最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【214話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は214話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

214話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【213話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は213話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 前世の記憶⑤

「次!グレイ候補生、名前なし。プラットフォームに⾜を踏み⼊れてください」

⽩⾐を着た男性が告げる。

「利き⼿を置いて、さらなる指⽰を待ってください」

肩を広げて胸を膨らませながら、指⽰どおりに⾏動する。

「グレイ候補生、これはあなたの気のレベルを測定するセンサーです。停⽌の合図が出るまで、気をセンサーに吹き込んでください」

深呼吸をして、胸⾻から気を吸い上げ、右腕からガラス球に気を流し込む。

渦巻く内部を拡⼤していると、研究者たちががっかりした様⼦でメモを書き留めているのが見えた。

「やめてもいい」

同じ研究者がインターホンで通知したところ、彼の声は当初よりもさらに印象的ではなかった。

「評価の最後の部分については、トレーニンググラウンドに進んでください」

研究者たちがガラス窓の後ろで私のスコアについて話し合っている間、私は⼊って来たドアから出て、覗き⾒をする。

指⽰をくれた⼈はため息をついて⾸を横に振っていた。

明るく照らされた廊下を歩いていると、⼠官候補⽣が評価の最後の部分を待つ順番を待っていた列の後ろに⽴ち寄る。

すでにかなりの数の⼠官候補⽣が指定された場所に集まり、各グループを指導するインストラクターがいた。

ニコかセシリアを⾒つけることを期待したが、どちらも⾒つからなかった。

「グレイ候補生、名前なし」

教員が⾃分に家系の名前がないことを指摘するたびに、しかめっ⾯をしたいという衝動を抑える。

なぜここでそれが重要なのでしょうか?

教員の指示に従って指定された場所に向かうと、約12人の男女が。

きちんと刈り取られた髪の引き締まった少年は、傲慢なにやにや笑いを浮かべている。

胸ポケットに固定された紋章から判断すると、彼は軍の家族の出⾝のようだ。

グループの中には私たちの教官の姿も。

40代のように⾒えた男性で、⼝ひげの⼿⼊れが⾏き届いていた。

「グレイ候補生か?」

「はい、先⽣」

敬意を表してうなずく。

「よし!全員揃ったようだな。みなさん、こんにちは。私をグレッジ教官と呼んでください。始める前に、少しお話ししたいと思います。多くの⼈が推測しているように、最後は実際の戦闘になります」

それから彼はポケットから鍵を掘り出し、それを壁に挿す。

壁がスライドして開き、武器ラックが現れた。

「呼ばれた者はお好みの武器を選び、アリーナに⼊りなさい」

インストラク ターのグレッジがドアを動かし、窓ガラスがスライドして開く。

「試合が⽌まるかどうかは私が判断します。それまでは、⼼ゆくまで戦いましょう」

「アンブローズ家のブレア候補生とグレイ候補生とカデットブレアは、ラックから武器を選んで来てください」

「アンブローズ」という名前を聞いて、グループからざわめきが響き渡る。

ブレアと呼ばれる男性は槍を選ぶ。

私は短剣を選んだ。

それだけです、グレイ候補生?」

ヴレアが眉を上げて尋ねる。

あなたが選んだ剣は通常、盾または別の剣とペアになっています」

「構いません」

「始めてください」

教官の合図で戦闘が開始される。

ヴレアは中⽴的なポジションを取った。

特定の武器の構えにあまり精通していないが、彼が優れた武器の訓練を受けていることを理解する。

構えを低くする。

まるで私が適切な姿勢をとっていなかったと侮辱されたかのように、ヴレアの⽬は狭くなった。

嘲笑しながら、相⼿が前に⾶び出す。

彼の槍は私の頬を正確に通り過ぎたが、私は薄皮一枚で回避する。

彼の動きはぼやけており、広範囲の攻撃を⾏うテクニックを使⽤しているように⾒えたが、少なくとも私にとってはまだ遅かった。

セシリアを誘拐しようとした攻撃者とは異なり、彼は恐怖を誘発する凶暴性を⽋いていた。

何年にもわたってこの感覚に慣れてきたにもかかわらず、私の体が私の思考とシームレスに動く。

アンブローズ⽒が攻撃を続ける中、彼の攻撃の正確な組み合わせはすぐに感情と結びついた。

欲求不満と焦りが引き継がれ、攻撃を鈍らせ、体をより開いたままに。

私はその隙を利⽤して潜り込んだ。

気で⾜の指球を強化し、槍を上に向け直した後、彼の肋⾻が右側に露出するように前にダッシュする。

剣を振り、脇の下のすぐ下で彼を綺麗に殴った。

「そこまで」

教官が宣言する。

「は?掠っただけだ!私はまだ戦える!」

ヴレアは反論し、彼の⽬に怒りを浮かべた。

「この試合に勝利はありません、アンブローズ候補生」

ヴレアは私とインストラクターの両⽅を睨んでいたが、槍を地面に投げた後、すぐに会場を出ていく。

 



 

試験は終了し、結果を待つ間、⼠官候補⽣は休憩して⾷事をする時間が与えられた。

ニコとセシリアと合流し試験の出来を確認すると、彼らは上手くいったようだ。

私たちはホールを出て外に戻る。

太陽は頭上を明るく照らしていたが、建物と⼈⼯樹⽊と低⽊だけが私たちを取り囲んでいて、アカデミーは息苦しく感じた。

ボードが更新される⼤きな中庭に到着するまでに、すでにボードにできるだけ近づこうとしている⼠官候補⽣の⼤群衆が。

数百⼈の⼠官候補⽣を10分間絞った後、画⾯に読み込まれている⼤きな単語を読み取ることができるように、ボードに⼗分に近づく。

「ニコ、下唇が出⾎しているわ!」

シリアが叫んだ。

「殴られたのですか?」

「悲しいかな、私はあなたを守るために迷った肘を顔に向けた後、無傷でいられませんでした」

ニコの発言に首を横に振る。

「違います。ニコは、緊張したり、イライラしたり、集中したり、または上記のすべてのときに唇を噛みます。彼はおそらく激しく噛みすぎたのでしょう」

私の指摘にニコは舌打ちをした。

「知ったかぶりめ」

ちょうどその時、画⾯がちらつき、点灯する。

ニコはかなり簡単に⾒つかった。

彼はディビジョン1、クラス1、つまり最⾼層に配置された。

次にブレア・アンブローズの名前を発見する。

彼は武道⼠官候補⽣リストのディビジョン1、クラス5。

セシリアの名前は、ディビジョン2、クラス4に配置されていた。

自分の名前を発見し、私は呟いた。

「・・・グレイ、ディビジョン4、クラス1」

 



 

side アーサー・レイウィン

浮かぶ城に戻って私の部屋の馴染みのある天井を⾒る。

これ以上の悪夢を経験しなかったことに感謝したが、それでもこの夢は信じられないほど苦い味を⼝に残していた。

「起きる時間だよ、シル___」

私は⾃分の絆が城の病棟にいることを思い出して⽴ち⽌まる。

幸いなことに、帰りの旅はテレポートゲートのある最寄りの主要都市にしか⾏かなかった。

マイカの姿は見ていない。

私が正午にここに戻ったときまでに、ラーディーズはすでに牢の1つに⼊れられていて、ウトーと⼀緒に尋問されていた。

シャワーを浴びながら外を⾒つめていると、早朝だったので、昼も夜も寝ていたようだ。

部屋の前で⾜⾳が⽌まるのが聞こえた。

「誰でしょうか?」

ドアの向こうから⾒知らぬ⼥性の声が響く。

「アーサー将軍。私はあなたが準備をして会議場にあなたを案内するのを⼿伝うように指⽰されました」

傷跡に覆われた滴る体を⾒下ろすと、突然、誰かが傷跡を⾒つめているのを⾒て不快に感じる。

⾸と左⼿の魔⼥のようなリテーナーが私に残した傷跡は最悪だったが、それらは私の体を散らかした多くの傷跡のほんの2つ。

「もう少しで終わります」

急いでズボンと襟の⾼いチュニックを着てから、薄い⼿袋で⼿を覆った。

裏切り者が捕らえられたので、傷跡を隠す必要はなかったが、こうした方が気分が良かった。

夜明けのバラードがウトーの切断された⾓と⼀緒に私の次元リングの中に安全にあることを確認して、私は間もなく来る終わりのない戦略的な会議と質問のために⼼を準備する。

 



 

グレイ王の回想ですね。

試験結果はあまり好ましくないようでしたが、ここからどうやって王になるのでしょうか。

一方で、城に戻ってきたアーサー。

ラーディーズ長老は捕まり、ウトーも確保しました。

尋問から何か情報を手に入れられたのでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【215話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は215話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...