最強の王様 翻訳

最強の王様、二度目の人生は何をする?【35話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【最強の王様、二度目の人生は何をする?】の小説を翻訳していきます。

私は史上最強の「王」である。数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー!!

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

35話 翻訳

  • ジャスミンとイライジャの両⽅がアーサーの体を⽀えて、なんとかエルダーウッドの守護者と戦った洞窟に戻ることが出来た。
  • 「他に誰か⽣き残ったと思いますか?」
  • アーサーは周囲を注意深く観察して尋ねた。
  • 「レジナルドとブラッドは、あなたが最後に使った攻撃でマナビーストと共に凍りついていました。サマンサが⽣き残ることが出来たかどうかは分かりません」とイライジャは報告した。
  • 第2フェーズを使⽤した後の影響とジャスミンの⼼配、アーサーはパーティーについてはあまり考えていなかった。
  • イライジャはひざまずき、地⾯に⼿のひらを置きました。
  • 「数分ください」
  • マナの細い波が彼の⼿から広がり、イライジャは呟いた。
  • 「スキャン」
  • イライジャの索敵範囲の広さに、アーサーはますます興味をそそられずにはいられませんでした。
  • 数分後、イライジャはサマンサの居場所を発見した。
  • サマンサは木の蔓にぶら下がった状態で気絶していた。
  • かろうじて朗報と⾔えば、サマンサの⾜だけに深刻な損傷があったということです。その他の箇所は無害でした。
  • ジャスミンはサマンサを助けたがっていた。
  • 2⼈だけの女性。サマンサは、ジャスミンと友情を深めるために熱心に話しかけていた。
  • 最終的に、ジャスミンは時々微笑み、反応し始めていました。
  • もしサマンサを無事に保護するのならば、ビーストコアを探すのをあきらめる必要があります。
  • 最善の⽅法は、イライジャとジャスミンがサマンサを病院に連れて⾏ってから戻ってくることでした。
  • アーサーが指⽰しようとしたとき、雷鳴が洞窟中を鳴り響いた。
  • 「何だ!?」
  • イライジャは叫んだ。
  • 「パパ!私はここだよ!」
  • シルビーはアーサーの⼼の中で叫んだ。
  • 「⼤丈夫だよ、イライジャ」
  • ⼦どものような声がアーサーの頭の中で鳴り響いたにも関わらず、アーサーの前に⽴っていたドラゴンは、⼦供はかけ離れていました。
  • 「うわー、シルビー。体重が増えて、⾝⻑と幅が増したね」
  • いつも頭の上に座っていた⼩さな猫のようなドラゴン、シルビーはアーサーが彼⼥に名付けたドラゴンのイメージとかけ離れました
  • シルビーの体はシルビアほど⼤きくはありませんでしたが、それでも⻑さは8メートルを超えていました。
  • 突然、アーサーを地⾯から持ち上げて、シルビーはアーサーの顔を舐めた。
  • 「くすぐったいよ、シルビー」
  • 「へへー!」
  • シルビーの幼稚な笑い声が鳴った。
  • 「それはドラゴンですか?」
  • イライジャはシルビーをじっと⾒つめました。
  • 「ジャスミンはすでにこのことを知っていましたが、秘密にしておくことを約束してください。ドラゴンは何世紀もの間絶滅していたと言われているので、誰かが突然シルビーを⾒たとしたら・・・」
  • イライジャはそれに応えて必死にうなずきました。
  • 「サマンサをシルビーの背中に乗せてみましょう」
  • サマンサとアーサーにシルビーに乗ることになった。
  • ジャスミンとイライジャはすぐ後ろを追うことになりました。
  • 出口に辿り着く時間は行きよりも短かった。
  • 「シルビー、あなたはまだ変⾝できますか?」
  • ありがたいことに、彼⼥はまだミニチュアの形に変えることができると⾔いました。
  • 「この期間に何をしていたの?どうしてそんなに早く成⻑したの?」
  • 『私はたくさんのモンスターを狩り、それらのマナコアを⾷べました!あなたに会いたくてたまりませんでした!あなたを守ることができなかったのは残念です」
  • ジャスミンとイライジャは1時間後に到着し、どちらも息を切らしていました。
  • 足の痛みでサマンサは⽬を覚ましました。
  • 彼⼥がジャスミンの腕の中で再び眠りに落ちる前に、サマンサの唇はかすかな笑顔に包まれていました。
  • 「ジャスミン、イライジャと一緒にギルドホールに⾏って助けを呼んできてもらえますか?私はサマンサと⼀緒にここに滞在します」
  • アーサーはその間に、エルダーウッド・ガーディアンのマナコアを吸収する計画を立てた。
  • アーサーは瞑想を始める前に、⽺⽪紙を取り出して、帰宅することを両親に伝えるメッセージを録⾳しました。
  • アーサーは瞑想している間、ルーカスをどうするかを考えていました。
  • ささいな復讐では⼗分ではありませんでした。
  • ルーカスは悪名⾼い魔術師の⾮常に強⼒な家族の出⾝であり、彼の⾎は彼にエルフからある程度の保護を得ていました。
  • それでも、王室との繋がりはそれほどありませんでした
  • しかしルーカスが所属していたワイクス家は、アーサーが思っていたよりも複雑になってしまう可能性がある。
  • しばらくし、救助隊が到着した。救助隊の中には、ギルドホール支部長のカスピアンもいた。
  • 「ルーカスの現在の場所を教えてください」
  • アーサーは⻭ぎしりしてカスピアンに尋ねた。
  • 「私はあなたに、ワイクス⽒に対する⾏動を控えるように助⾔しなければなりません・・・。今すぐ」
  • ワイクス家に手を出せば、それはアーサーだけでなく、家族や周囲の人々にも迷惑をかける可能性があった。
  • カスピアンの言うことは正しかった。
  • ワイクス家全体を⼀掃するまでは、家族や友⼈たちに反対して⾏動すると危険です。
  • ルーカスがどんなにろくでなしであろうとも、アーサーの愛する⼈たちを危険にさらす価値はありませんでした。
  • 握りこぶしを通して、アーサーはルーカスがこの⽇を後悔するであろうと⾃分に誓った。
  • サマンサは回復施設で休んでおり、ジャスミン、イライジャ、そしてアーサは個室で待機していた。
  • ドアが突然開いた。
  • 「まさか生きているとは思わなかった!」
  • ルーカスが護衛を率いて現れた。
  • ルーカスは⼀歩前進し、警備員を叩いて前に出た。
  • 「君たちはどうやって恐怖から脱出したんだ?誰かを犠牲にしたんだろ?ああ、そういえばあの売春婦のサマンサはボロボロだったね?彼女を盾にしたのかい?」
  • ルーカスが喋り終える前に、アーサーの指は隠していた短剣を放していた。
  • 次の瞬間、ルーカスは右⽿を握りしめて叫び声を上げた。
  • アーサーの剣は、ルーカスの背後の壁に突き刺さる。
  • 爆⾳と悲鳴の響きの中で、護衛は武器を⽤意してアーサーに向かってきた。
  • アーサーは⾃分の席から⽴ち上がって、ルーカスに向かって行く。
  • 「何をしている!?早く奴を殺せ!」
  • ルーカスは叫び散らし、まだ出⾎している⽿を握って、震える指でアーサーを指差した。
  • 向かってくる護衛たちをあしらい、アーサーは怯えたルーカスに突進した。
  • アーサーの⼿はルーカスのすぐ後ろの壁に突き刺さった剣に⼿を伸ばしただけだった。
  • 「申し訳ありません。⼑を元に戻したかっただけです」
  • アーサーは剣を壁から抜き、鞘に戻した。
  • 「ルーカスさん、あなたの⽿はひどく出⾎しています。それを治療するために、あなたを医療室に連れて⾏きましょう」
  • ルーカスと護衛は部屋から出て行った。ルーカスは苛⽴った表情でアーサーを振り返った。
  • 「よくやったね」
  • ジャスミンは沈黙を破り、着席した。
  • 「けれど、サピン王国で最も厄介な家の1つを使って敵を作ったかもしれない」
  • アーサーは最後まで鞘を抜くことを拒否していた⿊い剣をしっかりと握りました。
  • アーサーはこれで終わりではないことを知っていた。