最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【264話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は264話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

264話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【263話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は263話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 前世の記憶⑩

「私です、グレイです。この電話をもう⼀度試してみようと思っただけです。とにかく、キングスクラウンコンペティションは私たちの街で始まり、レディ・ヴェラはすでに私に競争する場所を与えてくれました。今までトレーニングをしていただけなので、公式⼤会に出場するのは本当に・・・、本物だと感じます」

「・・・」

「・・・ニコ、あなたがいなくて寂しいです。私はあなたに何が起こっているのか分かりませんが、あなたがこれで⼀⼈ではないことを知っています。私はあなたのためにここにいます。あなたは私に連絡する場所を知っています。すぐにお返事をいただければ幸いです」

メッセージが送信されたという単調な確認を聞いて通話を終了し、ため息をつく。

「くそー、ニコ。⼀体何をしているの?」

私が最後に友達に会ったのは、私たちが喧嘩した夜です。

セシリアが連れ去られてから数週間が経ちましたが、⼤会の⽇程が近づくにつれ、私のトレーニングはますます難しくなりました。

夜明けから⽇没まで訓練し、ニコがチラシを⽴てて地元の警察署の周りに情報を求めるのを⼿伝うために、レディ・ヴェラの邸宅からこっそり出ていました。

ニコが激昂したのは、しばらくしてからの時。

彼は、私がセシリアを⾒つけることよりもレディ・ベラとの訓練を優先していたので、私が冷淡で無関⼼であると⾮難しました。

その時、私も我慢できませんでした。

私は彼を責めませんでしたが、それは私が彼に同意したという意味ではありません。

軍隊であろうとなかろうと、⾼校をほとんど卒業していない2⼈の⼦供が、誰も調査していない調査に違いをもたらす可能性があると不必要に主張することは、せいぜい楽観的でしょう。

ヴェラ夫⼈の最⾼の捜査官が助けてくれることを確認するという約束もしています。

私は正しいことをしました、私は⾃分⾃⾝を保証し、さらに椅⼦に沈みます。

今のところ、競争に勝つことが最も重要です。

トーナメントはそれほど問題にはならないはず。

キングスクラウンコンペティション全体で優勝した後、すぐにキングにならない場合でも、評議会からの影響⼒はあります。

私の2つの最⼤の⽬標は、校⻑ウィルベックの殺害の根底に到達し、セシリアを⾒つけて保護すること。

そうすれば、彼⼥とニコは⼀緒に幸せな⼩さな⽣活を送ることができます。

ニコの緊急性にもかかわらず、執⾏者が彼⼥を連れて⾏ったと仮定すると、セシリアは害を受けないだろうと私は知っていました。

彼⼥は資産の価値が⾼すぎて殺すことができないでしょう。

だから私は勝たなければなりません。

 



 

「グレイ候補生・・・」

近くで柔らかくまろやかな声が響いた。

誰かが私の肩に触れたのを感じたとき、私は⽬を覚ます。

⾃分のやっていることを本当に意識する頃には、眠りについた席にメイドが座っていて、右⼿を喉に軽く押し付けていました。

「も、申し訳ありません!」

私はすぐにメイドを⼿放し、彼⼥の⾜元を助けました。

「いいえ・・・、お詫びします、グレイ候補生。ベラ夫⼈はあなたが寝てる間にあなたと連絡をとらないように私に知らせました。私は忘れていたに違いない」と彼⼥はすぐに修正し、頭を下げる。

「ヴェラ夫人から、トーナメントの開催を考慮して、今⽇のレッスンはキャンセルされることをお知らせするように指⽰されました。代わりに、あなたはレディ・ヴェラの家族が後援する他の王候補とスパーリングするでしょう」

「レディ・ベラはそこにいますか?」

「残念ながら、彼⼥は会議で忙しくなります。しかし、彼⼥は明⽇も市の⼤会に出場することを約束してくれました」

レディ・ベラが私にくれた⼩さな⼩物を取り出す。

それはヴェラ夫⼈の家の記章。

⾦⾊のアーチを⽀える2本の交差した剣のエンブレムで際⽴っていました。

ウォーブリッジの決闘アリーナに到着するまでに、内部から活発な活動と騒⾳が発⽣していました。

通常、さまざまなトレーニングマシンにかなりの数の⼠官候補⽣がいますが、今⽇は異なっています。

後ろを振り返りながら、レディ・ベラの下にいる他の候補者たちがどのように⾏動しているかを好奇⼼を持って⾒守っていました。

彼⼥から個⼈的に教えられるという特権を持っていたので、私は実際に他の⼈を⾒たことがなく、ましてや彼らのスキルを知りません。

最初に私の興味を引いたのは武器のないものでした。

彼の表情と彼の構えは、彼が剣と盾の⼠官候補⽣に対してある程度の⾃信を持っていることを私に教えてくれました。

模擬決闘が始まるとすぐに、武器を持たない者が空の⼿を差し出し、「フォーム!」と叫んだ。

彼の⼿に⽕がついたのは、輝く⻩⾊い槍。

すぐに、スパーの周りに形成された群衆は驚きと誇りを持って吠えました。

「あれは気の武器です!」

年上の紳⼠が叫んだ。

「そして彼はそれをとても速く形成した」と彼のそばの別の男が付け加えた。

もしそれが⼀年前だったら、私は群衆の中のものと同じように反応したでしょう。

気の武器を作るのに多くの時間と労⼒を要しただけでなく、⼗分な量の気も必要です。

この⼠官候補⽣の槍はこの時点で装飾されたプラスチックスティックよりも優れている程度。

気の武器の真のマスターは、⾃分の武器がどのように現れるかを真に視覚化できるようにするために、具体化したい種類の武器を物理的に作成するのに何年も費やしたと教えられていました。

技術を使った不正⾏為を禁⽌するために世界委員会による検査と規制の範囲内に常に保たれなければならなかった通常の武器とは異なり、気の武器には競技会での制限がありません。

優れた射程と武器の利点により、槍の⼠官候補⽣が勝利しました。

しかし、それは⼀⽅的な戦いではなく、勝者の顔がどれほど⻘⽩いかによって、相⼿が気の武器を壊すことができたなら、彼は別の武器を実現することができなかっただろうと私は知る。

それでも、それは勝者が彼の汗をかいた顔に厄介な冷笑を形成し、彼の敵から盾を蹴り⾶ばすことを妨げませんでした。

⽬を転がしながら、私はアリーナに向かって進む。

「ああ、あれはレディ・ベラのお気に⼊りのペットだ」と、まだスパーリングをしていない観戦⼠官候補⽣の⼀⼈が声を上げた。

誰もが私に向きを変え、私にさまざまな表現を与えましたが・・・、それらのどれも特に楽しいものではありません。

それらを無視して、私は⽴ち上がって、頑丈で筋⾁質のファシリテーターに⼿を振る。

「今⽇の午後、気の瞑想の前に数ラウンドするように⾔われました」

「うーん、あなたが来ると⾔われましたが、まだあなたのスパーリングパートナーに割り当てられた⼠官候補⽣がいません」

私は⼀⾔も⾔わずに⾼台に⾜を踏み⼊れ、すぐにストレッチして、椅⼦で眠りに落ちたときに⽣じたねじれを体から取り除く。

「誰でも構いません」

「⾏かせて、カリさん。ヴェラ夫⼈の不⾃由なペットがどれほど良いか興味がありました」とおなじみの声が嘲笑しました。

⾒上げると、槍を使ってスパーリングした⼠官候補⽣であることが分かりました。

私は⽴ち上がって、腕を伸ばしながらメイソンという名前の少年を⾒る。

「私はより良い状態の⼠官候補⽣を好みます」

「カリさん、この⽣意気なガキにレッスンを教えさせてください!」

ファシリテーターが親指を後ろに振り、メイソンにアリーナに上がるように合図する前に、躊躇いがありました。

「保護具を着⽤してください。グレイ候補生、武器を選んでください」

気を染み込ませた胸と頭の部分をつけた後、ラックから⽚刃の短剣を取り出す。

ヴェラ夫⼈が教えてくれたようにバランスをチェックし、数回振り回した後、アリーナの中⼼に戻った。

⼆⼈から確認のうなずきを得た後、カリは⼿を振り下ろす。

「始め!」

私は彼の推⼒をかわし、正⾯の槍を握っている彼の右⼿の指を叩く。

衝撃を吸収して、気震いの薄い保護オーラを感じることができました。

メイソンはまだ痛みでひるんだ、そしてもっと重要なことに、彼はまだ私の範囲内にいます。

私は⾝をかがめて、同じ⼿で、しかし別の⾓度から剣を下ろしました。

「ガッ!」

彼はその痛みから怒鳴った。

打撃から響き渡った⻲裂にもかかわらず、私は彼に彼の武器を⼿放さなかったことを認めなければなりません。

スパーを終了するのにさらに2つの動きすべてを要し、残りの⼠官候補⽣とのラウンドを終了するのにさらに30分かかりました。

私のウォームアップの終わりまでに、彼らの何⼈かが不⾃由であるために私に与えた哀れみの表情は綺麗に拭かれました。

 



 

「ああ!」

ヴェラ夫⼈から隠しておいたソーダを飲んだ後、息を吐く。

シャワーを浴びて体を乾かし、瞑想のためにより快適な服に着替えた後、ある研究で下の階でなじみのある声が聞こえたとき、私は廊下を歩いた。

ヴェラ夫⼈に挨拶することに興奮して、私は階段を駆け下りました。

彼⼥の顔すら⾒るのはますます難しくなったが、ドアのそばで⾒知らぬ男が彼⼥と⼀緒にいるのを⾒たとき、私は⾃分の⾜跡に⽴ち寄った。

彼は顔をそむけていたので、彼の外⾒について私が知ることができたのは、彼の髪の⽑が短く、ミリタリースタイルのスーツを着ていたということだけ。

「はい、分かりました。私は彼に資格があることを知らせます」とヴェラ夫⼈はそっと男に告げる。

彼の声は低くて理解しづらかったが、彼⼥が防⾳研究の中で男を護衛する前に、私はレディ・ベラの断⽚が話しているのを聞くことができた。

「もちろん。はい、彼⼥は⾔及されません。わかります。ありがとうございました。あなたが正しい。彼は⼤衆をなだめるために少なくとも⼀度は戦わなければならないでしょう。地区のためにグレイを準備します・・・」

 



 

ニコはどこに行ったのでしょうか?

セシリアの様子も気になりますが、今はヴェラ夫人を信じることしかできませんね・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【265話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は265話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...