最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【224話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は224話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

224話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【223話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は223話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • カミュのアドバイス

⾒上げると、ヴァレイが通常の形に戻っているときに、私は彼女に視線を固定していた。

「良い決闘でした、アーサー将軍」

「予想通り、私たちの間にはまだ差がありますね」

「そのフォームを⻑期間保持できれば、私を圧倒する可能性がありました」

「これは⾃分の⼒ではなく、借りた⼒だと思います」

私は服の埃を軽く払いながら笑う。

「私は氷をかなり習 得したと思っていましたが、今⽇あなたに会うと⾃分⾃⾝を疑うようになります」

私の言葉に、ヴァレイはほんの僅かな微笑みを⾒せた。

戻るとすぐに、理由は不明だが⾦貨を交換していたバイロンとビリオンが、ヴァレイとのスパーリング中に私が間違ったことについての提案やヒントを熱⼼に攻撃し始める。

「アーサー将軍、あなたの⽕の呪⽂は強⼒ですが、あなたはそれぞれに不必要な量のマナを費やしました」とヘスターは指摘する。

「その通りだ」とバーンドは同意した。

「みんなで、アーサー将軍が何を間違えたのか調べてみましょう!」

私はバーンドによって優雅に建てられた⽯の椅⼦に座って、グループ活動をする輪の形になる。

私のクラスメートを除いて、おそらくこの⼤陸全体で最も強⼒で影響⼒のある⼈物達と一緒に。

「⾵を使って呪⽂を強化するのは良い考えでしたが、それを適⽤するのは表⾯レベルでした」とカミュは説明した。

「たとえば、⾵を使って稲妻の槍を「押す」代わりに、それを呪⽂全体に統合してみませんか?そうすれば、それほど多くのマナを使⽤せずに、貫通⼒を強化するための回転⼒を作成できます」

別の声が上がる。

それはランス・バイロンの声。

「要素の性質上、稲妻を形作ることは⽕を形作ることよりもはるかに困難です。より効率的な攻撃は、⽕を突き刺すような形に成形し、それを稲妻で覆うことだったでしょう」

「あ、ありがとう・・・。貴重なアドバイスです・・・」

彼の助言に動揺してしまう。

私たちは同じ側にいることを理解していたが、 それでも私は彼の弟を残酷に殺した⼈。

「アーサー将軍、あなたの氷のコントロールは素晴らしいですが、あなたの対戦相⼿として、あなたの氷の魔法が単に気を散らすものとして役⽴つことは私にはあまりにも予測可能でした。キャサリン王女も同じ考えだと思います」

ヴァレイの言葉にキャサリンは頷く。

「絶対零度の呪⽂に加えて、彼の氷の操作のほとんどは、敵の注意を彼のより強⼒な稲妻の呪⽂からそらすのに役⽴ちます」

「あなたのスピードとスペルチェーンはこの僅かな⽋点を補いますが、⻑時間の戦闘では、これがあなたの敗北に繋がる可能性があると思います」

「ヴァレイ将軍、私はあなたのアドバイスを⼼に留めておきます。ありがとう」

 



 

「今⽇のトレーニングは終わりですか?」

キャサリンは落ち込んだ目で尋ねる。

「えっと、トレーニングを続けたいのなら、 以前からここにたくさんのマナが保存されています」

「よし!」

バーンドは叫び、席から⾶び上がった。

「戦いを⾒た後、体を動かしたいと思っていました。付き合ってくれますか、お姫様?」

キャサリンは熱⼼にうなずき、ドワーフの⻑⽼の後ろを追いかける。

「お兄ちゃん、私は先に帰ります」

エレナーは欠伸をしながら言った。

「部屋まで連れて行こうか?」

私の問いに、エレナーは首を横に振って、ブーの太い体を軽く叩く。

「ブーがいるから大丈夫」

私はうなずいて、彼⼥に笑顔を⾒せた。

「おやすみ」

「おやすみなさい、⻑⽼たち。おやすみなさい、エミリー。おやすみなさい、エメリアさん。そしておやすみなさい、ランス・アーサー」

「⽣意気な妹め」

エレナーは部屋から⼩⾛りする前に無邪気に笑い、エミリー、アラニス、そして残りの2⼈の⻑⽼だけを残した。

「あなたの妹はあなたとは⾮常に異なっていますね、アーサー将軍」とアラニスはコメントする。

笑わずにはいられなかった。

「彼⼥は間違いなく私たちの⽗を追いかけていますから」

「それなら、あなたはあなたのお⺟さんにもっと似ていますか?」

「・・・よく分かりません。私は両⽅の混合物だと思いたいです」

「どちらでもない場合、他に誰かに似ているのですか?」

ヘスターは尋ねた。

私はただ肩をすくめ、より良い反応を形成することができなかった。

肩越しに振り返ると、エミリーの頭が揺れているのが⾒えた。

「エミリー」

声をかけると、エミリーは、まるで仕事をしているかのように、パネルのダイヤルをいじり始める。

「わ、私は寝ていません!」

「何も言ってませんよ。でも、あなたは少し休むべきです」

「アーサー将軍の言葉は正しい」とアラニスは述べた。

「ありがとう、でも⼤丈夫です。より多くのデータを収集し、ヴァレイ将軍とアーサーの最後の戦いからの戦闘値を⽐較する必要がありますから」

「そういえば、過去数⽇間の⻑⽼たちとのトレーニングセッションでは、実際にはデータを提供してくれませんでしたね」

「私もそれについて疑問に思っていました」とカミュは付け加える。

「⾃分の呪⽂がどのように測定されるのか知りたいです」

「はい、もちろんです。ただし、数字は個々に意味を持ちません。現在、いくつかのアカデミーに数⼈のアシスタントがいて、このアーティファクトのローエンドバージョンをテストして、そこにいる学⽣からデータを取得し、⼗分に広いスペクトルを収集できるようにしています」

「戦闘値は他の魔術師と⽐較するために使⽤されることを意図していたのですか?」

「はい!ただし、ここにいる魔術師間で戦闘値の測定値を⽐較することはできますが、より多くのデータを取得した後は、全体的な測定値に⾃信が持てるようになります」

カミュは笑顔を浮かべる。

「私たち長老の中で最強なのは誰でしょうか?」

私がキャサリンとバーンドに視線を向けている間、2⼈の⻑⽼たちはすぐに彼らが最も強いと思った⼈についての議論に陥ることに。

 



 

決闘は終わりに近づいていた。

キャサリンはほぼ完全に息を切らしていたが、バーンドはほとんど汗をかいていない。

氷と⼟の槍が二人を取り囲み、⼩さなクレーターが地⾯に散らばっていたが、どちらも疲労以外に⽬に⾒える傷は見られなかった。

決闘が終わったのは、王⼥がついに頭を⼸に浸したとき。

カミュは突然私に向かって口を開く。

「アーサー将軍、⾒せたいものがあります」

私のマナプールはほぼ完全に使い果たされ、⼿⾜が痛んだが、⻑⽼の言葉は私の興味をそそった。

キャサリンとバーンドの横を通り過ぎる。

ハイタッチを期待して、お姫様に⼿を差し出した。

代わりに、彼⼥が恥ずかしそうに私の⼿を両⼿で握り締める前に、私が得たのは混乱した視線だけ。

王⼥がこの世には存在しないかもしれない挨拶を知っていることを期待して、私は笑いを抑えた。

「そろそろいいですか?」

カミュはニヤニヤして尋ねた。

まだ私の⼿を握っていることに気付いたキャサリンは、すぐに⼿放して急いで⽴ち去る。

数フィート離れた位置で、⼿⾜の周りのバンドを締め、開始する準備をした。

カミュはスタンスを下げ、⽚⽅を開いた⼿のひらを私に向ける。

「アーサー将軍、始める前に、ここで私にパンチをしてほしい」

「え?」

「この手のひらにパンチをしてください」

「ただのパンチ?」

「強化されたパンチ、敵に打つパンチです」

「分かりました」

伸ばした腕のすぐ下に⾜を置き、腰、肩、腕を1回の滑らかな動きで回す。

マナはパンチと連動して流れ、マナを⼀滴も無駄にすることなく、簡潔で爆発的な効果を⽣み出した。

しかし、拳がカミュの⼿のひらに当たろうとすると、突然、拳をタールの厚い層に押し込もうとしているように感じた。

「ど、どうやって?」

「あなたは賢い若者です、それを理解してください」

無傷の拳を⾒下ろしながら、私は今起こったことを考える。

「⾵を使って私のパンチを遅くしたのですか?」

「答えは少し広いですね」

⻑⽼は笑い声をあげた。

もう⼀度パンチしてみると、今回はそれを感じた

空気圧。

「あなたは空気圧を使ったのですね!私の周りに真空を作り、⼿のひらの空気圧を上げて私の拳を遅くしました!」

⻑⽼は頭を傾ける。

「あなたは奇妙な⽤語を使⽤していますが、その要点を理解したようですね」

「素晴らしいです!どうやったのですか?」

私は興奮を抑えることができずに尋ねた。

この世界は、科学の進歩が私が⽣まれた場所から何マイルも離れた世界。

しかし、カミュは、⾃分だけでなく相⼿にも⾼度な空気圧の原理を利⽤して強⼒な効果を⽣み出す⽅法を考え出したのだ。

なぜそんなことを考えなかったのですか?

私は⾃問する。

⾃分の中で知識を持っていたが、それをこの世界のそのような重要な側⾯に適⽤することができていなかった。

カミュの声が私を現実に戻す。

「あなたはおそらく 『なぜ私はそれを考えなかったのか』と考えているでしょう?」

「は、はい」

「それは私が早い段階で疑ったことです。ヘスター、バーンド、プリンセス、そして私。私たちが魔法をどのように活⽤しているかを少し理解して、⾃分のスタイルに取り⼊れることを期待して、 すべての要素に没頭したいと思ったからです」

⻑⽼の声が鋭くなった。

「問題はあなたの「スタイル」が⾮常に攻撃に偏っていて、壁を上げるという露⾻に明⽩な⽅法を除いて、あなたが⾃由に使える無数の要素を防御⼿段に使うことさえ考えもしなかったことにあります。あなたは、刃または⻯巻の形の⾵についてのみ考えてきました。あなたは土を槍または壁と考えていますが、これらの元素の親和性を真に習得することは、敵を殺すために常に⽬に⾒えるか、または調整されていないかもしれないそれらの性質の微妙さを知ることを意味します」

「・・・」

私はじっと⽴っていて、応答を形成することができなかった。

カミュはため息をつく。

「あなたは技術的に私よりも⾼い⽴場にいるので、私が講義するのは失礼だと思いますので、これで終わりにしましょう。要素の使⽤率は良好です。実際、あなたの能力はすばらしいです。ただし、常に相⼿を傷つけたり、相⼿を躱すために⾃分を強化したりして、呪⽂や攻撃を形作ることを選択します。これは1対1の決闘には適しているかもしれませんが、これから直⾯する戦いは必ずしもそうとは限りません」

「あなたの言葉は正しい。ありがとう、カミュ」

 



 

ヴァレイとの模擬戦は、アーサーの負けで終わりましたね。

けれど、学園の時と比べると距離はかなり縮まったのではないのでしょうか?

カミュのアドバイスで、アーサーの能力がどう広がっていくのか楽しみです!

最強の王様、二度目の人生は何をする?【225話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は225話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...