最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【43話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は43をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...

私は史上最強の「王」である。数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。 しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。「ノート」という名で冒険者でもある。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

レイノルズ、アリス、エレナー:アーサーの両親。元冒険者。エレナーはアーサーの妹。

ジャズミン・フレームワークス:オーグメンター。アーサーの保護者。冒険を共にする。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。盗賊に誘拐された所をアーサーに助けられる。

ヘルステア家:レイノルズの雇い主。オークションハウスを経営している。娘のリリアはアーサーと年齢が近い。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...



43話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • ギデオンと契約

リリアはギデオンの突然の登場に少し驚きますが、彼女は笑顔で対応しました。

「もちろんです。じゃあまたね、アート!」

彼女はアーサーに手を振り、会場に戻っていきました。

「彼女、君の事が好きなのは分かってる?」

ギデオンは、リリアの背中を見ながらそう言います。

「分かってるよ」

「分かっているなら、付き合わないのかい?」

ギデオンは更に踏み込みました。

「彼女は僕の存在で人生が変わった女の子です。好意や愛情の気持ちよりも、感謝の気持ちの方が強いと思うんだ。彼女もいずれ理解するでしょう」

アーサーはそう言い、サイダーを飲みます。

「あんなに歯の浮くようなセリフを言ったのにかい?」

ギデオンはワインを飲みながら笑顔を浮かべます。

「今の彼女はアイドルを追っているような状態さ。いずれ別の事に夢中になるよ。それで?あなたが僕に話したいことって何?」

「まるで同年代の相手と話しているみたいだな。それで、どうでした?妹はプレゼントを気に入ってくれましたか?」

「まだ渡していないよ」

アーサーは指を振って訂正します。

「私はあの後、計画書をディカテン評議会に送りました。彼らはそれを承認し、現在は建設計画を立てています」

ギデオンは真面目な表情でそう言いました。

「おめでとうございます。彼らはあなたに対して⼗分な報酬を与えたのでは?」

アーサーはグラスを差し出し⼼から⾔いました。

「お⾦は私にとって⽬的を達成するための⼿段にすぎません。しかし、あなたは私が絶対に⼿放したくない資産です。あなたが知っている事をもっと教えてくれれば、欲しい物を何でも与えますよ」

ギデオンは目を輝かせながら言いました。

「私は⾃分の利益のために世界の仕組みを変えるつもりはありません」

アーサーは自分の意図を明確にします。

「この世界の仕組みを変えることができるアイデアがあるのですか?素晴らしい・・・」

ギデオンの⽿には、彼が聞きたいものだけが聞こえたのでしょう。

アーサーはマナを声に含ませて、彼だけに聞こえるように言います。

「ギデオンさん、僕があなたの勝手な好奇⼼を満たすためにいるのではないことをはっきりさせておきましょう」

アーサーの声で、ギデオンは飛び跳ねます。

「すみません、少し酔っていました。ええ、あなたの言う通りです。それでは、ギブアンドテイクはどうですか?私は世界を変える発明を求めていません。私はあなたの考えを知りたいのです。信じてください、私はあなたが必要なものを必ず用意しますから」

驚くべきことに、ギデオンの声は誠実に聞こえました。

「あなたの⾔葉を信じてもいいですか?」

「もちろんです!私は偉⼤な魔術師ではないかもしれませんが、⼈⼯と魔法の実装理論を回避する⽅法を知っています」

アーサーは笑顔で手を差し出しました。




  • 誕生日プレゼント

パーティーはやがて終わり、妹の誕⽣⽇になりました。

両親はエレナーに、銀色のベルが付いた美しいヘアタイを贈りました。

エレナーは喜びながら、⺟に髪の⽑をツインポニーテールに結ぶように頼みます。

パーティーの成功にもかかわらず、ツインホーンが現在ダンジョンにいるので誕⽣⽇に間に合わなかったことに彼女はガッカリしていました。

けれど、アーサーの⼿に包まれた箱を⾒た後、彼⼥はすぐに気持ちを切り替えました。

「お誕⽣⽇おめでとう、エレナー」

アーサーは彼⼥にプレゼントを渡し、装飾されていないもう⼀⽅の箱を⺟に⼿渡します。

「すごい!とっても可愛い!」

エレナーはおそらくそれがどれだけの価値があるのか分からないでしょう。

「こ・・・これは凄いわ」

アリスの反応はエレナーの反応よりも強く、彼⼥の⽬はチェーンに埋め込まれた淡いピンクの宝⽯を凝視していました。

「常に着けていてね」

「世界のどこでこんなものを⼿に⼊れたんだ、息⼦?」

レイノルズはまだ酔っていましたが、一気に目が覚めました。

「ギデオンさんに会ったと言ったよね?彼が魔法について教えてくれている間、⾒習いの証としてこれを貰いました」

「まあ!もう⼀度彼に挨拶しないといけないわ」

アリスはアーサーを抱きしめ、エレナーもそれに続きます。

「お兄ちゃん、ありがとう!」




  • 数ヶ月後

エレナーの誕⽣⽇を迎えてから、⽇常⽣活は戻ってきました。

アーサーの誕⽣⽇も過ぎ去り、ツインホーンはダンジョンからお祝いの言葉をくれました。

ギデオンはアーサーの誕生日にブレスレットを贈りました、それは⽕と⽔の属性マナの封印が出来る物です。

「少し派⼿ですが、マナ属性を隠したいときは常にこのブレスレットをつけておいてください」

アーサーはこの数ヶ⽉でギデオンと親しくなりました、彼はかなり⾵変わりですが、誠実で信頼できる⼈です。

最初の蒸気機関船が他の⼤陸への航海に出航する⽇、それは、イライジャとアーサーがキシラス・アカデミーの初⽇を開始する⽇でもありました。

最強の王様、二度目の人生は何をする?【42話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は42話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【44話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は44話...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...