最強の王様 翻訳

最強の王様、二度目の人生は何をする?【32話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【最強の王様、二度目の人生は何をする?】の小説を翻訳していきます。

私は史上最強の「王」である。数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー!!

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

32話 翻訳

  • ダンジョンに⾜を入ると、急激に気温が下がるのを感じました。
  • ジャスミンとアーサーは、今いるダンジョンについて観察した。
  • ダンジョンの中でも珍しい場所でした。ダンジョンに出現する獣は、「アンデッド」
  • アーサーはこれまで⽣き返ることができるマナの獣のことを聞いたことがなかった。
  • このダンジョンをクリアする際の最も難しい側⾯の1つは、無限の量のアンデッドのマナビーストだった。。
  • ⼀部の冒険者や魔術師ギルドは、このダンジョンの底のには、死んだマナの獣を⽣き返らせることができる特別なアーティファクトがあるのではないかとさえ推測しましたが、誰もそれを証明できませんでした。
  • ダンジョンをクリアすると、そのエリアを探索する必要がある。
  • それは、内部のマナ獣が倒されて宝物が略奪されたダンジョンを征服することとは異なりました。
  • このダンジョンはクリアされました。
  • 少なくともブラッドが隠された通路を発⾒するまではクリアされていました。
  • ダンジョンを倒す⽬的は通常、⾼レベルのマナ獣が蓄積してきた宝物を略奪すること。
  • 利益のほとんどは通常、途中で獣のコアを収集することから得られました。
  • ダンジョンを打ち負かすことも、クリアすることも出来なかったとしても、レベルによっては⾼額で販売できるビーストコアだけから多額の⾦額を出すことができました。
  • このダンジョンが不⼈気だった理由の1つは、マナの獣にはコアがなかったから。
  • これは、ダンジョンをクリアしようとすることによる⼤きな収⼊の⼀部がなくなることを意味しました。
  • 突然、ダンジョン内がうなり声で響き渡りました。
  • 鍾乳⽯の間のスペースから、⼤きなコウモリのように⾒える20匹のマナビーストが現れた。
  • 「バットランナー!強⼒ではありませんが、グループで攻撃します。マナの使⽤を最⼩限に
  • 抑えることが、このダンジョンの鍵になります!準備してください!」
  • ブラッドが全員に指示を出す。
  • 突如魔法を発動したルーカス。
  • 突然、四つの⽕のねじれが私たちの周りのバッドランナーに渦巻いて、洞窟を熱の波で満たしました。
  • バットランナーの多くは、⻯巻に巻き込まれ、灰に焦がされていました。
  • ブラッドが舌打ちをする。
  • ルーカスがブラッドの命令を無視して不必要な呪⽂を唱えたことに不満を持っているのが分かった。
  • ⽕のサイクロンはほとんどのバットランナーを殺し、残りを倒すことも容易に出来た。
  • 「次回は命令に従い、そのようなマナを無駄にしないでください。あなたの呪⽂はやりすぎでした」
  • ブラッドは前に進む前に肩越しに警告した。
  • ルーカスは⽬を丸めただけで、「何故ですか?他の⼈がマナを節約出来るように、私は素早く殺しました」
  • 殺されたばかりのバットランナーが⽣き返り始め、燃やされたバットランナー灰から再び⽴ち上がった。
  • 私たちは無視することを選択し、次の部屋に進みました。
  • ⼀⽅、エリヤは冷静に⼊り⼝に⼟の壁を作り、バットランナーが私たちに追従できないようにしました。
  • ぼんやりとした廊下を通って響き渡る⾦属の鋭い⾦属の輪がサマンサに向けられた発射。
  • アーサーが冷静にこの罠を防ぐ。
  • 「何かがおかしい・・・前回は罠がなかった」
  • ブラッドは先の尖ったスパイクの1つを拾って調べたが、困惑した。
  • 幸いなことに、ホールの終わりに到着した。
  • 「⽳の近くに近づかないでください。これらは、⾮常に⾼温のガスの流れを噴出する間⽋泉です。爆発のすぐ近くにいなければ、問題はありません」
  • 「前回はここでしたか、ブラッド」
  • 全員がマナビーストをじっと⾒つめると、クリオールは⼼配そうな⼝調で尋ねました。
  • 巨大な⽣き物はワームに似ていました。
  • 「ちっ。⼤したことではない。ただの特⼤の昆⾍だ」
  • ルーカスは後ろから軽視した。
  • 驚いたことに、巨⼤な⾚いワームは私たちを攻撃しませんでした。
  • 代わりに、獣は地下に潜り込み、その道に別の⼤きな⽳を残しました。
  • オリバーは、ブラッドを押し出し、穴に向かって⼤胆に接近しました。
  • 「戻ってください!先に進む前に、何が起こっているのかを調べる必要があります!」
  • リーダーが彼の後を追いかけると、洞窟全体が沸騰しているやかんの⾳で泡⽴ち、雷鳴が鳴り響きました。
  • 「ルーカス!ヒートウェーブバリア!」
  • アーサーはルーカスに怒鳴るように命令した。
  • 最初からここにあった⽳と、巨⼤なワームによって作られた⽳はすべて震え、ガスの激しい激流を放たれた。
  • 巨⼤なワームは私たちを殺すために⽳を開けていました。
  • ルーカスとサマンサのバリヤで何とか身を守る事が出来た。
  • しかし逃げ遅れたオリバーに残された唯⼀のものは⾻でした。
  • 「脱出する!!」
  • 全員が黙って頷いた。
  • アーサーはジャスミンをちらりと⾒る。
  • 彼⼥の顔が無表情のままだが、彼⼥の指の関節は、短剣にしっかりと握りしめすぎて⽩くなっていた。
  • アーサーの後ろにいるエリヤが「洞窟がそのような蒸気で爆発することをどうやって知ったのですか」と尋ねた。
  • 「何かが起きようとしていることは知っていましたが、正確に何が起きるかまでは分かりませんでした」
  • 巨⼤なワームが突然私たちの前で⽌まり、出⼝を塞いだ。
  • ワームの攻撃をクリオールは前⽅に突進し、サマンサとの驚くべき連携により障壁を作りました。
  • エリヤが⼤きな岩の輪でワームを拘束する。
  • 「インパクトブラスト!」
  • レジナルドは跳び上がって体を回転させ、勢いを作り、ハンマーをワームの頭に直接ぶつけました。
  • ワームの全⾝が震え、拘束を破壊する。
  • アーサーはワームの注意を自分に引きつける。
  • ワームは酸のシャワーでアーサーに攻撃した。
  • アーサーはギリギリで攻撃を避けて、ワームに接近し炎を纏った剣で攻撃した。
  • 最後に突進して、ワームの下側を引き裂き、剣が⾁を燃やしながら傷を溶接しました。
  • ワームは激しく動揺し、甲⾼い鳴き声を発しました。
  • ジャスミンが追跡し、アーサーが先ほど負わせた傷に2本の短剣を刺した。
  • 巨⼤なワームは⽳に逃げました。
  • 「特⼤のワームはそれほど強くもないな」ルーカスは⾸を横に振りがっかりしました。
  • 突然、別のうなり声が聞こえました。
  • アーサーはこれを恐れていました。
  • ワームは私たちを殺そうとしているのではなく、噴⽕から身を守れないように、私たちの行動を遅らせようとしていました。
  • 沸騰しているやかんの遠吠えが再び洞窟全体に響き渡った。
  • 全員が何とか、ガスから身を守る。
  • しかし、ブラッドは右腕を失った。
  • 全員がその場から脱出し、別の薄暗い廊下に到着し休憩した。
  • 周りを⾒渡すと、みんなの顔が沈んでいた。
  • ダンジョンの途中で、ヒーラーが死亡し、リーダーが重傷を負ったためだ。
  • ブラッドがルーカスの暴走を責める。
  • 「俺を責めるのはおかしいだろ。間に合わなかったのはお前自身のせいだ」
  • ルーカスが怒り⽴ち上がった。
  • ブラッドは激昂し、剣を⼿に取った。
  • 「いい加減にしろ!!」
  • アーサーの声は⼤きな廊下に響き渡った。
  • アーサーはリーダーに続行するか、しないかの選択を求めた。
  • 「私は続けます。これはおそらく私の最後のダンジョンレイドになるので、私はこのレイドを最後にします」
  • ブラッドはそう呟いた。
  • その後、アーサーは全員に指示を出し、休憩を取った。
  • アーサーはジャスミンの隣に座って、袋から⽔を取り出しました。
  • 突然、ブラッドは⽴ち上がってアーサーの所へ歩いてきました。
  • 「あなたがグループを率いるべきだと思います」
  • しばらく彼を⾒上げて、アーサーたちはリーダーの⽣気のない⽬を観察した。
  • 「わかりました」
  • 数時間後、マナをいくらか補充し、⾏進を続けた。
  • 洞窟の終わりには、⾒慣れないルーンが刻まれた⼤きなドアがありました。
  • 「私はこの扉を見た事がありません。ここには扉はありませんでした」ブラッド頭を横に振った。
  • レジナルドは扉を破壊しようとするが、扉が無傷であったため、扉の頑丈さに衝撃を受けました。
  • 何度も攻撃を続け、扉の開く音が聞こえた。
  • レジナルドはわずかな開⼝部を掴み、扉を開けました。
  • 扉の向こうには何があるのか分からなかった。

32話 感想

後日、更新予定。