最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【265話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。

今回は265話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

★シックス・ランス(顔が思い出せない方は、コミック82話を参考に)

アレア・トリスキャン:エルフの女性

ヴァレイ・オーラ:女性(リーダー?)

オルフレッド・ワレンド:男性

アヤ・グレフィン:女性

マイカ・アースボーン:女性

バイロン・ワイクス:男性(ルーカスの兄)

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...

 




 

265話 ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?【264話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は264話...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 慰め合い

私はうめき声を上げましたが、私たちの周りを吹き抜ける⾵に⾃分の声がほとんど聞こえませんでした。

遠くに⾶んでいる城が近づいてきて、感情が⼊り混じっていく。

テシアの様子。

本当の戦いがすぐに起こるエティスティンに直⾏しなかったのは、おそらくそれが唯⼀の理由でしょう。

シルビーに気づいた城の警備員は、着陸ドックが無⾳で開いている間、分かれて⼩道を形成しました。

驚いたことに、通常は活動と騒⾳で満たされた着陸ドックは、ドアのそばの孤独な姿を除いて完全に空でした。

ビリオンでした。

彼の⾒た⽬がどれほど違うのか、それが誰であるかを理解するのに少し時間がかかりました。

古いエルフがいつも彼の気さくなにやにや笑いと⼀緒に放射していたという強い⾃信はなくなり、彼の⽬を圧迫するバッグの層によってほめられた厳しい表情に置き換えられていました。

銀⾊の髪は束縛されておらず、彼が着ていたローブは彼には少し⼤きすぎるように⾒えました。

それでも、私とシルビーを⾒ると、彼の顔は私が思っていたものに柔らかくなり、安堵の笑顔に。

年齢だけでは衰えない優雅な歩き⽅で私に近づいてきて、彼はすぐに腕を私の周りに巻きつけました。

思いがけない⾝体的接触で体がひるみ、しばらくの間頭が真っ⽩になる。

「お帰りなさい。アーサー、あなたはできる限りのことをしました・・・。あなたは素晴らしいことをしました」と彼は穏やかに⾔いました。

怒り、悲しみ、喪失、そして中へと⼊り込もうとしていた他の感情から離れて、私が⾝を包んでいた冷酷な無関⼼の殻は溶けていく。

それは彼の抱擁の暖かさ、あるいは彼の⾔葉の暖かさだったかもしれませんが、私はもう⼀度泣いていることに気づきました。

涙が頬を伝って、衰えることなく暖かくなる。

⼆度と壊れないように全⼒を尽くして肩を震わせたが、ビリオンの⾔葉が頭に響き渡った。

私はできる限りのことをしました。

私は素晴らしかった。

シルビーは沈黙を守ったが、彼⼥の柔らかな感触がビリオンの抱擁と同じくらいの感情を伝えているのを感じた。

司令官、ランス、そしてアスラ・・・、私たち3⼈は⼤きな空の部屋に⼀⼈で⽴っていて、私たちが誰であるかを⼀瞬忘れていました。

 



 

「孫娘は今あなたを必要としています。彼⼥は私たちの精神的なつながりを意図的に遮断する前に冷静に答え、私を⽴ち往⽣させました」

ビリオンは、テシアを慰めようと何時間も試みた後、同じことを⾔っていました。

彼⼥は⾃分の部屋に閉じ込もり、助けたいと思っているすべての⼈に会うことを拒否しています。

彼⼥⾃⾝の両親と祖⽗が彼⼥に連絡が取れなかった場合、どうすればよいでしょうか。

とにかく、それが私の⾔い訳です。

しかし、それでも、私がシルビーとビリオンを必要としていたように、彼⼥は私の助けを必要としていました。

すべての悪い考えを押し下げて、今のところそれらを⽚付けます。

今のところ、テスは私を必要としていました。

息を⽌めてドアをノックする。

答えはありません。

もう⼀度ノックしました。

「テス、アーサーです」

彼⼥は答えなかったが、彼⼥の軽い階段がドアに近づいているのが聞こえる。

しばらくすると、テスの部屋の⽊製の⼊り⼝がスライドして開き、反対側の⼥の⼦と⽬が合います。

私は彼⼥の鮮やかなターコイズブルーの目を見てきました。

笑い、喜び、怒り、決意。

しかし、このような完全な絶望を⾒たのはこれが初めて。

このように彼⼥に会うのはとても痛かったので、私は背を向けたかった。

代わりに、私は彼⼥がいつ私のためにそこにいたのかを考え、私が傷つきやすいときに私を慰めました。

喉をすっきりさせて、私は彼⼥の部屋に⾜を踏み⼊れ、彼⼥をシャワーの⽅へ引っ張る。

「あなたは洗い流すのを⼿伝う必要はありませんよね?」

なんらかの反応を期待してからかう。

何も⾔わずに、彼⼥はストリッピングを始め、私を不意を突かれた。

断固たる決意で、何も⾒えなくなる前になんとか背を向け、ソファの外で⼼配そうに待っていました。

1時間のように⾒えた後、テシアはタオルを胸にかろうじてかけ、濃い灰⾊の髪が後ろに⽔たまりを垂らしながらバスルームから出てきます。

起き上がって、私は別のタオルをつかみ、彼⼥の部屋の隅にある⼩さな洗⾯化粧台の前に彼⼥を座らせた。

テシアが⾃分の反射を⾒ることすらできなかったという事実に胸が痛んだ。

ビリオンは綾将軍からの報告を読んだ後、何が起こったのかを教えてくれました。

私は彼⼥が⾏った選択とそれらから⽣じた結果を知っていました。

彼⼥は私と同じように⾃分を責めましたが、彼⼥を慰めることは「ねえ、あなたの気持ちを知っています」と⾔うほど簡単ではないことを私も知っています。

だから、何も⾔わなかった。

私は持ってきた予備のタオルで彼⼥の⻑い髪をそっと拭く。

その後、四⽅⼋⽅から温かいそよ⾵を吹き込み、髪を完全に乾かしました。

彼⼥の髪が⼗分に乾いた後、私は⽊製の洗⾯化粧台からブラシをつかみました。

彼⼥の髪をとかしている間、私が考えることができたのは彼⼥の肩がどれほど⼩さいかだけでした。

⾮常に多くの負担と期待をかけた肩。

この戦争の前、彼⼥はちょうど学⽣だったことを忘れがちです。

私たちが共有した同様の⾝体的年齢にもかかわらず、彼⼥には経験と精神的強さのために頼る過去の⼈⽣がありません。

「あなたはこれが本当に苦⼿です」

テスの声は柔らかく嗄声でしたが、それでも私の⼼は⿎動を⾶ばしました。

「私は、このようなことをした経験があるわけではありません」と私は恥ずかしそうに反論します。

ブラシを戻そうとしたのですが、テスから⼀⽬⾒ただけで⽌まりました。

「私はあなたにやめるように⾔っていません」

「はい、お姫様」

通常、彼⼥はそのような反応からふくれっ⾯をしているでしょう。

テスは、私が初めて会った時から「お姫様」と呼んでいたのでいつも嫌いでしたが、ほんの少しの感情さえも彼⼥の顔には⾒られません。

それでも、彼⼥の声を聞けて良かったです。

しばらくの間、私は彼⼥の髪をゆっくりとブラッシングしながら、ぼんやりと話しました。

私たちが⼦供の頃エレノワールで⼀緒に戻った私たちの不幸の愚かな話を。

彼⼥の周りのタオルが落ちて、彼⼥を完全に裸のままにしたとしても、彼⼥は反応しません。

突然、私は意識が高くなる。

私は彼⼥の柔らかな淡い⾁、彼⼥から発せられる酔わせる匂いを意識していました。

彼⼥が⾒上げると、彼⼥の魅惑的な⽬が私のものに出会い、頬と⽿にピンクの⾊合いが浮かび上がったにもかかわらず、私は憧れと愛情の必要性を⾒ることができました。

彼⼥はその時⽬を閉じて震える唇をすぼめました、そしてそれは私が正気を保つために必要なすべてを要しました。

王になった後の⽇々を思い出す。

⾃尊⼼に疑問を抱いた孤独の⽇々を。

政治家としてではなく、⼈として、愛されていることがどのように感じられたかを知るために、私が⾁体的な親密さにふけった⽇々を。

私は頭を下げ、⼀瞬、彼⼥の唇に重ねたくなる。

結局のところ、私たちは以前にそうしていました。

しかし、状況を考えると、それは同じではないことを私は知っています。

私は彼⼥の額に優しいキスをし、彼⼥が私のタッチの下でひるむのを感じた。

「なぜ?私は⼗分に魅⼒的ではありませんか?あなたはまだ私を⼦供として⾒ているからですか?私はすでに18歳です。それとも・・・、何が起こったのか私を責めているのですか?」

「いいえ、それはあなたが魅⼒的でないからではありません。私たちのどちらも逃げる⽅法としてこれをしていないとき、私はそれをきちんとやりたいだけです」

⽬の前の光景から嫌な⽬をこじ開けて、私は背を向けた。

「あなたは服を着るべきです。私があなたのためにやりたかったことがもう1つあります」

 



 

私たちが到着したとき、キッチンは空でしたが、ありがたいことに、私たち⾃⾝のために深夜のおやつを作るために、冷やした容器にたくさんの材料が保管されていました。

「あなたは・・・、私と⼀緒に⾷べたかったのですか?」

テスは台所を⾒回しながら尋ねる。

包まれた⾁のスラブを貯蔵庫から取り出して、私はそれを持ち上げました。

「私はあなたのために料理をしたかったのです」

「料理?どうして?」

私は肩をすくめ、残りの材料を集めて、準備するためにそれらをレイアウトする。

「あなたは城のシェフによってあなたのために作られた⾷事で育ちました」

魔法を使うのではなく、包丁を抜いて、材料をさいの⽬に切ってみじん切りにしました。

「アシュバーに戻ったとき、私が⼦供の頃、⺟は私たちの⾷事をすべて料理していたものでした。彼⼥は私と・・・、私たちが⾷事をしている間、私の⽗の顔に笑顔を⾒るためだけに時間とエネルギーを注ぎました」

⼿が震えましたが、切り続けます。

「⼣⾷の席に座って・・・、おいしい料理を笑ったり冗談を⾔ったりします。それは私が本当に感謝したことのないものの1つでした・・・。⼿遅れになるまでは」

急いで涙をぬぐった。

「ああ、い、いくつかのスパイスが私の⽬に⼊るに違いない。申し訳ありません。ほとんど⽔を忘れていました」

私はテスから⽬をそらし、沸騰したスープの鍋の下に⽕を下ろしました。

⻭を⾷いしばって、胸にできるすすり泣きを抑えましたが、涙は⽌まりません。

⼿が震え、息が詰まった。

アシュバーで育った⼦供の頃からの記憶の閃光は、熱い鉄の棒のように私の頭を突き刺しましたが、私はしっかりと握りました。

テスを慰める必要がありました。

「いいんだよ。⼤丈夫、アート」

テスの声は優しく、彼⼥の優しい愛撫は私をひざまずくのに⼗分でした。

私は冷たい固い床に倒れ、喉からすすり泣きが引き裂かれると胸を掴んだ。

私は⼀晩中あまり覚えていませんでした。

なじみのない⽣々しい感情が私を襲い、⾏き詰まったことを思い出したくなかったのかもしれません。

私が覚えていたのは、テスの⼿の温かいタッチが私を固定して正気に保つことだけ。

 



 

心の深い傷を負ったアーサーとテシア。

辛い展開ばかりが続くので、そろそろ救済を・・・。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【266話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 今回は266話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...