最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【261話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は261話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

261話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【260話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は260話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 父を探して

シルビーと私は壁の保護を離れ、クライマックスに達してから⻑い間続いた戦いを⾒ました。

射程が壁にあるものほど⻑くなかった射⼿と魔道⼠は、流⾎に近い地⾯に配置されています。

怒りと後悔の両⽅で私たちの後ろに閉じている壁の厚い⾦属の⾨をもう⼀度振り返った。

「アーサー、誰がこれに責任があるのかは後で分かります」

私の絆に慰められ、彼⼥の⽬は私のものに固定されました。

「今、あなたの家族を⾒つけて、できるだけ多くの兵⼠を助けることが私たちの義務です」

彼⼥の言葉にうなずいて、私たち⼆⼈は前に歩き出す。

私は周りの兵⼠たちの叫び声と歓声を抑えました。

私はヒーローではありませんでしたし、なりたくもありません。

みんなのヒーローになることは不可能です。

すべての⼈間、エルフ、ドワーフが私にとって等しく重要であるとは限りません。

それは私がずっと前に受け⼊れていた事実。

私はこの戦争を終わらせるのを助けるために私の役割を果たすためにここにいました。

それは世界平和や⼈類を救うためではなく、私が愛し、世話をした⼈々と快適で幸せな⽣活を送るため。

何百もの視線が私たちの⽅を向く。

「集中しよう、シルビー。まずは最初にここに来たことをやってみましょう。その後、部隊の⼠気を⼼配することができます」

胸を引き締める不安感を振り払うことができません。

振り回す夜明けのバラード、シルビーと私は、呪⽂と⽮のシャワーの下で戦いの真っ只中に⾶び込みます。

もちろん、私たちのどちらも単に乱暴に攻撃していません。

私が⼩さな敵を切り裂き、差別なく巨⼤な獣を倒したとき、私の⽬は常に、ダーデンに似た⼤きな体の大地のコンジュラーや、⽗のように遠く離れたところにある⽕の親和性を持つ喧嘩屋の兆候を探していました。

その時、私は巨⼤な怪物を倒そうとしている別の兵⼠のグループを発見する。

しかし、それは真夜中のグリズリー。

その特定の種類のマナビーストは、その成熟度と貴重な鉱⽯を消費して得た⾦属の⽑⽪の密度に応じて、破損していない場合はBクラスからAAクラスの範囲。

その12フィートの⾼さと、スパイクされた⽑⽪が運んだきらめく光沢によって、この特定の真夜中のグリズリーは後者に向かっていたと私は推測しました。

しかし、私の注意を引いたのは、ビーストそのものではありません。

グリズリーの攻撃の⽮⾯に⽴たされた厚い装甲⼿袋で戦ったのは兵⼠の広い背中であり、他の兵⼠は腐敗した獣を倒そうと無駄な試みをしました。

その⼈が私の⽗であるかどうかを私の⽬が推測する前に、私の⾜はすでにその戦いに向かって動き出した。

2つのマナが注⼊されたステップ内で、私はすでにグリズリーを打ち倒す範囲内にいましたが、私の焦点は兵士に向けられました。

欲求不満で舌打ちをする。

兵⼠は顔を覆うヘルメットを含む完全な鎧を⾝に着けていたのだ。

一瞬の隙でヘルメットを外すが、それは私の父ではありません。

薄っぺらなヘルメットを⼿に押しつぶしたいという衝動を抑えて、⼀⾔も⾔わずに兵士の頭に押し返した。

剣を⽚付けて、巨⼤な⾦属製の6本⾜のクマに向かって⼀歩踏み出す。

前腕と同じくらい太い⽖の1つをつかんで、最後の最後に体重を移動してマナを吹き込みました。

その結果、6,000ポンドの獣が空中に放り投げられ、地⾯に叩きつけられる。

地⾯は衝撃で粉々になり、ビーストは痛みで深い嘆きを吐き出す。

『アーサー、助けが必要ですか?』

シルビーの声が頭の中で響く。

『いいえ。ダーデンまたは私の⽗を探し続けてください。これはそれほど⻑くはかかりません』

カミュ⻑⽼が⾒せてくれたテクニックを利⽤して、開いた⼿のひらの真上に真空を生み出し、攻撃の全範囲を受け止める。

真夜中のグリズリーの強⼒な⽖の⼒を完全に分散させることはできず、⾜が地⾯に沈み、全⾝が震えました。

それでも、ビーストの重⼼を捨てて、彼を⼤きく開いたままにしておくには⼗分です。

次の⼀歩を踏み出すまでに、私は真夜中のグリズリーの後ろ⾜を地⾯につなぎ、⾶んで死傷者を出さないようにし、右拳の周りに数層の渦巻く⾵を凝縮する。

私の⼿にある急流は、訓練を受けた兵⼠を近くで反動させるのに⼗分でしたが、私の拳が⾦属獣の腹部に真っ直ぐに着地したとき、地⾯は衝撃から揺れました。

衝撃波が打撃から響き渡り、弱い兵⼠や獣が地⾯に広がっていましたが、⾼位の獣を殺すには⼗分だ。

 



 

息を呑む時間を割くことができず、ダーデンと⽗を探し続ける。

最前線に召喚⼠が不⾜しているにもかかわらず、私の巨⼤な友⼈を⾒つけるのは困難でした。

大地の魔道⼠が地⾯にどれだけ近かったので、遠くで⾒つけたのは1つか2つの⼟の呪⽂だけではありません。

そして、ダーデンと、召喚⼠であるにもかかわらず彼の⼿に負えない強さを知っていたので、彼が他のキャスターや射⼿と⼀緒に壁の近くに戻っていないことを私は知っています。

私の忍耐⼒は、1秒が経過するごとに薄くなりました。

助けを求めて叫んだり泣いたりするたびに、次はダーデンか私の⽗のどちらかになるのではないかと恐れて、私は怯んだ。

シルビーと私は別々に続けて、彼らを探し、できるだけ多くのビーストを殺していく。

混沌の中にアラクリアンの魔道⼠を⾒つけたのは⼀度もありませんでしたが、それは良いことでした。

ビーストの⼤群を私たちの召喚者から守るために盾を投げる魔術師はいません。

瞬く間に太陽が昇り、⽬に⾒えるところまで広がった混乱を浮き彫りにしました。

 



 

煙、⽕、がれき、放棄された武器、そして男性とビーストの両⽅の死体がかつての不⽑の野原を飾りました。

視⼒は限られていましたが、⽬を⼤きく開いて⽿を開いたままに。

獣の咆哮、兵⼠の叫び、魔法のハムとパチパチ、⾦属の鋭い鳴り声の中で⽗を⾒分けるのは絶望的だと私は知っていましたが、私にできることはほとんどありません。

ビーストの数は途⽅もなく減少しましたが、損失がないわけではありませんでした。

⼈間、エルフ、ドワーフは同様に、彼らが殺した、または殺されたビーストの横に、死には側⾯がないという点を強調するかのように、地⾯に広がっていました。

計画の変更のために、⾮常に多くの兵⼠が亡くなりました。

私の後ろに無傷で、壁は私たちをあざけるように⾼く⽴っています。

その前の地⾯は、私たちがその下に置いた爆発物にもかかわらず、無傷でした。

私の内臓は、他の2⼈の団長が壁を越えて彼らの軍隊を評価することに透明だったので、私の計画を取り消したのはトロディウスであると告げている。

⽗とダーデンを⾒つけて、彼らが⼤丈夫であることを確認するという考えだけが、私を根底から⽀えました。

太陽が空に昇るまで、何時間もあっという間に過ぎていく。

負傷したり疲れすぎて戦闘を続けることができない兵⼠は、次の兵⼠の群れが彼らに取って代わるために前進したときに、仲間によって運び去られました。

彼らの数が数百に減少するにつれて、ビーストの⼤群はゆっくりと押し戻されている。

この⼤規模な戦いがディカゼンの⽬に⼤きな勝利をもたらすまで、そう⻑くはかからないでしょう。

それでも、まだ戦っているここにいる兵⼠たちにとって、騙された毎分は、彼らが簡単に殺される可能性のある別の分でした。

彼らにとって、この勝利は彼らと⼀緒に戦った彼らの友⼈の死によって損なわれるでしょう。

何時間も戦い、捜索した後、私の体は⾃律的に動いていました。

通りかかった場所でビーストを殺し、兵⼠が途中にいる場合は苦しんでいる兵⼠を助けます。

すべてを守ることはできませんでしたが、⽬の前にあるものを無視することはできません。

パニックと⼼配の波に襲われたのは、右⾜を殴られた兵⼠を助けていたとき。

『シルビー!何が起こった!?』

私の絆の感情がまだ私に引き継がれているので、私は冷たい汗を⾸から滴らせる。

私はすでにシルビーの場所に向かっていた。

彼⼥は遠くなく、壁の南端に向かって南⻄に1マイルも離れていません。

しかし、なぜ彼⼥は答えなかったのですか?

⾶んでいくと景⾊がぼやけていくのに、粘り気のある濃厚な液体のように時間が遅くなったようです。

⾳がこもり、⿎膜がぶつかる⾳が何よりも⼤きく聞こえました。

しかし、私が近づくにつれて、私のビジョンは瞬く間に現れます。

シルビーが私を抱きしめてくれたので、私がシルビーをかろうじて理解したので、私が厚いガラスの瓶を通して世界を⾒ているように感じたら。

彼⼥の⼼配そうな叫び声は聞こえたが、彼⼥が⾔っている⾔葉は理解できなかった。

彼⼥が⾸を横に振って、私が私の⽬に近づくのを⽌めたときの彼⼥の涙⽬は、私の焦点が彼に向かって⾛っている医療チームに向かって彼の⾜を引きずっている男性にあったので、私は彼⼥の表現を理解できませんでした。

彼は腕を失い、顔の半分が認識点を超えて焼かれていましたが、それでもダーデンだと私は知っていました。

そして彼の広い背中にぶら下がった・・・、それは私の⽗に残されたものでした。

 



 

ダーデンとレイノルズを発見したアーサー。

ダーデンは生きているようですが、レイノルズの容態は?

最悪の状況だけは起きないでほしいです・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【262話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は262話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...