最強の王様 翻訳

最強の王様、二度目の人生は何をする?【33話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【最強の王様、二度目の人生は何をする?】の小説を翻訳していきます。

私は史上最強の「王」である。数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー!!

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

33話 翻訳

  • ⼤きな扉の向こう側には、アーサーの視野をはるかに超えて広がる美しい草原がありました。
  • 明るく照らされたエメラルドのようにキラキラと光る草原をみんなでじっと⾒つめていると、⼀瞬、自分たちが地下にいるという事実は夢のように⾒えました。
  • 「私の記憶では、このフィールドも前回はなかった」
  • レジナルドは⽬の前の魅惑的な⾵景に⽬を釘付けにしたまま呟いた。
  • ブラッドは草原を⾒つめ続けながら鋭い息を吐き出した。
  • 「いやいや、こんな事が起きる訳が無い!」
  • 牧草地に⾜を踏み⼊れ、広いエリアを調べました。
  • アーサーが怪しく感じたのは、こんなスペースが地下に存在する可能性があるという事実でした。
  • 柱は⾒えず、このエリアは少なくとも数百メートル四⽅に伸びていました。
  • 広⼤なオープンフィールドで⽀えがなく、この場所が岩に埋もれていないことにアーサー驚きを隠せなかった。
  • 疑わしいものを探しているかのように⽬をあちこち⾒つめ続けていたジャスミンとエリヤを除いて、全員が武装を解除していた。
  • 「何かがおかしいです。警戒してください、みんな」
  • アーサーは剣を構え、警戒態勢に入った、
  • 「本当に危険だと思いますか?私には何も聞こえないし、草や⽊以外の多くを⾒ることは⾔うまでもありません」
  • クリオールは疑い深く尋ねました。
  • やがて周囲の霧が次第に濃くなり、周囲は⼈の形しか⾒えなくなりました。
  • 「クララ、あなたですか?元気だったのですね?」
  • クリオールが巨⼤な盾を落とし、必死に遠くの何かに⼿を伸ばした。
  • 「クララ、あなたが死ぬ訳がないことを知っていました。そこにいてください!あなたを助けに行きます!」
  • クリオールは装備を外し、盾を後ろに置いた。
  • 「くそっ、クリオール!やめて、危険だ!」
  • アーサーはクリオールに警告しようとしたが、彼の姿は、増⼤し続ける霧の層の中で⾒えなくなっていた。
  • 突然、何かがアーサーの腕を掴んだ。
  • 「霧は幻想だと思う」
  • すぐ隣でジャスミンの声が聞こえたが、どれだけ近づいても霞の中の細部がわかりづらくなってきた。
  • 「私もそう思います」
  • アーサーは舌打ちをした。
  • 「みんな、くっついて!この霧が私達の感覚に悪戯をしている。サマンサ、バリア!」
  • 全員がアーサーの声の⾳を⽬的地として集まりました。
  • 「クララって誰?」
  • サマンサの顔に明らかな混乱があった。
  • 「それは……クリオールの婚約者です。しかし彼⼥が生きている筈がありません。私はダンジョンで彼⼥が殺されるのを⾒ました。そして、私たちは⽕葬して灰を埋めました!」
  • レジナルドはそう言った。
  • 「⼀体何が起こっているの?」
  • ルーカスは息をのむように喋った。
  • 「ジャスミン。あなたは私たちの周りのこの霧を取り除くのに⼗分強い⾵を⽣み出すことができる魔法を持っていますか︖」
  • アーサーはジャスミンに良い知らせを貰える事を望んで、視線をパートナーに向けました。
  • ジャスミンは答え、視線を下げた。「これをすべて取り除くには⼗分な強さではありませんが、私は道を作ることが出来る」
  • 「常に荒れ狂う遠吠えで私の道から敵を取り除け」
  • ジャスミンは猛烈な⾵を呼び起こす呪文を叫んだ。
  • [嵐の強⾵]
  • 2つの⻯巻が拡⼤して前⽅に飛散し、霧が私たちの前の明確な道に細断されました。
  • ⻯巻は道を作ったが、何か他のものも明らかにしました。
  • つると枝の触⼿がすぐにアーサーたちに近づいてきました。
  • 全員が協力し、触手を撃退した先に何かがいた。
  • ⾝⻑が20メートルを超え、ケンタウロスに似た⼈型の構造で、巨⼤な建物のようにそびえ⽴っていました。
  • 堂々としたその姿に全員が圧倒された。
  • この1時間、アーサーたち7⼈はこのマナビーストのつま先と戦っていました。
  • 「私はこのような怪物について読んだことがあります」
  • サマンサは恐怖に⾝を包み、崩れ落ちました。
  • 「あれはエルダーウッドガーディアンと呼ばれるSクラスのマナビーストだと思います!」
  • 「Sクラスのマナ・ビーストはここにいるなんてあり得ない!?」
  • レジナルドは恐怖の中でエルダーウッドの守護者をじっと⾒つめると、巨⼤なハンマーを落としました。
  • Sクラスのマナビーストは、SSクラスの冒険者、又は、少なくとも10⼈のSクラスの冒険者と同等の力を持っています。
  • 「あれはクリオールじゃないか?」
  • マナビーストから突き出ている揺れている脚に指を指し、レジナルドは叫んだ。
  • 「もう終わりだ・・・」
  • ブラッドは狂った表情で笑い出した。彼はすでに腕を失っており、戦闘で疲弊していました。
  • 「ここから脱出しなければいけません」
  • ジャスミンはアーサーの⼿を引っ張って、元の扉の⽅向に戻るように⾝振りで⽰した。
  • アーサーは合理的に、できるだけ早くここから離れることが最も理にかなっていることを知っていました。
  • しかし、彼らのリーダーとしての自分への信頼を裏切ることは出来ません。
  • エルダーウッドガーディアンのツルが触⼿のように渦を巻いてレジナルドを⾷べ尽くしました。
  • アーサーはショックで動けなかったサマンサを掴み、彼⼥の肩を持ち上げました。
  • 「ジャスミン!ブラッドを掴んで⾛らせよう!ルーカス、エリヤ!ここから抜け出せるまで、攻撃をすべて阻⽌しなければならない!」
  • アーサーは全員に指示を出し、この場から脱出しようと行動した。
  • しかし、アーサー達の体を爆⾵が襲った。
  • ルーカスによって放たれた呪文により、ジャスミンは遥か遠くに飛ばされ気絶していた。
  • 「何している!?」
  • エリヤが初めて叫び、すでに洞窟の⼊り⼝近くにいたルーカスを指さしました。
  • 「私が全員が脱出するのを助けるために私の⼈⽣を危険にさらすと思いますか?あなた達が私を脱出するのに⼗分なほど獣を失速させた勇敢な英雄になることを光栄に思います!私はあなた達の勇気ある⾏為についてすべての⼈に話します!」
  • 彼は嘲笑し、姿を消して扉を閉めた。
  • アーサーは残している装備品の計算を始めた。
  • 仮にアーサーがビーストの意志の最初の段階を使⽤したとしても、みんなを救い、実⾏するほどは⻑続きしません。
  • アーサーは⾃分の唇を噛み、⾃分がこのくだらない状況に陥ることを許したことに不満を感じました。
  • あの力を使わざるを得なかった。
  • それを使うことの反動がどれほど酷いか分からなかったが、試すしかなかった。
  • アーサーは深呼吸をして、⽬を閉じ、マナコアの奥深くでシルビアの⼒の源を探しました。
  • それを解放して、アーサーは自分の体が燃えるような量のエネルギーに出会いました。
  • 様々な⾊のオーラがアーサーを包み込みました。
  • 「フェーズ2」
  • アーサーは緊張した囁きを放ちました。
  • 「ドラゴンの覚醒」