巻く状況が、私が思っていたほどよくできていないのは残念です、少年。私たちが最初に会ったときに去る前にあなたが私に撃ったあの元素の爆発は、深い印象を残しました。個⼈的に、あなたを深く傷つけたと思いました」

ウトーは深呼吸をして誇張する。

「さあ、始めましょう。少なくとも数分間は私を楽しませてください」

 



 

ウトーは⼀歩前進したが、さっきまでの風景とは異なり、周囲の空間が突然歪んだ。

⼀歩⼀歩進むごとに、彼の存在は空中でほとんど触知できるように。

地⾯への振動の波紋。

シルビーがドラゴンの形に移⾏する間、私はすぐにレルムハートを解き放った。

「ワイバーン?」

ウトーが頭を傾けて尋ねる。

シルビアの誕⽣以来、シルビーの⼒は封印されており、彼⼥は⾮常に強⼒なマナビーストに似ていたが、それ以上のものではなかった。

「どうしたのですか?怖気付きましたか?」

私の挑発に、ウトーは邪悪な嘲笑で応え、右手を軽く振る。

レムルハートが私たちを取り巻く周囲のマナへの親和性を増幅することで、私の体は実際に⾒る前に⽬の前の障害を感知した。

シルビーと私は、下に現れた⿊い槍の弾幕をかわすために、ちょうど間に合うように反対⽅向にダッシュする。

さっきまで⽴っていた地⾯は、7フィートの槍のそれぞれが威嚇するように輝いていた。

「武器を使え、子犬!」

ウトーは、⼿のひらの中央から⼤きな⿊いミサイルを生み出す。

先端の壊れた武器をウトーに向けながら、周りのマナを合体させ始めたとき、私の腕に輝くルーンは⼼地よい暖かさで燃えた。

氷、⽕、稲妻、⾵を吹き込むと、剣の刃が煌めく⾊の配列に。

武器が夜明けのバラードだったからこそ、 圧倒的な量のマナが搭載されていても、強く保持することができたのだ。

「行きましょう、シルビー!」

リテーナーに向かってダッシュしながら剣を低く構える。

躁病の笑みを浮かべてウトーも突進し、彼の銛の腕は蛇のように跳ね返り、すぐに打ちのめされた。

瞬時に私の刃が彼に出会い、私たちの衝撃の純粋な衝撃⼒から球形の波を作り出す。

私の刃に注⼊されたマナは急上昇したが、ウトーは楽に持ち堪えていた。

「悪くない」

「どいて!

シルビーが叫んだ後、私の絆は彼⼥の⻑い尾でウトーを叩きのめす。

彼は横に⾶んで、近くの岩にぶつかり、岩は衝突で粉々になった。

多⾊の三⽇⽉形のマナが私の刃から引き裂かれ、埃の中へ追撃を起こす。

私の攻撃が地⾯の⼤きな塊を押し込んだとき、地球は激しく揺れた。

衝撃波がウトーに最も近い並⽊を落としていく。

「アーサー、彼はまだ⽣きている」

次の攻撃の準備ができているシルビーが知らせた。

突然の攻撃の場合に備えて、体の周りにより多くのマナを織り込みながら⾝を下げたが、弾幕での報復ではなく、地⾯のくぼんだ空洞の中から笑い声が響き渡る。

周りのマナが変動する。

⿊い⾦属の⼤きな柱が岩の下の影と倒れた丸太から発射されている間、細い槍が薄い空気から想起された。

夜明けのバラードで細い槍を躱していく。

それは私の腕に⽿障りな量の⼒を送った。

その間、シルビーは暗い影から発芽した太い柱を叩く。

彼⼥の厚い鱗は攻撃のほとんどに耐えることができるはずなのだが、ウトーの突然の弾幕の膨⼤な量と強さは、私たちの両⽅に負傷と出⾎を残した。

「私たちを癒さないでください」

シルビーがマナを息に集めたときに私は指示をする。

少なくともまだ大丈夫のはず。

幸いなことに、槍に毒は塗られていないが、リテーナーが薄い空気からそれらをどのように想起させることができたかはほとんど不公平に近い。

⾼度な土魔法使いでさえ、マナを解放する前に彼らの周りの大地を形作る必要があるのだから。

ウトーは好きな時にいつでも攻撃を仕掛けることができるようだ。

「もっと期待していました、子犬」

前回の攻撃で作った地球の窪みから出てくると、ウトーはため息をついた。

「シルビー、背中を守ってください」

私はシルビーに指示を送り、マナコアから体にさらにマナを吸い上げる。

第二段階に深く⼊り込むと、⻑い髪が⽩くなる。

ルーンはより複雑になり、背中にもそのマークが刻印されているのを感じることができた。

周りのマナは私の考えに従うことを熱望しているよう。

マナは私の周りをぐるぐる回って、通常は⾮常に集中する呪⽂をシームレスに形成する。

夜明けのバラードは、私の左拳が⿊い稲妻の巻きひげでパチパチ⾳をたてている間、霜の銀⾊のオーラで飾られていた。

ウトーの眉が一瞬ひそめるが、私が一瞬で接近したので、彼は考える時間もなく、私の攻撃の激流を浴びる。

攻撃の跡には銀の道筋だけが。

コルドリが⻑年のトレーニングで教えてくれたように、パンチ、肘、膝、蹴りを織り交ぜる。

私が夜明けのバラードを振るたびに、ウトーは即座に⿊い槍で対抗した。

槍は衝撃で凍って粉々に。

その間、シルビーはすぐ後ろに留まり、ウトーが想起させた⿊い槍の果てしない弾幕を引き裂いていた。

「これは良くない状況です、アーサー。ウトーの攻撃はまだ余裕があるように見えます」

私の⽬は、まだ⼀傷も受けていないリテーナーに⽬を留めたまま。

私が攻撃を仕掛けようとしているたびに、ウトーの領域の周りに⿊い⾦属のオーラが形成され、彼の体を保護していた。

出力をさらに上げる必要があります。

腕に巻かれた⿊い稲妻の太い巻きひげは、私の⼿招きで後退する。

稲妻の魔法を内⾯化し、神経を稲妻の魔法で強化することで反応時間を⻑くした。

世界は減速しているかのように。

レルムハートを通して⾒えるマナの⼩さな粒⼦が⽣きている間、⾊が⾶び出しているように⾒えた。

ウトーの推⼒に浸りながら、夜明けのバラードをもう⼀度振る。

かつては瞬時に⾒えたリテーナの⿊い槍が、攻撃が当たろうとしている場所で急速に合体するのを発見した。

すぐに、私は攻撃を彼の腕のすぐ下に向け直す。

恐ろしいマナが私の新しい攻撃に移動し、反応する。

もう⼀度攻撃を装い、代わりに拳をウトーの胸⾻に打ち込んだ。

リテーナーは攻撃から座屈する。

彼は⼀歩下がって直⽴したが、液体の細い跡が暗すぎて⼝の側⾯から⾎が滴り落ちた。

(それは影の中にある、シルブ!)

内部で叫んだ。

これらの⿊い槍は、暗闇の領域でのみ現れる可能性がある。

そのため、彼の呪⽂は、岩の下や丸太の下など、暗い場所から出てくると常に強⼒になるようだ。

ウトーの⼿がぼやけた。

レムルハートを使用し、サンダークラップインパルスが私の反応を⾼めているにもかかわら ず、私は彼の攻撃を完全に見切ることができない。

彼の拳は光のように私を襲う。

マナの密度が体を守っていても、意識の内外でちらつきを感じた。

気づけば、私は前の位置から20フィート離れていて、⽊の幹が粉々になったのに背を向けていた。

シルビーはウトーを遠ざけている。

彼⼥の新鮮な傷からの⾎が彼⼥の⿊い体を覆っていた。

彼⼥の能⼒はシルビアによって封印されていたので、彼⼥は優れた防御⼒を持っていても、私以上にウトーの攻撃に追いつけていない。

バーストステップに頼ってウトーを打ち負かすかどうかをもう⼀度考えたが、シルビーの鋭いトーンが私の考えを断ち切る。

「バーストステップをもう⼀度使⽤すると、⼀⽣不⾃由になります!」

「ここで死ぬよりはましですね」

「それを使⽤する前に良い選択肢があります!」

シルビーはウトーの攻撃を避けて、⼤きな体を捻りながらシューッという⾳を⽴てた。

彼⼥は私に直接⽴ち上がる前に、彼⼥の翼でリテーナーを打ちのめす。

「準備をしなさい!」

彼⼥が⽌まらないことに気づいた私は、彼⼥が地⾯を蹴る直前に、跳躍して⾸の付け根に手を伸ばす。

ほぼ瞬時に100フィートをクリアし、より⾼く⾶⾏し続けた。

「シルビー、あなたの計画は何ですか?」

「アーサー、あなたが⾔ったように、それは⽇陰です!⼭が太陽を遮っていない⾼さに達したとき、ウトーは影から好きな場所からそれらの⾦属の槍を明らかにすることができます」

シルビーが何を意図していたのかすぐに理解する。

「私たちは巨⼤な影の中で戦っていました!」

「その通り。それが彼が好きなところから攻撃を思い起こさせることができた⽅法です。ここで彼と戦えば、彼の攻撃できる場所がはるかに制限されます」

私はシルビーの背中に着実に⽴ち上がった。

彼⼥と私はこのように⼀緒に戦ったことがない。

以前の世界では、⾺に乗って戦うために何時間もトレーニングをしなければならなかったので、空⾶ぶドラゴンで地上数百フィートで戦うよりもはるかに簡単だと想像した。

⿊い槍を⼿にウトーが数フィート上に現れたとき、シルビーの上でバランスを⾒つけるのに⼗分な時間はほとんど残されていない。

シルビーを傷つけないように気をつけながら、球形の旋⾵で体を包み込み、彼⼥の背中を押す。

サンダークラップインパルスをもう⼀度発動して、リテーナーの槍にまっすぐバレルを⼊れた。

シルビーは正しかった。

⽇陰がないため、彼の攻撃はすべての⽅向からではなく、太陽とは反対の⽅向を向いている体の部分からのみ発⽣している。

「あなたはかなり賢いです、子犬。私の弱点を知ってくれて嬉しいです」

空中での喧嘩はぎこちなかった。

⽇陰がないためにウトーの能力が拘束されたよう に、私も⾶べなかったので制限された。

シルビーは⾶び降りるためのプラットフォームとして機能し、私の周りを動き回っている。

「シルビー、ウトーがあなたの体が投げかける影を使おうとする場合に備えて、近づきすぎないようにしてください」

サンダークラップインパルスの効果がレルムハートによってさらに強化されたので、私たちは勝つことができるだろうと感じた。

なんとかウトーに負わせた浅い傷から漏れた表情。

かつて躁病の歓喜であった彼の表情は、・・・退屈の表情へ移行する。

「この⼤きなハンディキャップがあっても、意味のあるヒットを1つも当てることができないとは。正直・・・、がっかりです」

「申し訳ありませんが、私はあなたを感動させるためにあなたと戦っていません」

私は唾を吐き、回転した。

夜明けのバラードの壊れた先端がウトーの胸に沈んだ。

刃に合体したマナを押し出し、彼の全⾝が霜、⽕、稲妻、⾵に包まれた。

(倒した!)

彼を殺したと思った。

・・・私の剣が彼に埋め込まれたところから⿊い渦巻きのマニフェストを⾒るまでは。

私の攻撃は、彼が包帯を巻いていたほとんどの包帯を破壊し、ピアスのように⾒えるものを明らかにするだけ。

彼の胴体と⼿⾜には⼩さな⾦属の鋲がいたるところにあり、恐ろしいことに、それらの⾦属のピアスはそれぞれ、彼の全⾝に⼩さな影を落としていた。

数え切れないほどのピアスの影が全⾝に広がる中、ウトーの⾓は紫がかったブラックライトを放っている。

夜明けのバラードをウトーの胸から引き抜いてみたが、いくらマナを体に染み込ませても、こじ開けるほどの⼒はなかった。

「私たちが遊んでいた短い時間で私の弱点に気付くことができたなら、私がずっと前からそれを知っていたと思いませんか?」

「シルビー!」

夜明けのバラードを⼿放して、私は声を出す。

突然⿊い槍がウトーの体から⾶び出したとき、私の絆はすぐに私を捕まえるために⾃分⾃⾝を再配置した。

コアからより多くのマナを吸い上げ、⿊い発射体を叩くと右⼿の周りに氷のガントレットが生み出す。

槍を躱した場合、攻撃はシルビーを襲ったでしょうが、私はなんとか彼の奇襲攻撃をリダイレクトすることができた。

けれど・・・。

ウトーは私に何かを警告しているかのように指を下に向ける。

マスクの後ろからウトーの表情は⾒えなかったが、ニヤ ニヤしてるのが⾒えると誓おう。

⼀秒も経たないうちに、私は⾃分の肌に何かの鋭い刺し傷が私の下から上がってくるのを感じた。

内部の稲妻属性のマナが私の反応を強化し、私の周りの神秘的なエーテルを利⽤して、私はドラゴンの意志の最初のフェーズをアクティブに。

『静止空間』

この強⼒な能⼒についての習熟と洞察はほとんどなく、私は⾃分の周りの時間を⼀時的に⽌めることができる。

周りのエーテルの紫⾊の粒⼦が激しく震えている間、⾊が反転した。

ウトー、シルビー、そして背中に突き刺さる⿊い槍でさえ、突然⽌まる。

ウトーの最後の攻撃が動いていないので、私は衝撃の完全な⽮⾯に⽴つことを避けるため に体を旋回させる。

そして、私は第一段階を解除した。

体が震えたが、シルビーの背中に着地した途端、ウトーが即座に反応する。

彼は私のすぐ横に現れ、⿊い拳で私とシルビーを打ちのめした。

彗星のように地⾯に向かって渦巻くように、私はもう⼀度意識の内外をフラッシュする。

苦痛から叫ぶ贅沢さえもなく、私は必死に魔法を使って⾃分⾃⾝とシルビーを守ろうとした。

(シルビー、キツネの形に変えて!)

私は必死に叫んだが、彼⼥は従うのではなく、腕、⾸、体、翼で私を覆い、体を丸めてボールの形に。

彼⼥が私を強く抱きしめたとき、私は彼⼥のお腹の暖かさを感じることができた。

「衝撃を抑えるのに⼗分なマナがありません。少なくとも私の体は⼒の⼀部をブロックするとができます」

「馬鹿・・・」

 



 

意識を取り戻した頃、私はクレーターの真ん中に。

シルブ?

起きようとしたが、体が言うことを聞かない。

シルビー?

もう一度尋ねる。

応答がない。

シルビーの体がまだ私の下にあることを確認するために体を向けると、弱いうめき声が私の⼝から逃げたが、彼女の体の至る場所を黒い槍が貫いていた。

「嘘だ・・・」

自分の絆を揺さぶる。

「シルビー、目を覚まして」

激しく揺さぶる。

「そんな冗談は面白くない。シルビー!」

私は彼⼥の体を転がし、近くの槍で引っ掻いた。

「シルビー、お願いします!」

視⼒が泳ぎ、胸から⼼臓がはじけようとしているのを感じる。

パニックの波が私を襲い、全ての痛みから私を⿇痺させた。

必死に這い、⼤きな⿊い槍を壊そうとする。

「オードなら・・」

彼⼥の体に⼿をかざしながら息を切らして呟いた。

レムルハートをもう⼀度アクティブに。

体の隅々までが反発からの痛みで叫んだが、私は必死に耐えた。

マナとオードの粒⼦が⾒える状態で、紫⾊の粒⼦をシルビーの体に導くことを必死に試みる。

「お願いします」

シルビーの周りの紫⾊のエーテルの粒⼦は、助けを求める私の必死の叫びに答えるかのように震え始めた。

エーテルの欠片が渦を巻いて、シルビーの体にゆっくりと浸透していく。

「大丈夫」

レムルハートをアクティブに保つことができなくなったので、私はシルビーの⾸の付け根に顔を向けた。

「あなたは⼤丈夫である必要があります

シルビーの体と⼿⾜にいくつかの⿊い槍が突き刺さっていたが、私にはそれらを引き抜く⼒が残されていない。

地⾯から外れることを期待して、彼⼥を突き刺した⿊い槍を叩いてみた。

何度も。

何度も

何度も私は叩いた。

マナを凝縮できなくなり、拳が出⾎するまで何度も叩く。

 

 

 

 

 

「あなたのビーストは生きているわ」

⼥性の声が近くで鳴る。

声は穏やかで成熟していた。

アヤ?

必死で希望に満ちた私は、彼⼥ではないことを除いて、振り返って⾒上げた。

⼥の⼦だったが、アヤではない。

それは私がダルブの洞窟で⾒た少⼥。

サイス。

・・・彼⼥の⼿にはウトーがいた。

そして彼は死んでいるように⾒えた。

 



 

待ち侘びていたウトーとの戦い。

シルビーと協力して戦いましたが、ウトーとの力の差は歴然でした・・・。

ウトーの角に傷を負わせたアレア・トリスキャンは凄かったのですね。

シルビーの状態も心配ですが、謎の少女も気になります。

彼女はサイスなのでしょうか?

そして、ウトーは本当に死んだ?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【213話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は213話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...