最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【82話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は82をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...



 

82話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 生徒会の介入

観戦していた生徒たちの向こうから現れたのは、人形のように無表情なテスだった。

彼女の後ろには、アーサーを心配そうに見つめるリリアの姿もあった。

「何があったんだい、アーサー?」

ジャロッドの言葉に、観衆の誰もが驚いていた。

渦中にある新入生が、生徒会の知り合いだったからでしょう。

「いいえ、何も起きていません」

イライジャが状況を説明すべきだと考えて、アーサーに向かって歩きます。

「こんにちは、リリア。彼らの決闘が終わった後に、僕たちは小さな乱闘に巻き込まれただけなんだ。何も悪いことはしていない」

その言葉はテスに僅かな動揺を与えたが、彼女の表情は変わりません。

「それでも決闘が発動していない時に、この学生はアーサーを攻撃しようとしていました。これは重大な犯罪です」

リリアは小さなノートに何かを書き留めながら言います。

テシアの鋭い⽬は、まるでアーサーが何かをすることを期待しているかのように、彼を凝視していた。

正直なところ、⻑寿の経験があっても、このような状況になったときにどうしたらよいか⾃信がありません。

テシアは私に⽣徒会会⻑として敬意を表して接してほしいのだろうか?

それとも、幼なじみとして扱ってほしいのだろうか?

彼⼥は私たちの過去の関係を秘密にしておきたいのでしょうか?

頭の中で「ママだ!」と叫ぶシルビーを彼女の元に向かわせる訳にはいきません。

 



 

  • 言い争い

「何か言うことはある?」

「いいえ、私はルールを破ろうなどと考えておりません。少し彼を驚かせようとしただけです」

テスに頭を下げながらこっちを見る少年の目は、とてもギラギラしています。

「去りなさい」

少年を立ち去らせて、問題は解決したと思ったのですが・・・。

「そしてあなた!どうして初日から先輩と争うのですか?あなたの立場を考えなさい!彼がどんなに乱暴だったとしても、彼は決闘のルールを破っていません。2つの派閥の差別について説明した私の説明を聞いていなかったのですか!?」

怒りか恥ずかしさのどちらかで顔を赤らめたテシアが、腕を組んでアーサーを睨んでいます。

「は?」

私の性格を知っているイライジャの目は、恐怖で大きく見開いていました。

「私が間違っていたら訂正してください。あなたは最後の5秒間だけを見て状況を推測していませんか?」

私の反論で、テスの高慢な表情が崩れていきます。

「決闘が終わった後も、彼は相手を殺そうとしていました。私が彼を止めていなかったら、あなたは殺人事件の対処に追われていたでしょう。二人の学生の」

自分で思っていたよりも大きな声を出してしまった。

「生徒会長、ご迷惑をお掛けしました事をお詫び申し上げます」

テスを含む全ての人を驚かせながら、私は静かにそう言います。

彼女に対しての罪悪感はあるが、私はその場を立ち去った。

チラッと後ろを見ると、テスが倒れた事に気づきました。

彼女を支えようとも考えたが、すぐに周りが心配していたので、私はそのまま立ち去った。

イライジャは走ってアーサーに追いつきます。

「君何をしたか分かってる?本当にトラブルが大好きだよね?最初はダンジョン、次はこれ?」

多分、私はテスに冷たくし過ぎたのでしょう。

彼女がまだ小さな女の子だという事を忘れて、私の方が耐えきれなくてどうする!?

気まずくなる前に彼女と仲直りしたいが、タイミングが問題です。

寮の部屋はヘルステア家ほど豪華ではないが、とても家庭的な雰囲気でした。

私はソファに座り、これからの⽇々に少し興奮していた。

「ああ!まだ⼣⾷も⾷べていなかったけど、もう間に合わない!誰のせいだろうな?」

イライジャの叫びを無視して、私はソファに倒れた。



 

  • side テシア

私は台無しにした!台無しにした!台無しにした!私は完全に台無しにしました!

私は頭を枕に埋め、欲求不満を叫んだ。

「もぉおおおお〜!」

私たちは感情的でロマンチックな再会をする事になっていた。

まぁ確かに感情的でしたが、それは完全に反対の方向になったけど!!

何故、私は彼を激しく非難したのだろうか?

アートが理由もなく戦う訳がないと知っているのに、私はその場の状況だけを見て判断してしまった。

あ〜!私はなんて愚かなの!?

アートは私を憎んでいるに違いない・・・。

彼が私に挨拶したり、普通に話しかけたりしただけなら、私は何も言わなった!

そう!

全部アートのせいだわ!

私が混乱を沈めて彼を助けようとした時も、彼はこんにちはの挨拶もしなかった。

本格的なハグや、き、き、キスなんて期待していないけれど!

けど「久しぶり、テス」くらいは大丈夫だったでしょう!?

そういえば、カラスを思い出させるあの黒髪の男は誰?

アートの友達?親友?

二人ともリリアとジャロッドを知っているようだった!

これはとてもイライラするわ!

欲求不満を解消するために、私は再び枕に向かって叫びました。

ノック音に気づき、私は直⽴した状態になります。

「クライヴです・・・。体調は大丈夫でしょうか?」

「元気です、ありがとう」

私は「公の」声を使い、冷静に答えました。

「あの新入生は誰ですか?この事について監督に話をして、彼を罰する事も出来ますが・・・」

「大丈夫ですから、もう去りなさい。監督に言わないで・・・、これは命令よ」

アートの悪口を言って良いのは私だけです。

クライブが去っていくのを確認すると、私は再びベッドにダイブした。

愚かなアーサー。

聴衆の中であなたを⾒たとき、私がどれだけあなたの名前を叫び、あなたに駆け寄りたかったか知っていましたか?

「はぁ・・・」

もう欲求不満で叫ぶ気⼒すらありません。

アートはおそらく私たちの関係を秘密にしておきたいのでしょう。

しかし、それでも・・・、なぜアートは⼥の⼦の⼼に関してのみ鈍いのでしょうか?

彼が私を嫌わないことを願っています・・・。

彼がこの4年間で何をしていたのか聞きたい。

グッドスカイ監督の指導で、私のスキルは飛躍的に向上した。

アーサーとも色々話したいけれど・・・。

「⼥性の⼼に対する彼の無知と鈍感を呪うわ!」

  • 訪問者

私の横でシルビーが眠っているのをぼんやりと見ていると。

ドアをノックする音が聞こえて、私とイライジャはドアの方に頭を向けた。

「誰だろう?隣の人が挨拶に来たのかな?」

イライジャがそう言って、ドアを開けます。

「どちら様・・・」

少しの沈黙の後、イライジャが凍っている事に気づきます。

何が起きているかを調べるために立ち上がると、グッドスカイ監督が立っているのを発見しました。

「こんばんは、アーサー。イライジャ。⼊ってもよろしいですか?」

早速事件を起こしてしまうアーサー。

ただし今回の彼は間違っていないでしょう。彼が止めていなかったら、ドワーフは死んでいたかもしれません。

テシアとの久しぶりの会話は、言い争いで終わってしまいます。

テシアサイドで読むと、以前とあまり変わっていない事にはホッとしますね♪

早く誤解を解いて、仲直りして欲しい所です。

リリアもジャスミンも良いですが、やっぱり僕の推しはテシアですね^_^

 

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【81話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は81話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【83話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は83話...

 

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...