最強の王様 翻訳

最強の王様、二度目の人生は何をする?【34話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【最強の王様、二度目の人生は何をする?】の小説を翻訳していきます。

私は史上最強の「王」である。数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー!!

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

34話 翻訳

  • 「ドラゴンの覚醒」に遠く離れたシルビーは気づいた。
  • シルビーはアーサーに今何処にいるか聞いた。
  • 「私は大丈夫です、シルビー。とりあえず私から離れて下さい。何かあったらヘルステアの家に戻って」
  • 「やだ!パパの⽅へ⾏きます!」
  • シルビーが近づくのを感じることができたが、彼⼥はまだ数⼗キロも離れていた。
  • 「離れてシルビー!お願いします!念のため、家族に何が起こっているのか伝えて欲しいのです」
  • 「気をつけて下さい・・・」
  • 「ありがとう、シルビー」
  • アーサーはシルビアの⼒をマナの核の奥深くに解き放つと、マナの⾼まりが体の内外に猛威を振るうようになり、体のすべての⽑⽳が開いているのを感じました。
  • アーサーの周りで暴れ回っていたマナの⾼まりは、全てに対する優越感を与えた。
  • 「くっ!」
  • アーサーは声を出して唸った。
  • ⼤気中のマナは、まるでアーサーの指揮下にあるかのように、自由自在に動かす事が出来た。
  • フェーズ2。ドラゴンの覚醒・・・。
  • ⻩⾦のルーン⽂字は、シルビアがかつて持っていたのと同じ印で、アーサーの腕を下って⾛り、燃えるような感覚で表れました。
  • アーサーの髪は⻑く成⻑し、肩に流れ落ちた。
  • ある意味、アーサーの体はシルビアのようになった。
  • アーサーは暴れ回るような頭の中の声を落ち着かせた後、周囲を調べた。
  • 残ったのはジャスミンとエリヤだけでした。
  • エリヤは息を切らし、痛みで汗をかくジャスミンの傍にいて、肩で彼⼥を⽀えていました。
  • さっきまでアーサーたちを⾍のように⾒ていたマナビーストは、恐怖の表情を⾒せました。
  • 「遊ぼうか」
  • アーサーは唸り声を上げて接近した。
  • アーサーの目には世界がスローモーションのように見えた。
  • エルダーウッド・ガーディアンとアーサーとの間の距離はすぐに縮まった。
  • [サンダークラップ・インパルス]
  • 何千本ものツルを吹き⾶ばし、アーサーの体の周りに⿊い稲妻がうねりました。
  • ⿊い稲妻が触れた触手はすぐにバラバラになった。
  • アーサーの体が震え始め、第2フェーズを使⽤することによる反動が生じたが、アーサーは⾎を吐くのを抑えました。
  • 「白い炎」とアーサーは呟いた。
  • アーサーの⼿が点⽕し、周囲の空気中の湿気を凍らせているように⾒え、アーサーの手は燃えるような⽩い炎に飲み込まれました。
  • この技は、アーサーの武器の中で最も強⼒な攻撃スキルでしたが、コントロールするのが最も難しいスキルでもありました。
  • アーサーの⼿にある⽩い⽕の炎は、⽔属性のマナ粒⼦を吸収するにつれて⼤きくなりました。
  • アーサーは最後の⼒を使って、最終スキルを解放しました。
  • [絶対零度]
  • エルダーウッド・ガーディアンは、⽩い⽕が広がった場所でマナビーストを構成していた原⼦そのものが凍りついたため、急速に氷に包まれました。
  • 体が崩れ始めたとき、Sクラスのマナビーストの体は氷が煌めき無くなった。
  • アーサーの意識が薄れる中、最後に⽿にしたのは、頭の中のシルビーが叫ぶ遠い響きでした。
  • ⽬が覚めるやいなや、すぐに再び意識を失ってほしいと思いました。
  • 焼けるような痛みの激しい波が私アーサーの体中に広がり、涙の流れが私の頬を転がり落ちるように、アーサーは指一本動かす事が出来なかった。
  • アーサーはなんとかいくつかの⾳を発することが出来た。
  • 「て・・・手袋。私の⼿袋は」
  • 「あなたの⼿袋はこれですか?」
  • エリヤが尋ねた。
  • 「グローブのクリスタルの1つを破壊してください」
  • エリヤはアーサーの指⽰をなんとか理解して、クリスタルを破壊した。
  • ⼼地よい光の波がアーサーの体を包み込み、耐え難い痛みが⼗分に和らぎ、少し落ち着くことができました。
  • アーサーは何とか体を起こそうとするが、体は言う事を聞かなかった。
  • 「ジャスミンはどこ?」
  • エリヤはアーサーの反対側を指さしました。
  • 「彼⼥は向こうです」
  • 彼⼥の顔は痛みにうなされていました。
  • 「彼⼥はルーカスの呪⽂に無防備で打たれました。私は医療キットを持っていたので、彼⼥の腹の外傷を治療しましたが、⽕傷が内傷を引き起こしたと思います」
  • エリヤの体調もあまり良くはありませんでした。
  • エリヤは怪我をして疲れていましたが、1人で脱出するのは可能でした。
  • それでもエリヤは、ジャスミンとアーサーの介抱を優先してくれました。
  • 「ジャスミンにも私の⼿袋のクリスタルを使ってください」
  • ジャスミンの不規則な呼吸は安定したものになりました。
  • 「パパ!目を覚ましましたか!?大丈夫ですか?もうすぐ到着します!」
  • シルビーの声が頭の中で鳴った。
  • 「今は⼤丈夫です 。シルビーは何かを仕上げる必要があると思いましたが・・・もう終わったのですか?」
  • 「・・・ええと 、もう少しで完了です!終わったら探します!パパ、あなたがいなくて寂しい・・・」
  • アーサーはどういうわけかシルビーの体の変化を感じることが出来て、彼⼥が重要な何かを経験しているのを知っていました。
  • 「伝説の仮⾯の剣⼠、ノート、まさか私と同年代とは思いませんでした」
  • エリヤの声にアーサーはびっくりしました。
  • 「私のマスク!」
  • アーサーは顔がむきだしであることに初めて気がつき、アーサーの声は少し必死になりました。
  • 「申し訳ありません。あなたが気絶している間にマスクが吹き⾶ばされました」
  • 「私の剣は見ましたか?私が持っていた⿊い棒を⾒ましたか?」
  • エリヤは眠っているジャスミンの少し右を指した。
  • 「ええ、ジャスミンの横にあります。価値があるかどうかは分りませんでしたが、念のために保管しました」
  • 「全てに感謝します。ジャスミンと私を救い、私の剣を取り戻してくれたことに感謝します」
  • 「はは・・・私があなたをその状態のままにしておいたなら、ルーカスと同じレベルなので、それはちょっとね?」
  • エリヤはそう言ってににやにや笑った。
  • エリヤは近づいて、アーサーの隣に座りました。
  • 「なぜあなたは脱出しなかったのですか?私はジャスミンがあなたを引っ張って脱出するのを⾒ました。⼆⼈はその時に脱出できたように見えましたが」
  • 「より良い⼈になるならば、周りの⼈を⼤事にすることを⾮常に重要だと決めています」
  • 「うーん、あなたは⽼⼈のように聞こえます」
  • エリヤの緊張した顔は今でははるかにリラックスしていて、彼のかつての⽯の顔は活気に満ちていました。
  • 「私も時々⾃分⾃⾝を不思議に思います」
  • アーサーは慌てて、話題を変えました。
  • 「・・・でも、あなたがあの時何をしたのか教えてください。あなたの髪は⽩くなった!そして、あなたの⽬・・・両目は紫⾊に輝いていた。あなたの体にも輝く印が現れた!」
  • アーサーは重要な部分は話さずに、かつて両親と離れ離れになった後の事を話した。
  • 「私は2つの特殊属性を持つ四要素のオーグメンターです。氷と稲妻を使えます」
  • アーサーは続けました。
  • 「私はビースト使いでもあります。あなたが⾒たのは、私がビーストの意志を解放することでした」
  • 驚きでエリヤの⼿が滑って、彼の頭が冷たい鋼にぶつかった。
  • 「私も変⼈だが、あなたには勝てない。・・・あなたは何歳ですか?」
  • 「私は数か⽉前に11歳になりました。」
  • 「まさか!私はあと数か⽉で12になります。私の名前はエリヤですが、あなたの名前は何ですか?」
  • エリヤは友情のしるしとして⼿を突き出した。
  • エリヤの⼿を握って、アーサーは笑顔で答えました。
  • 「アーサー。アーサー・レイウィン。アートと呼んでください」
  • 数時間、アーサーたちは自分達の過去を話しました。
  • ジャスミンの⽬が開いてアーサーが⽬が覚めているのを⾒ると、ジャスミンはアーサーを抱きしめました。
  • ⾸に涙の滴が落ちるのを感じたとき、アーサーは何かを⾔おうとした。
  • 「すみません、あなたを守ることが出来なかったのは私の責任です・・・」
  • ジャスミンはすすり泣きながら言った。
  • 「僕の方こそ、ごめんジャスミン。頑固なのは僕だった。あなたをこの混乱に引きずり込んだのは僕の責任だ」
  • アーサーはジャスミンの背中を優しくさすった。
  • アーサーが⼦供の頃からジャスミンを知っていたので、アーサーはいつも彼⼥が自分よりも⼤きいと思っていました。
  • けれど今私の腕の中にはか弱い⼥性がいました。
  • ジャスミンが落ち着きを取り戻した後、アーサーは震える⾜で何とか立ち上がり、ジャスミンとエリヤの肩に⼿を置いた。
  • 「家に帰ろう、みんな」