最強の王様 翻訳

最強の王様、二度目の人生は何をする?【31話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【最強の王様、二度目の人生は何をする?】の小説を翻訳していきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

30話 あらすじ

詳細はこちらで→最強の王様、二度目の人生は何をする?【30話】小説の翻訳ネタバレ&感想

  • 冒険者の試験に合格したアーサーは、晴れてBランクの冒険者となった。
  • アーサーとシルビーは精神がつながっている。離れてもそれ程心配はしなかった。
  • アーサーは2本の指を出した。「2年間。マナに頼らずに、体を剣に適応させる為に2年間を費やします」

31話 翻訳

  • 「ねえ、あなたはあの噂を聞きましたか︖」ビールのジョッキを下に置くと男は尋ねた。
  • 同じテーブルに座っているたくましい男は、グラスをテーブルに叩きつけるて言う。「あの有名な仮⾯の剣⼠について話しているのなら、私はでたらめを言っていない!」
  • 彼の紅潮した頬から、彼が酔っていると認識するのに時間は掛かりませんでした。
  • 「いいえ、それは本当の話です。私の知り合いは、かつて彼とチームを組んでいたそうです。彼はジャスミン・フレイムスワースと⼀緒に行動しているので、見間違いではありません」髪をお団⼦に縛った女の⼦がテーブルにやってきた。
  • 「それで︖あなたのいわゆる「知⼈」は彼について何か言ってましたか?」
  • 「彼らは⼀緒にマイナーなダンジョンを探検しに⾏きました。どうやら、彼はかなり若いです、彼が魔術師ではないという噂は本当だと思います」
  • 別の席にいた若者は驚いて頭を横に振った。「えっ!?そんなのでたらめだ!彼はダンジョンを⼀でクリアしたと聞いたぞ!そんな事を普通の剣士が出来ると思うか?」
  • 「恐らく、ジャスミン・フレームスワースが彼を助けているんだろう」男は少し⽴ちくらみを感じながら、もう⼀度飲んだ。
  • 「そうだろうね。仮面の剣⼠はたぶんそれほど強くはないだろう。噂の半分はおそらくジャスミン・フレームスワースの噂だろう。その自分を剣士だと思い込んでいる剣士が本当ならここに連れてこい!」
  • 冒険家の間で最近最も有名な噂は、仮⾯の剣⼠についてだった。
  • いくつかの話では、彼はジャスミン・フレイムスワースの弟⼦であると言う話もある。
  • 彼がランク試験を受けてBランクになった話を聞いたが、これだけで既に⼗分珍しかった。
  • それよりも衝撃的な事だが、仮面の剣士は今Aクラスにいる。
  • ある冒険者はCクラスの冒険者だ。過去3年間で、3回クラスを上げるための試験に不合格だった。
  • ダンジョンに⼊ってミッションやクエストを完了することで⼗分なポイントを集め、冒険者は試験に合格するとクラスを上げる事が出来る。
  • 試験はクラスごとに異なるが、「エリート」と⾒なされた最初のクラスであるAランクの試験は、2⼈のAランクの冒険者と2対1で戦い、10分間持続すると言う内容だ。
  • おかしなことに、彼が試験を受けた時に様々な噂が飛び立った。
  • 酔っ払っていた男は少し落ち着いて、仮面の剣⼠がおそらく自分よりも優れていたという事実にただイライラしていた。
  • 彼はベテランのBクラスだ。
  • その時、噂と同じ仮面の剣士が入ってきた。
  • マスクの下の彼の⻘い⽬が、未知の表情でたくましい男を⾒上げるていた。
  • 絡んできた酔っ払いをちらりと⾒た後、仮面の男は興味がないよう通り過ぎた。
  • 激昂した酔っぱらいは巨⼤な剣を背中から外し、仮面の男の頭の上にかざして振り下ろした。
  • 仮⾯の男は後ろを向かず、正⾯のカウンターに向かって歩き続けた。
  • 雷の爆発が鳴り響き、床には大きな窪みが発生した。
  • 少なくとも酔っぱらいは男を殺さないほどの理性があった。彼はおそらく彼を怖がらせたかっただけだろう。
  • 全く怯まなかった仮面の剣士に男は剣を振り回す。しかし、その攻撃の全てが当たらなかった。
  • しかも、彼は⾃分の⽴場から⼀歩も動いていなかった。
  • 「もう終わり?」 仮⾯の男は尋ねた。
  • 突然、全員が深い⽔中にいるように感じた。息ができず、周りの空気が押しつぶされそうになった。
  • 酔っ払っていた男は、まるで石化したかのように固まっていた。男のズボンは濡れて、目からは涙が溢れていた。
  • 仮面をかぶった男はカウンターに戻り、フロントで震えているウエイトレスの前を向いた。
  • 「私が注⽂したのは「ノート」という名前の配給袋だと思うのですが」
  • 「はい、そうです!こちらになります!」彼⼥は彼に⾷べ物の袋を渡した。

アーサー・レイウィンの視点

  • 「何でそんなに時間がかかったの︖」ジャスミンは⾷べ物を分けて、⾺のサドルに付いているポーチに⼊れました。
  • 「ええと、宿の冒険者の⼀⼈と少し喧嘩をしました、あはは!」私は馬に⾶び乗るときに頭を掻きました。
  • ジャスミンは不審に私を⾒つめているのを感じることが出来ます。
  • 「気にしないでください。私は⼤したことはしていません。男を傷つけることはしていませんから」私は⼿を振って、ジャスミンが宿に戻らないように説得しようとしました。
  • ジャスミンは⾸を横に振って⾺に乗った。
  • 私はこの2年間を思い出しました。ジャスミンは、私が今⽇向かっているダンジョンを探索するために、できるだけ早くAクラスに⾏きたいと思っていたらしい。
  • 私のクラスを上げる旅の途中で、彼⼥もランクアップされ、AAクラスのアドベンチャーになりました。
  • この2年間で、私は淡いオレンジ⾊のステージに突⼊しました。これは、瞑想に費やしたおかげだろう。
  • この時期の最⼤の改善は間違いなく私の体だ。マナを使わなかったので、自分の体と剣を効率的に使用する方法を覚えた。
  • 手足や筋肉が大人ほど発達していないので、100%とは言えないが、戦闘時の不便を感じることは少なくなった。
  • 今は現在の肉体に合うようにいくつか剣の技術を習得しているが、それは途中で改善する必要があります。
  • 私のドラゴンの意志と同化した体とマナ回転の使⽤と相まって、私は最終的に⾃分の将来像を理解する事が出来た。
  • ジャスミンもかつてないほど強くなった。彼⼥は⾃分の剣を⾵属性スキルに合うように最適に制御する⽅法を習得していました。
  • 私は⾵が得意ではありませんでしたが、それでも彼⼥にいくつかの技術を教えるました。
  • 彼⼥は、私が教えた新しいスキルと、⾃分で開発したダブルブレードのテクニックを利⽤して、AAクラスの試験に合格しました。
  • AAクラスの試験も受けたかったのですが、資格を得るにはさらに多くのミッションを完了し、さらに多くのダンジョンをクリアする必要があります。
  • シルヴィはビーストグレイズに来て以来、奇妙な⾏動をとっていました。
  • 私たちはいつも連絡を取り合っていましたが、何故か私がザイルスに戻って家族を訪ねていたとしても、彼⼥は会いにきてくれませんでした。
  • それでも、何年にもわたって彼⼥がどれだけ成熟しているかをはっきりと知ることができました。今では会話をすることができ、彼⼥の感情は以前よりもはるかに複雑になっています。
  • 最初の年は何度か家に帰りましたが、昨年以来、ザイラスに戻ってダンジョンに戻るのに時間が掛かり過ぎた為、代わりに、私たちは手紙の連絡が多くなりました。
  • 私の⺟はかなり不満を抱いていたが、ある程度理解してくれました。
  • ⽗は今、オレンジ⾊のステージに突⼊していたので、トレーニングに遅れをとっていなかったことがわかりました。
  • 私の妹はまだ彼⼥のマナコアを形成出来ていませんが、リリアが数週間前に⽬覚めたことを知ったとき私は驚きました。
  • 彼⼥の⽬覚めは彼⼥のベッドを大破しました。
  • 彼⼥の両親は、控えめに⾔っても有頂天になり、彼⼥はすぐにアカデミーのテストを受験した。
  • リリアのマナコアは平均的だが、マナ効率が非常に優れている。リリアは周囲からマナを吸収する能力が非常に高かった。
  • 来年からリリアは学校の先輩だ。
  • 私たち⼆⼈は森の中の⼩さな空き地にゆっくりと⾜を運びました。
  • 私は冒険者のグループに向かった。ジャスミンは私の後ろをついていきました。
  • 「パーティーの紹介をさせてください。私の名前はレジナルド・ブルックスでAクラスのオーグメンターです。私はハンマーの使⽤を専⾨とする地属性の⻩⾊のステージコアです」
  • ジャスミンとアーサーを除いて、グループはレジナルド、クリオール、ブラッドで構成されていました。
  • 最後の1⼈は、私が試験会場で⾒た、眼鏡をかけた⿊髪の少年でした。
  • 「私の名前はエリヤ・ナイトです。Aクラス、濃いオレンジのステージでコンジュラー…です」と彼は簡潔に⾔った。
  • ブラッドは私たちに微笑みました。「ようこそ、2⼈とも。グループにAAクラスが1つ増えて嬉しいです︕」
  • 「私たちはすぐに出発すべきだ」とブラッドは宣⾔した。ジャスミン以外の唯⼀のAAクラスだったので、彼がリーダーとしての地位を引き受けました。
  • このダンジョンはAAクラスと⾒なされました。つまり、Aクラス以上のパーティだけが⼊場できます。
  • ブラッドは最近、ダンジョンの探索されていない部分につながる隠れたトンネルがあることを発⾒しました。
  • 私たちが最初の探検家たちによって指名されました。

31話 感想

後日、更新させていただきます。