最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【213話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は213話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

213話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【212話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は212話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • セリス・ヴリトラ

私は静かに彼⼥を⾒つめる。

汗が肌を濡らし、頭がドキドキした。

⾆はぼろきれが乾いたように感じ、私の体は恐怖を感じていた。

しかし、私の脳は思考の網で失われている。

この出来事の変化に対応して脳がシナリオを考え出そうとしたとき、脳がフル回転しているのを感じた。

生み出された結論は・・・、逃げ道がないということ。

唯一できることは、この場から動かないこと。

私が今まで⾒たリテーナーとは異なり、彼⼥は根本的に異なって⾒えた。

髪は⻑く、アメジストのように太陽を反射している。

魔⼥、 ウトー、またはシリットとは異なり、この⼥性の肌は磨かれたアラバスタの品質を持っていた。

彼⼥の瞳は、インパラのように渦巻く⿊い⾓と同じくらい鋭い。

不⾃然に印象的な外⾒を除けば、私が最も印象に残ったのは彼⼥のオーラ。

私が⾃分の存在を隠すことを学んだこととは異なり、彼女のオーラは準備ができている壊滅的な爆弾のよう。

これを感じたのは、インドラス卿に会った時だけ。

しかし、彼⼥はじっとしていた。

これは良い兆候でしょう。

彼⼥が私を殺したいのなら、今までの間にそうすることができたのだから。

なぜ彼⼥が無意識のウトーを掴んでいるのか尋ねたい。

シルビーも私もウトーに何もできなかった。

つまりウトーが最後の攻撃で限界を超えたか、彼女がウトーの現在の状態と関係があるのだろう。

静⽌したまま、マナローテーションで受動的にマナを獲得し続ける。

体は燃え、私のコアは反発に反対したが、私は何とか持ち堪えていた。

どれだけマナを獲得したとしても、私にできることは何もないでしょう。

この状態でシルビーと⼀緒に逃げることはできず、彼⼥を置き去りにする選択肢はない。

考えられる数⼗のシナリオが私の考えを駆け巡るが、彼⼥の行動は私が予測できなかったことだった。

まるで花を摘んでいるかのように、彼女はウトーの⾓を⼀本⼀本折っていく。

沈黙を守ったまま、彼⼥は私に2つの⾓を投げた。

2つの⿊い⾓が転がり、私の⾜の横で反抗的に⽌まる。

ヴリトラの⾓は彼ら⾃⾝の重要な部分。

なぜ彼⼥は自分の味⽅にそんなことをするのでしょうか?

彼⼥の⾏動がこれ以上予測できないと思ったちょうどその時、彼女はウトーを持ち上げ、純粋なマナのように⾒える薄い刃で彼の体を突き刺した。

ウトーの胸⾻から突き出た致命的な紫⾊の刃よりも驚いたのは、彼が無意識のままだったという事実。

彼⼥がウトーのマナコアをとても簡単に突き刺すことができたという事実に私は驚きを隠せなかった。

マナとビーストのコアは、体の密度が⾼く過敏な部分であり、使用者のステージが⾼くなるほど弾⼒性が増す。

ウトーが完全に苦しむことなくそれを突き刺すことができたということは、彼女がすでに彼を殺していたか、彼女の実力がウトーを完全に上回っているかのどちらかでしょう。

「⼤変な戦いでしたが、なんとかウトーを倒すことができました。あなたは彼を⽣かしておくことができましたが、安全対策のために、彼がマナを使⽤できないようにするために彼のコアを突き刺しました」

突然、彼女は台本を読んでいるかのように話し始めた。

この場では無駄な質問は控えるべきでしょう。

私は別の質問をすることに。

「あなたの名前を尋ねてはダメでしょうか?」

彼⼥の眉つにわずかな上昇が見えて、それは彼⼥が⽰した彼⼥の表情の唯⼀の変化だった。

少なくとも外向きには。

「・・・セリス・ヴリトラ」

必死に体を起こし、私は落ち着いて見えるように最善を尽くした。

「ありがとう、セリス・ヴリトラ。この優しさを忘れません」

敬意を表して頭を下げる。

セリスが敵なのか味⽅なのかは分からない。

それでも彼⼥はシルビーと⼀緒に私の命を救ってくれたのだ。

そのために、私にできることは、この戦争での彼⼥の⼈種や⽴場に関係なく、彼⼥に感謝すること。

セリスは微笑みを割って口を開いた。

「少年」

向きを変え、⽴ち去る準備をして姿を消す直前、彼⼥は言った。

「中に保管されているマナをなんとか抽出できれば、ウトーの⾓はあなたにとってかけがえのないリソースになるでしょう」

⽬を⼤きく⾒開いて、私は2つの拳サイズの⾓をぎこちなくすくい上げ、次元リングの中に保管する。

振り返る頃には、セリスは姿を消していた。

 



 

夜明けのバラードはまだウトーの胸に突き刺さっていたが、引っ張ると簡単に滑り落ちる。

私の剣はウトーの体にほとんど傷を残せなかったが、セリスの⼀⾒さりげない攻撃はウトーの体とコアを簡単に突き刺すことができていた。

「完敗だ・・・」

認めたくないが、セリスの出現で、私は反撃する意志を完全に失った。

⼗分なマナを集めた状態で、魔法を使おうとする。

そうしたとき、私のコアはかき回されて、私を苦しみの中に送った。

マナを体に通すと燃えるように苦しい、何とかウトーの体を氷に包むことに成功する。

アヤを助けに向かいたいが、今の私の状態では足手まといでしかないでしょう。

限界を超えた体を横にする。

思いを馳せながら、私は戦後の⾃分の⼈⽣を想像した。

必ずしも実現しなくても、私は⾃分⾃⾝にいくつかの幸せな考えを許した。

テスの顔が頭に浮かび、すぐに空想を続けたいという衝動に抵抗する。

テスはより古く、より成熟しているように⾒えたが、それでも眩いばかりに美しい。

彼⼥は私の言葉に明るく微笑む。

彼⼥の頬はほんの少し⾚みを帯びていた。

彼⼥は⽿の後ろに柔らかな髪の⽑を押し込んでから、恥ずかしそうな視線で私を上向きにちらりと⾒つめる。

キスをしようとした瞬間、私は暗闇に包み込まれた。

暗闇に囲まれていたが、ほんの数フィート離れた場所に⽴っている⼈の姿がぼんやりと分かる。

それは私。

過去の私。

この幸せを⼿に⼊れることができると思う理由は何ですか?

この幸せに値するのですか

形のない声が響き渡る。

あなたが彼らにしたことの後で、あなたはただ忘れて先に進むことができると思いますか?

彼らはあなたの選択のために死にました。

彼らはあなたの利⼰⼼の代償を払った。

あなたがキング・グレイであろうとアーサー・レイウィンであろうと、あなたは⼀⼈でしか存在できません。

 



 

「アーサー!」

目を覚ますと、目の前にアヤの姿が。

彼⼥の表情はすぐに緊張をほぐし、安堵のちらつきが彼⼥の⽬に輝いた。

「私がどんなに激しくあなたを振っても、あなたは⽬を覚ましませんでした。戦いの最中に何かが起こったのではないかと⼼配し始めていたところです」

「少し疲れただけです」

彼⼥を安⼼させるために笑顔を浮かべる。

「アーサー、あなたが無事でよかった」

「アヤ、そっちはどうでしたか?」

アヤの表情が暗くなった。

「アラクリアンの兵⼠の何⼈かは逃げました。裏切り者に関しては、私は彼を処刑することができました」

裏切り者。

処刑。

エルフの⾔葉の選択について熟考する。

まるで元同志を殺したという事実から遠ざかっていたかのようだった。

私は彼⼥を責めることができない。

オルフレッドの死は私の⼝に苦い味を残したが、アヤは私よりもオルフレッドと付き合いが長いのだから。

「マイカはどうですか?」

「私はあなたを助けるためにアラクリアンの隠された基地で仕事を終えた直後にここに来ましたが、マイカについては大丈夫だと思います」

「そうでしたか・・・。こちらも⼤変な戦いでしたが、シルビーの助けを借りて彼を倒すことができました。」

アヤの⽬には⼀瞬の疑念が浮かぶが、彼⼥はすぐにうなずいた。

「おめでとうございます、アーサー」

「ありがとう。ですが、勝ったような気はしません」

ルビーの体に頭を乗せてため息をつく。

「ラーディーズの逮捕とマイカの尋問、そして家⾂の尋問で、私たちが城に戻るときは慌ただしくなるでしょう」

「間違いなくそうなるので、できる限りここで休憩してください」

アヤの言葉に、私は弱く微笑んだ。

休むには考えることが多い。

セリスの⾏動についてどう思うか。

⾓を利⽤して強くなる⽅法は。

そして、私の過去の⼈⽣について繰り返される悪夢をどのように説明するか。

しかし、⼼と体の戦いでは、体が優勢になり、やむを得ない眠りに負けてしまった。

 



 

セリス・ヴリトラ。

彼女はアーサーの味方?

どちらにせよ、ウトーの角を利用すればアーサーの実力も上がるはず。

考えることは多いですが、とりあえずひと段落ですね。 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【214話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は214話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...